[アニメ]マクロスゼロ


Macross Zero
  • 考えさせられた
  • 格好良い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数575位6,415作品中総合点53 / 偏差値56.18
アニメ平均点941位2,852作品中平均点1.13=良い/47評価
2002年アニメ総合点30位159作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.00(とても良い)11
キャラ・設定1.27(良い)11
声優・俳優0.91(良い)11
音楽0.73(良い)11
ストーリー0.55(良い)11
考えさせられた55%6人/11人中
格好良い55%6人/11人中
可愛い36%4人/11人中
悲しい36%4人/11人中
美しい36%4人/11人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

1999年7月、後にマクロスと名づけられる監察軍の宇宙戦艦が地球へ落下した。
オーバーテクノロジーの奪い合いに端を発する争いは、やがて統合戦争と呼ばれる世界大戦に発展する。

2008年、統合軍パイロット工藤シンは出撃後、反統合軍の新型可変戦闘機SV-51に撃墜され、今なお伝説が生きるマヤン島に流れ着く。
監督・原作・メカデザイン: 河森正治 脚本: 大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督: 齋藤卓也
メカニック設定: 石垣純哉 設定デザイン: 宮武一貴
音楽:〓島邦明 美術監督:太田大 美術設定:平沢晃弘
日本 発売日:2002/12/21(土) OVA メディア販売 / 終了日:2004
公式サイト
1. マクロスゼロ
2. MACROSS ZERO Official Web Site
65,6505447
最近の閲覧数
6034114134
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/11/01 / 最終変更者:kunku / その他更新者: SHUNIA / TCC / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/05/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 39982 ホスト:39954 ブラウザ: 9849
【良い点】
機体の変形シーンや戦闘シーンの作画が神がかっている
内容もマクロスシリーズの根源となるしっかりとした内容になっていて、面白い

【悪い点】
初代や7のような歌ではなく、聴かせるような歌なので、一緒に歌って楽しむということが難しい

【総合評価】
マクロスシリーズの中で、個人的に一番好きな話
また、マクロスという作品以外を合わせたとしても、トップクラスに面白く、おすすめしたい作品

2015/03/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:58(69%) 普通:6(7%) 悪い:20(24%)] / プロバイダ: 24095 ホスト:24094 ブラウザ: 4894
【良い点】
キレイで落ち着いた作画。
F-14が出てくるのはとても良し。旧型扱いのやられ役ですが。
【悪い点】
地味。
つーか、雰囲気がロボットアニメ的では有りません。
【総合評価】
マクロスFのオードブル作品。
それほど暴走せず、常識的な主人公。軍組織からそれほど逸脱しない登場人物。
他のマクロスと違い、リアルで地に足の付いた世界観。
戦闘シーンは良し。二人のヒロインの距離感、雰囲気も良し。
しかし地味。環境アニメかと思うほど。静かなエンディングが余計にそー思わせます。

まあ、特に悪いところも無いので良い、と。印象が全体的に薄いですが。
しかし主人公の名前がシンっつーのはどうか。しかもF-14に乗ってる。容易に元ネタが推測されてしまいます。

2013/02/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:91(46%) 普通:56(29%) 悪い:49(25%)] / プロバイダ: 2037 ホスト:1961 ブラウザ: 8849
結末以外は非常に良い出来
特に、テクノロジーに侵されていない文化や、独特の文化を持つマヤンの描写は良く出来ている
また、それらが徐々に壊されていく過程も丹念に描かれるので、ヒロインたるサラの焦りも視聴者に伝わる

作画、動画、戦闘シーンは10年前と思えない程良い出来
それらの技術はこの時点で限界に達しているということか
それとも今の作り手の向上心の不足か
リアルよりのキャラデザも、地味なストーリーと合っている
最終話が、明らかに駆け足であるうえに、オチがよく解らない
不思議な光に包まれて、主人公の機体が宇宙に飛んでいくって、なんだそりゃ
それ以外、特に悪い点はないが、若干面白みに欠けるか
評価は、良いで

2012/06/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:199(63%) 普通:74(23%) 悪い:44(14%)] / プロバイダ: 9468 ホスト:9604 ブラウザ: 9465
【良い点】
作画が大変よい。萌えチックではなく、実写風であるが、3Dを駆使して大変美しく、繊細に描かれている。戦艦の胴体の滑らかな曲線と刻一刻と変化する視点と全体像、海や水の波紋と反射、高熱噴射による空気の揺らぎ、空中戦、等々大変よく描かれている。

【悪い点】
一見、よく設定されているように見えるストーリーだが、最後はぐだぐだのように感じた。何のために鳥の人は復活したのか、登場時間はわずかだが最後は原子爆弾で消滅して空のかなたに消えたのか。主人公は海に落ちて、海から再度飛び上がって空へ消えたのは昇天を意味したのか。悲しんで良いのか喜んで良いのか視聴者は戸惑うばかりである。これは物語の構成がしっかり作りこまれていないことを意味する。ストーリー的には大変悪い。

【総合評価】
映像+2点ストーリー-2点で差し引き0点で「普通」と評価します。

2012/02/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
つまらないわけではないですが、可変機の存在が地味なマクロスは微妙ですね。
操縦シーンがそこまで迫力ありませんし、主人公もヒロインもすごく地味な印象。
三角関係もあまり強く描かれませんでしたし、結局あのラストなので「う〜ん」という感じでした。
フォッカーが出てきたのは良かったんですが、外見は別人でしたね。彼はまあ良いキャラだったと思います。

2011/12/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:86(40%) 普通:63(29%) 悪い:68(31%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19734 ブラウザ: 7726(携帯)
マクロスF、イツワリノウタヒメ、超時空要塞マクロス、劇場版超時空要塞マクロス〜愛・おぼえていますか〜、マクロスプラス、マクロス7、マクロスダイナマイト7を視聴済みの者です。

時系列的には初代マクロス以前の話を描いていますし、他のマクロスシリーズを未視聴でも大丈夫だと思いますが、より楽しみたいのであれば、先に初代マクロスを視聴することをオススメします。

良かった点はまず作画です。背景などは特に綺麗ですし、戦闘シーンなんかもかなりよく動いています。

それから若き日のスカルリーダーが出ています。
ちょっとしたファンサービスではなく、きちんと表舞台に立った位置で、ロイ・フォッカーが描写されています。この点には素直に好感が持てました。

悪かった点は作品のテーマが途中ですり変わっている点です。

最初は自然をテーマに、自然破壊がどうのこうのという部分がメインでしたが、後半はわりと唐突に鳥の人とは、という部分が全面に押し出されます。そこに至るまでに、充分な伏線があったとは言い難いです。

ラストは少し急展開にも感じてしまいますが、これはこれでいいと思います。

評価は「普通」です。
フォッカーファンは必見です。
マクロスFとも繋がりがあるので、興味がある人はどうぞ。

2011/03/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:221(58%) 普通:66(17%) 悪い:91(24%)] / プロバイダ: 7013 ホスト:6757 ブラウザ: 12340
キャラが非常に立っていてとても見やすかった。特に、ロイ=フォッカーは神谷さんの声が合っていていいキャラだったと思います。
ただ、ストーリーの後半が重い展開でとても考えさせられた。自然が破壊される描写は悲しかった。結末も誰も幸せになってないのがなんとも言えませんでした。河森監督は種族を超えた理解→命を賭して他の者を救う(生死不明ですが…)描写が好きなのかなと思いました。(アクエリオンとかFの劇場版とか)
ただ戦闘シーンは本当にすごかった。

評価はとても良いです。

2010/09/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(66%) 普通:34(20%) 悪い:24(14%)] / プロバイダ: 4689 ホスト:4759 ブラウザ: 7471
最初は妙にリアルな描写にちょっと抵抗があってなかなか手を出せずにいましたが、暇なときに視聴してみました。
クオリティーは非常に高く、安定しています。リアルな戦闘シーンもちょっと古さを感じますが、自分は好きです。
ストーリーが意外にリアルで、ちょっと戦争に酷さみたいなのも描いています。
最後のサラの決断には、とても悲しくなりました。終わってみれば、心にぽっかり穴が開いたようでした。

<<評価>>
意外に作品として良かったと思います。評価は「良い」

2010/03/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:54(59%) 普通:12(13%) 悪い:25(27%)] / プロバイダ: 19328 ホスト:19327 ブラウザ: 6405
【良い点】
戦闘シーン
ロイフォッカーのすごさがわかる
CGの使い方がうまい
OVAなので作画に強い

【悪い点】
三角関係として18歳の主人公と15歳の姉と11歳での妹では、勝敗が最初から見えている
鳥の人はちょっと絵的に合わない

【総合評価】
非常によい。
アニメというか現実に実際にありそうなストーリーを見てる感じ。
マクロス自体そのような作り方だが、巨大宇宙人がでなかったり、現実っぽい戦艦や地域紛争を取り扱ってる点ではもっとも現実味がある。
ストーリー中に出てくる民族やそこに伝わっている神話自体は実際に存在しそうだしし、それをOTMという地球外技術で具現化してしまうというはちゃめちゃですがおもしろい。

2010/03/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(68%) 普通:10(20%) 悪い:6(12%)] / プロバイダ: 1485 ホスト:1161 ブラウザ: 7003
【良い点】
・メカ、戦闘シーン。特技監督:板野一郎は伊達じゃない
・背景が美しいし、CG技術もトップクラス
・フォッカーやマオ・ノームなどマクロスシリーズ他作品とのリンク
・マクロスシリーズ全体にとって重要な意味を持つ「プロトカルチャー」についてこれまで以上に語られているし、その他設定もよく練られている

【悪い点】
・鳥の人について深く語られなかったし、投げっぱなしで終わった部分が多かった
・三大要素の中で「歌」の部分が弱かった印象は否めない

【総合評価】
残された謎も多いがそこはテーマが“神話"だけあって全てが語られるわけではないということか。
マクロスのコンセプトはしっかり受け継がれているからOVA5話分にしては良くまとまっているし、マクロスの一番の売りがストーリーでないことを考えれば満足の出来。

2010/02/24 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 22616 ホスト:22692 ブラウザ: 8554
【総合評価】

現時点での作品「F]、CGでは劣らないと思います。
やっぱりマクロスって、変形の音、ガシャガシャってのがいいですね。
マクロス/愛・おぼ/プラス/7/D7/Fは大半が歌(マクロスにとっては重要なことかと
思いますが)で、歌による戦闘シーン、歌による完結ですが、
ゼロの場合だと、サラの(マヤン島の)歌も一応あるけれど
戦闘シーンではバルキリーVSバルキリーなど
ゼロしかないところなど見逃せないシーンがたくさんあると思います。

ただマクロスといえば「超時空要塞」で宇宙戦争を思い浮かべてましたが
初代マクロスの前話(?)で初話にでてきたのが普通の戦闘機だったので
「超時空要塞」がないのも仕方ないかな、と思いました。

[推薦数:1] 2009/10/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4717 ホスト:4618 ブラウザ: 11641
【良い点】
マクロス伝説の原点。話もわかりやすくとけこみやすい。
キャラクターの役割もしっかりしてて見応えアリ。

2009/03/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:75(74%) 普通:6(6%) 悪い:21(21%)] / プロバイダ: 12151 ホスト:12416 ブラウザ: 3875
マクロスに少しはまっていたときに見ましたが、少々残念でした。

2巻までは「おおおお!スゲーえええ!」と思うほど面白かったのですが、3巻から失速した感じになり、最終巻で「?」と思いました。

戦闘シーンはすさまじく動くし、今回の主な舞台の島は「ジブリアニメか!?」と思うほうど綺麗で素敵な背景でした。

気化爆弾を投下するシーンははだしのゲンの原爆並みに戦争の恐ろしさを知りました

だだし、最終回がワケワカメでした。最後シンは生きているの?なんで壊れたはずのバルキリーが飛んでるの?と色々ワケワカメな感じが・・・。
あと、専門用語がバンバン飛び出して来て、頭が混乱しました・・・。

主人公であるシンも影が薄く、まるでノーム姉妹やフォッカーに奪われたような感じがしました。シンは好きなキャラですが、そこが残念でした。まあ、シリーズを通してフォッカー好きな自分にとっては割合していますが。
シンは凡人という設定ですが、もっと主人公らしい活躍が欲しかったです。
中の人が鈴村健一でシンという名前がつぼですねw
しかも、戦争で家族が殺されたというのも似ていますし。
あと、主役を降ろされたという点も・・・・・・・・。

キャラは敵側も良かったです。あのフォッカーの教官であるイワノフとその相棒であるノーラは渋い感じが良かったです。

2巻までは「とても良い」ですが、途中から失速し最終巻でなんだかワケワカメでなっとくしない終わり方だったので「普通」で

[推薦数:1] 2009/01/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:29(81%) 普通:4(11%) 悪い:3(8%)] / プロバイダ: 11249 ホスト:11086 ブラウザ: 4925
初めて見た時は、「これがマクロス!?」と面食らいました。

確かに、戦闘シーンやバルキリー、歌などの、これぞマクロスという要素は
しっかり押さえてあります。
しかし、物語の舞台となる『マヤン』の景観や土着信仰などの要素が前面に押し出されている為か
マクロスではない、別のロボットアニメを見ている気分になりました。

時は、統合戦争真っ只中。統合軍と反統合同盟の争いに、プロトカルチャーと
関係のある、鳥の人を絡めたストーリー構成は良かったと思います。
ただ、序盤の段階で、もう少し説明が欲しかった、というのが正直なところ。

冒頭での主人公の空戦から、マヤン住民との出会い、そして、鳥の人を巡る
両軍の戦いへと進展していくわけですが、どうにも話のまとまりを欠いている気がしました。
おかげで、ようやく話が飲み込めてきたのが3巻に入ってから。
しかも、やっと話が見えてきたところで、物語は一気に急展開。
私の様な飲み込みの悪い人間でもわかりやすいように、キャラの心理や動機の部分を
しっかり描いて欲しかったです。

絵は結構綺麗でした。セル画時々CGみたいな演出になっていて、人はセル画
バルキリーなんかはCGという住み分け。人がバルキリーに乗り込んでいる時の絵で
若干違和感をおぼえましたが、許容できる範囲内だと思いました。

キャラクターは、登場人数はさほど多くないですが、敵味方とも個性的な顔ぶれ。
フォッカーは年齢不詳ですが、相変わらず好色、そして大人のカッコ良さを持っていました。
主人公の工藤シンは、フォッカーと比べると、地味な主人公でしたが、序盤では
トゲトゲしかった若者が、異文化に触れ、大切なモノの為に戦う姿は共感できました。

サラやアリエスといった女性人も良かったです。
島の伝承と現代的な生活への憧れ、自らの過ちとの葛藤で苦しんだサラ。
良くも悪くもシンの登場により、苦しみから解放された事でしょう。幸せを願って止みません。
そして、アリエス。
フォッカーとのやり取りは、彼らの絆の強さがヒシヒシ伝わってきました。
彼女がフォッカーに与えた影響は小さくない事でしょう。

本作に登場する歌は、他のシリーズ作品にあるような歌とは異なり、民俗芸能に近い
感じの歌です。作品の世界観としては、幻想的でよく合った曲だとは感じましたが
個人的には、初代マクロスのようなPOPS調の歌が好きです。

マクロスとして考えると、正直、ウ〜ンという箇所もありますが、作品そのものは
丁寧につくられていると思います。フォッカーの過去も少しわかりますし。
自分としては、惜しい部分もいくつかありましたが、なかなか楽しめたので
評価は『良い』に1票です。

2008/09/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:121(66%) 普通:37(20%) 悪い:26(14%)] / プロバイダ: 12414 ホスト:12466 ブラウザ: 6493
【良い点】
自然の描写でこの作品に勝てるものはないと思う。その価値は高いCGや音楽を越えるものだともいえるだろう。「歌」というテーマを上手く織り込めたのではないだろうか。何はともあれ描写が素晴らしい。鮮やかで温かく、美しい。全てのアニメに必要な要素がこの作品につまっている。

【悪い点】
ハナシの作り方が聊か手ぬるかった。せっかくキャラクターの個性を魅力的に作っているのに短すぎる尺がそれを中途半端に終わらせてしまっている。語られていない要素が余りにも多いから不燃焼に終わってしまった点が多くあった。

【総合評価】
描写の絶対的な美しさにただ心を取られた。四巻までは文句なしの「最高」だったが、ラストの余りのあっけなさにただ落胆した残念な作品である。

もっと読む

「OVAだけあって映像のクオレリティは文句のつけどころがないです。プラスを勝るとも劣らないドッグファイト...」 by ロケット花火・改


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/05/12 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 39982 ホスト:39954 ブラウザ: 9849 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/面白い/格好良い/可愛い/美しい 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. だいたいが3局。 by bit
... 未来の姿か…」なんて思ってしまいました、残念な意味合いで。 先日たまたまマクロデルタ放送中という事を忘れていた同世代アニメオタクの人が遊びに来たので、試しに過去マクロシリーズの映像を見せてみたのですが、こんな感じでした。 「これがマクロプラス」「手描きの限界だよなー凄いよなー」 「これがマクロゼロ」「これで ...
記事日時:2016/06/11
2. スパロボで声優別によるキャラの使い勝手を考えてみる by 斐川 竜斗
... オズマはUXで使えない連呼されてるけど、ヒーローマン専用強化パーツとしてかなり使えますよ… Z3ではバサラ専用強化パーツで… まあ、LとOEで普通にかなり強いから、作品によって大分役割違う感じはしますね、基本オズマさんはパートナーが重要かと! ボルフォッグ>オズマ>カミナで。 ・鈴村健一 シン・アスカ(ガンダム種運命) 工藤シン(マクロゼロ) カイエン ...
記事日時:2015/06/10 [表示省略記事有(読む)]
3. 同じ名前のロボットアニメの登場人物 by 634
... 機神ダンクーガ 冥王計画ゼオライマー 超電導ロボ鉄人28号FX) 18しのぶ(最強ロボダイオージャ 超獣機神ダンクーガ 熱血最強ゴウザウラー) 19さりー(勇者特急マイトガイン マクロ7 トランスフォーマースーパーリンク) 20れい(機甲創世記モスピーダ 蒼き流星SPTレイズナー マクロ7 新世紀エヴァンゲリオン) 21しんじ(星銃士ビスマルク 新世紀エヴァンゲリオン) 22しん(勇者指令ダグオン マクロゼロ 機動戦士ガンダム ...
記事日時:2014/10/21
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ