[アニメ]夢で逢えたら


ゆめであえたら / If It Can Meet In A Dream (Yume De Aetara)
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:夢で逢えたら
アニメ総合点=平均点x評価数4,123位6,335作品中総合点1 / 偏差値47.62
1998年アニメ総合点90位122作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.00(普通)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

生まれてから24年間彼女のいない人生に不安を覚えたフグ野マスオは占い師に恋人ができるか見てもらったところ、かえって来た答えは「一生恋人も結婚もできない」というものだった。その結果にショックを受けるもその運命を打破すべく入った見合いパブで潮崎渚に一目ぼれをする。渚を無理やり連れ出した渚の友人でマスオの同僚でもある磯辺波子の計らいにより2人はお近づきになりマスオは渚を恋人にするべく奮闘するのだが・・・。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
1998年3月にOVAがリリースされ、同年の11月30日から12月24日にかけてTV版がワンダフル(TBS系)のアニメコーナーで放送された。
原作:山花典之(集英社/ビジネスジャンプ)
監督:山口武志 シリーズ構成:ごうどかずひこ
キャラクターデザイン:大木良一 音楽:小西香葉
日本 発売日:1998/03 メディア販売
オープニング動画 (1個)
愛することを教えて愛することを教えて
歌:金月真美 詞:Chika 作曲:金住重里 編曲:金住重里 [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
12,69655
最近の閲覧数
13234214901
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/08/14 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 竜巻回転 / kunku / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/11/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3418(33%) 普通:3579(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8288
「夢で逢えたら」ねえ・・・・・・・・・そう言えば、またメンバーの1人でもあったあの人も逮捕されたラッツアンドスターもそう歌っていた曲がありましたが・・・・・・・・・・

主人公はどう見ても、最近声優も交代となった某長寿アニメのおとうさんを由来とした名前の人物でしたが、結城比呂氏、演技自体は普通に良かったけど、ちょっと声が高く、良すぎましたかね。もっと低くて、フツメンな声ですよね。こういうキャラは。そういう所もちょっと気になりましたが、一言で言えば「善良だったけど、それまで恋に縁がなかった不器用な男の奮闘記」だったのですかね。このアニメは。

当然主人公がすんなりヒロインの渚と相思相愛な関係になれたわけでなく、(主人公にとっての)恋敵も出てきましたが、渚が木から落ちようとしていたのを助けようとしたのを妨害した事もあったクジラはちょっとうっとおしかったですかね。(苦笑)洋平も、原作では筋肉バカにキャラが変わっていったらしいけど、ちょっとステレオタイプ的でしたね。

2人で楽しくデートを・・・・・・と思いきやそのクジラ達も一緒にいたのも良くあるパターンで、終盤は誤解から主人公と渚の関係は一時ギクシャクしてしまいましたが、渚って強情な所もありましたね。勿論最後は・・・・・・・でしたが、主人公、クリスマスシーズンを迎えたのに全治3か月の怪我もしたのだからつくづくついてなかったよね。見たのはOVA版だったけど、主人公の「良い人」なキャラクターが目を引いた程度で総じて可もなく不可もなくでした。評価は「普通」で。

2015/11/13 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:224(48%) 普通:103(22%) 悪い:142(30%)] / プロバイダ: 12929 ホスト:13021 ブラウザ: 5213
【総合評価】

OVA作品の評価です。

純愛もの。彼女いない歴24年の主人公と彼氏いない歴22年の渚とのストーリー。

男が苦手と言っていた割に、マスオにはすんなりと打ち解けていた。
フィーリングが合ったといえばそれまでだが設定との乖離は大きい。

花火の場面では自分から手を繋いでいたし。
その後、「もう、やめにしましょ」とか言ってるが、付き合ってるの?付き合ってないでしょ??

マスオのウジウジした性格は少しウザいが、真直ぐに彼女を見つめてるのは伝わってくる。

ストーリーは王道というか、ベタ。じれったいほどベタ。

しかし、最後のキスシーンに感動は出来なかった。

浜岡さんを自宅に入れていた事に怒っていた渚が船越さんと車の中で行っていた(未遂)事はマスオと同じ。しかも抵抗するわけではなく、ただ涙を流していただけ。
全く理解できないし、怒る権利すらないのでは?

事本的なコンセプトは好きだが、ストーリーは良くない。

2009/09/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(71%) 普通:100(14%) 悪い:99(14%)] / プロバイダ: 28462 ホスト:28454 ブラウザ: 9100
本作に付いてはOVA版と「ワンダフル」枠内にて放送されたTV版の2種類が有りますが、まずはOVA版の感想から。

OVA版の方は正当な恋愛ドラマの王道を行くシリアス展開でストーリーの内容は
典型的な平凡サラリーマンで恋人や結婚に憧れを抱くフグ野マスオと、
外見は美人だけど極度の潔癖症で男性が苦手な潮崎渚の2人の不器用な恋愛を描いた物だが、
まあ確かに内容的には年代以上に古さを感じさせるけど、
でもクオリティ自体は当時としては中々の物だったと思う。

ただ正直にいえば主人公のネーミングセンスは如何な物かと思うし展開も在り来たりな物だったけど、
それでも高く評価出来るのは演出面でのクオリティが目を見張る物が有って、
クライマックスを盛り上げる場面はドラマチックに見せてくれて、
しかもマスオと渚の微妙な仕草や心情の細やかな表し方が上手に見せていて、
とにかく映像面での力強さと繊細さを両立させた演出が冴え渡ってたなと。
まあ今から思えば本作のポテンシャルの高さはOPの時点から既に垣間見える物だったが、
OVA版のOPに関しては自然と目を惹く物を感じさせましたね。

続いてTV版の方はOVA版とは一転してコメディ色が強まって作風がかなり変わってるが、
TV版もOVA版とは違った意味で中々楽しかったけど、もし両者を比べるなら流石にOVA版の方に軍配が上がるか。
しかしOVA版にしろTV版にしろ渚の色っぽさは反則級ですねぇ。

本作に付いては内容的には極めてベタながらもOVA版はクオリティの高い作りが目を見張り、
一方のTV版はコメディ的な面で笑えて、まあ現在では知名度的には完全に埋もれましたが、
個人的には隠れた良作だったと思います。

2008/12/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:135(64%) 普通:31(15%) 悪い:44(21%)] / プロバイダ: 23371 ホスト:23659 ブラウザ: 4661
懐かしい作品ですね。

【ワンダフル枠内版(TV版)】
基本的にはフグ野マスオ(このネーミングがツボだったんですが)を中心とする男:女が
1:2の三角関係がベース。
フグ野マスオのキャラクターとしても見た目は冴えないが、中身は優しくて行動力もある。が、非常に優柔不断。
図式としては、
『渚』←憧れ『マスオ』←積極的にアピール『浜岡』
渚も渚でマスオに惹かれていく。が、非常に頑固で嫉妬深い。
この三者の関係故の一進一退の恋愛模様を描いていくといった感じでしょうか。
(例を挙げるなら)典型的な『きまぐれオレンジロード』タイプの三角関係。
作風としては非常にコミカルな内容。
ただそれ以上に笑えるのはあまりのベタさの連続というもので、マスオが浜岡と接近しようものなら、確実にバレる・見られる。
マスオのショックを表す演出にしても、石になって砕ける、砂になって流される、飛んで行くと、これまたベタな演出でして。
今となっては懐かしい程の『お決まり』というものをひた走ってる。そんな作風です。
ただ、ごく短い尺(ワンダフル枠内)でのラブコメアニメなので、必死に各話で物語の変化を見せようと努力してる姿のようにも見える。
ある意味このギャグのようなベタっぷりのお陰で印象に残る作品になったのですが。
それともう1つ、お色気要素というのも本作の特徴の1つ。

【OVA版】
TV版とは違いコミカル・お色気は殆どなしで、淡く切ない恋愛模様が描かれている。
OVA版はどちらかというと渚中心だった気がします。
渚がマスオを含めた3バカ、もとい3人に好意を寄せられ、その中でもマスオの優しさに惹かれる段階を中心に描かれている。
勿論浜岡の存在というのも大きく立ちはだかる訳ですが。(三角関係的に)

【総合評価】
ワンダフル枠内じゃ印象に残る・残らない。
どちらかというと後者なのかもしれませんが、個人的には結構印象に残ってます。
完成度としてはTV版はやや中途半端な所で終わりを迎えている。
独立している形の分OVA版の方が完成度は高いですね。
短い尺に対して、作品自体そこまで大きな不満もなく、なかなか楽しめた作品でした。

優柔不断だったマスオのラスト近くで渚に放つセリフ(TV・OVA両方)は結構印象的でした。

2004/08/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:43(68%) 普通:12(19%) 悪い:8(13%)] / プロバイダ: 16135 ホスト:15937 ブラウザ: 4487
(漫画版の評価は移動しました)

アニメ版は短編OVAでしたね。ワンダフル放送のものもあったけど、どっちも短めで物足りないかな。
やっぱり、この作品は漫画があってこそだと思います。

この評価板に投稿する



2019/11/10 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8288 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. 今日は金月真美さんのお誕生日でした by Mr.KN
... でしょう。 ゲーム自体が大ヒットを飛ばした事もありますが、藤崎詩織名義も実際にCDを出すなど、金月さんを語るうえは確実に外せない役ともいえるかもしれません。 アニメなど演じた役はというと、「BLUE SEED」の神林礼子、「ガサラキ」のミハル、「プリンセスナイン 如月女子校野球部」の氷室いずみ、「逢えたら」の潮崎渚 ...
記事日時:2014/04/02 [表示省略記事有(読む)]
2. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第989話(1639話)「キャラクターデザイン-その21〜22…〓キャラのデフォルメⅡ〓[その4 by 陣兵
... おまかせ!」、「はにーすぃーとティータイム」、「気ままなストロベリー」、 「ちこりん日記」、「ヒジキのお仕事」(連載中)、「スーツ主夫☆ゴロー」(〃)他。 2026.【山花典之先生】 「CHI・GU・HA・GU」、「かるてっと」、「エ・ク・ボ・!」、「グラスエイジ」、「逢えたら」、「妹 ...
記事日時:2012/03/31 [表示省略記事有(読む)]
3. 全然中二病じゃない by エスパー
... 第弐回「逢えたら」。 今週のゲストは…ってあれ?これコラムじゃなくて実際の小説じゃねーか!なんだよもうー。 作者は吉野匠先生。「レインシリーズ」「三千世界の星空シリーズ」「死神少女」有名らしい。 内容はというと主人公がファッションセンスのおかしいじいさんを助けてあげたので言うこと聞いてくれるよ、 ん高二だからか「世界が ...
記事日時:2009/10/30
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:夢で逢えたら
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ