[アニメ]犬とハサミは使いよう: 2013/07/22 怪盗乱馬


いぬとはさみはつかいよう / Inu to Hasami wa tsukaiyou
  • 可愛い
  • びっくり
  • 可笑しく笑える
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数6,120位6,424作品中総合点-16 / 偏差値44.79
アニメ平均点2,591位2,856作品中平均点-0.73=悪い/22評価
2013年アニメ総合点255位262作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/07/22 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1395(50%) 普通:0(0%) 悪い:1411(50%)] / プロバイダ: 145 ホスト:89 ブラウザ: 4936
この作品は色々悪いところがあるんだけど、まず一番ダメだと思ったのが一貫性のなさ。

設定にしろ話の内容にしろ一貫性がなくてブレまくっている。
徐々に成長して行ったり変化するきっかけや描写がある作品ならともかく、一貫性がない作品というのはやはり安心して観ていられない。

最初に自分を庇って死んだ主人公に対し、しかもそれが分かっているのに犬に対し死になさいとか言ったり罵倒したりするのも意味不明なんだけど、恐らくギャグのつもりでやってると思うけど設定をねじ曲げて適当にギャグをやれば良いってもんでもないし、その後にシリアスを持ってきてるからそっからしてどういう方向に持って行きたいかが分からない。

意地悪そうな最初の女のシーンがあって執筆中に犯人をガン無視して主人公が殺されるシリアスなシーンがあって、自分の中ではそういうヒロインなんだろうなって思うしそこの設定を貫き通さなければいけない。
そういうイメージを払拭する内容を描く前に2話目で感動シーンを持って来たところで感情移入出来る訳がないし、ただただ冷めてしまうだけ。
辻褄とか流れとか一切関係なくギャグをやってシリアスをやって感動をやってっていう、適当に敷き詰めてるだけだからキャラ設定というものがあっち行きこっち行きする。
意味もなく死になさいと言い主人公を死なせた酷い女が、感動をやってこの女に同情してくれってところに自分としてはもの凄い気持ち悪さがあった。
やるんだったらこの酷い女というのを貫き通さなければいけなくて、『あんたの軽い命なんかより何千万人が期待してる私の執筆を取って何が悪い』と開き直るぐらいの最低さがあればまだ納得出来ただろう。
なのに女も可哀想って思うようにしてるところに作者なのかの、都合の良さや自己満足が出ている。

更に酷いのがいきなりデレだしていきなり主人公(犬)の事を好きになり始める。
なんだろう…明日地球滅亡するわと言われた方がまだ納得出来るし信じられる気がする。

一貫性がないとかねじ曲げているどころの話ではなくて、もはや設定が何も意味を成していない。
あってないようなものでこんな事をしていたら次の回では主人公が豚になっていたとしても不思議ではない。

主人公が殺されるシーンはシリアスに描いているから内容もシリアスに作っていかなければいけないんだけど、犯人との決闘シーンはギャグっぽく描かれていて内容というのが描かれていないから、主人公の命というものがめちゃくちゃ軽く見える(というか扱っている)んだけどそのクセその後に犯人を助けたり感動シーンをやったりする。
主人公の台詞に説得力なんて出る訳がないし、ギャグをやるならギャグをやる内容をちゃんと描くならちゃんと描くではっきりしなければいけない。

だからあのシーンなんかは助けようとするけど、滑って犯人を落としてしまうとかそれぐらいのギャグをやらなければいけない。
内容を描いてないのにシリアスに戻ってくるから、一貫性がない作品になってしまう。

都合よくギャグをやって都合よくシリアスをやってっていう風に感じる。

女の設定とギャグをやりたいのかシリアスをやりたいのかもはっきりしないから、主人公の内容もブレブレでどういう方向に持って行きたいのかっていうのが分からない。

ギャグそのものもツマラナくて、作者の模倣をするネタや続きが観たいからという理由で生まれ変わるネタは分かるんだけど、普通にしょーもなく感じたというかよくこんなネタが思い付くなって感じだったし、恐らくそこを中心にやって行くのかも知れないけど小さい独りよがりの世界に感じて冷めた。
この場合は続きが読みたいという思いに説得力を出すために小説の内容を見せていれば良かったかも知れない。
じゃないと行動理由(変わった理由とか)が薄く感じるので、感情移入出来ないから入り込めない。

掛け合いそのものもツマラナくて相変わらず主人公はそのまんま突っ込むだけの突っ込みマシーンだし、性格や声のせいもあるけどうざさすら感じる。

OPからして滑ってるしタイトルも犬とハサミである必要性がないし、アイドル女とかその場その場のギャグとか主人公の立体の女に興味がないとか、展開の一貫性のなさとかもそうだけど思いつきでやってるって感じの作品。
それに対しての繋がりとか持って行き方とか意味合いとか裏付ける描写がないから、まとまりがないし表面的な設定を散らかしてるだけでその設定の中身がなく、ギャグとかシリアスとか関係なく作品としての重みが出てこない。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ