[アニメ]交響詩篇エウレカセブン


こうきょうしへんえうれかせぶん / Psalms of Planets Eureka seveN ( Koukyou Shihen Eureka seveN )
  • 感動
  • 格好良い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:交響詩篇エウレカセブン / 文学:交響詩篇エウレカセブン
アニメ総合点=平均点x評価数76位6,272作品中総合点229 / 偏差値84.71
アニメ平均点1,069位2,826作品中平均点1.03=良い/222評価
2005年アニメ総合点3位192作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.81(とても良い)42
映像1.76(とても良い)42
声優・俳優1.76(とても良い)42
キャラ・設定1.31(良い)42
ストーリー1.10(良い)42
感動60%25人/42人中
格好良い43%18人/42人中
考えさせられた36%15人/42人中
面白い36%15人/42人中
涙流した33%14人/42人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

人類は地球を遠く離れ「トラパー」という粒子が漂うある星に移り住んでいた。

その星の辺境の街「ベルフォレスト」に、整備工場を営む祖父と住む14歳の少年、レントン・サーストンにとって、世の中は「サイアク(最悪)」で満ちていた。不況で地域には活気が無く、世の中は既知の物で溢れ発見や発展も無く、退屈で、窮屈で、しかもその状況から抜け出せない。レントン自身もクラスで身長順なら前から数えた方が早く、勉強も喧嘩もからっきし。空想を廻らせニヤニヤすれば、クラスの女子に「キモイ」と囁かれる。

全50話 (最終日は49,50話を1時間スペシャルで放送)
放映局:毎日放送 TBS 北海道放送 青森テレビ IBC岩手放送 東北放送 テレビユー山形 テレビユー福島 新潟放送 信越放送 テレビ山梨 チューリップテレビ 北陸放送 静岡放送 中部日本放送 山陰放送 山陽放送 中国放送 テレビ山口 あいテレビ テレビ高知 RKB毎日放送 長崎放送 大分放送 熊本放送 宮崎放送 南日本放送 琉球放送 アニマックス

企画:竹田〓滋 鵜之澤伸 南雅彦 川城和実 彌冨健一 峯岸卓生
日本 開始日:2005/04/17(日) 07:00-07:30 TBS TV / 終了日:2006/04/02
公式サイト
1. 交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい
2. 交響詩篇 エウレカセブン
3. http://mbs.jp/eureka/index2.html
オープニング動画 (4個)
DAYSDAYS
歌:FLOW
詞:KEIGO HAYASHIKOHSHI ASAKAWA
作曲:TAKESHI ASAKAWA
編曲:FLOW&Seiji Kameda [ファン登録]
[もっと見る]
422,146388222
最近の閲覧数
20152017209812127
4人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/26 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: S・N / ウィングゼロ / 管理人さん / 雪霞 / ダイゼンガ- / SS / カトル / DEE / myu / 提案者:barnirun (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/01/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 28108 ホスト:28198 ブラウザ: 8247
【良い点】
レントンくんが、女の子のエウレカを必死に守って敵の艦隊と戦って強くなっていくシーンがジーンと感動する。

【悪い点】

すべてが夢であってレントンくんは寝てしまっているところが残念。交響詩篇エウレカセブンのスペシャル
が毎週月曜日東京MXチャンネルで見たい。
【総合評価】

最高

2016/04/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2800 ホスト:2688 ブラウザ: 10172
【良い点】
音楽、色使い、世界観が爽やかな所です。
ドロドロとした人間の嫌な部分がふんだんに盛り込まれていますが爽快な音楽とテンポで爽やかさが余韻として残ります。
ガンダムからの系譜をしっかり踏襲し、ただロボットが闘うアニメでは無く、大きな力に振り回され少年少女、周りの大人達が成長していく物語です。
僕はこの作品を観ると無性に恋がしたくなります。
【悪い点】
少し話が重たすぎる気がします。作品自体は爽やかなのですが、内容を追っていくととても暗く感じます。

【総合評価】
悪い点の補足ですが、作品を雰囲気で見る人にも、深く見る人にもオススメ出来ます。
しっかりとした背景(重たいと感じる原因)に裏打ちされた、壮大な物語で、それを音楽と映像で爽やかに包み込んでいます。

2015/12/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(88%) 普通:2(12%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 8945 ホスト:8849 ブラウザ: 10033
【良い点】
スーパーカー、電気グルーブの曲が流れて、あとBGMは全体的にいい。

サーフボードを使うメカデザインが斬新。

キャラが少しずつ成長していく丁寧に描かれている。

【悪い点】
3クール辺りは少しダレる。

【総合評価】
男の子が大切な人を見つけて成長し、それを濃密な人間関係と文化、音楽で包み込み、それらが音を奏で、響き合う。

色々な、大切なことを教えてくれる作品です。

2015/12/15 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(42%) 普通:3(8%) 悪い:20(50%)] / プロバイダ: 9131 ホスト:9133 ブラウザ: 7867
【良い点】
・なし

【悪い点】
・何を魅せたいのかわからないこと
→え〜と・・・
何を批判すればいいんやら・・・
とりあえず、色んなモノをごちゃまぜにして何がしたかったんだろうと感じました。
キャラの面子はガンダムXだけど、
ホランドはジャミルと比べてガキすぎるし、
レントンはニルバージュの性能に助けられてるせいかガロードみたいな男の魅力がないし、
エウレカは、ともかく気持ち悪い。比べてしまうとティファに失礼だ。
ラル&ハモンもどきも出して何がしたかったんだろう?
ただ焼きなおしているだけにしか見えなかったが・・・
後半は気持ち悪いうえに訳が分からない。
コーラリアンとか、それまでの作風に全くあってないし・・・
ウリのサーフィンはどうしたの?
まあ、サーフィンをするロボットとして魅力が感じられませんでしたけどね。
操縦系はマジンガーやガンダムと変わらなかったし・・・

【総合評価】
ガンダムXの超劣化版
スパロボZをプレイしていて、そう感じます。
SEED DESTINYといいこれといい
2005年は不作ばかりだのう・・・

2015/01/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1623 ホスト:1556 ブラウザ: 9629
【良い点】
エウレカやアネモネは可愛い
レントンの成長
世界観が広くていい
作画がよく、空に乗っているのをよく描けてる

【悪い点】
中だるみが酷い
最初の頃のレントンがダサい
ガキ達が好きになれない

【総合評価】
少し前に全話一気に見ました。
見るのが面倒くさい話は多かったですが、世界観が
よく、エウレカに不思議な魅力があったので、完走できました
最終回はキレイでした

エウレカやアネモネはいいのですが、キャラデザインが
微妙なキャラが多かった気がします。レントンはダサかった
あれがいいと言う人もいるけど、惜しいと感じました。

2015/01/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:58(69%) 普通:6(7%) 悪い:20(24%)] / プロバイダ: 24095 ホスト:24094 ブラウザ: 4894
【良い点】
サーフィンをするロボット。
コレだけ聞くと色物なんですが、スピード感があって格好イイ。
メインキャラが誰も死なない。戦いの悲惨さの表現はゲストキャラで充分。
【悪い点】
終盤が湿っぽいことこの上なし。
中だるみも気になります。4クールはやっぱり長いね。
【総合評価】
王道ボーイ・ミーツ・ガール作品。3クールのOPを筆頭に宮崎アニメな匂いが結構します。
主人公がロボット物の定番で14歳だけど、14歳って普通コレくらいガキっぽいよね。不自然じゃない。
妙に達観していないし、年齢不相応な知識も分別も持っていないし。
ボード1枚で空飛ぶ少年。母艦の月光号も格好イイ。エアアクションも光ってる。
他の登場人物もドライでいい感じなんだけど、終盤に近づくにつれ、どんどんウェットに。
あれ、ホランドってこんなに湿っぽくって熱いキャラだったっけ?みたいな。
むしろ酷評されているサッカー回のほうが当初の性格に合っているような気が。
アネモネもメインの敵キャラとしては、キャラが弱いような気が。まあ、基本的に誰も死なないとなるとこーなるのかなあ。
当初の怪しい運び屋路線が好みなんですが、どうせ少年に世界の命運を背負わせるのなら、対価としてラストの月にアレを刻むのもイイ感じ。
良作です。軽い乗りが最後まで続けば最高でしたが。

2014/11/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4830 ホスト:4763 ブラウザ: 7867
【良い点】
・幾つかカップルが出てきて、それぞれの良さがあるところ。
・主人公のただ好きな女の子を助けたいという気持ちがカッコいい。
・キャラや世界観の綺麗な部分も汚い部分も隠さず書かれており、堂々と議論されている点。
・絵、音楽が良く、戦闘シーンもカッコいい。
・ちょっと哲学的なところ。

【悪い点】
・色々な面で堂々としているが、くどい時がある
・主人公弄りがキツい回、青臭くて恥ずかしい回など、見るのがキツイ時がある。
・気が滅入るような内容の回が連続することがある。
・後半は綺麗にまとまりすぎて、少しあっけなかった。

【総合評価】
すごく好みに合うアニメだったので92/100点くらいあげたい。
人によってはちょっとふざけすぎだと感じる話が多い。

[推薦数:6] 2014/09/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 28370 ホスト:28195 ブラウザ: 5508
【良い点】
最高うううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう
【悪い点】
なし
【総合評価最高ううううううううううううううううううううううう

2014/07/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:134(76%) 普通:24(14%) 悪い:18(10%)] / プロバイダ: 7187 ホスト:7122 ブラウザ: 4721
【良い点】
・全ての構成に意味がある。
・OP、ED、劇中曲
・全体的にキャラが立っている、不必要なキャラがいない
・エウレカとアネモネがコーラリアン、実は舞台が地球
・宗教を絡めているが、崇拝対象等がうまくストーリーに絡んでいる

【悪い点】
・少し話数が長い(途中、見るのが苦痛な時期があった
・日曜の朝7:00の放映としては少し目に余る描写もあった


【総合評価】

長い話数のアニメとしては、素晴らしい出来だと思っています。
ただ、評価として「最高!」をつけるには1回見ただけでは無理です(笑)
3回くらい見ましたよ。ええ、当時はヒマ人でしたよ。

この作品をロボットアニメとして見てはいけません。
この作品のロボットはとても重要な意味を持っていますが、真に重要なのはスカブコーラルを信仰する宗教に対し、スカブコーラルの秘密を隠す国家権力が弾圧を行うという、最近の世界情勢をアニメに組み込んだ様な流れ。
なかなか宗教を絡めたアニメというのは珍しく思いますし、カルト的な狂信者がいるような見ずらい思想ではなく、自分たちが住んでいる大地(スカブコーラル)を信仰するという点。
また、その大地から人間たちとコミュニケーションをとるために産み落とされた人型コーラリアンのエウレカ・アネモネ・サクヤの3人の数奇な運命。
この3人は何も書かれていない白紙の本であり、そこに何を書くかは出会った人間次第。
その白紙の本に書かれたことが、スカブコーラルにとって人間を知る唯一の手段。
何故、人型コーラリアンがかわいらしい人間の形をしているのかという理由です。
また、最後のほうでは舞台が地球だったというのもおもしろい設定でした。

内容をしっかり把握すると、全てを書ききれないボリュームのスケールです。
他の方の評価も見ましたが、ロボットがサーフィン(リフ)に乗っているのも理由があり、難しい言葉も多いですが理解すれば3回くらいは見直せますよ。

ただ、この作品を好きになってもらう為には、エウレカ、アネモネを好きにならないと難しいですね(笑)
個人的にですが、最初の登場からエウレカにヤラれた僕としては最後まで見ることができましたよ。
セブンスウエルの発動時間 1246秒の秘密など、調べれば調べるほどハマることは間違いありませんので、ぜひ見ていただきたい作品です。

見て後悔はさせますん(笑)

2014/07/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(79%) 普通:5(7%) 悪い:9(13%)] / プロバイダ: 6005 ホスト:6017 ブラウザ: 10202
評価の割りに楽しめなかった作品です。
その理由としてはまずストーリーがブレブレだったことがあげられます。個々のストーリーとしては、チャールズ夫妻の話だったり、アネモネの話だったり上質なものもありましたが、一つの作品として見るとテーマが不鮮明で、右往左往していた印象が強いです。ラーゼフォンの劇場版のように恋愛にテーマを絞ってしまった方がスッキリとして見やすかったかもしれません。
また、世界観があまり好きになれませんでした。コンパクトライヴ、コーラリアンなど専門用語ばかりの世界観は非常に取っ付きにくく、エヴァの世界観と酷似しているのも気になりました。自分自身エヴァは外連味のある演出が好きだっただけで、世界観はそこまで好きではありませんでした。

音楽や作画のクオリティは高いのに作品としての出来は微妙という、ゴンゾアニメにありがちな結果となってしまった印象です。

2014/06/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(64%) 普通:3(21%) 悪い:2(14%)] / プロバイダ: 14897 ホスト:14993 ブラウザ: 5149
【良い点】
マクロスと同じくらいこれも主題歌などが良曲揃い。
作画がすごくよく下手なCGよりも綺麗。
レントンの熱血漢に惚れた。
デザインが斬新。

【悪い点】
3クール目がだれる

【総合評価】
これも良作出来だと思う。
評価は「とても良い」。

[推薦数:2] 2014/05/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(55%) 普通:50(7%) 悪い:285(38%)] / プロバイダ: 13304 ホスト:13262 ブラウザ: 8937
エウレカセブン「いつから、このアニメがロボアニメだと錯覚していた?( ̄ー ̄)」

というのが、まず本作品に対する印象でして、物凄くぶっちゃけたことを言いますと、本作品は、「ロボアニメのようで、実はロボはあまり関係がない」という作品です
ロボで重要な存在として扱われるのは、基本主人公のレントン(エウレカ)の相方のニルヴァーシュのみでして、後はアネモネの相方のthe ENDくらいです
その他のロボは、完全に空気扱いされており、かと言って、本作品自体、「ロボ戦が面白い」とか、「色々な戦術を使用して、ロボ戦をする」というのでもなく、
まぁ、要するに、「ロボアニメとして期待すると、完全に駄作アニメ」という感想になるかもしれません(ロボ自体が、シナリオにあまり絡まない)
また、本作品はぶっちゃけた話、「シナリオ当初の目的が、物凄く逸れている作品」とも言うべきでして...まぁ...簡単に言うと...
「リフ(笑)とは何だったのか?」「波(笑)とは何だったのか?」「カットバック・ドロップターン(爆笑)とは(以下略)」とかです
そもそも、本作品って、主人公のレントンがゲッコーステイトのホランドに憧れ、月光号に乗船する訳ですが、
いざレントンがリフをしようとすると、「空港使用には金が必要だから、出来ない」的なことになり、それ以降は殆ど上記らの話題が出ません(笑)
元々、本作品は1話から見ると、「エア・ギア」のA・Tじゃないですけど、「主人公が何かの娯楽に超ハマり、様々な技を極める作品」かと思ってました
しかし、実際シナリオ前半では、「現実の厳しさを描いた話」、シナリオ後半では、「世界を救うための話」という内容でして、
話のジャンルとしても、シナリオ前半までは完全に日常モノアニメ作品的な感じで、後半では完全にシリアス展開となる作品です
そして、この前半部分では、「主人公のレントンが厳しい現実に立ち向かい、どう強く生きて行くかが見所」でして、
彼を始め、ヒロインのエウレカ、ゲッコーステイトのリーダーのホランドなど、「各キャラの未熟さを存分に描いている」という展開で、
そこから、各キャラが次第に成長して行き、変わって行くということです
特にヒロインのエウレカも、当初は性格がやや微妙な面が強く、レントンがショックで部屋に閉じこもってる時、
引きこもりのレントンにキレて、部屋のドアを思いっきり蹴飛ばしたり、ヒロインとは思えないほど、未熟な部分が全面的に描写されます
ですが、そのような展開でも、レントン、エウレカ、ホランドが次第に成長して行き、最終的には、人間でないエウレカにも、人間としての感情が芽生え始めます
レントンも険悪関係だったホランドと和解し、ホランドとタルホも、自分らの子供と共に、レントン達を本気で守るという強い信念を、持つようになります
中盤では、レントンがホランドと対立し、家出する訳ですが、チャールズ達と出会い、本当の家族かのように生活するシーンは、ホント印象的です
そして、チャールズが死亡し、レイが機内で発狂して、家庭内の物を全てぐちゃぐちゃに荒らすシーンも、非常に悲しくて印象的です
このような展開が、本作品では大体35話?ほどでして、終盤からハゲのノルブが乗船して来ますが、ここからが本作品の最大の癌なんですよね...
本作品を個人的に評価すると、「3クールまでは最高だが、それ以後は最悪」なのが、本作品に対する印象です
これからそれを述べようと思いますが、本作品は、「3クールまでの貯金が多過ぎて、以後はクソでも、最終的な評価は高評価した」という感想です

本作品で考えられる問題点は、「(1)補足説明不足過ぎるシナリオ」「(2)ノルブ加入以降のシナリオ全部」の点だと思います

まず、(1)についてですけど、元々本作品を酷評する方々の意見でも、「シナリオ自体意味が分からない」という感想が非常に多く、
自分は(2)以降が特に、「意☆味☆不☆明」でしたね...(本作品自体、異常に専門用語や設定が、複雑な作品なので...)
中でも、本作品に触れるにあたって、非常に分かりにくく、混乱を招きやすい専門用語は、一例を挙げると...
「コーラリアン」「ゾーン」「スカブ」「セブンスウェル現象」「グレートウォール」などですね...
これらに関する具体的な補足説明は、作中では完全に不足過ぎていて、特に11話以降、レントンが急に変な夢を見たり、
エウレカもスカブに取り込まれ、身体がおかしくなるなど、まずここが本作品を好評価するにあたっての、「第一関門」でしょう
本作品の特に悪いところは、上記らの専門用語の補足説明不足というのもありますが、1番問題なのは...
「シナリオ序盤から登場する言語なのに、それがようやく説明されるのは、シナリオ後半以降」というのが問題なのです
例えば、「コーラリアン」が良い例でしょう...あれ最初、自分「大きい巨大な黒い雲=コーラリアン」かと思ってたんですよ
しかし、作中後半では、街の人々を無差別に虐殺する、「抗体コーラリアン」という謎の宇宙生物が出現し、ここで多くの視聴者の方々は、混乱を招くでしょう
実際は、このコーラリアンという単語自体、幅広い意味で使われているらしく、この上記2つのものは、双方共コーラリアンと呼ばれるらしいですが、
このような具体的な説明は、当然ネットなどで調べるしか判別出来ないため、それが本作品を視聴しただけでは、全く理解出来ないのは痛いですね
ていうか、本作品は日曜の朝7時から放送されていたようですけど、コレ絶対子供は理解出来ないでしょう(苦笑)
で(2)は完全に個人的な意見で、まだ1周しか視聴してないため、まだ完全に全ての専門用語や設定を理解してない上で、このような感想なんですけど、
この本作品は、「3クールまでは、マジで神アニメ」と個人的に思ってました
上記で述べたように、レントンやエウレカの心理や成長描写は勿論、レントンがエウレカやホランドと対立し、和解する展開なども、非常に良く描写出来てまして、
「主人公とヒロインの双方が、非常に未熟なキャラでありながら、その2人の間に絆が芽生えるまでの過程を、非常に丁寧にうまく描けている」という感想です
中でも、33話?くらいで、レントンがエウレカとロングボードで、楽しくリフするシーンなどは、非常に本作品としての名シーンだと思いますし、
タルホもホランドの子を孕み、ホランドと共に、レントンらを温かく見守るという展開も、まさに本作品ならではの神展開でしょう
それ以前でも、レントンが憧れて組織に加入したのに、実際想像とは全く違っていた環境で、周りの連中に嫌気が刺して、家出する展開もあります
しかし、それでもレントンは心を最後まで折らさず、ホランドに散々暴力をされたにもかかわらず、
ゲッコーステイトに復帰して、強く生きて行くという展開も、非常に良かったです(「厳しい現実を、強く生き抜く主人公を描いた作品」としては、最高過ぎる展開)
ですが、上記で述べたように、具体的にはこのハゲのノルブが加入して以降のシナリオは、マジでクソでしたね
クソって言うか、「やりたいことは分かるが、やってることが分からない」という感想でして、絶対に納得出来ないという訳ではないですけど、
シナリオが意味不明過ぎて、正直この作中終盤では、何度も途中で寝そうになったほど、シナリオの迷走っぷりが半端なかったです
コレをプロ野球で例えると、元SBのファルケンボーグのスプリット並に、シナリオの落差が激しいですね...(何かこう...打者の手前で、「ストンッ!」と落ちる感じ)
そもそも、本作品は大体36話以降くらいからなんですけど、ホランドがノルブを軍から救出して、味方に引き入れるという展開があります
以後は、「レントンの親父のアドロックの意志を継ぎ、月光号は、「人間とスカブの共生を目指し、世界平和を目指す」という方針」で、シナリオが展開します
基本RPGやアニメ、漫画、特撮などでも、「世界平和=(諸悪の根源の)ラスボスを倒す」ということが多く、
逆に、「人間とラスボスが和解して、争い自体をやめる」という展開は、非常に条件が厳しく、それをどうやるのかが見所となります
つまり、「単純にラスボスを倒して終わり」ではなく、「軍かスカブのどちらかを説得し、双方共和解させる」という展開が、ここで予想されます
勿論これは個人的にですが、要するに、「もののけ姫」じゃないですけど、「月光号が両者の間に仲介し、戦争をやめさせる」という展開ですね
ですが、実際彼らはスカブと共生するために、色々と活動して行くんですが、「彼らの活動に対して、根本的な意味が分からない」というのが、個人的な感想です
要するに、「彼らの行う活動が世界平和に結びつくとは、とても思えない」というワケです
例えば、「人型コーラリアンのエウレカと、人間のレントンが結びつくことで、グレートウォールが突破出来、世界平和になる」という設定で、
エウレカは抗体コーラリアンと同族で、ホランド達も、アドロックの意志を継いでいるため、「軍vsスカブなら、スカブ側の味方」ということです
しかし、実際スカブは刺激を与えると、抗体コーラリアンという恐るべき生物を生み出し、街の人々を無差別に殺害する化け物です
つまり、「スカブを排除する軍が悪のように思えるが、抗体コーラリアンの暴走を見ると、明らかにスカブ側が悪に思える」というのが問題なのです
例えば、「スカブは何も害がない生物なのに、軍が一方的に排除しようとするから、スカブを守る」という展開ならば理解出来ます
ですが、実際は、「スカブは怒らせるとめちゃめちゃ怖い生物で、下手をすれば、人類滅亡もあり得る、凶悪な殺戮兵器」なのです
だから、「抗体コーラリアンが、何も罪がない人々を虐殺する」という展開からして、まずこのスカブ側に感情移入が出来ません(明らかに、存在が危険過ぎるだろ)
終盤では、「スカブは人間を愛していたが、喋れないので、うまく気持ちが伝えられない(だから、エウレカを生んだ)」という展開でしたが、
結局は、自分の思い通りにならないから、軍が攻撃すれば、生態的本能で、抗体コーラリアンを大量に生み出し、人々を大虐殺するという謎展開です
おまけに、ホランドを始めとする月光号の連中も、「なぜ世界平和(スカブとの共生)を望むのか?」というのに対し、
単純に、「アドロックの意志を継いでいるから」とか、「ホランドの命令だから」とか、「エウレカが可哀想だから」とか、
そういう系の理由ばかりで、「実際のスカブ本人の意志や気持ちなどは、殆ど考えないで、周りの人間の空気に押されて、共生を望む」という展開でした
だから、「スカブが可哀想だから、共生する!」とか、そういうスカブに対する各キャラの想いは何1つ描写されず、皆がスカブを救おうという意志が皆無でした
しかも、人間とスカブが共生するために、月光号が様々な活動をして行く展開でも、ただ「ノルブがそう言ったから」的な理由で、ホランドは完全に言いなり状態で、
皆が必死に、「どうすれば、スカブを救えるんだろう?」とか、そういう系の描写(皆のスカブに対する想いや気持ち、考え、意見など)は何1つ描写されず、
単純に、「レントンとエウレカに全てを任せる(グレートウォール越えれば、きっと世界平和になるだろう)」とかで、
「平和までの軌跡を、完全に誤摩化される始末」的な展開も嫌でした
しかも、この2人はグレートウォールを越えたものの、「異世界に閉じ込められ、どうやって出れば良いのか焦る」という超グダグダ展開で、
おまけに、レントンはエウレカと再度喧嘩するわ、49話最後でエウレカはいきなり、
「とっても! ラッキーマン」のスライムマンみたいになるわ(しかも、コレに関する補足説明一切なし)、
トドメの一撃に、最終話では、「いつの間にか、レントンらが現世に帰還する」「スカブとの共生が最終目的なのに、なぜかエウレカ救出劇に変わってる」など...
「どんだけこのアニメ迷走してんだよ(笑)」と、心底思いましたね(何が何だか、最早理解不能)
つうか、凄くぶっちゃけた話、スカブに親玉みたいなのがいて、エウレカがそいつを説得(人間の良さなどを主張)して、
互いに和睦させるとかの方が、全然シナリオが理解しやすいですし、
結局、スカブは融合?か何かを望んでいたらしいですが、スカブ本人の意志や心理描写なども、作中では殆ど曖昧に描写され、
おまけに、ホランドの兄デューイも、結局あっさり自殺してしまう有様でした(何でこんな世界規模の大騒動起こしてんのに、こんなあっさり自害するのか)
そもそも、本作品ではこのノルブ加入以降のシナリオに関しては、「完全にゲッコーステイトの連中が、ガチ空気になる」という内容でして、
レントン、エウレカ、ガキ共3人、ホランド、タルホ以外の連中全員は、以後完全に、「いてもいなくても変わらない存在」でした
また、レントンやエウレカの成長描写も以後殆ど描写されず、ただレントンとエウレカが超ラブラブ状態になる展開ばかりでして、心底呆れましたね
最終話の締め方も、「え?コレで世界救われたのかよ( ̄□ ̄;)!?」と思いましたし、「もののけ姫」みたいに、もっと小学生でも分かるような演出を、して貰いたかったです
「互いに争いの無意味さを悟り、以後は共生し合うようになる」という展開も期待したものの、結局は一方的にこちら側があれこれやり、
酷くワケが分からない締め方で終了した故に、まさに最悪でしたね(しかも、結局最後レントンとエウレカも、どこか失踪したまま、爺の所へ返って来ないし)

以上ですが、確かに本作品は、35話くらいまでは非常に面白く、「神アニメ」と言っても過言ではありませんが、逆にそれ以降は、真面目に個人的にクソでした
上記では、「もののけ姫」で少し例えましたが、他に自分が好きなこの手の作品だと、RPGの「アルトネリコ」がそんな感じの展開でしたね
「人間と敵対する存在(ラスボス)と、最後は和解してED」という内容でして、メインキャラ全員が、その人間と敵対する存在の心境を心から理解し、受け入れて、
最終的に争いをやめて、お互いに仲良く共生するという展開(そのために、様々な各地を訪問して、ハッピーエンドへと突き進む展開)で、この本作品と似ている部分が強いです
ですが、本作品の場合、「最終的な目的は分かってるのに、各キャラの行動に意味を感じない」と個人的に感じ、
つまり、各々の行動が、最終話のハッピーエンドに繋がるとはとても思えないほど、内容としては酷かったですね
何より、展開がイチイチ回りくどかったですし、素直に「スカブと深く対話(説得)する」とか、「軍とコーラリアンとの戦争をやめさせる(軍を説得)」とか、
そういう系の方が、明らかに良かったと思います(グレートウォール突入後の、「どうすれば良いか、分からない展開」は、真面目にないと思った)
しかも、ゲッコーステイトも、スカブやコーラリアンとの共生を望んでると主張してる割に、エウレカの仲間の抗体コーラリアンは普通に殺すんですから、
まさに、「こいつらは、一体何がしたいの?」って感じでしたね(共生望んでるなら、せめて、この異生物らはやたらと殺すべきではない)
この化け物共に危険性を感じ、殺す必要性があるのであれば、明らかにスカブとの共生自体が危険行為ですし、ゲッコーステイトもまさに右往左往状態でした
以上散々難点を述べましたが、少なくとも、3クールくらいまでは、本作品は学べるものが非常に多い作品なので、その辺まででも、十分視聴価値があると思いますね

あと、コレ評価に全然関係ないんですけど、エウレカって、終盤サクヤと出会ってから何かで、急に増毛したじゃないですか?
あのような増毛技術が現代社会にあれば、もっと日本の近代未来は明るくなると思います ( ・`ω・´)

2014/04/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 1515 ホスト:1167 ブラウザ: 10442
【良い点】

神回がかなりあって泣けた。純粋に面白い。
【悪い点】

一部困惑する部分はあった。でも、それを考えても面白い。
【総合評価】
一部を除きほとんどが良かった。気長に見れるひとにはオススメです。

2014/03/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(72%) 普通:7(15%) 悪い:6(13%)] / プロバイダ: 11157 ホスト:11237 ブラウザ: 5145
まず、メカや世界観が良くてその雰囲気だけでも印象に残った。
メカの動きが手書きながらうまく演出の見せ方が一流で
エウレカとレントンとの関係が丁寧に描かれていますが、
途中、レントンの態度には多少イライラさせてくる場面もありますが
それを耐えれば問題ない。
最後にはレントンが立派な主人公になってますから。
やっぱりレントンってちゃんと大人なったなあって思いました。

良質な作品出会えて光栄だと思います。

2014/03/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(79%) 普通:7(12%) 悪い:5(9%)] / プロバイダ: 26085 ホスト:25928 ブラウザ: 10092
【良い点】
FLOWのDAYSがいまでも心に残る。
1クールから2クールまでは順調している。
人間関係はリアルに仕上がっている。
終盤のレントンは立派に成長した。
【悪い点】
3クールのあたりが根気が必要。

【総合評価】
評価が高いあってとても素晴らしいロボットアニメでした

もっと読む

「【良い点】作画、歌、演出、背景、色づかい等目に入るもの全部がこだわっていてオリジナリティーを出そうと...」 by foo


次のページを読む

この評価板に投稿する


2019/03/18 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 35967 ホスト:35780 ブラウザ: 8277
ボーイ・ミーツ・ガール。メカアクションだけでなくストーリーとキャラもしっかり作られています。
全50話と長いですが、全くダレる事なく観れました。後半になるにつれて雰囲気が暗くなりますが、それでも惹かれます。不朽の名作ですね。

もっと読む

「OPは結構耳に残る。...」 by 竹犬千代


次のページを読む
2019/01/14 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28108 ホスト:28198 ブラウザ: 8247 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/美しい/勇気貰った 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 円盤購入リスト by Docty Junsai
... いるBlu-rayおよびDVDのアニメ一覧。絶テン以外は全てBlu-ray版。Blu-ray&DVDコンボパックも含む。 ・購入したアニメ デスノート デトロイト・メタル・シティ カーニヴァル ガングレイヴ ガンスリンガー・ガール(1期) クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い ペルソナ4 アニメーション トリニティセブン ピンポン ノラガミ アマガミSS フリクリ ちょびっツ 交響詩篇エウレカセブン(1期) ...
記事日時:2018/10/31
2. 漫画版「交響詩篇エウレカセブン」雑感。 by 蔦屋
... 一馬版の漫画「交響詩篇エウレカセブン」 ・3巻くらいで、レントンがへそ曲げてエウレカがズタボロになるという、アニメ版でエウレカがニルヴァーシュ強奪事件でやらかしたのとは真逆の原因で、ほぼ同じ展開に持っていくのはうまいと思ったが、アニメ版と同じで、要所で意図的に主人公の知能レベル下げないとお話が進まないということでもある。 主人公が天才だと、エウレカ ...
記事日時:2017/10/15 [表示省略記事有(読む)]
3. 2017年 夏アニメ 感想 1。 by フェティア
... あり、 またベタ塗りの色彩も、原作の頽廃的な世界観を殺してしまっている。 ふと振り返ってみると、日本のアニメは、この手の世界観を描くのが下手なのかもしれない。 例えば、アニメ化された諸星大二郎の『暗黒神話』も、どこかチープさが拭えない仕上がりになった。 反対に、それをもとに作られた『交響詩篇エウレカセブン』は、今 ...
記事日時:2017/07/23 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:交響詩篇エウレカセブン / 文学:交響詩篇エウレカセブン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ