[アニメ]半分の月がのぼる空 looking up at the half-moon


はんぶんのつきがのぼるそら / Looking up at the half-moon (Hanbun no tsuki ga noboru sora)
  • 悲しい
  • ロマンチックな気分
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:半分の月がのぼる空 / 文学:半分の月がのぼる空(シリーズ) / ドラマ:半分の月がのぼる空 / 日本映画:半分の月がのぼる空
アニメ総合点=平均点x評価数1,172位6,270作品中総合点22 / 偏差値51.04
アニメ平均点1,810位2,828作品中平均点0.39=普通/57評価
2006年アニメ総合点55位228作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.17(良い)6
声優・俳優1.00(良い)6
ストーリー0.83(良い)6
キャラ・設定0.67(良い)6
映像0.33(普通)6
悲しい67%4人/6人中
ロマンチックな気分50%3人/6人中
可愛い33%2人/6人中
涙流した33%2人/6人中
考えさせられた33%2人/6人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

高校2年の冬、突然の肝炎で若葉病院に入院することになった裕一。
病状は回復し、病院を抜け出しては看護師の亜希子に叱られる毎日。
そんなある日、裕一は隣の病棟に入院している同い年の里香と出会う。

全6話 / 放映局:WOWOW MXテレビ(2007/01/05〜02/09)

原作:橋本紡(メディアワークス電撃文庫刊)
原作イラスト:山本ケイジ
日本 開始日:2006/01/12(木) WOWOW TV / 終了日:2006/02/23
公式サイト
1. TVアニメ「半分の月がのぼる空」公式サイト
2. TOKYO MX *アニメ「半分の月がのぼる空」
オープニング動画 (1個)
青い幸福青い幸福
歌:nobuko [ファン登録]
[もっと見る]
38,1127457
最近の閲覧数
5233328011382
2人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/05 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: kunku / Barnirun / 提案者:SS (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/06/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:373(36%) 普通:204(20%) 悪い:465(45%)] / プロバイダ: 21436 ホスト:21469 ブラウザ: 10902
悪い言い方をするとお涙頂戴な作品な訳ですが、とりあえず登場人物の問題行動だけが際立ってしまうアニメ。
病人でありながら勝手に病院を(しかも何度も)抜け出す頭の悪い主人公、病人の主人公をパシりすぐヒステリックになるDQNなヒロイン(ただし美貌だけは満点)、何かにつけて暴力を振るう元ヤンナース、行動理念がとにかくわからん悪徳医師。
マジなんやねんこいつら。スケベじじいが一番マトモな性格て草生えるw

2017/01/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(51%) 普通:6(14%) 悪い:15(35%)] / プロバイダ: 45568 ホスト:45391 ブラウザ: 10347
【良い点】
・劇中BGMが良かった

【悪い点】
特に無し

【総合評価】
里香の重い病状が気になり、あまり楽しんで観ることはできなかったが、田舎の静かに時が流れていく感じがよく表現されてて観ていて実に心地よかった

2016/07/24 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(55%) 普通:0(0%) 悪い:290(45%)] / プロバイダ: 24415 ホスト:24312 ブラウザ: 9081
【良い点】
伊勢を舞台にした事と情景がそれなりに出ている事。
登場人物が今を大事に生きている事だけはまだ理解できたかもしれない。
主人公の裕一は好感が持てる。

【悪い点】
かつて評価した小説版にも共通して言える事だが、
評価を落とした最大の元凶はやはり主要人物でもある里香、夏目、亜希子の「奇行」。
彼らの奇行は小説のような文章ではなく、アニメという映像にされてしまうと、余計に目立ち、鼻につく。
あと、劇中から「辛い、辛い」といった感じで辛さを押し付けているようにも感じ取れる。
それだけに、登場人物達の行為は「辛い思いをしているから何をしても良い」と言っているようにさえも見える。

【総合評価】

肝炎で入院した戎崎裕一と心臓に重病を抱えて、あと何年生きられるか分からないという「悲劇、薄幸のヒロイン」秋庭里香との、
「そんなに長くないが短くもない」今を二人で懸命に生きるラブストーリー・・・だという事は分かりますし、
主人公の裕一は病院を抜け出したりする事はあってもそれ以外は悪い所もなく、里香に対する思いも伝わってくるのでそれなりに好感の持てる人物だったと思います。

そして、劇中でも伊勢市駅の周辺や作中の砲台山(虎尾山)といった伊勢の街並みが再現されていたのは良かったんですけどね・・・

ですが、私のなかで作品の評価そのものを急降下させたのは、やはり・・・
秋庭里香、夏目吾郎、谷崎亜希子の3人の「奇行」に他なりません。

まず、ヒロインの秋庭里香。
入院患者でもあるはずの裕一を成人雑誌だけの理由で8時間も寒空に締め出す等の度を越えたワガママ行為。
入院生活が長すぎたせいで、ワガママに加えて潔癖症になりすぎたのではないのかと思えますが、たとえ重病を抱えた入院患者といえども、
やって良い事と悪い事の判断ぐらいつけるべきでしょう。彼女をきちんと咎める存在がいないのが大きなマイナスですね。
「薄幸のヒロイン」「悲劇のヒロイン」に設定されていると言えども里香のワガママ行為は同情心を半減させるレベルです。

次に、医者の夏目吾郎。
大切な人を失ってショックを受けている事や、当時酒に酔っていて正常な判断が出来なかった事は分かりますが、入院患者でもある裕一に酒を飲ませようとしただけでなく、辛いからと言って八つ当たりで裕一を殴り、足で腹を蹴飛ばし、おまけに裕一を何度も足で踏みつけていた描写は、気分がかなり悪くなりましたね。
医者が患者に暴行など、医者のする行動ではありません。
酒に酔って、頭に血が上ってその勢いで出た行為だとしても、このような行為は絶対に許されないでしょう。
こいつは何か声をあげて泣いていたみたいですが、辛いからと言ってこういう非常識な事をする奴に同情できません。
(どこかの元県議かよ・・・)
もっと泣きたいのは天国にいるこいつの大切な人ですね。

そして、看護師の谷崎亜希子。
看護師であるにも関わらず、言動が「不謹慎」ですね。
病院を抜け出した裕一に対して説教するまではまだ良いでしょう。
その説教の際に病院の他の患者に聞こえるであろう場所で「裸で盆踊り」とかいう極めて下品な発言をし、
他にも里香に締め出された裕一に対して「いっそ・・・!」とか大笑いしながら言う所には品性を疑いましたね。
不謹慎に加えて品性が無さすぎです。
私が院長なら亜希子と夏目は即刻クビにしますね。

あと、裕一を連れ去ってベッドで迫って、最終的に亜希子に殴られた美紗子とかいう女もいましたが・・・
こいつは上京して失敗して故郷に戻ってきて単にヤケになっている、見てくれだけは良い学習能力ナシの訳の分からない女にしか個人的には見えませんでしたね。

ともかくアニメだと、映像であるという事もあって文章である小説よりも登場人物の良くない行動が余計に目立ちますね。
ということで、評価は小説よりも1ランク落として「とても悪い」。

最後に評価を大きく落とす原因になった、里香、夏目、亜希子の三人に向けて、以前評価した漫画作品「善悪〜」の主人公でもある「カモさん」より一言。
「病院の中だから何をやっても許されると思うのは、大いなる勘違いだよ。」

2016/06/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:41(76%) 普通:2(4%) 悪い:11(20%)] / プロバイダ: 1830 ホスト:1884 ブラウザ: 5171
【良い点】病院が舞台のアニメは珍しい。しかも,1クールないくらいの短さに,高尚な意味がたくさん詰まっている。とても孤高なアニメ。芥川の「蜜柑」特に賢治の「銀河鉄道の夜」ジョバンニとカンパネルラ,「チボー家の人々」など,内容を知り尽くしていないと,アニメの謎解きはできないかも。病院は,アニメに描かれている以上に,人生の縮図であり,過酷なところ。最後の病室への侵入などめちゃくちゃだが,命の消える場所でもあるし,現実に余命宣告を受けている人は,たくさんいる。全体としては,とても,教養の高い人でないと理解できないアニメかもしれない。久しぶりに「真摯」なアニメに感動できた。

【悪い点】よくある余命宣告のストーリー。でも,描き方に工夫と面白さがある。

【総合評価】若い人向けに,作られているようで,実は,「人生観」をどこまでもほりさげていく「しかけ」と「絵踏み」のある深いアニメだと思った。ちなみに私は大学院修了生。

2015/01/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(56%) 普通:27(44%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 5868 ホスト:5771 ブラウザ: 7419
アニメ版『半分の月がのぼる空』、中古ならば格安で手に入る(苦)ので、前々から気になっていたタイトル、
だって、ヒロイン(=秋庭里香)の中の人が高橋美佳子、つまりは『そばかすの天然毒吐きマシン・黒ードレアモン(もしくはロード"ブラック"レアモン)』なんだもん、ちょっと気になるよね(笑)。

そこで、
買うか買うまいか例のアニメの師匠筋?の女子に聞いてみた所、
「・・・アンタがコレ見るの?合わないと思うけどなぁ。でも、出て来る医者が結構悪党だから、もしかしたらアンタはコイツにシンパシー感じちゃって面白く感じるかもネ」
との事、けっこうヒドい言われ様ですな(苦)、でも結局買って見ることに。

くしくも、このお話はちょっと前に見た『しにがみのバラッド。』の前番組(WOWOWでの)でした。
(つまり、視聴の順序がわたしの中では逆転してた訳)

※で、
わたしはその『しにがみのバラッド。』の感想に「"人の死"を扱って、それをイヤラしく"盛り上げ"れば、お涙頂戴の安っぽい感動をいくらでも持って行ける」と書きました。
コレは、決してこのお話…半分の月がのぼる空…の事を揶揄してる訳ではありません、
だって、このお話ではメインの登場人物は結局は誰も死なないから。

死にそうで結局は死なないヒロインとか、元ヤンキーの看護婦とか、主人公の幼馴染女子とか、ある意味『ステレオタイプな記号の塊り』なお話です(笑)、
だからといってソレ自体は悪い事じゃない、ソレらを混ぜて上手く繋げれば良いんですからね。

そー言う訳で、
ソレをこのアニメ版が上手く出来てるかと言うと、正直"微妙"です(苦)、
なにせ、元々の小説版がそれなりの量がある訳で、それをアニメ版の"たった"6話に収め切れるかというと正直"無理"でしょう、
その為にその"シワ寄せ"は登場人物の描写に来る訳で、例えば一番上で出た医者の夏目なんかはもろに蒙ってます、
アレだと夏目っちは、単に裕一と里香に嫉妬してブチ切れた、おかしな暴力オッサンでしかありませんもん(笑)。

※あれじゃ「あんな男は"山男"とは言えませんッ!」って藤沢真理(ふじさわまさみち、高校教師・山岳部顧問、ヒマラヤ遠征経験あり)が飛んで来て"フジサワキック"食らわせちゃうよ(苦)。

また、
原作は『伊勢市を"モデル"としているが、ズバリの伊勢市ではない街』でお話が展開される訳で、その為に実際には無い"砲台山"(対艦船用の大口径砲を装備した砲台陣地のあった山・ちなみにアニメの砲座の表現だと曲射の榴弾砲)が出て来る訳ですが、
このアニメ版では『お話の中の"街"を、現実の伊勢市により近付けた設定』にしてしまった為、砲台山がモデルの山(=虎尾山)そのままに陸地の真ん中にある…対艦船用の砲台ならば海に接しているハズ…という"ヘンな状況"になってます(笑)。

元ヤン看護婦の谷崎は『漁師町出身』と言う設定なので、原作の方はその辺ちゃんと考えてより"海寄り"の場所設定なんでしょうけどね。

登場人物の描写、といえば、
他ならぬ里香も、病人である事を勘案してさえも『ちょっと"アレ"な人(苦)』になっちゃってますが、
コレについては、くどいですが中の人が高橋美佳子なので、お話的にはむしろ"良い方"に捉えることが出来ました(笑)。

それで行くと、裕一の方は逆に見てて物足りない…物分りが良過ぎる…様に感じてしまいますね、
例えば、5話で与謝野美沙子に食われそう(苦)になって谷崎に酷く責められた時に「そんなに言うなら、俺の心臓とって里香に移植すればいいだろッ!」くらい逆ギレしても良いんじゃないかと思ったです。

それはそうと、
この『美沙子の裕一連れ去り事件』の際、本来であれば真っ先に暴力医者・夏目が裕一をまたブン殴るかと思ったですが、実は夏目にも同様な気まずい"過去"があるらしく、何もしないでただ見てただけだったのには、ちょっと笑いました(笑)。

※そんな訳で登場人物の描写で一番酷い目に遭っているのは、他でもないその与謝野美沙子ですよね、単なる"当て馬"役の殴られ損で(苦)。

まぁ、そうは言ってもこのお話全体ではフツーに見られました、
ほんとにフツーでしかなかったですが。

※ようするに、
このアニメ版って"カタログ"なんですよね、小説版のダイジェストを紹介するだけの。
(小説のファンへの"ボーナスアイテム"とも言えるかも)
『カタログでの"印象付け"』であれば、登場人物がカリカチュア的に一部分だけ"誇張"されたのも頷けます。

このアニメ版は『カタログとしての"仕事"』は十分こなしてると思います、
でも、そうなるとこのアニメ版だけで成立するシロモノではなくなるので、良いも悪いも無い、フツーとしかいえなくなりますよね。

あ、もう一つそう言えば、音楽はなんと光宗信吉なんですね、あの"少女革命ウテナ"や"アキハバラ電脳組"の。
ちっとも耳に残りませんでしたが。

それにしても、
一番気になったのは、出て来る人みんなが里香については死ぬ死ぬ言うんですよ、
例えば4話でみゆきが里香に対して(唯一直接に)「・・・あなた、死ぬの?」ってな具合に。
でも、『余命は明日までかもしれない、ずっと先まで生きるかもしれない=いつか死ぬ』のは、里香どころか他ならぬみゆきも変わらない…いや、他の登場人物全員、病人ではない今は"健常者"でも…ですよね?限りある"生"を生きる人間としては。
そのシーンで、
里香が、黒ードレアモンよろしく「そうよ、でも、あなたも死ぬのよ」なんて言ってくれれば、文句なしに+2まで昇格なんですが(笑)。

そんな訳で、一応"フツー"とはしておきますが、
お話全体の感想としては、その辺にちょっと違和感…"生"と"死"に関わる様なストーリーを展開しておきながら、その『限りある"生"』をお話自体で大事に扱っていない…を感じました。

※ memento mori 、死を忘れるな。

<文中敬称略>

2012/08/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:165(57%) 普通:0(0%) 悪い:126(43%)] / プロバイダ: 16514 ホスト:16473 ブラウザ: 3012(携帯)
原作未読。
まあまあ面白かったのではないか、というのがアニメだけを見た感想。
しかし確かにみなさんおっしゃる通り6話でまとまるような話ではなく、色々唐突で多分はしょってるんだろうなーという場面はいくつか見てとれた。
医者が主人公をぶん殴るにしても唐突、例のベッドシーンの女性の登場にしても唐突、6話では各人物の掘り下げもやれる時間がなく仕方ないのはわかるが、ならそれは不必要だったのではないかとも思えた。
まぁでも原作が気になるなーというぐらいの感情にはなりましたね。
機会があったら読んでみたいですが…
OP、EDは良い。
特にEDは雰囲気も合ってるしかなり好き。

2011/10/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:368(56%) 普通:93(14%) 悪い:197(30%)] / プロバイダ: 18388 ホスト:18370 ブラウザ: 4895
使い古されたストーリーですが、1話から感動します。
参考にした作品は【愛と死を見つめて(1963年、ドキュメント作品)】だと思います。

途中、青年医師が患者の少年を殴るシーンがあるが、医師の心情を察すると理解できるごく自然な行為だと思う。
死と向かい合い、生きることを貫こうとする純愛ラブストーリーです。
子供よりストーリーを理解できる大人に見てほしい作品です。
特に「砲台山」の2回のシーン。
第6話後半からエンディングロールの【後】がクライマックスです。
ハンカチを用意してご覧ください。

1つ難点があるとしたら、1クール分の長さが必要だったかなと思います。
ストーリーに広がりが出てきたでしょう。
また、途中で終わらせず、小説のような結末を迎えればさらに良かったとおもいます。
2人にポイントを置いた作品ですから他の人物は必ず脇役に控え、12〜13話くらいで作ればさらに良い作品に仕上がったと思います。

ヒロインの声の声優さんは良かったと思います。
色気のある声や、聞けば必ずわかるような声優さんではなく、初めて会った清純な少女の声にマッチします。
オープニングテーマソング、エンディングテーマソングはともに作品内容に合わせて静かな曲に仕上がっていますが、特にエンディングがよくマッチしてると思います。
評価は間違いなく「最高」です。

また見ましたが、何度見てもこの作品は最高です。
命をかけた恋に勝るものはありません。

「そんなに長くないよ…。でも、短くもないよ…。」

2011/04/17 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:122(56%) 普通:13(6%) 悪い:84(38%)] / プロバイダ: 10195 ホスト:10288 ブラウザ: 6681
私の基準は
最高(5点)とても良い(4点)良い(3点)普通(2点)
悪い(1点)とても悪い(0点)最悪(-1点)

「オリジナルなアイデアがあるか?」(-1点)
オリジナルなアイデアは皆無。ストーリーは何度も使われたような陳腐な極致なものばかりで、ハッとさせるような工夫も演出も全くない。病弱な美少女、ツンデレキャラ(またか)、ヤンキーなおねえさん、なんか悪そうな医者、死ぬ前に願いをかなえさせる友人たち。こういう使い捨てのC級ストーリーをレベルアップするために、日本の文豪(芥川龍之介、宮沢賢治)の小説の部分を挿入している点が、さらにいやらしく感じた。「まさかこのままでは終わらないだろう、何かすごい仕掛けがあるに違いない。」と最後まで見たが、本当に何もなくC級のまま終わってしまった。ひとつだけよかったのは題名「半分の月がのぼる空」。

「キャラクター」-1点。
ツンデレの美少女は極めて自己中心的。まったく感情移入できなかった。医者が病人である少年にかなりのすごい暴行を働くシーンもひどい。しかもお咎めなし。それは絶対にやってはいけないことだろう。どうみても、即医師免許剥奪とともに、刑務所行きなのが筋。たぶんそういう世間的な常識も知らない社会的に幼稚なクリエイターに作られた作品なんだろう。

「プロット」(-1点)
設定自体にオリジナルなアイデアはないので、視聴者の興味をひく「事件」が起きるかどうかが鍵だが、全くおこらない。起こる事件のたぐいが「主人公がベッドの下に保管してあるエロ本が、ツンデレの美少女に見つかって、彼女が怒る」という、小学生6年生が考えそうなプロット。

「作画」(可も不可もなし)
作画のでき(特にキャラクターの)はあまりよくないが、私は近年の「描きこみすぎ現象」(過剰な描きこみのためアニメ作画にお金がかかり、その結果DVDが高価になり、一部のオタク信者向けの作品しか作られない現象)がアニメ産業を破壊していると思うので、これはこれでよい。

「音楽」(+1点)
OPとEDはよかった。

「萌えアニメ要素」(+2点)
どぎつい萌えアニメ要素(ハーレム、エロ、メイド、ロリ)が全くなかったのはよかった。

【総合評価】
-1-1-1+1+2=0
よって、とても悪い。

2010/09/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 18359 ホスト:18390 ブラウザ: 3876
原作未読で機会があればいつかと思っています。

原作がどうか知らないのですが、全編を流れる重苦しい空気これがこの作品の楽しさです。この作品を見ている間は常に物悲しくて、辛く、重苦しいです。いつ死ぬか分からない。その不安定さが見てて自分の精神にも影響を及ぼします。

ただ、その不安定で不安な気持ちのせいなのか、妙に画面に移る絵が綺麗に見えるのです。どのシーンでもそうなるわけじゃないのですが、時折絵が綺麗に見えます。そこだけ作画が良かったとかではないです。独特の物悲しさが絵の感じが物悲しいと嵌ります。それが私はかなり好きです。

この作品は原作アニメ共に、また見てみたいなと思ってるのですが、見た時の精神状態が悪くなったのを思い出すと控えています。ただ自分がもっと元気な気持ちになったら見てみたいです。残酷ですが、この作品を見終わった後は自分が元気な事が気持ちが良いのです。私はその時の気持ちをこの作品の評価に加味しています。

自分が元気な事に、ほっとしています。ちょっとでも体精神に不安があるとほっとする事が出来ないだろうなと感じるので再度見ル事から避けています。

2010/07/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:106(76%) 普通:34(24%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21879 ブラウザ: 1959(携帯)
話数の少なさが残念に思われる作品でした。終わり方としてはしっかりと綺麗な形になっているが物語の展開が急すぎてやや早足気味となり後半は消化不良ぎみでした。
ですが原作未読の自分だからかもしれないですが、この「半分の月がのぼる空」の雰囲気を感じ、引き込まれたのは事実です。この短い話数の中に詰め込みすぎた感じはありますが魅力をとても感じる内容でした。
特に、心理描写と人間関係の構図がとてもよく描かれていると思います。裕一の嫉妬だったり、里香の裕一への素直になれない感情であったりその二人をとりまく登場人物も細かい描写があり「死」というテーマを重く感じることの出来るこの作品だからこそこういった「救いたい気持ち」というものがあふれている作品であると思います。

総合的に
原作未読のためこのアニメは原作への導入と感じました、大まかな内容しか描かれていないため原作を読んで見たくなります。
ですが、この少ない話数の中に非常に濃い人間関係が描かれていて「死」というものの切なさ、はかないかもしれない愛の形を見ることが出来ました。
里香の手術前の裕一に伝える言葉は非常に感動しました。

2009/08/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(69%) 普通:9(14%) 悪い:11(17%)] / プロバイダ: 28671 ホスト:28860 ブラウザ: 6034
原作から入って数日後アニメ化されてた事を知り視聴しました。
やはり原作を先に読んでいるとそれを評価基準としてしまうからか、
原作程ワクワクしなかったし面白くなかった。
それでも風景などは実際の伊勢を意識している所も多く見受けられたし、
いい作品にしようって気持ちはそれなりに強かったのだと思う。

一番残念だったのが、6話できってしまったところ。
あのペースで行けば1クール分はキツイにしても、もう少し内容をい濃くしていけば
十分に12話でできただろう。
終わり方も原作でいうと4巻と微妙な所で終わっている。
初見に人からすれば、これから2人で一緒に病気の日々と戦っていくんだなぁ…と負われるかもしれないが
やはりその続きを知っているためかしっくりこなかった。

ともあれ、アニメから入った人には十分に楽しめると思う。
そのような人にはぜひとも原作を読んでいただきたいと思う。

2009/04/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 29567 ホスト:29641 ブラウザ: 8455
もちろん小説に比べればつくりに甘さは残る、それでもまぁ楽しめる内容。
OP,EDはかなり良いが、そのほかは小説を上回るところはないと言える。これは別にアニメの出来が悪いということではなくて、小説の出来が良すぎたため変に相対的に評価してしまうのだと思う。これがきっかけでこの小説を読むことになったのでなかなか思い出深い。導入としては十分な作品だと思う。

2009/04/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(39%) 普通:74(56%) 悪い:6(5%)] / プロバイダ: 34731 ホスト:34713 ブラウザ: 6399
【良い点】
あまり泣けないというコメントが多かったのですが、
ちょっとえげつないなと思いつつも私はかなり泣けました。
泣けたポイントは
「命を懸けて君のものになる。」
「そんなにながくはないよ。でもそんなに短くも無いよ」「わかってる」
「ほんと男って馬鹿だよ。自分で気づかないうちにすべてを手に入れているってのにさ」
「僕たちはこうやって生きていくんだ」
これらの台詞の周辺と最後の写真でした。
5話〜6話に集中してますね。

【悪い点】
医者の先生の心情がひとつの見どころのようですが、6話の中ではかなり想像力を
使わなくてはならない点。
まあ、原作も読もうと言う気にさせられる点でよい点なのかもしれませんが。。

【総合評価】
しっかり泣かせていただいたので
「とても良い」です。

2009/04/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:67(53%) 普通:29(23%) 悪い:31(24%)] / プロバイダ: 19360 ホスト:19590 ブラウザ: 4549
話が重いわりには、少し退屈な作品だったと思う。
このヒロインにあまり惹かれなかったから、感情移入もあまりできなかったしちょっとネガティブすぎる。病院の屋上だかで理不尽に主役が殴られているシーンもあるし、ちょっと観ていて不快だった…。

そんな悪い作品じゃないんだけど。内容のわりには記憶に薄いアニメ…。
魅せ方や構成にもう少しの工夫が必要だったんじゃないかと思う。

2009/03/29 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 10168 ホスト:10163 ブラウザ: 8455
原作未読、アニメ視聴のみの評価。

ハーフクール。投げっ放しはある程度目を瞑るとして設定が凡庸。
悲劇とは縁遠い安っぽいコミカル要素の誇張が邪魔して三文芝居を展開しているようだった。
全編シリアス調の闘病から生まれる恋情話に則れば良かったと思う。

評価は「悪い」。

もっと読む

「【総合評価】原作から入りましたが、あまりにカットしすぎで全然面白くなかったですアニメしか見てない人は...」 by ピーピーエイド


次のページを読む

この評価板に投稿する


2019/06/03 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 22602 ホスト:22820 ブラウザ: 10902
もうだいぶ昔のアニメですね。

2019/06/03 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 22602 ホスト:22820 ブラウザ: 10902 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/ロマンチックな気分/可笑しく笑える/可愛い/セクシー/美しい/悲しい/怖い/びっくり/勉強になった 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 最近評価した作品は「結構長文」!? by KAMIKAZE
... //sakuhindb.com/jmanga/7_Flying_20Witch/2016-07-24T13_39_58.html 「ロボットガールズZ」(アニメ)△「悪い」 ↓ http://sakuhindb.com/janime/7_ROBOT_20GIRLS_20Z/2016-07-24T12_42_48.html 「半分のぼる looking up at the half-moon」(アニメ) ...
記事日時:2016/07/25 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:半分の月がのぼる空 / 文学:半分の月がのぼる空(シリーズ) / ドラマ:半分の月がのぼる空 / 日本映画:半分の月がのぼる空
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ