[アニメ]異国迷路のクロワーゼ The Animation


いこくめいろのくろわーぜ じ あにめーしょん / Croisee in a Foreign Labyrinth
  • 可愛い
  • 楽しい
  • ロマンチックな気分
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数686位6,420作品中総合点43 / 偏差値54.52
アニメ平均点1,136位2,855作品中平均点1.00=良い/43評価
2011年アニメ総合点22位231作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.00(とても良い)20
キャラ・設定1.55(とても良い)20
声優・俳優1.35(良い)20
音楽1.30(良い)20
ストーリー0.80(良い)20
可愛い75%15人/20人中
楽しい45%9人/20人中
ロマンチックな気分40%8人/20人中
感動30%6人/20人中
美しい25%5人/20人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

私ハ…このギャルリの家族ニナリタイ.

19世紀後半の仏蘭西、巴里――。
近代化の流れに取り残された小さな商店街、ロアの歩廊に、
<スタッフ>
監督:安田賢司
企画:岩崎篤史佐々木史朗土橋哲也白石恵一樫村勉木谷高明安藝貴範
シリーズ構成・音響監督:佐藤順一

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2011/07/04(月) 00:30-01:00 チバテレビ TV / 終了日:2011/09/19
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
AT-X2011年07月04日 - 09月19日月曜 09時00分 - 09時30分/21時00分 - 21時30分
チバテレビ2011年07月03日 - 09月18日日曜 24時30分 - 25時00分
tvk2011年07月03日 - 09月18日日曜 25時30分 - 26時00分
テレ玉2011年07月04日 - 09月19日月曜 25時05分 - 25時35分
TOKYO MX2011年07月04日 - 09月19日月曜 25時30分 - 26時00分
テレビ愛知2011年07月05日 - 09月20日火曜 26時00分 - 26時30分
サンテレビ2011年07月06日 - 09月21日水曜 26時05分 - 26時35分
ShowTime2011年07月06日 - 09月21日水曜 12時00分 更新
ニコニコチャンネル2011年07月12日 -火曜 24時00分 更新
Twitter公式
1. 異国迷路のクロワーゼ (@ikoku_meiro) on Twitter
オープニング動画 (2個)
世界は踊るよ、君と。
歌:羊毛とおはな
詞:千葉はな
作曲:千葉はな
編曲:市川和則 [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
33,1334943
最近の閲覧数
2703033302
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/09/19 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: 管理人さん / kunku / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/03/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:372(56%) 普通:94(14%) 悪い:199(30%)] / プロバイダ: 11844 ホスト:11662 ブラウザ: 8326
今から100年以上前の時代の話だと思います。
日本人の少女がフランスへ奉公に行くという内容のお話です。
大きな展開はありませんが、いくつかのちょっとした出来事が描かれています。
その頃の日本人がどのような食生活だったかはわかりませんが、日本人のユネがかなり小さく描かれています。
敵がいるわけではないので、戦いはなく、ユネがフランスに溶け込むまでのお話です。
まぁ、ほとんどは日仏のマナーの違いに悪戦苦闘するユネが描かれていて、物語は大きく展開することはありませんが、特につまらない話ではなかったので、評価は「普通」です。

2018/02/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:739(64%) 普通:180(16%) 悪い:227(20%)] / プロバイダ: 21116 ホスト:21055 ブラウザ: 8279
【良い点】
・湯音のかわいく、やや頑固なところ
・湯音に影響を受けて、より良いキャラと化す面々のエピソード

【悪い点】
上の【良い点】で「湯音に影響を受けて、より良いキャラと化す面々のエピソード」
のことは述べましたが、
クロードとカミーユの隔たり、すれ違いが解消されたわけではありません。
そのこともあり、不完全燃焼でいっぱいです。

湯音がパリに奉公に出る動機はどこにあったのか不明です。
(誰かに奉公を強要されたとは思えませんし)
湯音は姉・汐音の失明を気に病んでいることが終盤になって明らかになりました。
「ならば何故、日本を離れてパリに?」と不可解に感じられました。

【総合評価】
【普通】とします。

2018/01/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:260(66%) 普通:0(0%) 悪い:134(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8279
原作未読。

公式によれば明治時代の中頃で日本文化が流行していたとの設定、考証として正確かは判らないけれども時代の感覚は伝わってきました。
頑固で融通のきかないフランス人の青年「クロード」と日本からパリに来た「湯音」との物語を基本に進行。

当時のことは判らないけれども「湯音」はかなりのハイスペック日本人に見えるし、その部分が認められるところは
他人事ではあるけれども非常に誇らしく思えるような描写が多い。
少々盛りすぎかなとも思えるけれど、心地の良いエピソードが多く和んでみていけました。

しかしながら当然のごとく文化の違いなどによる失敗や失態なども描いていて、少々切なくなる場面もありますが、
悪戯にことを大きく描かずに、先の展開にてやんわりとその部分にフォローを入れていたりと展開には安心感がありました。

日常的な物語がベースではあるけれど、日本びいきのお嬢様の「アリス」との出会いから物語に幅が出てきた。
「アリス」とその姉の「カミーユ」のお話から、「カミーユ」と「クロード」の意外な接点などがあったりして、
過去の2人の関係性までじっくり見せつつ、「カミーユ」の想いまで描いていたのは丁寧だったと思う。

終盤にかけては「クロード」と父親のお話、「湯音」と姉のお話など、キャラの内面的な部分や来歴を描きつつ、
お互いの間にある壁みたいなものが徐々に低くなっていく事を予想させるような和ませる展開で見せてました。

【良い点】
中盤以降で手抜きもありましたが、人物や建物など描写はとても良かったと思います。
声優陣も良かったと思います。少々テンションの高すぎた「アリス」cv悠木さんですが、
彼女が絡むと大丈夫という安定感がキャラにもあったし、劇中を明るくするような演技はとても良かったと思う。

【総合評価】
さすがに良い面を描きすぎているというところは感じるけれど、日常系の作品として当時のフランスと日本文化のギャップを、
コメディとしてではなくて物語や出来事として見せていくところに面白さを感じました。
「湯音」の成長物語が基本ながら、サブキャラたちの行く末も興味深いのだけれど、続きがもう見られないのは残念。

2016/03/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(69%) 普通:5(19%) 悪い:3(12%)] / プロバイダ: 6203 ホスト:6045 ブラウザ: 4721
【良い点】
・湯音が健気でとてもいい子
・パリの街が人がとても温かくてよい
・穏やかな日常作品として見れること

【悪い点】
・キャラが弱いというか、主張が弱すぎるかなと思った
・思いが通じすぎるというか、ちょっとご都合主義がすぎる面があった
・色々なことが途中で端折られていて残念。1クールでは短すぎた

【総合評価】
勇しぶ、ごちうさのような幸福感がありました。
心の中が温かい気持ちでいっぱいになる、癒し系の作品でしょう。
いい意味で予想を裏切る受け答えや、ハッとさせる気づきや配慮
「湯音」の健気さ、誠実さ、清純さ、心の美しさに惹かれました。
失われてしまった古きよき日本人の良さが垣間見えた良作。
こういう素敵なお嬢さんが現在の日本にもいたらいいのになぁ

2013/04/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:58(53%) 普通:28(25%) 悪い:24(22%)] / プロバイダ: 14183 ホスト:14162 ブラウザ: 13707
【良い点】
主人公がかわいい。

【悪い点】
どうゆうアニメなのかいまいちはっきりしてないと思う。

【総合評価】

普通。心にぐっとくるシーンがほしい。

2013/02/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:102(70%) 普通:36(25%) 悪い:7(5%)] / プロバイダ: 28271 ホスト:28532 ブラウザ: 5145
19世紀末のパリに奉公に来た湯音が、奉公先の鉄加工職人(鍛冶屋ですかね)のクロードとか、お金持ちのお嬢様、商店街の人と知り合いになってあれこれする話。
話としては特になにもない、ていうか、ほとんど当時の少し加工してある(それなりに貧富の差は語られますが)、美しい景色や動き・音を楽しむだけのアニメなんですが、見始めるとやめられないぐらいの求心力あります。
もう、湯音のポックリの音とか、鉄叩く音とか、雨の音とか、信じられないぐらい自然音きれいです。
風景もすごいけど、いろんなところていねいに作ってあって、もうどのショットでも動き・風景・自然音・音楽(弦楽器とか鍵盤楽器とか多用してます)の、どれを楽しめばいいのかわからないぐらい。
監督の安田賢司さんはどう考えても佐藤順一氏の影響下にあるとは思うんだけど(ほかのスタッフも)、こういう可愛いだけのアニメすばらしいです。
まぁ、湯音の姉・汐音さんとか、クロードとカミーユの関係とか、重たいものもありますが。

【良い点】自然音。まぁパリの雑踏は再現難しいですかね。
【悪い点】キャラ使っての話の展開は、どれも中途半端かな。
【総合評価】評価が俺の知ってる限りでは低すぎる名作。
(「漫画」と「アニメ」間違えて投稿したので投稿し直しました)

2012/10/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:127(56%) 普通:0(0%) 悪い:100(44%)] / プロバイダ: 1660 ホスト:1536 ブラウザ: 11128
19世紀のパリを舞台にしたヒューマンドラマ。
日本人の少女湯音が異国に戸惑いながらも
自分の居場所を見つけていく話。

健気で慎み深いだけど芯の強い。
そんな湯音が可愛い。

また、古めかしい街の風景とは対照的に
着物が際立って美しい。
わさわざ着物にスタッフをひとり置いてるだけはある。

言っちゃえば、いつも佐藤順一系日常アニメだが
安定した良さを醸していた。

あとロリコンって言うなや。

2012/05/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(69%) 普通:12(31%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 23136 ホスト:23084 ブラウザ: 13075
【良い点】
作画は良い
湯音は可愛い
東山さんは難しい演技でもきちんと良い声でが出せていました。

【悪い点】
・設定
不自然なところが多々あり、そこが気になって楽しめなかった。
湯音の語学力
なぜあんなにしゃべれる?
じいさんは挨拶程度って言ってたから、じいさんが教えた訳じゃないだろ。
ていうか、長い船旅の最中、することもなかったんだろうし、なんで教えておかないんだ?
湯音の奉公
家の決まりで奉公に出なければいけないというのはわかるが、
なぜパリ?
なぜ鍛冶屋?
明治時代の女の子が奉公にいくトコじゃないだろ。
「パリで働きたい」ってだけの理由で終わらされても、納得いかないんだが。
しかも奉公に来たのにお客様扱いされて、お掃除くらいしかしていない。
奉公ってことは湯音ん家にお金払って連れてきてるんでしょ。
よくそんな金があったな。
そもそも日本まで行くお金はどうしたんだ。
あんな観光地のお土産みたいなもの仕入れてきてもたいした売上にはならんだろうに。
湯音ん家もよくこんな得体の知れないじいさんに預ける気になったな。
しかもじいさんは湯音をクロードに任せて旅に出ようとするし、無責任すぎる。

・ストーリー
話がつまらない。
退屈な日常をつまらなく描写してる。
話に広がりがない。
オープニングだと町の人と交流しているけど、本編ではアリスとクローデル家の人くらい。
もっと異文化交流があるのかと思った。

・悠木さん
テンション高すぎで浮いていた。

・矢作さん
ハイソな淑女らしく感情を表に出さない演技をしているのかもしれませんが、
感情がないだけでした。
どんな感情を殺しているのか伝わってこない。

【総合評価】
細腕繁盛記みたいなのを期待してたけど、
2話目で店の手伝いを断られて、ダラダラと過ごすだけでした。
制作陣は湯音をパリまで連れてって何をさせたかったのでしょうか。
最終話で「湯音もフランス語が上手になったね」と町の人から言われていてびっくりした。
はじめから流ちょうに喋ってたろ。

2012/02/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:70(89%) 普通:3(4%) 悪い:6(8%)] / プロバイダ: 26724 ホスト:26908 ブラウザ: 5345
【良い点】
1、湯音に好感できる。
2、ストーリー
3、画質

【悪い点】
ない。

【総合評価】
見てみたら、いい話だなぁと思った作品。
良い

2012/02/05 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
佐藤順一作品らしく、基本的にはふんわかとした内容で、地味ーに鬱を入れてくる感じの作品です。
…とまあ、基本的には主人公の湯音の可愛さがポイントで、のほほんとした気分で見る作品なんですよね。
時代背景とか、舞台設定とか、そういうのはもう気にしなくていいんじゃないかっていうくらい。

序盤は日本とフランスの文化の違いを描きながら、どちらの文化の良さも悪さも描いてるのが特徴的で、日本バンザイに留まらなかったのは好印象。
フランスの街並みも素敵だし、現地でもぜひ放送してほしいくらい可愛い湯音の着物も素敵。
湯音とアリスはそれぞれの国の女の子っぽさが全開で、外見もそれぞれの国の女の子のイメージの平均みたいな感じで良かったと思う。
軽く百合ってたのも好きで、クロードと仲悪いっていう設定ながらも、それをドロドロした人間関係に入れこまなかったのも良かったと思います。

クロードも、基本的には好感のもてる男性で、なかなかの紳士だったと思います。
まあ、最初はツンケンしてたくせに、結構好青年だったのが少し物足りなかったかもしれない。
少しずつ心を開いていく…って感じがあまりしなかったかもしれません。

話は、そこまで面白いとは思いませんでしたが、やっぱりこの空気を楽しむことができればそれなりに良いかと思います。
雰囲気はかなり好きだけど、短すぎたためか、ちょっと終盤はやや唐突だった印象も受けますし、あまりにも「日常アニメ」の形態と似すぎていて、そんなにハマれるほどではなかったので、評価は「普通」です。

2012/01/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:276(39%) 普通:189(27%) 悪い:245(35%)] / プロバイダ: 25392 ホスト:25501 ブラウザ: 4788
佐藤順一監督の作品という事で一応期待はしてました。
雰囲気は良かったかとは思いますが、原作を読んでしまった後、全くアニメを観る気が起きなくなってしまいました。
特に何が悪いという訳ではないのですが、引き付けられる物が弱すぎた気がします。それはARIAにも言える事かと思いますが
ARIAは原作を読んだ後でもアニメを観る事が出来たんですよね。。
まぁ、視聴を途中で切ってしまったので評価は普通といたします。
[共感]
2013/02/01 監督は佐藤順一さんではないんですが、ものすごく佐藤さん的ですね。この監督の安田賢司さんも好きな監督の一人です。 by 砂手紙

2012/01/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(80%) 普通:53(12%) 悪い:35(8%)] / プロバイダ: 11729 ホスト:11834 ブラウザ: 4788
【良い点】
世界観がすごく良くて、雰囲気に吸い込まれる感じがしてすごく心地よかったです。
和やかな回が多く、でも飽きることなく最後まで楽しめました。
登場キャラも皆立っていて良かったです。個人的にはアリスのテンションの高いキャラが心地よい雰囲気にスパイスがかかった感じですきでした。

【悪い点】
クロードの父やカミーユ絡みの描写が弱く感じました。汐音の事も含めもっと具体的に描いて欲しかったです。

【総合評価】
温かなパリの雰囲気に癒されました。+アルファで悪い点であげた話がもっと光れば良かったかなと思いました。

2011/12/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:752(75%) 普通:143(14%) 悪い:110(11%)] / プロバイダ: 11317 ホスト:11387 ブラウザ: 11269
日本人少女湯音がフランスの寂れた商店街「ギャロル・ド・ロア」で織りなす心温まる日常。佐藤順一氏
お得意の一連の作品とまず捉えられがちだが、評価すべきはCGによるメカアクション作品を得意とした
サテライト〜裏をかえせばソレ以外がぱっとしない〜による作品であり、しかもその安定感がハンパない
点だ。
基本ロービジで湯音の着物だけ彩度が高い色彩設定とBGM、荒れ皆無の作画、ゆったりした時間の流れが
ブレない脚本。シリーズ構成の佐藤氏、脚本の池田眞美子さん(未放映話除く)、総作監の井上英紀氏ら
の手腕は当然としてスタッフ全員のスキルの賜物だろう。特に後藤圭二氏が作画・原画・絵コンテ・演出
を仕切った5話がオドロキ。最近後藤氏はいろんな作品に気がつくと各話スタッフとして参加しているが、
自分のカラーを抑えた仕事には職人を感じる。後藤氏を含め、各人の共同作業として平準化されしかも
アベレージの高いクオリティが実に気持ちいい。
もう一つ(普通はこれが一つ目なのかもしれんが)『サトジュン』的な癒し作品としての感想は他作品と
ちょっと違う。私自身はサトジュン作品にそれほど肩入れした事はないのだが〜「スケッチブック」くらい
であり、先日放送終了した「たまゆら」も不満はなかったのだがHDDに溜まってる状態〜本作には癒し、
と言うか独特の安心感を感じる。それは、私達日本人が既に失っている「日本人らしさ」を湯音に見る
からなのだろう。ただ単に語られるのではなく、「日本人らしい」勤勉さ、性善説とクロードたちの違いが
ドラマを生み、湯音にもクロード達にも自分を見つめ直させるきっかけとしてちゃんと機能しているのに
感心させられる。そしてこんなにほんわかしたお話を1クール落伍させずに見せられるのはやっぱり外れ
エピソードのない「安心のクオリティ」があればこそ、だろう。サテライトにはこれを機に一層の成長を
期待したい。

余談:実はエンディングの提供画面のねんどろいどが毎回楽しみだった。さすがクレジットにグッドスマイル
カンパニーが入ってるだけのことはある。

2011/12/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:75(38%) 普通:19(10%) 悪い:105(53%)] / プロバイダ: 47654 ホスト:47716 ブラウザ: 4596
萌えと癒しだけの作品かと思ったらそうでもなかった。このキャラクターデザインと設定で意外にも「男と女」を描いている。特にクロードと湯音のすれ違いぶりはなかなかのリアリティがあるように感じました。やるせない話や暗い雰囲気で正直試聴を重く感じることもありましたが、お話自体は一話完結で引きずらないので、素晴らしいED曲でリセットできたのは良かったと思います。

主役の湯音役には十代の新人(と思われる)の声優さんでしたが、とても素直で自然な演技だったと思います。作品に感情移入することが出来ました。劇伴に関しては最高としか言いようが無いです。美術も独特で素晴らしかったですが、舞台が暗いギャルリ中心なのでじめっと重く感じることもありました。難点を言えば最終回のクライマックスの演出がイマイチなところぐらいですね。もう少し緊迫感が欲しかったです。

2011年はTVアニメの当たり年だったと思いますが、この作品は他のヒット作に負けないくらいの素晴らしい内容があります。食わず嫌いをしないでぜひたくさんの人に見ていただきたいです。これも日常みたいにNHKで放送してくれてもいいのになって思いますね。

2011/12/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(68%) 普通:10(20%) 悪い:6(12%)] / プロバイダ: 1485 ホスト:1161 ブラウザ: 4786
癒し系アニメ。
最初はキャラデザにあまりなじめなかったけれど慣れれば問題ない。
佐藤順一脚本・絵コンテによる未放送の第4.5話は秀逸な出来で、一つのエピソードとしては2011年夏期のナンバーワン候補に値する。
湯音はかわいいだけでなく頑張るヒロインとして好感が持てた。
難点はクロードの父の死など少し暗い部分があるが、そこをぼやかすだけであいまいに終わっていた点か。

もっと読む

「日本とフランスの文化の違いとかよく描けていたし、よくあるパターンだとフランス寄りになりすぎたりするん...」 by 怪盗乱馬


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/04/22 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20943 ホスト:21143 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/楽しい/可愛い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 良い機会だから、東山奈央さん演じられた役を語る by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 。 東山奈央さんが演じられた役__その作品__コメント 新子憧__咲-Saki-シリーズ__私にとって、新子憧役が東山奈央さん第一印象でした。片岡優希似なは幼少時代のみ。高校生彼女は長髪がよく似合う少女でしたね(円光?寝言は寝て言え(苦笑))。 湯音__異国迷路クロワーゼ The Animation__湯音 ...
記事日時:2016/04/17
video video
2. 観てたは殆ど再放送と云う事実(がーん)。 by えぼだいのひらき
... 思い立ち、自分もちょっとやってみちゃおっかなって思って調べてみたら、 ちゃんと観たって再放送除いたら10選どころか、10作品にも満たないと云う驚愕(←それ程でもない)事実。 がーん 。 全然足りないけど、観た中でお気に入りお話はと言うと・・・ 作品名__お気に入り話数 「異国迷路クロワーゼ The Animation」__第 ...
記事日時:2012/01/10 [表示省略記事有(読む)]
3. "茶風林さん" by 陣兵
... .【ONE PIECE】…チャルロス聖。 145.【COBRA THE ANIMATION】…老人。 146.【しまじろう ヘソカ】…しまじろうお父さん。 147.【スティッチ〜いたずらエイリアン冒険〜】…マブイトッカエ。 148.【〃〜ずっと最高トモダチ〜】…エラスティコ。 149.【探偵オペラ ミルキィホームズ】…エルキュール・ポアロ。 150.【異国迷路クロワーゼ The Animation】…写真屋 ...
記事日時:2011/12/04
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ