[アニメ]胡蝶綺 〜若き信長〜


こちょうき わかきのぶなが / KOCHOKI Wakaki Nobunaga
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数4,744位6,424作品中総合点0 / 偏差値47.44
2019年アニメ総合点96位151作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)2
映像1.00(良い)2
声優・俳優1.00(良い)2
音楽0.50(良い)2
ストーリー0.50(良い)2
悲しい50%1人/2人中
友情50%1人/2人中
びっくり50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

明日をも知れぬ戦国の時代を駆け抜けた織田信長。
彼の元には常に乳兄弟であった池田恒興が控えていた。ただ生き残るために、ひたすらにあがき続ける。
史実を点として押さえつつ、信長を中心としたキャラクターたちが、それを乗り越え新たな物語を紡ぎだしていく。
監督:阿部記之
キャラクターデザイン:中嶋敦子
シリーズ構成:山口亮太
脚本:笹野恵澤田薫
日本 開始日:2019/07/08(鐃緒申) 21:30-22:00 AT-X TV
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
TOKYO MX2019年07月08日 -月曜 22時30分 - 23時00分
BSフジ2019年07月09日 -火曜 00時30分 - 01時00分
WOWOW2019年07月11日 -水曜 00時00分 - 00時30分
公式サイト
1. TVアニメ「胡蝶綺 〜若き信長〜」公式サイト
Twitter公式
1. アニメ「胡蝶綺 〜若き信長〜」公式 (@wakanobu_anime) on Twitt
プロモーションビデオ (3個)
TVアニメ『胡蝶綺 〜若き信長〜』第1弾PVTVアニメ『胡蝶綺 〜若き信長〜』第1弾PV
[もっと見る]
38833
最近の閲覧数
154192921242
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/06/24 / 最終変更者:伏魔の剣 / 提案者:伏魔の剣 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(59%) 普通:35(25%) 悪い:21(15%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8328
スタジオディーン制作のオリジナルアニメで、桶狭間までの若き信長を大河ドラマ(少女漫画風味?)に描く。

【良い点】
信長主人公(またはモチーフ)のアニメは数多あれど、元服前後の少年期を重点的に描いた意外と珍しい題材。
人物描写や時代考証も独自のフィクション要素はあれど丁寧で、まるで大河ドラマを見ているかのような感じ。
合戦より家臣や妻の帰蝶たちとの交流や、大蛇捕獲などのマニアックなエピソードがあるなど、独自性がある。
大筋の流れも史実を巧みに脚色して若き信長の葛藤を描いたり、織田家のあまり有名でない人物を独自解釈でそこそこ魅力的に描けている。
マイナー武将の津々木蔵人を悪役に仕立てた展開は成程と思った。

作画が良く、キャラデザは女性受けしそうなイケメン多い。
合戦はダイジェストながら、殺陣や戦国の風景描写などのクオリティーは高い。

帰蝶の独自設定。
斎藤道三の実子だが実はニンジャ、しかも姫ではなく男というトンデモ設定。
それでも次第に信長に惹かれていく帰蝶のヒロイン力は高かった。
帰蝶の苦悩や行動は中々ドラマチックだった。

池田恒興や前田利家ら男性家臣との絆も良い感じ、女性向けではあるが、普遍的な良さがある。

【悪い点】
信長が華々しく活躍する前の時代の話を1年物の大河風なテンポでやっているためか、全般的に地味。
内乱鎮圧や道三への援軍など、普通の軍記物ならば山場となるような場面をあっさり流している。
最終話の桶狭間も盛り上がりに欠け、いつの間にか終わってしまった。

弟の織田信勝が津々木蔵人に唆されていく流れも微妙。
信長も甘い一面だけが強調されていて戦国武将らしくない、そこは本作の良さでもあるが、盛り上がりに欠ける一因にもなっている。

恒興や帰蝶との男同士の絆についても丁寧だが地味。
帰蝶も中盤まではヒロイン度高かったがフェードアウトしてナレーションに徹してしまう。
終盤でモブ家臣たちが奮起するも、今まで殆ど交流や掘り下げが描かれていないため微妙。
信長作品に付きものな秀吉未登場なのは別に悪くは無いが、華のあるキャラ一人欠けているのを補えるだけのキャラクターはいなかった。

【総合評価】
独自性のある時代物で、人物やアニメの作りは丁寧な佳作。
評価は迷うところだが、良いには届かない「普通」
丁寧に作ってはいるが地味な印象が否めず、女性向けと思われる作風もさほど魅力を感じない。

2019/09/17 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2263(50%) 普通:1136(25%) 悪い:1136(25%)] / プロバイダ: 16995 ホスト:17236 ブラウザ: 5173
若き信長を新たな視点で描いたアニメ作品なのだが
信長や彼の側近達を中心とした若者達が時代考証を無視したロンゲのイケメンなのに対して
(特に赤いリボンを蝶々結びにして髪を結っている主人公は引いた)
モブやオッサンキャラは戦国時代らしい髪型という落差はいかがなものだろう。

史実となる合戦はナレーション程度に済ませて人物描写に焦点を当てていますが
初陣で村を焼き払った事で生き残りの村人に非難されてショックを受ける信長とか何を今更という感じで
マスクも甘けりゃ、性格も甘いだけの兄ちゃんという感じの主人公。
片や濃姫=帰蝶は実は、くノ一という設定になっていたり
新たな視点の信長像というより織田信長をネタにした少女漫画という感じで
無理に信長でなくてもファンタジーを題材にしても似たようなキャラ&ストーリーは作れそう。

アニメ作品であるため、かつてキムタクが主演だったドラマ版より多少は観れる程度。
評価は「悪い」で。

2019/07/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7601(87%) 普通:644(7%) 悪い:464(5%)] / プロバイダ: 12391 ホスト:12415 ブラウザ: 10414
タイトルのとおり、戦国時代の乱世でもっとも有名な武将織田信長を題材にした作品といったところでしょうか。

これまでにも、織田信長を題材にした作品は数え切れないほど作られており、アニメの方でもハーレムものではありましたが、「ノブナガ先生の幼な妻」がちょうどアニメ化されておりましたけれども、そちらで信長の正妻や側室の名前や立ち位置が知れるので、ちょっとした予習になったかなと。

サブタイトルに若き信長とあるとおり、大抵の作品では桶狭間の合戦以降の信長の武将としての目覚ましい活躍をメインに描かれているのに対して、本作ではその前のうつけ者と呼ばれていることから描かれているのが売りだったでしょうね。

絵柄的には女性向けといいますか、花とゆめとかで連載されているマンガ群を読んでいる人向けな感じで信長がなかなかのイケメンに描かれているのはもちろんのこと、全体的にイケメン(もっとも、家老クラスとかは渋く描かれておりましたが)が多く、犬千代のキャラからして、ターゲットは容易に伺えるものがあったかなと。

個人的には種子島のくだりで信長がいたく気に入ったのに対して、家臣たちがあれは単なるこけおどしだとあまり種子島に関して良い評価をしていなかったりところはなかなか興味深いものがありましたね。種子島というと、長篠の戦いが有名でしたけれども、何気に桶狭間の戦いにも投入されており、それなりに戦果をあげていたとか。

評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

この評価板に投稿する



2019/10/18 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8328 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/悲しい/びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. この夏アニメチェキれ! by エスパー
... で盛り上がりそうなのにな。 コップクラフト 賀東招二先生原作のガガガ文庫のラノベアニメ。あーアニメ化する話は聞いてましたねー。 ラノベという媒体でありながら架空世界の刑事もので、そこはガガガらしい。 しかしこれ原作もう10年前なのか。ガガガ文庫自体10年以上前に刊行という実感がねえな。 胡蝶若き〜 オリジナルアニメ ...
記事日時:2019/06/16

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ