[アニメ]空戦魔導士候補生の教官: 2015/10/11 怪盗乱馬


くうせんまどうしこうほせいのきょうかん / Kusen madoushi kouhosei no kyoukan
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数6,235位6,444作品中総合点-22 / 偏差値43.79
アニメ平均点2,688位2,860作品中平均点-0.96=悪い/23評価
2015年アニメ総合点261位264作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:2] 2015/10/11 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1395(50%) 普通:0(0%) 悪い:1412(50%)] / プロバイダ: 2588 ホスト:2433 ブラウザ: 4721
個人的には嫌いじゃないし内容もいいところがあったんだけど、やっぱり総合的に見てとても悪いになってしまった。
まず候補生の教官というこの作品のネタらしくそれが中心で、チームワークや練習や成長、教官と生徒の関係性などそこをしっかり描いたのは良かった。
ただストーリーは無いに等しくそれだけで終わってしまってるので、見終わっても何も印象に残らないし作品として成立してないというか本当にこじんまりとした作品になってしまった。

世界観の幅も感じないしチームをしっかり描いたのは良かったんだけど、1クールしかない中でダラダラと描き過ぎた感はある。
チーム内のキャラクター描写や関係性にしても丁寧に描いていたのは良いんだけど、そこばっかりでその他のキャラクターの関係性ってのがやっぱり疎かになってしまって薄いからよく分からなかった。
例えばリコと姉の関係性にしてもなぜ仲が悪いのか一瞬シーンはあったりもしたけど殆ど描かれてないから伝わらないし、主人公と元いたチームとの関係性にしても表面的なものばかりで中身がないからそこまで信頼してる理由も伝わらなかった。

設定もちょくちょく分からないところがあって、チームをダラダラと描き過ぎたから当然入り切れなくて描き切れなかった部分っていうのもあるんだけど、なぜ主人公は特別な力を持ってるのかとかなぜ強力な敵が現れだしたのかとかそこら辺は引きや含みもなく完全な置き去りだから中途半端さだけが残った。

それとは別に主人公は裏切り者って呼ばれてるんだけど、その理由が療養中で試験とかをサボってたからでなぜそれで裏切り者になるのかも分からないし、慕ってた後輩からもあそこまで嫌われるのもよく分からなかった。
この辺の設定の薄さというのかいい加減さというのはあった。

ラスボスがあのメガネの男にしてもそうで、ただのギャグキャラかお飾り程度のキャラクターだと思っていたのがいきなりメインディッシュに名乗り出てきて、これで間違いなく作品全体としてショボさしか漂わなくなったし、その動機が雑誌のコメントを鵜呑みにしたからというこれまた薄っぺらいもので、せっかく良かった内容も所々の手抜き加減が打ち消してしまった。

あと、最大級に悪かったのがやっぱり見せ方と画面。
設定も抜けてるところがあったなら画面の抜け加減はスゴかった。
仲間が目の前でやられてるのに主人公はボーッと突っ立ってるだけで全く助けに来ようとしなかったり、最後のシーンでも空戦魔導士が沢山いる中で戦ってるのは主人公たちだけで他の人物は何をしてるのか全く分からなかったり、画面に映る人物しか捉えていなくて画面外の世界はまるで何もないぐらいに視野の狭さがあった。

戦いが終わってから今更助けに来たり、本当に目の前(画面に映る)のキャラクターだけでそれ以外のキャラクターや世界は止まっているという感じだった。

設定、中心メンバー以外の関係性、ラスボスのショボさ、画面の薄さ、大まかに分けてこの四点からとても悪いは仕方がなかった。

中心メンバーの三人や主人公との関係性はさすがにしっかり描いただけあって感情移入は出来るしキャラも立っていたから、そこで入り込めるものはあった。
中でもどういう風に成長して行くのかや苦手を克服して行くのか、簡単に片付けずに段階を踏んで積み重ねて描いたのは良かったし教え方に説得力もあった。
まず一人一人の特徴や性格を把握してそこでの成長があって、バラバラだったチームがポジションを入れ換えたりする事によって互いに理解して信頼が生まれてチームが完成する。
一言で言うならそれのみの作品でチームが完成するまでを描いた作品だったのかも知れない。

内容で言えばミソラの内容が良くて、コンバートするのか魔導士を辞めるのかっていう選択のところでどちらも選ばず苦難の道を選ぶ事によって、そこで信念と覚悟が生まれたし内容が生きたっていう感じがした。

死んだら記憶が消えるっていうよく分からない設定もこのためだけ(ミソラの内容のためだけ)のものという気がしないでもない。

母親の魂を受け継ぐのと思い出して欲しいのと、これがあって必死になる理由も分かったし明確にする事によってより強い思いが生まれて真っ直ぐ立って行ける。

このインパクトというのか意外性があったから観ている方としてもキャラクターに引き込まれるものがあった。

この辺の内容が良かっただけに個人的には惜しい作品だった。

主人公のキャラクターも崩れず立っていたから言葉も芯が通っていたし、それが教え方の確信めいたものにも繋がっていた。

リコにしても一見電波的なキャラクターの感じもするんだけど、ちゃんと地に足がついて動かせていた。
だから本当に中心キャラクターだけは上手く描けていたのかなって思う。
[共感]
2019/11/05 作品の良い点を公正かつ的確に見た上で、冷静に厳しい評価下す姿勢に共感します。良い点もダメな点も同意であります。 by てとてと



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ