[アニメ]恋する小惑星(アステロイド)


こいするあすてろいど / Koisuru asteroid
  • 友情
  • 勉強になった
  • ロマンチックな気分
  • 楽しい
  • 可愛い
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:恋する小惑星(アステロイド)
アニメ総合点=平均点x評価数1,749位6,604作品中総合点12 / 偏差値49.48
アニメ平均点1,006位2,888作品中平均点1.09=良い/11評価
2020年アニメ総合点4位75作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.14(とても良い)7
キャラ・設定1.57(とても良い)7
音楽1.43(良い)7
声優・俳優1.29(良い)7
ストーリー1.14(良い)7
友情100%7人/7人中
勉強になった100%7人/7人中
ロマンチックな気分71%5人/7人中
楽しい71%5人/7人中
可愛い57%4人/7人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

幼いころ、キャンプ場で出会った男の子と
"小惑星を見つける"という約束をした木ノ幡みら。
高校では天文部へ入部しようとしたが、
今年から「天文部」と「地質研究会」が合併して「地学部」になっていた……!?
原作:Quro(まんがタイムきららキャラット / 芳文社)
監督:平牧大輔
シリーズ構成:山田由香
キャラクターデザイン:山崎淳
日本 開始日:2020/01/03(金) 20:30- AT-X TV / 終了日:2020/03/27
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
TOKYO MX2020/01/03-金曜 22:30-
BS112020/01/03-金曜 23:00-
サンテレビ2020/01/04-土曜 0:00-
KBS京都2020/01/04-土曜 0:00-
テレビ愛知2020/01/10-土曜 2:05-
公式サイト
1. TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト
Twitter公式
1. TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッター (@koiastv) on Twitter
オープニング動画 (1個)
歩いていこう!歩いていこう!
歌:東山奈央 [ファン登録]
[もっと見る]
2,5401311
最近の閲覧数
7121419181614262931
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2020/03/28 / 最終変更者:オルタフォース / 提案者:ウクレレ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/06/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(78%) 普通:1(11%) 悪い:1(11%)] / プロバイダ: 19306 ホスト:19270 ブラウザ: 8344
【良い点】
高校の天文部のはなし。アニメを見ながら勉強になる。様々な場所を訪れる聖地巡礼アニメなのがいい。

【悪い点】
あおの行動が極端過ぎることがあって、違和感を感じることがあったかな。一年生で終わらしたほうがよかったかも。
【総合評価】
映像も悪くなかったと思うし、埼玉の入間川でバ-ベキュ-したり、石拾いするなど、楽しい気分になれた。このアニメで訪れていた博物館とかへ見学しに自分もいつか行きたいです。

2020/05/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1739(52%) 普通:868(26%) 悪い:753(22%)] / プロバイダ: 28773 ホスト:28751 ブラウザ: 7550
きらら系にしては珍しく男の子との恋のお話をやるんだ。。。とおわされる第一話の
アバンでしたが、、、ご安心ください?成長して再会した思い出の子は女の子でした

地質部ではなく、天文部でもなく、ハイブリッドなおかげでキャラクターの個性がある
だけでなく、イベントも豊富に用意されています。新しい星をみつけだしたいという二人
の目標まであって、ぱっと見の印象は日常系でしけど、その実態は青春モノでしたね

ただ、その青春がきららの枠内で行われているせいか中途半端さもかんじてしまったので
どうせなら青春に特化したほうが良い作品になった気がします

悪くないアニメだったので評価は普通よりの【良い】です

[推薦数:1] 2020/05/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:378(66%) 普通:151(26%) 悪い:45(8%)] / プロバイダ: 20636 ホスト:20562 ブラウザ: 8225
【良い点】
作画、キャラデザとかかなり良い。登場人物たちもよかった。
さすが天文アニメだけあって、背景の星の配置と時刻と場所を計算しつくしているという作り込み具合。

【悪い点】
2年目が駆け足。どうしても2年目の夏のきらチャレをやりたかったのか、全体的に駆け足になってしまった。この手の作品は1話=1ヶ月で進むのが多いからどうしても端折った感が出てしまう。でも2期が確約されていない以上そこまでやりたいのはわかるといえばわかる。

【総合評価】
結構しっかりした地球惑星科学アニメ。聞いたことがある国の研究機関とかが協力しまくっているというある意味豪勢な作品とも言える。

主人公みらが新しい天体を見つけるべく入学したら天文部と地質研究会が人員不足から合併して地学部となっていた。そこに子供の頃一緒に天体を見つけると約束したアオがいて、天体に興味がある人たちと、地質を調べることに興味がある人たちという全く別方向の人たちが1年を通してお互いを理解し、自分達の進むべき道を考えていくという話。

地学というのは、高校では理科分野で物理、化学、生物、地学と分類される中で、物理でも化学でも生物でもないものが地学としてまとめられ、恒星や太陽系から果ては地質、地形、地震、気象まで幅広くまとめられるその他の学問というイメージが強い。実際には地球科学又は地球・惑星科学の略で地学であり、惑星の成り立ちからそれに関連するものを総合する学問分野。

だから統合した当初は、普通の感覚で言えば、天文と地質は別物であり、あまり仲が良さそうに見えないが、地球も夜空に浮かぶ天体も同じ天体であると認識するようになり、少しずつ通じていくようになっていく。

本作の主人公はみらとアオの二人の幼い頃の約束を実現するための友情を中心に描いているが、この二人以外の登場人物のサブストーリーもしっかりと進められている。将来の夢を現実のものとして捉えていくのが高校生であり、悩み、そして決断していくのもまたしっかり描いているのが本作のポイントとも言える。
もし、地学部として二つの部が統合してなかったら、モンロー先輩はどうなっただろうか。みらやアオという存在に出会わなかったらイノ先輩は自分の将来の選択に自信が持てただろうか。こういう点もまた本作としてしっかり描かれてるからこそ応援したくなる。

本作を見始めて天体解説動画を漁りまくったが、こういう楽しみもまたアニメの楽しみともいえるかもしれない。久しぶりに楽しいクールになった。

本作について一ついえるとしたら、真面目すぎたのかなという印象。お勉強アニメとして、知識を教える部分を切り貼りした感じになっており、ドラマとしては印象が弱かった。

2020/05/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:222(59%) 普通:105(28%) 悪い:48(13%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8322
きらら系の部活青春物。

【良い点】
きらら+動画工房の黄金律にハズレなし、キャラもドラマも作画その他高水準。
楽曲も非常に良く、OP「歩いていこう!」など本作の主題と雰囲気を綺麗に歌い上げていて良作感がある。
「歩いていこう」は2020冬トップクラスの良主題歌。

きらら特有の優しい世界で女の子たちの緩い良好な雰囲気をもって、真面目な青春劇を焦らずゆっくりと描いていく作風。
その他新聞部など他の部活や男子も含めて、皆で仲良く青春している気風も良い感じ。
日常系よりも青春劇寄り、ゆっくりだが確実に時は流れ、先輩は進路に悩みつつ卒業し、後輩に受け継がれる。
やや駆け足ながら1クールを無駄なく綺麗に纏め、各々の夢や希望に繋げている。

天文と地学というマイナーな学問に惹かれていく過程で、各々の夢、やりたい事が少しずつ見えてくる。
互いが情熱を持っている分野を語り合う事で仲良くなっていく流れが自然。
幼い頃の約束である「小惑星を見つけて相手の名前付ける」もロマンチック、綺麗な百合を醸している。
みらとあおは非常に成熟した百合親友、終盤の経緯や、そっと手をつなぐだけで尊い。

天文はともかく、よりマイナーな地学への情熱がちゃんと伝わる。
キャラクターは、先輩だけど可愛い感じのイノ先輩が特に良かった。
地理学へのオタクめいた情熱がキャラとしての可愛さに通じていて、抜けているところも含めて萌える。

JAXAなどの関係機関が協力した、本格的な見学体験も良い。
大好きな分野に目を輝かせる少女たちや、若者たちを温かく指導する職員との交流は心温まる。
きらら版の教育番組めいた良さがあった。

【悪い点】
きらら系としては地味な感が拭えない。
女子部活物としての雰囲気は良いが、作風の軸が青春劇寄りで真面目、きらら系の日常系ゆるふわと若干相性が良くなかった印象。
青春劇としてみると、ふわっとしていて盛り上がり所が分かりづらい。
ゆっくり焦らずやりたい事見つけていこう、というコンセプトで
「たまゆら」に近いタイプかも。
ただ本作は各々やりたい事がほぼ固定していてドラマに動きが乏しいのと、きららの王道に沿った大人しい作風でやや印象が弱かった。
作中の時間に余裕が無いのも、このコンセプトには不利。

日常系のドラマ作りと青春劇両方を盛り込み、どちらもやや中途半端というか、噛み合わない。
(うまく表現できないが、もっしー氏と近い見解)
コメディー面も弱い。

題材も地味。雑学的に興味深くはあるが、彼女たちが楽しそうだな〜、以上の面白味はよく分からず。

キャラクターが弱い。
主要キャラそれぞれ可愛さも個性も申し分は無いが、イノ先輩以外は他のきらら系にいそうなキャラ、さほど印象に残らず。
カップリング間で安定したやりとりはあるが、きらら系のテンプレの域を出ない。

良い点と裏腹、1クールで学園青春を綺麗に纏めるために、駆け足になってしまった。
個々のキャラの掘り下げは十分ながら、魅力感じる前にフェードアウトしがち。

【総合評価】
地味な良作と見るか、良作だけど地味と見るか。
評価はとても良いか非常に迷う、厳し目の「良い」
内容自体は非常に素晴らしいんだけど、あまり刺さらなかったのは、夢の無い自分が悪い(多分)。

2020/05/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:295(67%) 普通:38(9%) 悪い:109(25%)] / プロバイダ: 6636 ホスト:6709 ブラウザ: 10419
【良い点】
クスッと笑えるレベルのギャグ
モンロー先輩がバニーガールのコスプレで客引きしていた場面はハルヒを連想しながら笑ってしまった。

天文と地質、色々勉強になる説明をして楽しそうに活動している。主に桜が説明したり、石を見てるとこは本当に楽しそうだなあと感じさせて見てるこっちも楽しくなる。

キャラクターの魅力
良い友達や親らしさ、面白い性格(良い例ですずちゃん)、楽しそうに星や石を見て喜んで説明したり、夢を叶えるために頑張って勉強してる等

声優さん達の役

OP とED

9話

【悪い点】
ない。

【総合評価】
天文部と地質研究会が合併して地学部になって違う分野の子達が活動する話は面白くて天文と地質の両方の勉強が出来、個人的に思ったことで人間関係の良さも描いていて教育的には良いアニメだと思えた。

2020/04/26 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:442(47%) 普通:321(34%) 悪い:171(18%)] / プロバイダ: 49273 ホスト:49079 ブラウザ: 8315
【良い点】
・部活:筑波宇宙センターや国土地理院に出向いたり部活モノとしては比較的真面目にやっている事、最もそれだけに話がとび気味なのが残念であるが
・エピソードとしてのきら星チャレンジ:「好きなアイドルに合いたいが為に参加した」等動機の多彩さやひとそれぞれな部分が描けていたかと

【悪い点】
・地学部:大きい意味では天文も地質も繋がる要素はある為合併と言うのは解るのだが、天文地質・終盤はさらに気象とテーマと言うか要素が多すぎて雑多と言うか消化不良状態と言うか
・きら星チャレンジのあお関連:あおが選考漏れになったにも関わらず事実上参加している事、元ネタのイベントがあるのかも知らないが試験と言う形ならあくまで参加を許すべきでは無いし、逆に許すなら試験なんて無くていい、結局はただの主役優遇にしか見えない
・時間経過:エピソードが飛び飛びな感があり気が付いたら劇中で一年経過していた印象、何というか話に密度が無いと言うか

【総合評価】
原作未読
良い点悪い点ともに同程度
となると後はいかに自分好みの要素があるか、作品として独自性があるかが問題になるが…まぁどっちもパッとせず
極端に悪い訳でも無いがさほど光るものも無く三ヵ月〜半年もしたら余裕で存在すら忘れそうな気がする

2020/04/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:746(64%) 普通:180(16%) 悪い:233(20%)] / プロバイダ: 17831 ホスト:17991 ブラウザ: 8315
【良い点】
(1)OP・EDのしっとり感・・「恋する〜」に相応しい感じでしたね。
(2)きららアニメならではの、みら&あおのやや「ゆる百合」めいた友情劇。
(3)先輩・後輩との暖かな絆・友情。
(4)地学分野の地層ボーリング、石など。天文分野の望遠鏡や宇宙、星など。
いろいろと勉強になった感がありましたね。

【悪い点】
上記(1)と(2)が合っていない・・そんな印象を受けました。
タイトル及びそれに見合ったOP・EDに合わせたいのであれば、
主要キャラの半分を男性キャラにしたほうが良かったのでは・・と思うものです。
とりわけメインの「みら」と「あお」!
この両者のどっちかを男性キャラにしたほうが良かったですね。
あるいは、「ゆる百合」めいた友情劇ではなく、
「がち百合」めいた純愛劇にする・・というのもひとつの手です。

【総合評価】
【良い】とします。

2020/04/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(80%) 普通:2(3%) 悪い:11(17%)] / プロバイダ: 22901 ホスト:22796 ブラウザ: 9181
【良い点】
「ポケットモンスター サン&ムーン」と「スター☆トゥインクルプリキュア」のキャストの一部の出演。

【総合評価】
サトシがアローラ地方でポケモンリーグを優勝し(「ポケットモンスター サン&ムーン」)、プリキュアとノットレイダーの激しい戦いが終わった後(「スター☆トゥインクルプリキュア」)という最近における別のエンターテイメントの側面があって、両作品のキャストの一部が出演し(出演したのはユニ(キュアコスモ)の声優・上坂すみれとニャヒートの声優・西村ちなみなど)、真の悪の根源に対しての憎しみによるそれに繋がる想い人への未練を込み上げるようなキャスティングとなりました。本作を見て両シリーズの全ての解決への祈りを込めましょう。

2020/04/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:392(56%) 普通:105(15%) 悪い:205(29%)] / プロバイダ: 27599 ホスト:27542 ブラウザ: 8334
部活ものになるんでしょうか。
地学部、天体部のお話です。
それなりにそのお話が含まれてはいます。
でも、なんかイマイチ盛り上がらないというか、ピンとくる作品ではありません。
地学は捨て、天文のお話に振るほうが良かったと思います。
まぁそれなりにわかってはいましたが、最後も残念な終わり方です。
きらら系なので、キャラクターたちは女の子だけなのですが、その点もそれほどかわいいというわけでもありません。
その辺も含めて、なんか全体的にイマイチな作品でした。
評価は「普通」にします。

[推薦数:1] 2020/04/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:399(59%) 普通:103(15%) 悪い:177(26%)] / プロバイダ: 22460 ホスト:22234 ブラウザ: 9181
放送前からきらら枠、動画工房、わたてんスタッフという事で期待してましたが、
些か地味で盛り上がりに欠ける内容だったものの中々の良作だと思います。

「地球科学」という難しい題材を扱っているためか、一般的な視聴者である自分の視点からは彼女達の行動とかを見ていても、
別段「自分もやってみたい」とか「あそこに行ってみたい」というような考えにはならなかったです。

しかし、登場人物達は何れも自身の夢や目標を掲げており、例えばみらとあおは幼い頃に小惑星を見つけるという約束を果たす為。
イノ先輩は自分だけの地図を作る事。モンロー先輩は宇宙飛行士になる事。桜先輩は石マニアながら具体的な将来の目標が決まっておらず、
消極的な一面があったりなど、メイン5人の掘り下げは中々でそこに向けて精進する姿には素直に好感が抱けるものでした。
劇中地学部の訪れた、地質標本館、JAXA、石垣島天文台等の施設見学も実際に真剣に勉学に取り組んでいる感じが出てましたね。

メイン5人は割と常識的(悪く言えば派手さに欠ける)ものの、みらの幼馴染の変態レズキャラの鈴ちゃん、新聞部のイヴ、
きらチャレのともりん&マッキーなど強烈な脇キャラが際立っており。何気に結構多い登場人物もメインと脇のメリハリが聞いていたためか
ゴチャゴチャすることは無かったです。

惜しむべくは終盤の駆け足展開・・桜&モンロー先輩の卒業はもっと時間かけて描写して欲しかったし。
2年に入ってからの新入生ナナ&チカも出番が少なく掘り下げ不足でした。

原作ストック使い果たしたし、世間的注目度もいまいちなので2期制作は無いでしょうが、
十分楽しめたので「とても良い」寄りの「良い」で。

[推薦数:1] 2020/03/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:72(40%) 普通:44(24%) 悪い:65(36%)] / プロバイダ: 12243 ホスト:12616 ブラウザ: 8290
9話まで見ました。

【良い点】
きちんとお話を作っているところ。雑な括りをするなら百合部活日常系ではあるけれど、日常系の中では"それなりに"話がしっかりしているので、全くつまらなくはない。ダレるところがない。
部活要素は、ちょっと自分にはハードルが高い内容で、専門的な話の羅列についていけないところもあるけれど、真面目な地学部の雰囲気が出ていて楽しい。
キャラクターがかわいい。みんな好きだけれど、個人的には猪瀬先輩が一番好きかな。

【悪い点】
百合かどうかが非常に曖昧で、精神が落ち着かない。まず、ミラはアオを男の子だと勘違いして恋していたのに、実際は女の子だったという設定が大変難しくて、これが百合なのか百合ではないのか、あるいは感情として恋なのかそうではないのか(アニメ作中描写的には、むしろアオからミラへの恋愛感情ははっきりしていて、それなのにミラからアオへの恋愛感情は女の子だと気づいてから消失したかのように私には思えてしまって、そのような複雑な設定であるにもかかわらずそこから「恋する」すなわち恋愛的な方向へは話が進まない)、定まらずにふわふわしてしまっている。これはわざとふわふわするよう描いているのではなく、作者の方がどっちにするか保留しているためにふわふわしているのではないかと私には思える。
野球部という形で男が出てくる。他はともかく鈴矢さんが生徒会長にはっきり恋しているというところは明快な百合であるにもかかわらず、野球部の存在で観賞側の百合脳が阻害されている。
日常系の中では"それなりに"話がしっかりしている、という感じなので、普通の日常系アニメに比べると不安定で、残酷な部分と都合のよい部分が繰り返し押し寄せることでドラマを作っているような面もあり、そういう点からすると日常系のドラマ作り(日々の気づきから温かいやり取りが展開されそれが折り重なることでキャラクターを構成する)より、そうではない部分(合宿や進学や卒業というビッグイベントを通してキャラクターを描く)が目立つというバランスになっている。しかしスポ根的な要素は薄く恋愛の深淵に挑むわけでもなく事実日常系ではあるので、見ていて落ち着かない。泣かせに来ていて実際泣くこともあったのだけれど、日常系的なキャラ作りが不足しているためキャラクターに厚みがなく、深い感動には至らないし、浅い快楽も少ない。

【総合評価】
「小惑星」って、地球に衝突することで地層を変えたり新たな物質をもたらしたりするので、地質部と天文部をつなげているんですよね。大変いいタイトルだと思いました。
中身のない作品では全くなく、むしろ中身のある作品だけれど、その中身の色が自分にぴったり合うものではなく少し違う感じでした。ただ部活部分がしっかりしているし、キャラもかわいいので、良いアニメだと思います。

2020/03/02 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:174(44%) 普通:100(25%) 悪い:126(32%)] / プロバイダ: 16111 ホスト:16163 ブラウザ: 8329
【良い点】
雰囲気はいい

【悪い点】
ちょっと百合臭とかがつよめ
キャラ自体は他と比べるとよくあるかんじ

【総合評価】
良くも悪くも普通かな?
作画に関してはいいんじゃないかなと思います。

2020/01/12 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(53%) 普通:11(19%) 悪い:16(28%)] / プロバイダ: 4822 ホスト:4606 ブラウザ: 9066
2話まで視聴。
ストーリー性は感じられない。地学部の5人+αの日常。「小惑星を見つけよう!」と銘打っている割には、物語のスケールがこじんまりとしている印象がある。日常アニメであると割りきろうにも、キャラクターの相関の描き方にやや難があるのか、どうにも惹き込まれない。
キャラクター性。個人的に良いと思うのは猪瀬先輩。純粋に可愛らしく、気立ても良い。中間的な位置にいる(2年生)であるというのもあるのだろう。一部気になる言い回しもまああるが。
部長、副部長は特になし。典型的な部長と副部長の関係性といった感じ。
主役のみらとあお。みらはインパクトのある元気印であることには違いないが、幼稚でKYな節がある。あおは、昔はどうか知らないが現在の描写を見るに、口下手で不器用だが、天文学に関する知識はある。しかし、特徴があまりないので、若干影が薄くなりがち。二人とも「だからどうした」というキャラクターだが。
それ以外にも、みらとあおの関係性に違和感。再会して早々長年の親友のような雰囲気を醸している。いくらなんでも無理がないか? こういうのは積み上げが大事なのであって、その過程をすっ飛ばしてイチャイチャするのはあまり感情が動かないものである。また、みら曰く、「(あおは)昔はおしゃべりだった」と言うが、たったワンシーンだけでそれを判断するのは無理がある上に、そのワンシーンでもあおがおしゃべり、という印象は抱けない。
あまり好きではないのがすず。正直みらに対して過干渉かつ過保護な嫌いもある。(みらが年齢に対して幼稚で危なっかしい部分があるというのもあるのだろうがこと人付き合いにはもう少し寛容になっても良いと思う。)また、喧しいタイプのク○レズは個人的に苦手です……。
OPEDは良い曲。
今のところ、キャラクターの描き方にやや難があり、惹かれるものはなく、正直あまり面白くはない。現状【普通と思う】で。

この評価板に投稿する



2020/05/16 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8322 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/ロマンチックな気分/楽しい/面白い/可愛い/美しい/勉強になった 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:恋する小惑星(アステロイド)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ