[アニメ]アイドルマスター XENOGLOSSIA


あいどるますたー ぜのぐらしあ / iDOL M@STER XENOGLOSSIA
  • 悲しい
  • びっくり
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:アイドルマスター XENOGLOSSIA
アニメ総合点=平均点x評価数5,224位5,652作品中総合点-10 / 偏差値45.79
アニメ平均点2,143位2,691作品中平均点-0.15=普通/66評価
2007年アニメ総合点171位204作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.50(良い)14
音楽0.50(良い)14
声優・俳優0.14(普通)14
ストーリー-0.14(普通)14
キャラ・設定-0.21(普通)14
悲しい50%7人/14人中
びっくり43%6人/14人中
可愛い36%5人/14人中
怖い36%5人/14人中
格好良い36%5人/14人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

月の崩壊「ロスト・アルテミス」によって引き起こされた壊滅的災害から人類が立ち直りつつある復興暦107年。
アイドルを夢見る少女・天海春香は念願のオーディションに合格し、期待に胸を膨らませ東京へと向かっていた。

しかし東京で彼女を待っていたのはオーディションの実態…地球に落下して来る月の破片「ドロップ」を破壊する隕石除去人型重機「iDOL」の「マスター(操縦者)」という任務であった。
モンデンキント日本支部の隕石除去チーム・アイドルマスター課の一員になった春香は、彼女を選んだiDOL・インベルとともに敵対組織トゥリアビータとの戦いに否応なく巻き込まれていく…
全26話 制作:サンライズ バンダイビジュアル
プロデューサー:古里尚丈 轟豊太 企画:サンライズ 原作:矢立肇
原案:BANDAI NAMCO GAMES(『THE IDOLM@STER』より) メインキャラクター原案:窪岡俊之
監督:長井龍雪 シリーズ構成:花田十輝

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2007/04/03(火) 02:30-03:00 テレビ北海道 TV / 終了日:2007/09/25
公式サイト
1. アイドルマスター XENOGLOSSIA
オープニング動画 (2個)
微熱S.O.S!!
歌:橋本みゆき
詞:畑亜貴
作曲:黒須克彦
編曲:大久保薫 [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
67,1128466
最近の閲覧数
5335224352
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/07/18 / 最終変更者:管理人さん / その他更新者: 曲がり角のアイツ / 提案者:我平 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/06/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(60%) 普通:0(0%) 悪い:2(40%)] / プロバイダ: 10078 ホスト:9780 ブラウザ: 10196
【良い点】
OP曲、ED曲(個人的にはED曲が好き)
ストーリー
設定
心理描写
ロボット
【悪い点】
大きな悪い点は無し

【総合評価】
アイドルマスターを意識して見たら違和感じる方がいるかもしれませんが、単純にロボットアニメで観たら面白いv別アニメと思って観た方が良いかも(^_^;)
若干王道なストーリーかも知れませんが、ロボットと人間の心通わせるタイプの話が好きな人にはお勧めできます。ロボットが嫉妬する辺りが面白い。
悪い描写も無いので安心して見れます。
所々笑える話、感動する話もあります。
私はお勧めですb

2016/10/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 21235 ホスト:21074 ブラウザ: 11018
【良い点】
音楽 OP.EDどれも良く、演出でのEDへの入りはうまい
ストーリー ロボットアニメの中ではしっかりしている方で
キャラもしっかりたっている
【悪い点】
声優が原作と違う
原作と大きく性格が異なるキャラがいる

【総合評価】
原作と比べられ良く黒歴史と言われているがそれを無しに見たら
全然面白く感動出来る作品です

2016/05/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(45%) 普通:1(9%) 悪い:5(45%)] / プロバイダ: 14172 ホスト:13912 ブラウザ: 4721
【良い点】
これぞ真のアイドルマスター!心理描写・演出面の評価がとてもよい。
内容の濃さがアニマス(笑)とは大違いw

【総合評価】
改悪どころか、原案の設定をアニメ用に転換して傑作へと仕立て上げた作品。
みんなまとめてアイドルマスター!w

2016/04/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(25%) 普通:1(25%) 悪い:2(50%)] / プロバイダ: 24091 ホスト:23976 ブラウザ: 6874
ロボットだけどアイマスアニメでは2番目に好きなんですわーこれが
性格が違いすぎるキャラだから好き嫌い別れるのは仕方ない
でもインベルと春香がワイは好きなんよー

2016/04/11 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 19760 ホスト:19912 ブラウザ: 5171
【悪い点】
アイドルマスターを改悪して冒涜した駄作。
存在する価値皆無な上、偽物な内容で最悪過ぎた。

【総合評価】
論ずるに値しない。
評価上は「最悪」だが、本当は「論外」を与える最悪な駄作。

2016/03/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 23273 ホスト:23174 ブラウザ: 7467
ここでこのサイト初のゼノグラ「最高」評価を投下だ

はっきり言えばアイマス自体にさして興味は無い
シンデレラガールのアニメを見た程度だ
だからこれがアイマスじゃないだのあーだこーだ言うことは無いしそこらへんを評価の対象にする気もサラサラない

で、改めてこのアニメに評価をするならば「長井監督の最高傑作」だ
(とゆうかそもそもこの監督の他の作品は大して好きじゃ無いので自動的にこれが最高傑作になるが…)
演出に関しては後の監督作品でも見られるモノの原型がいくつか見ることができ、作品の緊張感や独特のさわやかさ、あるいはドロドロ感を上手く出せてる

また作画はこの時代にしては非常に安定しておりロボ作画も重量感を感じる質の良いモノだ(これは鉄血のオルフェンズにも繋がる要素)

ストーリーについても暗くとっ散らかりがちな花田脚本を上手い具合に料理し終盤のカタルシスを感じる作りになっている まぁキャラの扱い方に落差はあるが
IDOLの面々も中々に癖はあるが魅力的 それを中心とした群像劇は他の作品ではあまり見られないような独特な雰囲気を醸し出している
そしてセリフこそ少ないがメインのキャラを支える脇キャラ達の魅力が光る

そしてなにより最終回が飛びぬけて出来が良く、これがこのアニメの個人的な評価を大きく押し上げてる

駄目な点が無いとは言わないがそれ以上に良点が多く気にならない

2016/02/15 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(53%) 普通:177(22%) 悪い:203(25%)] / プロバイダ: 25252 ホスト:25126 ブラウザ: 5171
いよいよ語る時が来た。最近ソシャゲの期間限定とはいえスパロボに参戦し、支持者が調子づいてるこのアニメを。
アイマス自体のアニバーサリーイヤーももう過ぎた。緘口令、これにて解除!

タイトルこそ「アイドルマスター」なれど、キャラクターの名前と大まかな外見以外は似ても似つかないこの内容。
そう、本作はロボットアニメという形態を借りた異種間の恋愛モノなのだ。
バカリボンとインベスもといインベルとの関係をはじめとしたマスターとiDOL(ロボット)との確執を描いた内容の評価は割と高い。
長井監督や花田氏は様々なヒット作を手掛ける事になり、彼らの実力の一端が窺える。
事実、ここでも絶賛する声は一定数ある。その割には「最高」を付けた人は一人もいないが。

何を隠そう、舞HiMEプロジェクトのファンだった私はこのアニメを見るまではアイマスのアの字も知らないほどのぺーぺーだった。
だが、その後本家(ゲーム)が流行するにつれ自分の出自が恥ずかしく思えてきて…次第に距離を置き、腫れ物のような扱いになっていった。
故に、ゼノグラに対する認識は複雑な心境となる。

多少脱線することになってしまったが何故この「どんな判断だ」と言える作品が出来上がってしまったのか。
坂上Pの話によると、これの企画は原案の頃から出来上がっていたそうで、バンダイとナムコとの合併を機に
前者の子会社であるサンライズと、後者の売出し中のギャルゲーであるアイマスとのコラボとしてゼノグラという名の合体事故が発生してしまった。

またゼノグラ以外にも所謂『架空戦記』の一種である原案とは別ものの企画も考えられていたのだが、結局ゼノグラだけが残ったそうだ。
また、スパロボ参戦には乗り気なのでスパクロだけに留まらない可能性もあるわけだ。
ちなみにゼノグラのPは退社しているので、ガミPが語るほかなかった。

先ほど「評価は高い」と書いたが、それはあくまで理解できた---アイマスに別段こだわりのない人からの個人的な感想に過ぎない。
主に原案でそのアイドルに入れ込んでいた人からは激しい拒絶の意を露わにし、このアニメを本気で憎む者も輩出する始末。

劇中劇だと思えばいいじゃないか、という擁護の声も上がるものの、体型(ミサトさんもどきと着ぐるみ女の特殊メイクパねぇな)も、声優すらも異なる本作の登場人物をゲームで慣れ親しんだあのキャラと同一視するのは無理があるんじゃないかな?特に悪役に回されたキャラは。
後のアニマスの「無尽合体キサラギ」を筆頭とするドラマ・映画、シンデレラガールズの公演各種特に「きらりんロボ」、ミリオンライブ・SideMのイベント類など正真正銘の劇中劇、そしてそれらの外部客演が叩かれないのはそのキャラが我々の知っているアイドルその人だと認識できるからだ。
加えて、春閣下みたいなネタも拾っているので

当時は今ほど声優とキャラクターの一体感も重視されず、また版権サイドの違いもありメディアミックスの相乗効果にも期待できず、それがお互いの溝をいたずらに深める結果となった。
スターシステム、ここに敗れたり!

【総合評価】
以上の事から、俺はXENOGLOSSIAを必要以上に罵るつもりはない。
かといって無責任な絶賛もしない。ゼノグラだけがアイマスの全てとは口が裂けても言えないからね。

今でも一定の距離感を置くこと。それが幸せだと思うのは、原案ファンの身勝手だとでも言うのか。

2015/04/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(31%) 普通:7(22%) 悪い:15(47%)] / プロバイダ: 18494 ホスト:18495 ブラウザ: 7451
【良い点】
作画、アニメとしては設定が斬新だった。
【悪い点】
ストーリーの盛り上げ方が強引。
暗い展開なんだけど、どこか間抜け。
キャラの頭が悪く感じる
【総合評価】
自分はアイマスに何の思い入れも無いしゲームももちろんやったことがないです。
ストーリー自体は面白いって意見が結構ありますが、特にそうは思わなかった。

話はドロドロしてるし暗いとは思うんですが、ロボットの行動でズっこけたり、
まことの頭の悪さなんかも気になります。
シリアスな作品は、興ざめするような演出や作画やキャラの行動があると一気に冷めてしまう、
そんな基本的な事を思い出す作品でした。

[推薦数:1] 2015/03/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:138(46%) 普通:72(24%) 悪い:89(30%)] / プロバイダ: 39258 ホスト:39413 ブラウザ: 5147
既に言われているとおりにアイドルマスターとしてみなければそこそこの水準はあったと思います。
でも、そう見るなというのが無理な話です。
キャラの設定を原型は見た目にちょっとある程度レベルで弄ったり、そもそも声優持ちがうし、ガチの悪役にしたりなど、
まあ、企画が生まれた時期のゲームやアニメ制作側の事情はあったのかもしれませんがやっぱり原作があるものとしたら……
作画もロボも当時の深夜アニメとしたらよかったほうだと思います。

他の作品が評価される時、「ゼノグラシアと比べるとまし」「ゼノグラシアのほうがまだ良かった」とこの作品と比べて云々とかありますが、
そういう意見はあてにしないほうがいい気はします。
アイマス2の時の騒動とかでもみられましたがこのアニメをダシにその作品を叩くスタンスありきでの意見やその全く逆だったりであったりするので
まあ、まだアニマス2は関連作といえば一応そうですが特に関連作でもないので比較もわりとみますね。
この作品に限った話ではありませんが無関係の作品で用いられるそういう意見はあんまり褒めれたものではないとは思いますし、
基本的に言う側もそれを聞く側もこの作品を見ていたという可能性は低い気もしますし
正直、そこまでこのアニメがいまさみられるほど人気がある作品とは思えません……
ただ、それだけ直接の関連作でもないのに比較に用いられるだけ、インパクトを残した作品ではありますね。

2014/10/01 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 51787 ホスト:51729 ブラウザ: 5171
【悪い点】
強いて言えば、アイドルマスターを著しく冒涜した作品。
評価する言葉もない。

【総合評価】
2007年最低の最強駄作。

2014/04/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(59%) 普通:8(30%) 悪い:3(11%)] / プロバイダ: 45194 ホスト:45344 ブラウザ: 5930
久しぶりに書き込みます。
このゼノグラシアは、一言でいえば、
「原作とかけ離れすぎている世界観」
「主要登場人物の性格変更」
「キャスト総入れ替え」
で、原作ゲームファンから不評。
純粋にロボットアニメとして見れば良作。

というのが、ぼくの感想です。
ロボットアニメとして見れば、毎回何が起こるんだろうという緊迫感、作画の丁寧さ、話がどんどん暗くなっていくけれど、最後には、ほっとした気分になるというように、ロボットアニメの良作だと思っています。

しかしながら、最初に書いた三つの点で、駄作扱いされているのも事実です。せめてオリジナルキャストで制作していたら、原作ファンも少しは納得したのかもしれません。
また、別の人も書いていますが、ゼノグラシアは765プロアイドル全員出演の劇中劇という設定であれば、良かったような気がします。
「春香と千早が憎しみあう」
「仲が悪い伊織とやよい」
「腹黒い雪歩」
というのも、765プロの劇中劇であれば、納得したと思います。

単体であれば良作だけど、あまりにも原作とかけ離れているので、それを考えると、評価は「普通」です。

2014/02/04 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(61%) 普通:0(0%) 悪い:13(39%)] / プロバイダ: 13808 ホスト:14016 ブラウザ: 5386
【悪い点】
アイドルマスターを著しく冒涜し、改悪した最強駄作。
存在価値は「AKB0048」と同じレベル。

【総合評価】
存在する価値もない駄作。

2013/07/07 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(20%) 普通:0(0%) 悪い:4(80%)] / プロバイダ: 10538 ホスト:10796 ブラウザ: 5345
【良い点】
存在するのか?

【悪い点】
アイドルマスターを冒涜した3流ロボット駄作

【総合評価】
見る奴は非常に憐れ

2013/06/05 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 168 ホスト:78 ブラウザ: 7418
※本編未視聴なのでコメントに留まらせていただきます。

ネットでは散々叩かれたりネタにされている本作。ただ、その扱われ方があんまりにもあんまりなので、一応擁護というか、この作品に関して自分が知ってることを書き連ねたいと思います。
まず最初に、この作品を楽しむ、または真っ当に観たいのであれば、本作の制作経緯を知っていた方が絶対良い。間違っても【アイドルマスターという作品の一つ】として期待して視聴すると裏切られること請け合いだから。

それも当然、そもそもこの作品、アイドルマスターとして制作されていないのだから。

当時、アイドルマスターは筐体が稼働して二年近くが経ったばかりで、コンテンツとして今一つ伸び悩んでいた。(この当時から既にコアなファンは定着していたけど)
しかし、アイドルマスターはギャルゲー要素をおまけ程度に備えた育成ゲーム。これをアニメにするのは困難と言われており、制作依頼は難航していたという。

そこで制作を受け入れたのがサンライズなのですが、この時、サンライズから条件が出されました。それが、【あくまでも原案としての使用だけなら良いよ】という内容でした。
つまり、早い話が「全然アイマスらしさ無いと思うけどそれでもいいの?」ってことです。
これに対し、アイマスのディレクターの石原氏はOKを出し、本作は制作されました。
制作を請け負ったのは【舞HiME】を手掛けたスタッフで、本作のコンセプトも【アイマスのキャラで舞HiMEをやる】というものでした。(+ロボット要素)

なので、この作品、アイマス要素は皆無と言っていい。なんせキャラの体型まで変わってるぐらいだから。
確かにアイマスのアニメ化は難しい。アイマスのファンになった今ならその意味がよく分かる。
しかし、体型とか性格まで変えるのはどうにかして欲しかった。というか、そこら辺は制作を依頼した側とはいえ、仮にも原案としてアイマスの名を出す以上、変えてはいけないところでしょうよ。

もっとも、これがもしも【ゼノグラシア アイドルマスター】ならまだ分からない話でもなかった。
本作一番の問題は、主題が【アイドルマスター】であり、副題が【ゼノグラシア】になってしまっていることだと思います。
作品の顔がアイドルマスターだったら、そりゃあ皆、アイドルマスターとして観るに決まってる。それで蓋を開けてみたらロボットで、舞HiMEだ。詐欺レベルだろー……;

石原氏からの要求だったのかそれともプロデューサーの判断かは分からないけど、ハッキリ言ってアホだと思う。こればかりは何を考えてるのか分からない;
いくら名を売る為とはえ、いささかやり方が強引。結果的にそりゃあアイマスの名は一躍ネット内で広まったことだろうけど、それにしたって従来のアイマスファンを度外視しているのがなんとも複雑。
アイドルマスターである、という先入観有りきで観られてしまう原因にもなっており、素直に評価できない要因でもあったりと、観る側にとってなんのメリットもない。

[推薦数:1] 2013/05/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(60%) 普通:0(0%) 悪い:2(40%)] / プロバイダ: 11034 ホスト:11136 ブラウザ: 7396
前提として、私はアイドルマスターの原作そのものに何ら思い入れがありません
声優が変わっていることすら、視聴後に知ったぐらいです
そうした立場としての評論とお受取りください

【良い点】
ロボアニメとして戦闘用ではなくて災害対策用いうのは思いの外少ないもので、これだけでも一見の価値があります
キャラクターが(アイマスとしての「元」を無視すれば)立っていて、敵も味方も相応の理念で動いているためストーリーとしての見応えは充分

【悪い点】
良い点として災害対策用のロボとか来ましたが、後半はほぼロボSVロボの戦闘がメインになってしまっていて残念
アイドルマスターという冠、舞姫シリーズではダメだったのか・・・

【総合評価】
アイドルマスターと言う名が付いただけに先入観から逃れられず、素直な評価がれて悪い作品だと思います
しかし、そうした先入観を抜きにすれば舞姫シリーズを作ったサンライズ第8スタジオの作品らしい1作に仕上がっていると言えます(後半のちょっと雑な急展開も含めて)
アイマスが好きな方には辛い作品だとは思いますが、そうでないならぜひ素直な気持ちで見てみることをおすすめします

もっと読む

「事実上舞シリーズ3段目と言っても過言ではない今作舞HIME〜空かけまでの一連の作品ではシリーズ構成の面で...」 by ORBEL


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/06/25 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 14424 ホスト:14670 ブラウザ: 4721 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事格好良い/怖い/びっくり/考えさせられた/勉強になった 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 2007年上半期アニメチェキザマスよ by エスパー
... なあ。あと世界樹の迷宮も買った。 瞳のカトブレパスに邪気眼コピペ貼って初代スレ立てたら預言者扱いされた。 東京デスティニーランドに行ったのはこれが最後だと思う、うん。いい加減また行きたい。 架神恭介先生主催の第一次ゆとり大戦に参加しました。アンサガは、うん、BGMは良いよね。 あとOPのワクテカ感。 アイドルマスター XENOGLOSSIA アイマス初の ...
記事日時:2017/04/30
video video video video
2. お泊りのときの話とかカラオケとかー by ショウ♪♪
... 生徒会役員共 op 「大和撫子エデュケイション」 デジキャラットクリスマススペシャル op 「女神になりたい for a yours 」 神様はじめました op 「神様はじめました」 ハヤテのごとく!!ed 「本日満開ワタシ色」 みなみけ op 「経験値上昇中☆」 みなみけ ただいま op 「シアワセ☆ハイテンション↑↑」 アイドルマスター XENOGLOSSIA op 「 ...
記事日時:2015/09/07 [表示省略記事有(読む)]
3. 本日は櫻井智さんのお誕生日でした by Mr.KN
... テール」の羽丘芽美/怪盗セイント・テール、「ガンバリスト!駿」の折笠麗子、「るろうに剣心」の巻町操、「神秘の世界エルハザード」のシェーラ・シェーラ、「スーパードール★リカちゃん」のドールリカといった役でも人気を博していたというイメージが個人的にはあります。 近年では「灼眼のシャナ」シリーズの坂井千草、「アイドルマスター XENOGLOSSIA」の三浦あずさ ...
記事日時:2013/09/10
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:アイドルマスター XENOGLOSSIA
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声