[アニメ]銀河へキックオフ!!


ぎんがへきっくおふ / Kick Off to the Galaxy!!
  • 楽しい
  • 熱血
  • 面白い
  • 友情
  • 格好良い
  • 感動
  • 可愛い
  • 勇気貰った
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:銀河へキックオフ!!
アニメ総合点=平均点x評価数934位6,539作品中総合点30 / 偏差値52.45
アニメ平均点555位2,889作品中平均点1.43=良い/21評価
2012年アニメ総合点36位239作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.30(とても良い)10
声優・俳優2.30(とても良い)10
ストーリー2.30(とても良い)10
映像1.80(とても良い)10
音楽1.50(とても良い)10
楽しい80%8人/10人中
熱血70%7人/10人中
面白い70%7人/10人中
友情60%6人/10人中
格好良い60%6人/10人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

目指すは銀河―!それが僕たちのサッカーだ!

技術はいまひとつだがサッカーが大好きな少年・太田翔。
所属する桃山プレデター・6年生チームが人数不足のため解散してしまい、
<スタッフ>
原作:川端裕人
監督:宇田鋼之介
シリーズ構成:山田隆司
日本 開始日:2012/04/03(火) 19:00-19:25 NHK-BSプレミアム TV / 終了日:2013/02/26
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
NHK-BSプレミアム2012年04月03日 - 2013年02月26日火曜 19時00分 - 19時25分
NHK総合2012年04月07日 - 2013年03月02日土曜 09時30分 - 09時55分

※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
公式サイト
1. 銀河へキックオフ!! | NHKアニメワールド
オープニング動画 (1個)
Across my worldAcross my world
歌:knotlamp 詞:KEIT 作曲:KEIT [ファン登録]
[もっと見る]
21,1322421
最近の閲覧数
2092172116
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/09/01 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 怪盗乱馬 / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/01/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 18484 ホスト:18703 ブラウザ: 5717
【良い点】
ストーリー、キャラクター等、作品全体に安定感がある事。
主人公達の頑張る前向きな姿が良い事。
OP、EDともに良い事。
NHK総合では土曜日朝に放送されていましたが、それに相応しく安心して楽しく見られる作品であった事。

【悪い点】
作品全体に安定感がある分、ものすごく突出したものが無かった事。

【総合評価】
個人的に、キャラクター的には、植松太郎が可愛くて好きでした。
またNHKの地上波で再放送して欲しいと思っています。
総合評価は「とても良い」と致します。

2014/11/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:442(63%) 普通:152(22%) 悪い:103(15%)] / プロバイダ: 23476 ホスト:23419 ブラウザ: 7864
久しぶりに純粋な気持ちで夢中にしてくれたアニメっていう感じでNHKの真骨頂を感じました。
サッカーの面白さもそうですが、困難な状況に負けない主人公の純粋さや強い気持ちに感化されることが多々ありました。

2014/04/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:76(80%) 普通:13(14%) 悪い:6(6%)] / プロバイダ: 16204 ホスト:16235 ブラウザ: 5147
【良い点】

・キャラたちが段々まとまっていく過程。
・エリカちゃん、玲華ちゃん(痩せver)、ゴン様がきゃわいい。

【悪い点】

・小学生離れしてる技術、戦術。

【総合評価】

これが小学生のプレイするサッカーなわけねえだろ!という点に目を瞑ればかなり面白かった。
私の想像する実際の小学生のサッカーは、フィジカルに物言わせて何人も入り乱れてのボールの奪い合いという感じなので。

サッカーの技術、戦術などは小学生っぽくなかったが、主人公のサッカーに対する情熱、ひたむきさ、エリカちゃんの乙女心、生意気な三つ子など、感情の面で子供らしいのでそれをカバーしていたように思う。
ただ終盤のプロの世界選抜と渡り合うとこなんかは現実味なさ過ぎてさすがにどうかと思った。

子供たち自身にどうするべきか考えさせるという花島コーチの指導はよかった。子供たちの自主性に任せたサッカーだから面白くなったのだと思う。
自分たちで考え作り上げたものだからこそ個性が生まれるし(スリーUの連携技や玲華ちゃんの才能の開花なんかはその賜物だと思う)、何より翔たち自身も生き生きしていた。

VSゴン様までは最高に面白かったが、それ以降は右肩下がり。尺的に難しいとはいえ世界大会行ってからはゴン様や景浦みたいな強敵として出てくるキャラが一人もいなかったのは残念。

とはいえ全話の半分以上は最高に楽しめたし、ストーリーよりも何よりもキャラが良いので無問題。評価は、「とても良い」。

2014/03/25 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(59%) 普通:0(0%) 悪い:9(41%)] / プロバイダ: 17691 ホスト:17714 ブラウザ: 5171
序盤はそれなり面白かったのですが、中盤から後半に差し掛かるあたりで明らかに手抜きな脚本になってる気がしました。
試合も面白くなく、ストーリーも後半は雑であまり楽しめませんでした。
だからといってこれが良い、これが悪いとハッキリ言えるというわけではなく…上記のとおり、段々と雑になっているのが伝わってくるんです。序盤で力尽きてしまったのでしょうか。
脚本が色々と台無しにしています。キャラや声優は好みだったのでちょっと残念です。

2013/09/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(25%) 普通:4(50%) 悪い:2(25%)] / プロバイダ: 48670 ホスト:48635 ブラウザ: 5386
銀河へプレイボールでも、銀河へオフサイド、銀河へetcでもなんでも代替可能なアニメだと思いました。
途中から、ああ、これサッカーじゃなくてもいいなと感じました。

【良い点】
主人公がDFという珍しいところ。
サッカーが好きな人は、最初は違った視点でみれると思います。
アオト君?が入るまでは面白かったです。
レイカちゃん?がインザーギ化したところwいや、武田というべきかw

【悪い点】
最初の設定と終わり方を決めてから話を作ったような感じで、そのためかわかりませんが中盤からダイジェスト方式に話が進みました。
主人公が途中から他キャラの一部と化したところ。
話の都合で、途中から謎の8人制サッカーという無理やりな設定。(他にも無理やりな流れがありますが、普通のサッカーを題材にしているにも関わらず、根本を捻じ曲げてしまいました)

【総合評価】
スポーツ物は、試合が面白くないとつまらないと思います。
最初は、各キャラの成長と試合に勝つためにどうしたらいいか考えてやっているのが面白かったのですが、中盤から話を進めるためだけに試合をしている感じになり、徐々につまらなくなった感じがしました。
最初は面白かったのですが、だんだんとつまらなくなったため評価は普通です。

2013/09/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:106(45%) 普通:27(12%) 悪い:101(43%)] / プロバイダ: 7612 ホスト:7822 ブラウザ: 7869
【良い点】
最近のアニメを蝕む萌え要素(頭の弱い巨乳美少女、中二病の主人公のハーレム状態、秋葉原やテレビゲーム関連のネタ)なしに、きちんとストーリーを作ってること。
少なくとも最初の十話ぐくらいまでは、「心を打つ」要素があるきちんとした、シナリオ。
第一のED。

【悪い点】
キャプ翼と同じで、地元での話(隣町のスゴイやつとの勝負)が一番わくわくするが、青とが入ってオールスターチームになって全国区や世界大会にいくほど逆につまらなくなっていく。20話以降はハラハラし感がなくなった。「青砥がチームに入る。レイカがやせる。三つ子がいい子になる。翔が自信をつける。コーチが仕事みつけていい人になる。みんなが成長する」これらはいいことなんだが、一つ一つ不安定要素がなくなるごとに、ドキドキ感は薄れていくことに作り手は気づいてるのかなー??これはほとんど全ての試合ものアニメの共通点だが(ちはやふる2でもそうだった)。たぶん、ここをよくコントロールしてる作品は「おおふり」か。おおふりが第二シーズンになっても面白かったのは埼玉という地元を出なかったのが大きいと思う。

OPでネタバレがかなりあること。何を考えてるんだ。

【総合評価】
最初の7話くらいは、最高。その後、だんだん、良い、普通と落ちていく。総合でとても良い。

[推薦数:3] 2013/05/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:216(71%) 普通:7(2%) 悪い:81(27%)] / プロバイダ: 4713 ホスト:4708 ブラウザ: 7397
見終えた。面白かった。この二言で終わりにしてもいい。
(未視聴の方はアマンドの木さんのレビューを、視聴済みの方はlost soulさんのレビューを見ていただければと思う。正直、お二方以上のことなんて書けないよ)
でも、これは面白い作品だと何処かで言わないと気が済まない。本当に流石はNHKだ。
原作小説を著した川端裕人氏の作品は10年前に『夏のロケット』を読んだだけだけど、モチーフに関して取材しまくって「いまだ消えぬ彼方への憧れ」みたいなものを盛り込んで「超絶エンタメ」に変換してしまう名手だと思っている。
本作なんて、正にその真骨頂だろう。そして、それを一年ものアニメにして、日曜朝の激戦区で戦わせるNHKの心意気。乗算効果でトンデモナイものに仕上がってしまった。

ワクワクするんだ。楽しみで視聴が止まらないんだ。
当然、本来の視聴者層である少年少女が見ても面白い。青年層が見ても面白い。そして私のようなオジサンが見ても面白い。
これは良作の基本だけど、今、その基本を形にできる作品はどれくらいあるだろう?

今の時代、すぐポッキリ折れる「割り箸メンタル」を抱かえて、どうにかこうにか生きてる人間や、諦めてしまって惰性で生きてる人間がデフォルトだ。
しかし、作品冒頭での主人公の翔は「切り株メンタル」とでも言おうか、折れない、メゲナイ、挫けない。
ガンガン突っ込んで生きてる。折り目正しく、けど遠慮無く。肝心のサッカーはド下手だけど(笑

そんな小6の彼(この年齢設定がこの物語=素敵な嘘のキモだ)が、空中分解してしまった無名チームを再編すべく周りをどんどん巻き込んでいく。しかも、かなり強引に。

ヒロイン格と思わせるエリカ(見終えてみたらヒロインはエリカでもレイカでもなく青砥君だった…)と二人では試合はできない。
チーム再編の為に元メンバーの核である通称「三つ子の悪魔」を引き戻したい。その為にはコーチが必要だ。
現役時代の挫折、以前少年サッカーを率いていた時の悔恨、それらと折り合いが付けられずにいる元Jリーガーの酔っぱらい(原作小説の主人公)を文字通り夜討ち朝駆けで説き伏せる。
サッカーをやるにはメンバー(数)が必要だ。
クラスの片っ端から声をかける。断られまくる。中学受験を控えて抜けていた通称「スリーU」の3人も引っ張りこむ。それでも数が足りない。
最後は5年生チームから二人借りて、それでも足りないから(OPで変身が約束されている)ピザっ子の西園寺レイカまでチームに加える。
「銀河」≒「渦巻き」は、この時点から発動している。主人公翔達自身がギャラクシー(美人・才子などの華やかな集まり)。

もう、ハナっから原作力と脚本力と演出力が良く出来たマシーンのようにカチッと組み合わさって、素晴らしいスタートダッシュを決めている。
皆それぞれ好き嫌いもあるので仕方がないが、一視聴者としてココで乗れなくて見るのを辞めてしまった方は損だなと思う。
このスタートダッシュですら、ジャブに過ぎないんだから。

11人制の少年サッカーで勝ち進んでいく主人公チーム「桃山プレデター」。
その強さの根幹は「三つ子の悪魔」との異名を持ち、実際結構に屈折気味の慇懃頭脳派の竜持、無愛想ストライカー虎太、面倒くさげに生きているようで実は熱い男の凰壮と、カラー(グリーン、イエロー、レッド)豊かな「天才」。
(天才が3人も揃っていれば不自然だけど、三つ子だからって事で免罪符を得ているのは巧い)
その3人には及ばないものの、団地の幼馴染「スリーU」の長年の付き合いからくるコンビネーションが11人制チームの底上げを果たしていたのも個人的には好きなポイント。
「スピードスター」エリカが最初からハイレベルの大阪からの転校生というのも、そのスピードも体が出来上がってくるにつれ男子との間で相対的に優位性を失いつつあるというのも、非常に良い設定だ。
ピザっ子のレイカが物語の2/3までピザっ子なりに頑張り続けるというのも意外性があって良かった。民放なら数話で変身させていたこと疑いなしだ。
で、主人公のスキルは、前述の前向きさ(その前向きさも生来のものではなく色々あってのことで、そのエピソードに1話丸々割くあたりがNHKだと思う)、そして「視野の広さと下手なりのポジショニングの良さだ(by凰壮)」。
よく見ている。よく状況を把握している。それはリーダーに最も必要な資質。彼がキャプテンをやるのは必然だ。

この個性豊かなメンバーが、ヨーイ、ダイサン、ビルド(あとギャクサン)の基本戦術を組み合わせて勝ち上がっていく11人制編だけでも本作は名作だ。
そんなに良いメンバーが集まるか?とか、訳ありだけど「自主自立」を尊ぶ名コーチが転がっているか?とかそんな「奇跡」も作中でのセリフ回しや演出で巧く消化している。

11人制サッカーで「桃山プレデター」を破ったアマリージョの影浦等、他のキャラ立ちも抜群だ。

8人制サッカーで出直し、ブラインドサッカー等で、どんどん上手くなるメンバー。特に主人公の成長は描写に無理がない。
(ワンシーズンでレベル1から最高レベルまで駆け上げさせて、見る者に無理を感じさせないという点で、『スラムダンク』に並ぶ作品だと個人的には思っている)
チーム力の伸ばししろにも限度がある。そんなポイントで本作のヒロイン青砥君と好人物度MAXなタギーの投入。
しかも、前述のブラインドサッカーでの練習から、エリカの電話、青砥君とタギーのフットサルでの活躍と繋ぎが上手い。上手すぎる。

その二人を加えたところで、真・西園寺レイカの登場だ。ピザっ子がただ痩せただけじゃない。
アスレチックトレーニングで培ったスタミナと、(多分、時が見えてるんだろう)ボールが来るところが何となく解るというシックスセンス。元からボールコントロールは良かったのでポイントゲッターに。

飽きさせない工夫、しかも物理法則の範囲内での工夫、常識的な表情を装った「上手な嘘」をどんどん投入してくる。

本作で最も盛り上がるアマリージョとの再戦ではヨーイ、ダイサン、ビルド、チェンジに加えて、ウズマキが戦術に加わる。
正直、途中からは所謂「円月殺法」なワケなんだけど、「嘘」が上手いから心地よく騙されていられる。
個人的に「良い物語」ってのは「美しい嘘」だと思っているが、そういう意味で本作は「とても美しくて小粋な嘘」だ。
アマリージョ戦での「後悔するぜ」「後悔させて見せてくれないか」との凰壮と景浦のやり取りはとても小粋だ。
「楽しくねぇのか?」のセリフといい、凰壮は、翔、コーチに続く第三の主人公格だと感じた。
(本作は全主要キャラが主人公レベルのキャラ立ちで、王道の青春群像劇なんだけど)

大体、8人制少年サッカーの世界大会である「ガラクシア杯」での優勝が最終目的じゃないってどんなフェイクだよ。

「サッカーに優劣はない。子供達が公園でやるサッカーもプレミアリーグのサッカーも同じサッカーだ。自分で考えて自分で決めろ」そう一貫して主張するコーチの自由主義と、それを体現し、自ら考え、戦術を編み出し、実践し、世界一の相手に自分達のサッカーを挑み楽しむ子供達。

最高に楽しい嘘だった。突っ込みどころもなくはないんだけど、原作者と制作スタッフと各キャラクターへの敬愛の情を込めて評価は「最高」にさせていただこう。
[共感]
2013/07/07 ここ数年で一番印象に残る作品でした。子供達の成長の過程や脚本演出の細かい気配りには脱帽です。出来の良さはかなりのレベルです。子供だましの何かが具現化するような必殺シュートなんて必要ない。純粋で正統な名作です。 by ジュリアーノ
2013/05/02 >ワンシーズンでレベル1から最高レベルまで駆け上げさせて、見る者に無理を感じさせないという点で、『スラムダンク』に並ぶ作品/確かに作中時間はもの凄く短いのに、それでも納得できる描き方だった。 by アマンドの木

2013/03/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 29096 ホスト:29149 ブラウザ: 4696
【良い点】
キャラデザ、及びキャラの性格。

レイカちゃんのネタ要素。
ヘブンリー戦、最終回。
作品全体に前向きな雰囲気が出ていて、なおかつ成長する少年少女の姿に心打たれる。また閑話的な話も本筋に絡めるのがうまい。

【悪い点】
休みが多い。これが本当にいけない。
作画の乱れ

【総合評価】
基本的には良作だった。
休みが多いのはいNHKのせいだけど。
まとめて放送したらぜひまた見たい。

2013/03/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 12744 ホスト:12668 ブラウザ: 9672
前回のをベースにしてます

【良い点】
絵柄
話し
主題歌
声優

【悪い点】
リアル漫画の、少年サッカーアニメにしては、三つ子やアオトあたりが上手すぎ(汗)
タイトルは「銀河」と言うタイトルで考えると、試合の相手に主人公らも普通ではあったかな・・・(汗)

OPの映像は、レイカちゃんが痩せるところとか、アオトとGKが出るのは2クールくらいからだし、その辺は配慮して欲しかったかな。(汗)

オウゾウが好きな俺には、最終回で短髪はショック・・(泣)

【総合評価】

個人的には楽しめました。

しかし、サッカー漫画とかって、コレやジャイキリやファンタジスタといい、主人公チームのユニホームはミランの様な赤黒のストライプのユニホームが何気に多いですね。

最高に近い「とても良い」で。

[推薦数:1] 2013/03/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1443(50%) 普通:0(0%) 悪い:1460(50%)] / プロバイダ: 145 ホスト:89 ブラウザ: 4895
最後まで楽しめたし清々しくて気持ちよくて良い感じの作品だった。
純スポーツ王道アニメというのかサッカーは特に、キャプテン翼だったりイナズマイレブンだったりファンタジーになり易いんだけど現実的でどうやったら上手くなるのかとそういうプロセスが描かれていて、一発の技とかで決まったりするのではなくどうやったら勝てるのかとかちゃんと相手を見た戦術面とかもあって、勝てる理由があるから展開に入り込めるし勝った時の喜びもあった。
当然こういうスポーツ系の作品は主人公側が勝つんだろうなと思いながら観てるんだけど、必殺技とか根性とかは無しでどうやったら勝てるかの段階、理由が描かれているのでそこを感じさせない現実の試合を観ているような感じがあった。

それでもスポーツアニメ…特に少年アニメでは大切な固くなり過ぎない熱さとか諦めない精神とかもあって感情移入していった。
いくら現実的と言ってもサッカー勉強アニメになってしまっては、ここまで入り込む事も面白く感じる事もなかった。
それは何よりキャラがあっての事だろう。

キャラについては後で語るとして、そういう現実的で技術面とか作戦面とか丁寧に積み重ねてきた見せて来たものがあって、世界最強軍団に挑戦するというそこにタイトルでもあり作品のことでもあり、サッカーの事やメッセージ性としても意味が出て来る。

はっきり言って誰もが分かるけど無茶な挑戦だし勝てる訳がないし、これは現実だったら無謀なこと。
でも問題はそこではなくてこの最高の壁に少年が挑戦するところに意味があって、こういうメッセージ性はアニメにしか伝えれない事でアニメだから出来る事。

今まで現実的に描いてきたからこの挑戦に説得力を持たせていて、夢とか希望とか挑戦する事を伝えている。
それとサッカーの世界では大人も子供も男も女も国も関係なく楽しめるっていう事を伝えていて、そこが勝負の世界や熱さもありながら純粋なスポーツなんだろうなって思える。

この作品の凄いところは本当に一からチームを作り上げてメンバー探しから始まって、最後は世界最強軍団に挑戦するというそれを39話でまとめていて、最後から見れば果てしない頂上が見えない絶対に登れない山に見えるけど、一つ一つ乗り越えて行って目の前の壁を破っていけば頂上に辿り着けんだって事を教えてくれているような気がする。

その果てしない道のりを歩んで来たからこその少年達の成長ってのが見える。
少年達だけではなくてある意味コーチが一番成長したのではないかっていうぐらいで、何度もサッカーを辞めかけたけど翔達に助けられてこの少年ならではの余計なことを考えない純粋な部分が情けない大人を立ち直らせた。
それはサッカーにも通じる部分があって純粋な楽しさや、諦めの悪さを呼び起こしてくれた。

三つ子も最初は嫌なキャラかと思ったけどどんどん掘り下げて行く内に見えてきてキャラがしっかり立っていたし、それぞれのエピソードもあって感情移入していった。
根本的な性格は変わっていないんだけど、チームに打ち解けたり頼ったり心の内を明かしたり、ただの独りよがりに終わらずに本当の仲間になって行ったから良い感じに映るようになった。

竜持は冷静沈着で兄弟をなだめたりしていたけど最後は一番恐怖を感じて子供(人間)らしい一面を見せて兄弟や仲間から励まされてそこでチームの輪に加わった感じもしたし、凰壮は景浦に負けて悔しさを知って成長した感じがあって二回目の挑戦の時に抜き去ったところはそういう引きがあるから盛り上がったし興奮した。
1、2位を争う印象的なシーンでもあり一番輝いていたしカッコ良かったしあそこで認めれた感じもした。

虎太は三つ子の中では口数が少ない方だけどコーチを引き止めるシーンで、自分の内をさらけ出したところは感動的でもあり一番真っ直ぐで心に秘めた熱さを持っていたキャラだから、相手を認めさえすればすんなりと自分から入って行けるように思えた。

なんと言っても子供で一番成長したのが冷華で、体型だけではなくて技術面でも性格面でもそうで、最後の方は活躍しまくっていたし元々こぼれ球に対する嗅覚というのがあった訳だけど、痩せてからは前線にも出て来れるようになって遺憾なく発揮されたし、臆病で内気だったキャラが最後は世界選抜の選手に対して堂々と意見をする。
本当に太ってた時では考えられなかった事だけど、太ってる方の期間が長くて痩せてからの期間が短いからそこまでがあっという間な感じはして、太ってる時の方が強く印象に残っていてその時はその時で壁になったり一生懸命だったり頑張っていてそっちの方が冷華というキャラな感じがして感情移入出来たところではあった。

最近では珍しくなった底抜けに明るくて元気で究極にポジティブな主人公でこういうキャラってのは本当に良い。
周りに元気を与えてくれるし見ているだけでも元気を貰える。
例えサッカーがちょっと下手でもチーム内には絶対に必要な存在だなって思えるし、落ち込んだ時や諦めかけた時でも前向きにさせてくれる。

サッカーの技術面では冷華の次に成長したキャラで、ただお決まりの練習風景とか合宿風景とかそういうのを映して上手くなる訳ではなくて、最初はヘディングをやるコツや下を向いてドリブルしない事から教えていて、大人の女子チームと対戦したりブラインドサッカーをやったりして、上手くなって行く段階というのがキチンと描かれている。
お店の手伝いをしていて声を出す事や、空間認識能力は持っていたけどブラインドサッカーをした事によってその使い方をマスターしたり予測してパスを出せるようになった。

このタイトルや最初の方に誓った銀河一を目指すというのがあってその果てしない目標に向かって、ストーリーが成長して行ったけどその中でしっかりとオーバーや大きくなり過ぎずに少年達の成長もしっかりと描いて行っている。

一つ一つの作戦も特徴的で面白かったし、あくまで現実的で理にかなっているからネタだけにならずに意味があって、それを生み出すまでの展開や使うタイミングもあるからサッカーの中で生きている。
チェンジとか渦巻きとかは相手が戸惑うのも分かるし良いアイデアだと思った。

コーチの教え方も良くて自主性や自分達で考えさすことを教えていたりして、一見放任というか何もしていないように見える時もあったけど、そうする事によって責任感とか判断力とかも養ってくるし、作戦とかも自分達で考えたりしていてチームとしてもまとまって行ったのかなと思った。

真面目なサッカーをやりながら熱さや盛り上がりもあって展開も面白かったし実際のサッカーを見ているような興奮したシーンも多々あった。カットとか盛り上げ方とかも独特で良かった。
技術面の成長、子供の成長、作戦面などもあって39話というストーリーの中でしっかり作られた作品で、一人一人のキャラの内容も込められていて嫌なキャラというのもあまり居ないから嫌に感じる事もなかったし、その内容があってメリハリとか段階も出来て、1話の中で笑いもあったりキャラが動かせれているから最後まで退屈も飽きる事もなく楽しめた。

色々あって最後は寂しさも感じるけど素晴らしい作品に出会えた事に感謝したい。
[共感]
2013/03/04 私事ですが、従来この共感コメントや推薦といった他者評価機能は使ったことがありませんでしたが、近年は録画はしてても視聴に割ける時間が少なくなる一方という現実があり、同様の身の上のかたも多かろうことと、私自身もほとんど新たな評価を投稿し得ない今、皆様へのガイドになり得る評価には推薦を差し上げても良いのではないかと考え改めた次第です。 by クラシ

[推薦数:5] 2013/03/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:720(73%) 普通:243(25%) 悪い:27(3%)] / プロバイダ: 27550 ホスト:27619 ブラウザ: 4894
サッカーアニメの決定版、そう言っても過言ではないでしょう。これぞNHK、流石はNHK。

サッカーの、いやスポーツの本質とは何なのか。それは創造性と自律性なのだろう。自ら考え、自ら動く。ルールという枠の中に存在する無限の可能性を選び取り、それを実現させ続けていく。頭を働かせ、足を動かし、声を掛け合う事で、創造性と自律性をピッチの上に表現する。
その表現に触れた者は、もはや観客ではいられない。「サッカーをしたい」そう思わせてくれるのだ。

舞台は少年サッカー、主人公は声の大きさくらいしかとりえの無い男の子。まず、この主人公が素晴らしい。真っ直ぐで純真なサッカー少年。(一昔前だと主役は虎太、今のトレンドなら鳳壮がおそらく主役を張るだろう)
技術でも体格でもない、彼のひたむきさ、サッカーが好きだという思いこそが、キャプテンシーの本質なのだろう。チームの司令塔とは、単に戦術眼に優れ的確な作戦指示を行うものなのではない。夢を、ビジョンを提示し、その方向をブレる事無く指し示し続けた彼の姿は、まさにキャプテンに相応しいものだった。
あと、声がこの上なくはまっていた。

もう一人の主役(原作ではこちらが主役らしいが)というべきコーチ。選手としての挫折、コーチとしての挫折を味わった彼が立ち直る場所は、やはりサッカーしかなかった。彼が立ち直っていくまでの経緯は、盲者のサッカーなどを織り交ぜながら、非常に丁寧に描かれる(職探しとかシビアな現実も見せながら)。
コーチとしての技術指導以上の事はせず、シンプルな問い掛けだけをチームに投げかけ、選手が出した答えを信頼し見守る(オウンゴール狙いですら認める!)。だからこそ、彼は選手から信頼を寄せられるのだ。

この調子で全てのキャラクターについて言及できるくらい(3Uどころか、須黒くんや景浦くんの事だって語れる)、どのキャラクターにも語るべき物語があり、見るべき個性があった。
これは群像劇としても素晴らしい作品だったという事だろう。

サッカーという常に動き続けなければならないスポーツをアニメにするのは、なかなかに困難なものだろうと推測されますが、この作品ではそこに果敢に挑んでいた。試合自体は結構な割合で端折られるのですが、描かれるシーンは可能な限りボールと選手の動きを追っていた。
シーンごとの見せ場とか迫力よりも、サッカーの動きを描こうとしていたのは好感が持てる。

爽やかな後日談も個人的に好き。やはり、それぞれがそれぞれの進路を歩んでこそ、物語は良きフィナーレを迎えると思う。(中学生になって、全員が微妙な顔の成長を見せている。翔くんイケメン度が跳ね上がってるし)
最後の最後まで、素晴らしいと思える作品だった。

NHKの事だし、たぶん再放送されるだろう。見て損はないから見て欲しい作品。
[共感]
2013/03/11 確かに、視聴してからだとよくわかります>全てのキャラクターについて言及できるくらい(3Uどころか、須黒くんや景浦くんの事だって語れる)、どのキャラクターにも語るべき物語があり、見るべき個性があった by 羽幌炭鉱

[推薦数:1] 2013/02/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 48295 ホスト:48138 ブラウザ: 4825
この作品がまず良い所はキャラが良い。キャラが魅力的と言うよりは物語の役割をきちんとこなしてる。サッカーと言うゲームは11人でやるゲームなので、どのキャラにも無駄が無いって中々難しい。まずその良さが出たのが流れとしてはベタだけど仲間集め。もちろん複数同時勧誘なのでポンポンと進んでいく、でも繰り返しなのにどのキャラも魅力があって勧誘が一つ一つ物語りになってる。

この作品について書く前に過去サッカー作品でGIANTKILLINGと言う作品があったけど、サッカーの試合でどうも動きってのが良くなかった。アニメは漫画と違ってやっぱりスポーツ物なら選手ボールの動きを作って欲しい。小説と漫画の違いと言うのが歩けど、それでもこの作品良く動いてた。止まるシーンがほとんど無い。アニメとしては大変だと思うけど、小説原作を上手くアニメ化してると思う。迫力ある演出よりも連携の美しさをきちんと描いてる。この作品の面白い特徴を上手くアニメにしてる。パスワークやボレーなどの連携が実に気持ち良い。

後声優MVPとして主役の小林ゆうさんははまり役だと思う。馬鹿そうな声なのに、それを生かしてチームのムードメーカーとしてのキャプテンを実に上手く演じてる。と言うか小林ゆうさんの声がすごく生きてる。小林ゆうさんはお馬鹿な役が確かにはまり役だと思う。でもこのキャプテン弄られ役だけどいつもの小林ゆうさんのキワモノキャラじゃない。上手い形で声優の特性生かしてるなと感心。

試合は結構短い。でも1試合をくどくどやるより、どの試合も戦略があってそれを上手く見せる事で厚みが増すようになっている。しかし、8人制に変わったときのアマリージョ戦だけは別格だった。これはスポーツ物の盛り上がる試合と、この作品らしい戦略を見せる試合との融合した集大成だった。

世界編はジュニアも面白かったし選抜戦は特に良かった。実在のプロとやると言うのがどうなの?となったけど、8人制サッカーの特殊性のようなものである程度はあるんじゃないか?と思わせてくれた。演出が良かった。プロのシュートの強さテクニック、パス回しスピードあたりの強さなど頑張って描いていたので手抜きしてるように見えない。

この作品本当にアニメとして良い作品。原作が小説だなんて全く思えない。

2012/09/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(89%) 普通:0(0%) 悪い:2(11%)] / プロバイダ: 15971 ホスト:16025 ブラウザ: 3456(携帯)
先週と今週何気なく見ましたが
結構面白かったです

意外にワクワクしてしまいましたし
サッカー自体のプレーも分かりやすく表現されていて子供が見たらサッカーやりたくなるんじゃないでしょうかね

関西弁の女の子も可愛いしもう一人ののほほん系も笑えました

意外と見させられたので子供向けアニメとしては中々いいんじゃないでしょうか。
あと小学生らしくないっていう書き込みもありましたけど
まあ大人びてたのは三人ぐらいだし後はメジャーみたいなメンバーだったのでは
手塚とかいう中学生もいるし(笑)

イナズマ?に対抗して必殺技とかを出さずにメジャー的路線なのは評価しますね

2012/08/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(81%) 普通:2(10%) 悪い:2(10%)] / プロバイダ: 48435 ホスト:48469 ブラウザ: 7869
25話まで見て

【良い点】
キャラの個性がそれぞれ立っていて良い。
現実に近いサッカー描写。
25話でついに真メンバーでのチームになるところなど、1クール・2クールでは出せない重みを感じた。
ED1、地味に良曲だった。ED2になったけど悪くない。

【悪い点】
オウンゴール狙いのエピソード時の審判の頭の悪さ。

【総合評価】
まだ途中ですが、「良い」から「とても良い」に変更しておきます。

2012/07/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:38(93%) 普通:2(5%) 悪い:1(2%)] / プロバイダ: 33582 ホスト:33312 ブラウザ: 8647
地上波の放送は時間表示が出ているから、BSで録画&視聴しています。
いろんなサッカーアニメを最近よく見ています。
【良い点】
主人公の翔くんが、逞しくてカッコイイ&カワイイ。
テーマ曲が良い。
映像が綺麗。

【別に悪い点では無いけど。】
迫力が足りない。
イナズマみたいに、フィクションみたいな技が有る方が面白い。

もっと読む

「【良い点】無し【悪い点】イナズマやエリアは大会出たり、キャラに対して色々な過去があったりするのに比べ...」 by 爆丸は二期しか認めん


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/04/22 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20943 ホスト:21143 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/面白い/格好良い/考えさせられた 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 野音と高尾山と by 怪盗乱馬
... て、アンコール含めて35曲ぐらいほぼMCなしのノンストップで心底楽しめる内容だった。 やっぱりバンドっていうのも良かったし、改めて良い曲ばかりだな〜ワンシーンワンシーンが心に刻まれた。 個人的に好きな曲は友達と呼べる君(ランク外)、BE HERO(ランク外)、君色々移り(同率25位)、人生わははっ!(30位※銀河キックオフ!!後期エンディング ...
記事日時:2018/09/28
2. 今期はスポーツ物に良作が多いなあ by 春の夜月
... リアルさをかなり残して描いている作品が多いですね。家族で見ることもできる内容でもあるし、 こういうポジションの作品がもう少し増えても良いのかなとも思います。 この視点で考えると意外なのが、サッカー系の勢いが無いこと。W杯間近なのに不思議な感じ。 そういえば、テレビ局も以前ほど騒がない感じがあります。エリアの騎士、銀河キックオフ!! の ...
記事日時:2014/04/19
3. 評価の分類 by 名もなき詩人
... 天元突破グレンラガン 私個人向け 少女革命ウテナ(このアニメって人選ぶと思うけどどうも深夜オタ層って感じじゃない) とても良い 不特定多数向け 進撃の巨人(これ最高じゃないの完結して無いから。それぐらいレベル高い) 新世界より(攻殻機動隊と似てて大衆向けじゃないけど不特定多数向け。SFって作品によってはそういう面がある) 銀河キックオフ!! キング ...
記事日時:2014/03/15
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:銀河へキックオフ!!
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ