[アニメ]モンスターズ・インク: 2013/07/15 みゆきちいいいいい


MONSTERS, INC.
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • 友情
  • 感動
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数802位6,401作品中総合点36 / 偏差値53.40
アニメ平均点342位2,844作品中平均点1.64=とても良い/22評価
2002年アニメ総合点35位159作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/07/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 36899 ホスト:36896 ブラウザ: 5135
ウーチャカうめえwww

物語の舞台はモンスターたちの住む世界。アメリカ版『おしいれのぼうけん』とでもいうような作品でしょうか、しかしおどろおどろしい話ではない痛快コメディー。
クローゼットの中とか、おしいれのすき間とか幼いころに恐怖を抱くものは万国共通で、
なんでその中の化け物は僕達を脅かすんだろうという子供心に湧きあがった理不尽さを、モンスター側の世界の仕組みを描くことでうまい具合に辻褄を合わせながらドラマを創り上げている。
話はもちろん面白いんですけど、吹き替えの声をあてているホンジャマカの石塚さんと、爆笑問題の田中さんのキャラの特徴を見事に捉えた名演技も素晴らしかったです。

主役となるのは心優しいビッグモンスター・サリーと、おしゃべりでお調子者のマイク。
この2匹の掛け合いは80年代にヒットした映画『ツインズ』のアーノルド・シュワルツェネッガーとダニー・デヴィートの凸凹コンビを髣髴とさせ、
往年のアメリカンコメディで感じた笑いと感動のエッセンスがこの作品の中にも息づいていたように思います。

物語の概要としてはコメディを基調とした勧善懲悪ものの冒険譚。
子供向けのわかりやすいストーリー運びながらも、大人も楽しめるブラックユーモアが活きていて、
「最近の子供はあんまり怖がらない…」という見ているこちらが身につまされるような世知辛いモンスター側の愚痴にはどことなくシンパシーを抱けてしまう。
ブーとの出会いによって怖がらないなら笑わしてしまえばいいという発想の転換から生まれた、夜な夜な不気味なモンスターたちが枕もとでスタンダップコメディーを披露するというオチもピクサーらしくにやりとさせるものでした。
結末に関して、個人的にはひと時の夢物語として綺麗なサヨナラで締めたほうが良かったと思うんですけど、あの終わり方でも物語の根幹の面白さは変わらないのであまり気にしないことにします。

老若男女のみならず国や文化を越えて楽しめるインターナショナルな王道コメディ。視聴の際はぜひ日本語吹き替え版で。オススメです。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ