[アニメ]かみさまみならい ヒミツのここたま


Kamisamaminarai Himitsu no Cocotama
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可愛い
  • 友情
  • 感動
  • 可笑しく笑える
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数2,196位6,420作品中総合点8 / 偏差値48.75
2015年アニメ総合点55位264作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)6
キャラ・設定1.83(とても良い)6
映像1.33(良い)6
ストーリー1.33(良い)6
音楽1.17(良い)6
楽しい100%6人/6人中
面白い100%6人/6人中
可愛い83%5人/6人中
友情83%5人/6人中
感動67%4人/6人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

小学5年生の四葉こころはちょっと不器用だけど優しい女の子。
「モノにはみんな魂がある」というおばあちゃんの教えを守り、モノを大切している。
そんなある日、こころが大切にしている色鉛筆からモノのかみさま・ここたまが生まれた!
名前はラキたま。
<スタッフ>
原案:BANDAI
連載:講談社「たのしい幼稚園」「おともだち」「おともだちピンク」「たの幼ひめぐみ」
企画:押田裕一小野口征波多野淳一奥野敏聡井上俊次
日本 開始日:2015/10/01(木) 18:00-18:30 テレビ東京 TV / 終了日:2018/06/28 本編放送終了
日本 開始日:2018/07/05(木) 17:55-18:25 テレビ東京 TV 特別編(夏だ!おおはしゃぎスペシャル) / 終了日:2018/08/30
公式サイト
1. かみさまみならい ヒミツのここたま テレビ東京アニメ公式
オープニング動画 (1個)
ころころここたま!
歌:ERIKA 詞:畑亜貴 作曲:山口朗彦 編曲:山口朗彦 [ファン登録]
[もっと見る]
6,28166
最近の閲覧数
461342445521
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/08/30 / 最終変更者:エリクサー / その他更新者: オルタフォース / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(60%) 普通:33(25%) 悪い:20(15%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8286
バンダイの女児向けアニメ。全139話(総集編的な特別編8話)+劇場版あり。

【良い点】
本渡楓氏の初主演ヒロイン・四葉こころちゃんの抜群の可愛さ。
心優しい良い子なのは勿論、奔放で無軌道でトラブル頻発するここたま達に翻弄されつつ、幼子に接する母のような寛容さ・包容力が魅力。
決して優等生ではなく、感情表現が豊かで、くるくる変わる表情や声が実に可愛らしい。
不器用さや運動音痴に悩みつつも健気に頑張ってここたまハウスを作ったり、弟のまことと微笑ましいケンカしたり、サッカー少年の一ノ瀬君に恋をしたり、単なる記号ではない地に足の着いた可愛さがある。
本来女児向けの本作を大きなお友達も楽しんでいるのは、専らこころちゃん目当てである!
ニコニコ動画の視聴者からは「心労(こころ)ちゃん」あるいは「大天使ココロエル」と呼ばれていた…

本渡楓氏の独特な好演。
単に声が可愛いだけではない、個性的な演技がこころちゃんの可愛さに繋がった。
ここたまは契約者以外の人間に見つかるとアウト、なのに無警戒に動き回るここたま達に毎度心労の連続、見つかりそうなのを誤魔化す際の焦った奇声や、「うぇへへへ」な誤魔化し笑いなど、本渡氏特有の演技だった。
その他声優陣も豪華かつ好演揃い。

「物を大切にしよう」というテーマに基づく大筋のストーリーが良く出来ていて安定感がある。
生まれた物に由来するここたま達の個性も抜群で、大勢集まると収取付かない騒がしさと楽しさあり。
ここたま達の奔放さがストーリーに緊張感出していて波乱が多いのも飽きにくい要因。
豊崎愛生氏演じるメロリーが急に歌い出したり、ミュージカルっぽい楽しさも良い。

人間の層も厚く、四葉家特に母の美里がここたまのキラリス絡みで存在感あったり、友人たちも個性的かつ申し分のない可愛さがある。
女の子の層が厚いので日常系めいた微笑ましさも期待出来る上に、ストーリーにバリエーションがあり飽きにくい。
契約者も真面目優等生美少女のぞみちゃん、手品先輩より遙かに手品上手なひかりちゃんも登場。
長丁場でメインヒロインを交代する事でマンネリを回避しつつ、こころ&のぞみが次第に良き友情が育まれる過程も実に尊い。
のぞみメイン回は神回が多く、長丁場ならではの丁寧な交流の積み重ねが生きていた。
その他にも祖母との話など、話数は少ないが良回がちらほらある。

楽曲も畑亜貴氏による前期OP「ころころここたま!」など非常に良い。
作画の可愛さも申し分ない。

【悪い点】
こころちゃんのここたま達が無能&怠惰だったり、トラブル頻発させてこころちゃんの心労ちゃんっぷりが少し可哀そう。
もっとも、それでこころちゃんの聖母っぷりが際立ったので、良し悪し。

たま仙人関係が少しウザい。

流石に139話もあると外れ回も多々あるのは仕方がない。

【総合評価】
女児向けながら(極一部の)大きなお友達の心もガッチリ掴んだ。
決して子供だましではない良作、評価は最高に近い「とても良い」

[推薦数:1] 2019/01/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(56%) 普通:5(20%) 悪い:6(24%)] / プロバイダ: 12832 ホスト:12937 ブラウザ: 8289
【良い点】
どんなものでも大切に使っていると、みならい神さま、ここたまが生まれるの。これ、秘密だよ
それは罰ゲームじゃねえのか。と言いたくなるほどに、ここたま達はトラブルを引き起こす害獣なんです。
同じ目に合わされたら、絶対に投げ出すね。ペットの放棄がなくならないわけだよ。

見習い神様として人間の役に立とうとするのは、それが実を結ぶのはアニメ始まってから1年以上かかります。このアニメ3年近くやってたんだぜ。
10歳の女の子が、こっそりとペットを飼って育てる話と見れば、わからんでもないのですが、言葉をしゃべる分だけここたま達の自分勝手さが際立ちます。

でも、こころちゃんは見捨てない。ここたま達を見捨てない。そんなママは小学五年生っぷりを見守るアニメです。

【悪い点】
男性視点だからかも、ここたまが好きになれなかった。こころちゃんを目当てに見てるアニメになってしまった。

【総合評価】
多分女性と男性で評価が分かれそう。
心ちゃんに母性を感じるか、ここたま達に母性を抱くかで見る目が変わってくると思う。
だけど、本当の子育ての苦労はこんなもんじゃないんだろうな。

[推薦数:1] 2018/08/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:64(52%) 普通:15(12%) 悪い:43(35%)] / プロバイダ: 23060 ホスト:23344 ブラウザ: 9177
近年のバンダイの少女アニメとしては、比較的まともな出来だといえる作品。
(放送前までは、それほど期待してはいなかったのですが、意外に良く出来た作品だと言えました。)

まず、本作の特徴といえば、"ここたま"というペット達が、こころ達が住む人間界にやってきて、こころ達の友情を描いたほのほの系の話で、
内容は主に子供向けではあるけど、子供だましに作られていないのは良いし、
登場キャラの出番が、人間キャラ、あるいはここたま達ばかりに偏っておらず、なるべく出番が公平になる様にしており、そういう意味では、バランスよくなっているし、
話の方も、主な視聴者である子供に楽しめるような内容になっていると言えます。

主な登場キャラである、ここたま達は、ハムスター並みに小さく、まるでペットの様な架空の生き物でありながらも、かつての『ハム太郎』のハムスター並みの知能などを持った生き物であり、
キャラデザも子供受けしやすいデザインとなっており、人間キャラ(特に少女キャラ)にしても、変に萌え狙いなデザインとなっていないのは良いし、
本作は、萌えキャラはなるべく出さずに、子供からしてかわいい感じの少女になっており、
そういった点も、視聴者の事を考えているデザインと言えます。

本作は、近頃のバンダイのアニメとしては、良く出来ている作品だと言えるし、
少女向けでありながらも、変な萌え要素が入っておらず、良くも悪くも子供向けの作品となっているし、
同じバンダイの少女向け作品である『アイカツ』シリーズでは、途中から萌えに走ってしまった結果、自滅してしまったのに対し、
本作は、そういう萌え要素は、できるだけ入れずに、子供向けを意識して作っている作品だったと言えます。

同じバンダイの少女アニメでも、マンネリ感が深刻気味な『プリキュア』シリーズや、『アイカツスターズ』よりかは遥かに楽しめた作品だと言えます。

2017/12/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:765(41%) 普通:448(24%) 悪い:652(35%)] / プロバイダ: 19929 ホスト:19851 ブラウザ: 4693
【良い点】
・付喪神に着目した設定は慧眼。子供向けアニメとして「ものを大事にする事」を
スタートに据えたのは正解。
・ここたま達のデザインは基本かわいい系で、ハム太郎の再来って感じ。仙人も
居るしな。とりあえず子供受けは良さそう。

【悪い点】
・設定へのこだわりを感じないドラマ造り。大抵は本作で最も主眼であろう
「物を大事に」というメッセージは感じない。付喪神設定は、教育上、良いアニメです的
アリバイかと疑ってしまう。
また、見習い神様の仕事であるはずの「ハッピースター集め」もビビットとシャムチーム
以外マトモに励んでいる連中がおらず、ここたま達は神様にしては自分勝手、単なる
迷惑気味な居候という印象。付喪神は本来、精霊、妖怪的なシロモノなので、合ってると
言えばそうなんだが、子供向けとしてなら、最初から「神様」じゃなく愉快な同居人
スタンスで進めるべきだったと思う。この辺りも設定や基本姿勢が子供向けを言い訳に
製作側がテキトー過ぎる。劇場版をみるまで、ハッピースターの意味は何?と疑問が
膨らむ一方だった。
・ここたま達の魔法は属性と関係無い物が多く疑問を感じる描写多々。特にメインのはずの
らきたま自身が「ラッキー」を言い訳に物体召還(アポーツ)などしまくるので「それは
『ラッキー』じゃねぇだろ」とツッコみ不可避。
・新シーズンメンバーがあまり魅力がない。のぞみ&ビビットの有能真面目コンビが理想的
過ぎた、というのもあるが、性格描写が少なくキャラ立ちがあやふやな、ここたまライチと
契約者ひかりコンビは随分見劣りする(初期の同居ここたま、ピコタはさらにつまらない、
可愛くないデザインでゲンナリ)。手品師志望の描写もあんま意味無し見せ場無し・・・
・主人公こころの恋模様は苦情でもあったか?想い人、一之瀬くんの出番がだんだん極少に。
ほとんどメインに絡んでこない。

【総合評価】
「普通」。アニメ単体ではイマイチ感満載だが、辛うじてオモチャとのタイアップで
低空飛行している感じ。時々ガチャで正規販売前の新ここたまがリリースされるのも
あざといが、アタリハズレはあるものの低価格でドールが入手できるので、子供向けの
商品提供としては有難い。とオモチャの援護射撃で子供の興味が持続する感じだが、
上述どおりドラマがあまり良くない。もうちょっとクラスメートを切り口に、彼らを
紹介しつつ多様な方向性、毛色の違ったストーリーを展開する、物を大切にという
メッセージを強調する、主人公の恋バナを進展させる、など訴求力の強いドラマが欲しい。
現状ではお行儀良過ぎる、設定倒れの、悪い意味で子供向けのオモチャ販促アニメ。
劇場版の世界観がしっかりしていたので、製作側が何も考えてないワケではないらしいが・・・
要改善。

※物理系魔法のここたまより、心理系のビビットやミシルの魔法の方が強力、かつ
ヤバいのでは、とツッコみながら見ている。ミシルに悪用するオツムが無いのが
ラッキー!

[推薦数:1] 2016/09/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:544(54%) 普通:212(21%) 悪い:255(25%)] / プロバイダ: 22110 ホスト:22261 ブラウザ: 5171
あのねっ、物にはみーんな魂が宿るって知ってる?
どんなものでも大切に使っていると、みならい神さま・ここたまが生まれるの!
これ、秘密だよっ!

バンダイのドールハウス事業参入として製作されたアニメ。
日本人には馴染み深い概念である「付喪神」をマスコット化し、害・・・もとい愉快なペット的存在として
大天使こころちゃんとともに過ごすドタバタな日々を描く。
基本ガチの子供向けだが、親御さんあたりに受けそうなネタもあるのが見逃せない。声優陣にも一昔前にヒロイン役だった人を起用していたりしている。

中盤辺りはアレな行いも多かったけれど、最近はここたまたちの株の上がる話も多くなってきた。
というか桜井家の面々やノラたまトリオなど、四葉家以外のここたまは基本出来る子。・・・あのジジイの事は知らんな。

【総合評価】
ここが、このハウスが、私の魂の場所よ!

ペット同然の連中を養うのは苦労も絶えないけれど、それ以上の絆を感じられたりもする。
あなたも癒しと楽しみの日々を。

2016/03/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:43(83%) 普通:0(0%) 悪い:9(17%)] / プロバイダ: 13195 ホスト:13242 ブラウザ: 5171
【良い点】
こころちゃんの人格者ぶり
ファンシーで愛くるしい世界観に、憎めないキャラたち。
ものを大切にすることを教えてくれる。

【悪い点】
四葉家のここたまの無能率の高さ

【総合評価】
とても良いアニメです。

この評価板に投稿する



2019/10/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8286 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/可愛い/びっくり/道徳心&モラル 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 同じ共演者が3人以上いるアニメ2016年7月期(2) by ウクレレ
... __堂本仁__金田保__坂東晴子 DAYS__中澤監督__猪原進__栄二__リカ チア男子!!__橋本一馬__溝口渉__徳川翔 ダイヤA -SECOND SEASON-__小湊亮介__乾憲剛__伊佐敷純 チア男子!!__坂東晴子__金田保__坂東晴希 かみさまみならい ヒミツここたま__サリーヌ_ ...
記事日時:2016/10/19
2. (´神`)さまみならい ひみつここたま!」 by オルタフォース
... アニメ「かみさまみならい ヒミツここたま」。 聖人・こころちゃんが畜生な神様候補生・6柱ここたま生活を描く女児向けアニメだ。 だがそれより前に「ここたま」という言葉は存在していただ。 それも、意外な作品からだ。 問題セリフ「ここたま!」とは、「アーマード・コア・ヴァーディクト・デイ」(以下ACVD)登場人物、 ...
記事日時:2015/12/02
video
3. 2015年秋アニメ。 by bit
... __濁川 敦__オリジナル?__ いとしムーコ__DLE__ ロマフ比嘉__漫画原作/再アニメ化__15分作品 うたわれるもの 偽り仮面__WHITE FOX__元永慶太郎__ゲーム原作__前作ゲーム・アニメ続編 おそ松さん__Studioぴえろ__藤田陽一__漫画原作__ かみさまみならい ヒミツここたま__OLM_ ...
記事日時:2015/10/11
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ