[アニメ]レベルE: 2011/04/05 みゆきちいいいいい


れべるいー / Level E
  • 可笑しく笑える
  • 面白い
  • びっくり
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,944位6,401作品中総合点10 / 偏差値49.09
アニメ平均点1,883位2,844作品中平均点0.33=普通/30評価
2011年アニメ総合点73位229作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/04/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 24518 ホスト:24554 ブラウザ: 7481
【良い点】
・絵
・原作準拠の部分

【悪い点】
・オリジナル部分

【総合評価】
原作既読者です。
原作とアニメを分けて考えることの出来ない一ファンの意見として受け取ってください。

原作はわずか3巻程度の作品ながら、ストーリーの完成度が非常に高く、
自分は著者の作品の中では断トツで一番だと思っているくらい、思い入れがあります。
アニメ化は不可能であろうと言われていた中で、出来たこの作品には、始まる前から多大な期待と同等の不安がありました。

結果として、期待はずれだったという印象が強いです。
声のイメージや、テンポの相違感は人それぞれですから、そこはアニメ化された際には呑むべきところだと思います。
しかし、余計に入れたオリジナル部分はやっぱり蛇足としか思えなくて、
正直、オリジナル部分を全て切って原作通りに詰めてやったらどんな作品になってたんだろうというもったいないという気持ちが大きいです。
アニメ化された際などに原作とのイメージの間に齟齬が生じると「メディアの違い」という言葉が出ますが、
自分の場合、この「メディアの違い」で許容できる範囲は前者で言った声のイメージや、テンポの相違感などという部分です。
原作に追いつきそうだからとか、尺の問題等といった致し方ない理由でなく、アニメオリジナルを作るという場合には
やはりそれは原作とは違った独自の作品に仕上げたいというアニメスタッフの故意が混じっていると思います。
それ自体は別に悪いことではありませんが、そうした場合はそのオリジナル部分の出来が何より物を言うと思います。
アニメ自体を原作と切り離して評価できる人もいると思いますが、自分はそういった高等な芸当はできません。
名作の続編が作られたらやはり評価の基準となるのは前作ですし、いくらそれだけを評価したいと思っても、原作を読んだ者としてはある程度のバイアスがかかってしまいます。
その上で、評価するとやはりこのような採点になってしまうのです。

オリジナル部分が全て悪いというわけでなく、最後の猫の部分などは良かったと思います。
しかし、結局面白いと思った部分はほとんど原作準拠な所ばかりで、結果としてオリジナル部分はマイナス材料でしかなかったです。

未読者の方の意見を見てみると結構高評価が多く、先に原作を読んでしまったことがそもそも不利な条件になってしまったんだなという感じがあります。
しかし、原作既読者として公平でないとしてもこういう意見があるんだという程度にわかってもらえれば十分です。
アニメ自体を楽しめた方に異論を申すつもりは一切ありません。
あまり良くない点数をつけましたが、これで面白いと評価された未読者の方が原作を読むきっかけになってくれたら、自分としてはアニメ化の意義はあったんじゃないかなと思います。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ