[アニメ]メルヘン・メドヘン


Maerchen Maedchen
  • 考えさせられた
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:メルヘン・メドヘン / 文学:メルヘン・メドヘン
アニメ総合点=平均点x評価数6,375位6,685作品中総合点-16 / 偏差値44.81
アニメ平均点2,880位2,928作品中平均点-1.60=とても悪い/10評価
2018年アニメ総合点265位273作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.83(良い)6
声優・俳優0.50(良い)6
音楽0.33(普通)6
ストーリー-0.83(悪い)6
映像-2.50(とても悪い)6
考えさせられた83%5人/6人中
可笑しく笑える67%4人/6人中
道徳心&モラル33%2人/6人中
友情33%2人/6人中
楽しい33%2人/6人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

きみのためだけの、物語を。

原書に選ばれた「メドヘン」と呼ばれる少女たちは一流の「原書使い」になることを目指して、世界各国の魔法学園で勉強中。
彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。
スタッフ
原案&シリーズ構成:松智洋
原案協力:StoryWorks
キャラクター原案:カントク
日本 開始日:2018/01/11(木) 21:00-21:30 AT-X TV
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
AT-X2018年01月11日 -木曜 21時00分 - 21時30分
TOKYO MX2018年01月11日 -木曜 22時30分 - 23時00分
BS112018年01月12日 -金曜 02時00分 - 02時30分
公式サイト
1. アニメ「メルヘン・メドヘン」公式サイト
Twitter公式
1. 『メルヘン・メドヘン』公式 (@maerchen_anime) on Twitter
オープニング動画 (1個)
わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜
歌:fhána 詞:林英樹佐藤純一 作曲:佐藤純一 編曲:fhána [ファン登録]
[もっと見る]
5,9401110
最近の閲覧数
1622231444
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/12/09 / 最終変更者:伏魔の剣 / 提案者:伏魔の剣 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/07/16 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:310(60%) 普通:143(28%) 悪い:61(12%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8316
「迷い猫オーバーラン」「パパのいうことを聞きなさい!」「はてなイリュージョン」の故・松智洋氏が関わった魔法少女バトル系。

【良い点】
魔法少女メドヘンたちが各々の原書の童話に紐付けられたキャラ付けや境遇になる、という設定。
童話モチーフの作品だと2019冬の「グリムノーツ」があるが、こちらは現代の魔法少女たちが童話の運命を代行する、結構珍しい。
基本路線は国別対抗の魔法チームバトルで分かり易い。過度にシリアスにせず学園対抗戦に持ち込む設定も上手い。
キャラが多いが、良くも悪くもステレオタイプを活かしたキャラ付けで分かり易い。
良くも悪くもキャラは立っていて可愛い子の層は中々。

異能バトル面は雑ではあるが何となく外連味はある気はする。

重い事情背負っていて性格暗めのヒロイン・葉月ちゃんが可愛い。
やはり背負っているものが重めな静ちゃんとの紆余曲折な百合友情も丁寧に進行。
作風は序盤こそ辛気臭いが中盤に葉月が一皮むけて以降は前向きになり、コメディーも増えてきて見やすくなる。

5話と6話が良回。葉月ちゃんがシンデレラの運命に抗い新たな物語の可能性を自ら掴む流れは力強さを感じた。
グリムノーツよりも話が凝っている。(自分はグリムノーツを高評価している)
家族や友との絆で運命を変えるんだ!というのは王道的にして、そこに至る話が上手い。

対抗戦バトルがコミカル多い。
ロシアチームのイワンのバカだからおバカ娘とか、ベタながら笑える子可愛い子がちらほら。
ロシア戦はコメディータッチで楽しかった。バトルを通して良きユウジョウが見える。

放送期間が開いたものの、一応綺麗に完結させたのは評価。
多少強引ではあるも、後味は悪くない。

【悪い点】
作画崩壊。キャラデザはカントク絵で可愛いはずなのに、最低限の可愛い絵面すら危ういシーン多々。
魔法少女系としては苦しいところ。
ただこの点は後に修正されたとの事。自分は修正版未視聴なため、評価上げられないが、致命的とも思わない。

設定がいささか難解。好意的に見ればマニアックだが…
メドヘンたちが原書の物語に縛られる的な設定は、もっと早くから説明するなり伏線張ってほしかった。
伏線はよく見れば張ってあったかもしれないが、非常に分かりづらい。
また、童話に関する基礎知識を視聴者側に要求してくる内容。視聴者が知ってる事が前提で、童話や文学に造詣が深くないと楽しみ辛い。
「グリムノーツ」が超有名どころに絞り、かつ自然に原作ストーリー伝えていたのに対し、本作は説明不足。
ただでさえキャラと元ネタの原書が多く、物語に縛られる設定を追いきれなくなるというか、破綻していく。
元ネタの説明不足は異能バトルの雑さにも関係していく。

後半以降は雑なバトルと盤外の無粋な要素に尺を取られ、前半の良かった点も稀薄になっていく。
肝心の葉月と静の友情劇も、掘り下げが不十分。その後のバトルにも活かせたか微妙。
葉月ちゃんはそこそこおもしれー女に見えて、キャラがブレているというか、言動や行動が不自然なシーンが散見される。

本筋の原書をめぐる陰謀や秘められた謎なども、葉月たちの成長や友情劇に水を差しがち。
卑怯なキャラがいたり、盤外の悪意要素が濃くて不愉快。
葉月と静以外の日本チーム間の横の交流掘り下げも浅く、印象に残らず。キャラ萌えでの楽しみ所も稀薄。

国別対抗戦に、無粋なイデオロギー対立を持ち込んでいるのが自分的に最大のマイナス評価。
良い点で挙げた民族ステレオタイプを、近代史の政治風刺に悪用してしまっている。こういうの大嫌い。
せっかくのメルヘン童話で魔法少女バトルアニメに、そんな無粋な要素持ち込んでほしくない。
これに盤外の悪意要素が絡まり、せっかくのコミカル要素も台無し。

異能バトルが雑すぎる。
童話元ネタ活かした異能は(なるほど)と思うネタも多いが、いまいちピンと来ないチート異能でひっくり返され興醒め多い。
後半は殆んどが出オチ気味に元ネタ原書使いが消えていく。インド神話なんて最強格のはずなのに…
作画の拙さも相まって、コメディー以外の真面目なバトルが非常につまらない。

【総合評価】
設定は秀逸で、光る面もいくつかあるが、残念ながら全然面白くなかった。
本作の一番の問題点は作画にあらず(自分は見てないけど修正版あるらしいし)。
設定を活かせないストーリーと不快なキャラがダメだった。
評価は悪い寄りの「とても悪い」。5〜8話にかけてなら良い評価出来た。
仮に作画が綺麗だったとしても良い系の評価はできない。

2020/01/28 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 15302 ホスト:15376 ブラウザ: 7460
メルヘン・メドヘン自体9話で作画が崩壊している。
8話までは作画の事はあまりにも気にしなかったけれども、
シナリオではエッチシーンというようなところは見なければよかったと思う。

アニメは良かったが、私はエッチシーン、レ○プシーンというところは嫌なので見ないけども、
9話になってからは顔が壊れていくみたいに作画が全滅しそうです。
10話で終わるなんて、一番チョーむかつく。というところもあります。

[推薦数:1] 2018/06/06 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:304(67%) 普通:38(8%) 悪い:114(25%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8331
【良い点】
「わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜」

ロシア校の人達。と、ロシア校を演じてた声優さん達の聞いていて楽しいと思えた役

【悪い点】
流れ
話の明るさと暗さのバランスは個人的に良かったと思ったけど、葉月が静と会って知り合うきっかけ、友達になったという描写を出しても、きっかけが弱かったり、それに見合う流れが出来ていないから話の良さを生かしていない。

魔法少女バトルとメルヘン関連が噛み合っていない。
魔法と合うように選んでいるだろうけど、変身少女とバトル、メルヘン関連を噛み合わすことが出来ていないくて違和感を感じさせてる。バトルに関しても魅力があったと思える良さはなく、物語の内容をモチーフにしてる技も知っているものでも凄いと思わせる技の迫力感がない。

9話の作画崩壊、ひどすぎる。

【総合評価】
面白いと思える話の魅力が弱くて流れがちゃんと出来ていないから良さじゃなく悪さの方が目立ってしまってる。

2018/05/10 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:264(66%) 普通:0(0%) 悪い:137(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8292
原作未読。

奥手だろうけど性格的にもそう目立った欠点もない容姿端麗な主人公が友達いない設定に違和感。
ふとしたことから魔法世界へ入るってだけじゃダメなんかな。
演出というか無駄な脚色のせいで、主人公が現実逃避クセのある問題児にみえてしまう。
正直、1話は要らなかったくらいの期待感でのスタート。

魔法習得の過程でも、あちら側の住人達には当然であるはずの魔法が、こちら側の思考同様に扱われていたりと、
細かいところでも世界観がバラバラでいい加減な描写が気になった。
審判の人があちらの世界で自動車で移動したり、大会の出場もなんで修行中の主人公が代表候補筆頭なのか、
システム自体にも余計な装飾が多くて気になってしまう。

ギャグの多くの部分は面白くないというよりも作画が悪くて乗っていけない。
馬鹿といった方が馬鹿というシーンでやりこまれちゃう女の子のシーンでも、表情などの描画に全く力が入っておらず、
クスッさせるどころかがっかりさせてくれる。

「あんたの読んでる本にあんたのことは一つも書いてないということ」なんてのは結構良い感じの台詞だったけど、
夜遅めの時間でも自宅で学校の制服着たままとか、新たに部屋着を描く余力もなかったのか雑さに拍車がかかる。

大会に主人公が思い直して突如登場する流れは結構面白かったのだけれども、ここでも回想部分が雑だった。
バトルの描写がビームや剣を使って後すぐに結果だけ見せる陳腐さだし、システムもいい加減、描画も酷かった。

8話と9話の間で2週再放送を流してしまうくらい製作が間に合わなかったようだけれども、
2週休んで放送された9話の作画はもっともひどいと感じる出来でした。

【良い点】
見せ場は少ないものの声優陣は健闘していたかと。個人的には「学園長」cv岡村明美さんの配役が本作品の最大の魅力。
ロシア校のキャラたちの個性はとてもユニークだったし、クスッとさせてくれた。

【悪い点】
ちょくちょく挿入してくる主人公によるメタ発言。視聴者の受けを狙ってそうなところがうんざりする。

EDが動かない紙芝居なのはまあ良いけれど、アングルだけ動かしたり揺らしたり寄せたり引いたりと見づらい。

【総合評価】
物語を媒介に魔法少女なんていうコンセプトは面白かったと思うけど、バトルなんかのシステムも残念だったし、
ストーリーや描画なんて部分でも評価を下げているし、全体的に滅茶苦茶で放送できるレベルに達していなかったかもしれない。
製作の裏側の状況は判らないけれど、もっと何とか出来そうだしもったいないと思った。

2018/04/08 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:225(67%) 普通:10(3%) 悪い:101(30%)] / プロバイダ: 11610 ホスト:11854 ブラウザ: 5213
「物語を題材とした魔法少女モノ。……しかし」

●【作品の概要】

1クール作品。
ただし、制作が間に合わなかった都合で10話までで打ち切り、残り2話は無し。
「物語」を題材とした「魔法少女系」の作品で、
冴えない女の子が魔法と出会った事で成長していく話。

●【良い点】

・キャラデザは普段・変身共に好き。かなり可愛い。

・「アニメ作りって大変なんだなぁ……」って事情を再確認せざるを得ない作画
何で悪い点じゃないのかって?
いや、だって後半の作画崩壊がガチ過ぎて責める気になれないんだよ……
制作陣だって好きでああなった訳じゃ無いのは明白だし。
我々視聴者は責める前に「お疲れ様でした」と言うべきだ。この次元まで来ると。

●【悪い点】

演出や展開の見せ方に力不足を感じる。

〇力の入れ方と入れる所が間違っている。

例えば本筋。主人公が活躍するのが6話が初ってのは時間をかけすぎ。
この手の内向的な主人公が頑張るパターンなら3話までが理想、
5話でギリギリ〜アウトくらいだろう。(まどマギのような特例は除くとして。)

主人公の活躍無くしては面白くないのは当然として、話が進まない。
少なくとも主人公を剥いてる暇があったらさっさと着せる(変身させる)べきだった。
萌え要素重視の風呂シーンみたいな不要な部分に力を入れて本編が蔑ろにされている

他にも重箱の隅をつつくような部分だが、OP。
5話まで本編映像の編集で、6話で完全版が出た訳だが
サビからのキャラの紹介パート、各校の代表は映るがその仲間の映る時間が短過ぎる。動体視力試されてる?
で、そのカットの入れ方は格好いいが、本作に合っていない。

他にも作画の気合の入り方等がどうにもズレている。
ただ女の子が可愛いだけのアニメがやりたいなら本作のシリアス要素が邪魔にしかなっていない。

〇「物語」についての語り、扱い

本作の設定の根幹の「物語」だが、本作は物語をダシに使っているだけで扱ってなどいない。
1話の主人公曰く、物語は現実逃避のために読んでいるらしい。
……うーん、コレは個人的な意見ではあるけど、
物語ないしこの手の創作物ってのは「楽しむため」にあるモノで
「逃避」っていう後ろ向きな事のためのモノでは無いと思うんだよね。そこからして既に嫌だった。

まぁ、そこは個人的な主張だから置いておくとして。

本筋を見ていても物語をバトルの能力を作る道具にしているだけで
物語の内容についてほぼ触れられないってどういう事よ?

例えばシンデレラなら、
ロマン溢れるサクセスストーリーの表の顔とか
割とドス黒くて意地汚い人間模様が見える裏の顔とか、
シンデレラの健気さがきっかけで成功する努力系の話とかでも色々あった。

例えばかぐや姫って言うなら
愛されるが故の悩みとか、大事な場所から離れる哀愁だとかそんな感じ?の話で
キャラクターの個性をいくらでも補強できたハズ。

他にも相手の本の内容から魔法の対策を考えるとか出来たし、
ソレこそ物語が好きって主人公の設定を活かせる部分だった。
でも、ほぼ本編に関係無いもんね。何でや。

●【評価】

設定周りやキャラデザから面白くなれる要素はあったと思うが、
その可能性を捨てたついでに負の方向にロケットスタートをかけた。

作画の事を抜きにしても萌えに流されて内容をまともに仕上げられていない点から
評価はとても悪い程度が妥当だろうなと思うのだけど、
やっぱり作中での「物語」の扱いについてもイマイチなので
更にワンランクダウンでやはり「最悪」。
[共感]
2018/04/08 「責める前に「お疲れ様でした」と言うべきだ。この次元まで来ると。」という点に強く共感します。むしろその点において「最高」評価を付けたくなるくらいです。 by ねぎ麻雀

[推薦数:1] 2018/04/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:730(73%) 普通:246(25%) 悪い:28(3%)] / プロバイダ: 11608 ホスト:11541 ブラウザ: 9186
製作体制の崩壊によって最後まで放映できずに終わる。もはやこの作品は作品内容うんぬんよりアニメ製作の在り方を巡る、今日的な問題の典型例という観点から業界内部で正しく総括されるべき作品なのではないだろうか。

ともあれ一視聴者として、何故この作品を切らずに見続けてしまったのかは説明しなくてはならないだろう。

おとぎ話をモチーフにした魔法少女ものという設定が魅力的だったからだ。おとぎ話から魔法を引き出して戦う「原書使い」というこの作品の設定は、こんな作品で使いつぶしてしまうには、あまりにももったいない。
原書を保管する図書館が世界各地にある。原書は保管しているうちに悪い虫が湧くので、定期的に魔法を使って虫干ししなくてはならない。そこで各地の図書館の代表が魔法を使って競技会を開く。重い話にせずとも展開可能なこの設定は非常に秀逸。その背後に陰謀を巡らせれば、適度にシリアスにもできる。

設定の肝はおとぎ話からどんな魔法を引き出すかのアイデアにかかっているのだけど、それを見せるための舞台が一対一のチーム対抗戦というのは芸がない。まずは全チーム参加のレースとかにすべきだった。着順上位が決勝トーナメントに進出できるとして、まずは色んなおとぎ話が入り乱れる舞台を設定すれば面白いと思う。
有名なおとぎ話がマイナーな話に足元をすくわれたり、弱そうな魔法を組み合わせたハメ技を仕込んだりと、自由度は上がるし素人の主人公に偶然勝ちが転がり込む展開だってできる。
実際、ロシアチームの魔法は殺伐とした能力ではなく、ちょっとおかしいデバフ系能力がメインだったし(旧ソ連時代のアネクドートから、対象者を爆笑させる魔法が出てくるには感心した)。おとぎ話の魔法なんだから即物的な攻撃魔法より、ちょっと捻った軽い感じの魔法の方がいいと思うんだ。

原作は知らないのだけど、もっといいアニメ化がなされればと思わずにはいられない作品だった。

とまぁ、設定は非常に魅力的だったのだが、作品自体が面白そうだったのかと言われると当初から疑問だった。
ブルマとスクール水着の絵にだけやたら気合の入ったEDを見て、お話として描きたい事と、絵として描きたい事がえらく乖離した作品だなと、初回から感じていた。
しかも、ロリ百合ものに振り切るだけの思い切りも感じられないし、エロを抑えて真面目に物語を描こうという信念も見えない(この部分の乖離と優柔不断さが、製作体制崩壊の原因なのではないだろうか)。そういう中途半端さが、作品全体を覆っているかのようだった。

だから10話で打ち切られるという結果も、残念というよりむしろ当然で、驚きもなかった。

納期に間に合わせることが出来なかったという製作体制の問題や、その原因となったであろう製作者内部における意思統一の不徹底、そしてブルマ描きたいだけの人間とちゃんとお話を作りたい人間を引き合わせた人事面での問題、これらの反省を踏まえた上で再挑戦してもらいたい。
ホント、この設定はもったいない。

2018/03/30 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:750(64%) 普通:181(16%) 悪い:234(20%)] / プロバイダ: 21116 ホスト:21055 ブラウザ: 8281
【キャラ絵】
キャラ絵が崩れている・・これは1話のときにも思いましたが、
9話のそれは特に酷いと思ったものです。
8話の後、2週間のブランクを経て(つまり3週間後に)9話放映を視聴したわけですが、
それだけにあのブランクは何だったのかと思わずにはいられません。

【ロシア校】
7〜8話のロシア校エピソードが心から楽しめました。
ガルパンのようなアホの子のノリは面白いと思うものです。
そしてそこから日本校との間に芽生える友情ハートフル・・・
そういったものも含めて、です。

【10話で終わり?】
テレビでは10話で終わりとのことです
(おそらく11話、12話は、後日、未放映バージョンとして
BD/DVDに収録されると思われますが)。
極めつけの酷さと思うものです。
いや・・この場合、昨今の「深夜アニメが多すぎる」問題を
憂慮するものです。

【総合評価】
本来は【最悪】でも良かったのですが、
ロシア校エピソードに免じて【悪い】とします。

2018/03/25 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:175(43%) 普通:102(25%) 悪い:128(32%)] / プロバイダ: 29650 ホスト:29822 ブラウザ: 8283
原作は未読ですが……初の変身までの流れは三話までに構成しろよと思いました。
引っ張りすぎ、引っ張るなら別の盛り上がる展開を挟まないと思います。
本当に平坦な展開と説明が続いていて話し飛ばしても問題ないなと言う感じが強かったです。
その後のロシアあたりの尺の先方自体は悪くはないなと思うもの半分がかったるい展開かなと

キャラにしても主人公がいまいちわからない。
友だちがいないとかそういうのもコミュ力は低目の内向的ではあるのですが、極端に正確が悪くもないしこの程度なら別に強調するほど友だちができないってのは無理がある感じですし。
本好きと言ってるけどこいつ多分ラノベしか読んでない、そもそも言ってることからしてサブカルにより過ぎてるってのが本が好きという設定なら出てくる本の細かい知識を披露したり、能力を予想とかにいかせばいいし
オタクなかんじも本当に上っ面しかそう言う要素を出してないために結果色んな意味で薄っぺらいことに
あと、声優も割と新人なためか下手目ですがもっと気になるところが目立ちますね。

そして、なんと言っても作画が思いっきり悪い。
キャラデザの人は詳しくはないのですがそんな人間でもちょくちょく見る名前で人気はあるのでしょうが。
EDの一枚絵も怪しいのは少しあるレベルで本編はもうもはや見る影もないレベルでどんどん作画が壊れていって
もう台無しとしか

良いところというとロシアあたりのノリが(相対的に)結構笑えたということですかね。

[推薦数:1] 2018/01/26 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1459(50%) 普通:0(0%) 悪い:1477(50%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13260 ブラウザ: 4721
今まで友達が出来た事がないボッチキャラという設定が根幹にあるならまずそこを徹底してやらなきゃいけない。
なのに速攻初めて出会ったキャラたちとフレンドリーにコミニュケーションを取っている。
何一つ説得力がない。このキャラクターだったら普通に友達ぐらい出来るだろうとしか思えない。

個人的には(2話終わった時点で)まだどうなるか分からないけど戦いとかありそうな作品の場合、熱いキャラとかポジティブ系のキャラとかドンドン前に突き進むキャラクターの方が好きではあるんだけど、別に内気のキャラクターが嫌いな訳ではない。
内気なら内気でとことん内気にして欲しいのに中途半端に明るいからダメ。

しかも自分がこんなんだから友達が出来ないんだと言い訳ばかり。
これはボッチキャラでもなんでもなくてただただ自分がかわいいだけのぶりっ子ちゃんキャラにしか見えない。
視聴者に向けて自分は友達がいない可哀想な女の子だから好きになって下さいよっていう意図が透けて見える。

つまり本来明るい性格だろうとしか思えないキャラクターがネガティブ発言してるところが物凄くいやらしく感じて、この主人公に微塵も好感が持てなかった。
キャラクターデザイン自体は良かったんだけど、主人公に好感が持てないともうどうしようもない。

みんなに注目されて動悸が始まると本の中に逃げ込むっていう設定も無理矢理な感じがして、理解は出来なかったし異世界らしきところにも関わらず体操着を着たり、呪文を唱えるのは何でも良かったりとか世界観の薄っぺらさが滲み出てるから全く入って行く事が出来なかった。

全体的にゆるふわな作品だと思うけどボッチキャラを生かせてないから、ありきたりな作品になってしまったのが残念。

2018/01/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:868(42%) 普通:493(24%) 悪い:709(34%)] / プロバイダ: 19929 ホスト:19851 ブラウザ: 4693
【良い点】
・絵は見苦しくない程度の水準をクリアしている・・・か?

【悪い点】
・ストーリーの流れ、構成がガタガタ。主人公の背景(内向性や継母義姉と
新生活を開始するものの打ち解けず・・・)を語るのに序盤、中盤とブツ切りで
説明を入れてくるわ、魔法の本?を手に取った途端にフードの魔女が喫茶店内?を
トイレに駆けていく、とか、いきなり追いかけてお友達申し込みとか、全てが
唐突で不自然で強引。その後も展開がメチャクチャなんだが・・・この感触、
「ステラのまほう」に、凄く似ている。ストーリーラインがスムーズでない、
というだけでなくアニメーションの時間配分、演出がグダグタ。アニメとしての
基本的仕事がお粗末。1話切りレベルのヤバイ感が満載。
・ストレスでその場から逃亡、本を買い捲って読書しまくる主人公・・・リアリティ
無いんだが。そんだけ活字ヲタクだったら、毎日学校鞄に本を4冊くらい入れて
歩いてるよね?フツー。
・声優演技ビミョー。他が良ければスルーされる程度だが、その他要素もお粗末なので
フォローできない。
・魔法学校に迷い込んで、という設定からして既視感満載。ま〜その他が雑すぎて
今更だが。

【総合評価】
「悪い-」。「凄い雑な作品」の一言。見ていて設定の杜撰さ、主人公の狂言廻しっぷり、
リズムの適当さにイライラさせられっ放し。一応予想確認のため2話までは見るが
(大抵3話までは見る)、掴みの第一話がこの惨状では、全く改善しないだろう。
さらに墜落しない事を期待しないで祈っておく。ま、下方修正しか無いんじゃないか。

※予想通り大失態って感じだったが、予想通り過ぎて衝撃も無し。原書の設定「だけ」は
悪くないが、見せ方や演出、ドラマ作りなど全方位で低レベルだった。お粗末至極。

2018/01/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(16%) 普通:4(9%) 悪い:34(76%)] / プロバイダ: 34179 ホスト:34169 ブラウザ: 7505
〈1話視聴〉

予備知識ゼロで見てみたので完全な手探りだけど、
内向的で読書家で強烈な妄想癖のある主人公が魔法の世界?で、
魔法学校デビューする、というような話らしい。
しかし鞄に入っていた覚えのない本をいきなり魔法の本と言ったり、
魔法使いみたいな恰好の怪人物を追いかけて友達になれと迫ったり、
人見知りのはずの主人公の行動と変化が急&強引過ぎ。
物語の世界と混同してるからイキイキモードなのかもだけど、
主人公、高校生なのにサンタクロース信じてる子供みたいで、
しかるべきとこで診察受けたらお薬出されそう。

赤毛のアンとかハリーポッターとかネバーエンディングストーリーとか、
色んなものが連想されるが、原書から能力を得て変身するってことで、
そうなると定番の学園バトルものになりそうな雰囲気もある。
しかし原書として酒呑童子が出てきたけど、
あれは内容がロクでもないはず。酒呑童子って悪者だし。
本当は怖い〇〇なんかで有名になったけどシンデレラは復讐したりで残酷描写あるし、
赤ずきんなんて食われてバッドエンドだしで童話の原書も内容がかなりアレなんだけど、
それに準じて変身したりすると、とてつもなく凄惨な感じになりそうなんだが・・・。
まぁああいう絵で残酷描写のミスマッチもひとつのジャンルとなりつつあるけども。

とは言え、正直なんだかまだよく分からない。
たぶん1話冒頭のネタフリからして最終的に主人公が性格克服して友達作ったり、
義理の母と姉と打ち解ける話とかなんだと思うがどうなんだろう。

気になったのは主人公の声優の演技力が微妙。
ガーリッシュナンバーの前半の話を思い出した。
あとOPが盗作の前科がある連中の曲って所。
しかも相変わらず小手先だけで印象に残らない曲だし。

この評価板に投稿する



2020/07/16 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8316 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像とても悪い(-2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. メルヘンメドヘン&ミルキーホームズ by 紅葉青水
メルヘンメドヘンの声優からびびびに入ったのですが、びびびの次のイベントはミルキーホームズとのコラボです。 うぅ…物欲センサーを掻き立てるなぁ
記事日時:2018/11/20
2. 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 感想#02 by エスパー
... 「俺の妹はどこまで高みを目指すんだ」◆ ★★☆☆☆ ヒイイイイイイイイイイイイイイイイイwwwwwwwwwwwwww 作画やばすぎてSAN値アヒイイイイイイイイイイイイイwwwwwwwwwwwwwwwwww 近年はクオリディアコードとかダイナミックコードとかメルヘンメドヘンとか、 作画のやべーやつを目にしてきたのでそれらを超えるほどのインパクトではないんですが、 それでも作画崩壊がメチャクチャヤバかったです。内容そっちのけで草生やしてた。 もう最初の屋上のシーンから ...
記事日時:2018/10/18
3. 2018年冬アニメ評価(写真あり) by カイネル・ドゥ・ラファティ
... を迎えます。 2018年冬アニメの評価をしたいと思います。 メルヘンメドヘン・・【悪い】 【キャラ絵】 キャラ絵が崩れている・・これは1話のときにも思いましたが、 9話のそれは特に酷いと思ったものです。 8話の後、2週間のブランクを経て(つまり3週間後に)9話放映を視聴したわけですが、 ...
記事日時:2018/03/31
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:メルヘン・メドヘン / 文学:メルヘン・メドヘン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ