[アニメ]かってに改蔵


かってにかいぞう / Katte ni Kaizou
  • 楽しい
  • 面白い
  • 道徳心&モラル
  • びっくり
  • 可笑しく笑える
  • 怖い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:かってに改蔵
アニメ総合点=平均点x評価数2,642位6,272作品中総合点5 / 偏差値48.23
2011年アニメ総合点91位228作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.25(とても良い)4
映像1.75(とても良い)4
キャラ・設定1.50(とても良い)4
音楽1.25(良い)4
ストーリー0.75(良い)4
楽しい100%4人/4人中
面白い100%4人/4人中
道徳心&モラル75%3人/4人中
びっくり75%3人/4人中
可笑しく笑える75%3人/4人中
もっと見る
属性投票する
<スタッフ>
総監督:新房昭之
監督:龍輪直征
構成:東冨耶子高山カツヒコ
日本 発売日:2011/05/25(水) メディア販売
公式サイト
1. かってに改蔵
オープニング動画 (1個)
かってに改造してもいいぜかってに改造してもいいぜ
歌:水木一郎特撮 詞:大槻ケンヂ 作曲:NARASAKI 編曲:特撮 [ファン登録]
[もっと見る]
10,55144
最近の閲覧数
3011010020
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/11 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 霧の童話 / 管理人さん / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/01/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:722(51%) 普通:387(27%) 悪い:302(21%)] / プロバイダ: 8022 ホスト:8003 ブラウザ: 9932
シャフトが久米田康治先生と再度タッグを組み、『さよなら絶望先生』シリーズに続いて制作したクメプロ作品第2弾…なんですが、諸般の事情でOVAの発売が延期された事や同時期に発表した『魔法少女まどか☆マギカ』の方に話題が集中し過ぎた事なども影響して、ひっそりと世に解き放たれたかのような不遇な印象が有りますね。
尤も、その報われないマイナー臭こそが或る意味で久米田作品らしさを醸し出していると言えなくも無いんですがw

上巻・中巻・下巻といった3部構成の形で原作の代表的なエピソードが再現されますが、其々タッチが異なる辺り久米田先生の作劇スタイルの変遷振りを観ているかのようで興味深かったです。上巻なんざ『コロコロコミック』に掲載されても違和感が無いぐらい凄まじい下ネタのオンパレードだったからなあ…OVAという限定的な媒体を悪用…もとい、活用して繰り出されるお下劣描写の数々は耐性の無いユーザーには少々キツイかと。流石に中巻からは下ネタのレベルも緩和(撤廃されてる訳じゃ無いところがポイント)されるので、苦手な人は上巻をスルーして観賞に臨むのが無難でしょうね。

物語が進むにつれてキャラ設定が当初と別方向にズレ込んでいくのも本作の特徴ですが、却って各々のアクの強さを引き出す要因と化す辺りはギャグアニメの面目躍如と言えるでしょう。被害者的立場だった筈の名取羽美が幾多のエピを重ねる事に因り、何時しか加害者側の猟奇キャラへとシフトしていく様や、話数を重ねるごとに外見 & 内面ともに歪さを増し、本作のシンボル的存在へ昇華する坪内地丹の変貌振りなどは、観ていて特に面白かったです。反面、それらの煽りを喰らい改造人間設定が有耶無耶に成った事で、どんどん影が薄く成っていく某主人公のような可哀相な例外も有りますがw

難点は下ネタに加え、敢えてプロローグを割愛する構成を行なっている為、原作未読者には人物相関図や世界観の把握に少々手間取る不親切仕様と成っている事でしょうかね。
ともあれ、『絶望先生』で培われたノウハウを随所に活かした演出は一見の価値アリでしょう。小品ながらも、シャフトと久米田作品との融合性の高さを再度実感させられた力作です。

2011/10/31 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:50(83%) 普通:2(3%) 悪い:8(13%)] / プロバイダ: 25522 ホスト:25667 ブラウザ: 3468(携帯)
原作の時期に応じて上巻・中巻・下巻と分かれ、作画の雰囲気をそれぞれの時期に合わせるまでにこだわった作品。だいぶ作風が変わる為、時期ごとにファン層までもが分かれる作品でもあり、全巻揃えてはじめて、自分にとって魅力あるエピソードが見つかることになるかも。個人的には、やはり作者の作風の行き着いた先である下巻のエピソードが、一番笑いのツボにはまった気がした。絶望先生以上にブレーキを踏み外した下巻のどす黒い演出は、一見の価値あり。残念なのは、かなり下品な上巻が、全巻買わせるのに、だいぶ足を引っ張っていること。エンディングのサービスシーンなども、購入者を迷わせる要因になっていると思う。下巻の作風オンリーのシリーズが、普通に観たい。

2011/06/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 13177 ホスト:13017 ブラウザ: 7353
【良い点】
うーん・・・ない

【悪い点】
下品で、ネタもイマイチ

【総合評価】
あまり面白くなかった!評価は「悪い」

2011/05/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(83%) 普通:0(0%) 悪い:2(17%)] / プロバイダ: 11123 ホスト:11306 ブラウザ: 7444
【良い点】
・原作どおりの、安定した下ネタオンパレード。自分は原作大好きなので笑いながら見ていられました。男の裸も女の裸も満載で、性別関係なく楽しめる・・・・・はず(?)。
・豪華声優陣。ムケ皮さんの声優には驚きました。あと某アシスタント&元アシも少しだけ登場します。
・以前から公開されていた絵や、OPの作画は現在の久米田先生の絵(絶望作画)だったので、本編もそうなるのかと思っていましたが、実際は本編では昔の久米田先生風の絵でした。ちょっと違和感も感じましたが、絶望先生よりアグレッシブな内容であるこの作品にはピッタリな絵柄であると思います(絶望作画でヌルヌル動かれたら逆に怖いw)。
・ギャグも面白いですし、テンポも素晴らしい。ほんと、下ネタさえなければ地上波で放送してかなりの人気を獲得できるぐらいの完成度でした。まあ下ネタあってこその改蔵ですけどね。
・時事ネタ(絶望に比べそこまであるわけではないですが)も当時のままで、20歳以降の人にとってはとても懐かしく、そして面白いです。

【悪い点】
特に無いです。強いて言えば羽美は貧乳設定だったはずなのに、アニメではやたらナイスバディだったのが納得いかないです。それ以外はホント、何も無いです。

【総合評価】
下ネタがダメな人以外であれば、誰でも楽しめる作品です。
あと2巻しかありませんが、一体どの話をアニメ化してくれるのでしょうか。
OVAなので作画のクオリティも保たれると思いますし、今後に期待したいです。

この評価板に投稿する



2014/01/24 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8022 ホスト:8003 ブラウザ: 9932 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い/可愛い/怖い/びっくり/道徳心&モラル 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 2017年ジャンプ47号感想(『フルドライブ』新連載号) by エスパー
... 豊満なバストと添えているとケツも比例するようふっくらして見えるのがうるかちゃんと違う点だろうか。 …我ながらおっさんくさい感想で自己嫌悪パネェです。 あととろろおろしおろしのナチュラルすぎる謎擬音は素直面白かったですw 最近Dr.STONEでコハクちゃんがゴーリラゴーリラ謎擬音出していたのと通じるものがあります。 元をたどればかってのメール打つとき ...
記事日時:2017/10/23
2. 週刊少年サンデー by 羽幌炭鉱
... プロパガンダ漫画。 で、少年サンデーなんだけど、発行部数40万部を切ったとか。 マガジンダブルスコアで負けている、ジャンプのライバルなんて『3年奇面組』でネタされてたのが大昔とはいえ、あんまりもあんまり。 そりゃ『コナン』『犬夜叉』『MAJOR』老害化とか、『旋風の橘』とか生み出した快挙とか、『かって』への理不尽 ...
記事日時:2015/05/05
3. 絶望は先生 ある意味 ラララ 意外 by CTU
... CTUは 無職なっていた。 どうも、今のところは無職ではないCTUです。 昨日発売の週刊少年マガジンて「さよなら絶望先生」が301話して遂に最終回を迎えました。 この作品を知ってからはや四年。アニメからポロロッカして原作は言う及ばず、ついには前作「かって」まで読んじゃった。まぁそれ以前の南国とかは読んで ...
記事日時:2012/06/14 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:かってに改蔵
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ