[アニメ]MURDER PRINCESS: 2013/01/06 TCC


まーだーぷりんせす / MURDER PRINCESS
  • 友情
  • 可愛い
  • 格好良い
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,552位6,385作品中総合点-3 / 偏差値46.93
2007年アニメ総合点164位209作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2013/01/06 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3288(33%) 普通:3472(35%) 悪い:3234(32%)] / プロバイダ: 11601 ホスト:11433 ブラウザ: 5682
原作は知りませんが・・・・・・・・

良い所もいくつかありました。キャラデザや作画は、凄いずば抜けていて個性が
強かったほどではありませんでしたが、安定感は確かで戦闘描写も、ワイルド
なスピード感や迫力感はそれなりでした。声優陣の演技も良好で、キャラに良く
合っていたけど、特に朴路美氏と、マナ&ユナの演じ分けが巧みだった斎藤千和氏
の好演が光りました。朴氏はまた、歌手としてもEDで高く安定した歌唱力を披露
されてました。

人物描写も、時には価値観の違いから喧嘩してしまった事もあったアリタやミラノ
(魂が入れ替わる前はそれぞれファリス・アリタ)の友情や絆は良く掘り下げられていたし、
ドミニコフやピート、ジョヴォも良きサポート役で好感持てました。しかし、そんな
彼女らに対し、悪役の描写が雑だった事と、やや突拍子で消化不良な展開となって
しまったストーリーが残念ながらそうした黒字を全く帳消しにしてしまったのです。

セシリアはただの残虐で強かっただけの二流悪党で、結局は黒騎士の露払い役に
過ぎなかったけど、キャラが立ち切れないまま中途半端な所で退場させられて
しまったし、その黒騎士も、浪川大輔氏が声優では普通に勿体なかったと言うか、
主張とか陳腐で全く面白味が無く、キーパーソンとしてしょぼい存在だった。

確かに、アリタは魂が戻らなくても、異名通り元気な姿を示してはいたし、
ドミニコフらが自分の運命を素直に受け入れていたのも救いではあったけど、
その消滅の原因も作った黒騎士の方は死ななかった事もあって、終わりよければ
全てよしとは言い難かった展開でした。確かにこれなら、全6話のovaよりも1クール
か2クールのテレビ放送した方が良かったかもしれませんね。評価は駄作と切り捨てる
には惜しい点も見られましたが、明らかに駄目な点も目立ったのでトータル赤字で
評価は「とても悪い」寄りの「悪い」です。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ