[アニメ]鬼灯の冷徹


ほおずきのれいてつ / Hozuki no Reitetsu
  • 楽しい
  • 可笑しく笑える
  • 面白い
  • びっくり
  • 勉強になった
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:鬼灯の冷徹
アニメ総合点=平均点x評価数2,107位6,409作品中総合点8 / 偏差値48.78
アニメ平均点1,809位2,844作品中平均点0.40=普通/20評価
2014年アニメ総合点84位265作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.42(良い)12
キャラ・設定1.25(良い)12
映像1.00(良い)12
音楽1.00(良い)12
ストーリー0.75(良い)12
楽しい75%9人/12人中
可笑しく笑える67%8人/12人中
面白い58%7人/12人中
びっくり50%6人/12人中
勉強になった42%5人/12人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

これは地獄のお話。
戦後の人口爆発、悪霊の狂暴化、地獄に亡者があふれかえった今日、
人手不足に喘ぐ地獄は前代未聞の混乱を極めていた。
そんな中、あたふたする閻魔大王に代わって、さまざまな問題の後始末をする陰の傑物が。
<スタッフ>
原作:江口夏実鬼灯の冷徹』(講談社、「モーニング」連載)
監督・AR演出:鏑木ひろ
副監督:長沼範裕
日本 開始日:2014/01/10(金) 01:35-02:05 MBS TV / 終了日:2014/04/04
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
MBS2014年01月09日 - 04月03日木曜 25時35分 - 26時05分
TBS2014年01月10日 - 04月04日金曜 25時55分 - 26時25分
CBC2014年01月10日 - 04月04日金曜 26時35分 - 27時05分
BS-TBS2014年01月11日 - 04月05日土曜 24時00分 - 24時30分
バンダイチャンネル2014年01月12日 - 04月06日日曜 12時00分 更新
dアニメストア2014年01月13日 - 04月07日月曜 12時00分 更新
公式サイト
1. TVアニメ「鬼灯の冷徹」公式サイト
Twitter公式
1. TVアニメ「鬼灯の冷徹」第弐期その弐BOX上下巻発売中! (@hozuki_
オープニング動画 (1個)
地獄の沙汰も君次第
歌:地獄の沙汰オールスターズ[鬼灯(安元洋貴)、閻魔大王(長嶝高士)、シロ(小林由美子)、唐瓜(柿原徹也)、茄子(青山桐子)、お香(喜多村英梨)、YOUR SONG IS GOOD] 詞:サイトウ "JxJx" ジュン獄卒音楽連盟 作曲:サイトウ "JxJx" ジュン 編曲:サイトウ "JxJx" ジュン [ファン登録]
[もっと見る]
14,7292320
最近の閲覧数
1221013454
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/04/04 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(57%) 普通:0(0%) 悪い:13(43%)] / プロバイダ: 4470 ホスト:4415 ブラウザ: 8237
鬼灯は最高な要領を持っていて、あらゆる分野で万能。その上大人気。
閻魔大王は普段奔放で、判決を下すときはしっかり行う事が出来る事が取り柄。
白澤は騙されやすいなんちゃってプレイボーイながら薬を扱う事は出来る。鬼灯に負けている。
シロは閻魔大王以上に自由奔放で駆け回ったりする。

2019/02/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:264(66%) 普通:0(0%) 悪い:137(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8234
原作未読。

舞台は地獄。そこでの日常風景?みたいな場面をブラックに描いたコメディ。

コメディ作品としては珍しく、1期の前半くらいまでぱっとしない。
ツッコミなどに勢いのあるギャグで飛ばすのかと思っても特には突っ切らない。
オチなんかに過剰に人情味を加えてハートフルにもっていくわけでもなく、
実在の商品やら人物などを持ってきて、えらく冒険してる感じがあるけれどいじり倒すようなことはしない。
面白くないわけじゃないけれど、非常に淡々とした感じで思っていた印象とかなり違ったスタートだった。

登場キャラの個性なんかが判り始めたあたりから、じんわりと面白くなってきた。
爆発的な笑いというわけではなく、なんとなく先が気になってしまう丁寧なお話の造りといったところから、
高すぎず低すぎないテンションや、遅すぎず早くも無いテンポなどが非常にユニーク。
慣れてきたころには、このあたりになんとも言い難い心地良さを感じて視聴が楽しみになっていた。

【良い点】
世界観。日本画風の絵柄もしっくりきたし、現代的なアイテムやら要素なんかを持ち込みつつも、
きちんと壊さないように保てた世界観は素晴らしい。

「鬼灯」と「閻魔大王」の関係。特に「閻魔大王」cv長嶝高士さんのユーモラスな演技やキャラが面白かった。
どう見ても一番偉い人物をいじられキャラにし、温厚のんき、それでいて器の大きさも感じさせる面もあったり。
ブラックかつ暴力的なギャグにしても安心して見ていけた。

「唐瓜」と「茄子」のキャラ性格と組み合わせ。ネタを選ばない柔軟さと適応力で、オチも非常に安定していた。

癒し系として犬の「シロ」とウサギの「芥子」はキャラが立っていた。
「シロ」はシュールな場面での尻尾振りが絶妙だったし、「芥子」はcv種〓敦美さんの演技の可愛らしさと、
包み隠しもしない狂気垂れ流しのギャップがとても印象に残った。

【総合評価】
『銀魂』あたりの系統になるのかなといった当初の印象でしたが、扱うネタやギャグの方向性は似てるけれども、
走り過ぎずに抑え過ぎずにといった世界観を保持するような、妙に堅調な雰囲気が独特で楽しめました。

2018/07/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:274(66%) 普通:37(9%) 悪い:102(25%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8293
【良い点】
地獄を舞台に日常をする発想
地獄を舞台にして日常を過ごす発想は面白い。

桃太郎とかのおとぎ話や歴史
地獄だけじゃなくおとぎ話や歴史のキャラや内容を話に入れてくるのは凄いと思った。しかもギャグ風に変えてはいるとこはあるけど、知られてる内容や歴史を生かして話に組み込むことが出来てるから上手いと思えた。

話を纏まっている。
個人的に思ったことだけどは知らない人にも解るように話の流れを纏めて出来てる。

ぶっ飛んでて面白いギャグ

「地獄の沙汰も君次第」
話同様に面白すぎた。第弐期のEEDで流したのは嬉しかった。

人気、ベテラン声優さんたちの出演と役

キャラクター
主要、天の邪鬼を除いた獄卒、動物キャラ、好感度持てれる関係者は面白さや魅力があって好感度持てれる。

【悪い点】
天邪鬼が出てくる話

大便ネタはちょっと嫌だった。

【総合評価】
第一期と第二期(その弐も)、面白くて楽しめた。評価は最高!

2017/12/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:152(75%) 普通:33(16%) 悪い:19(9%)] / プロバイダ: 22848 ホスト:23104 ブラウザ: 4721
【良い点】
・地獄を主題にしているのにパロディを含むギャグ作品
・キャラ設定がかなりしっかりと作り込まれている。

【悪い点】
・少しパンチが弱いかなと

【総合評価】

なかなかに珍しい作品でいた。
地獄を主題にした作品でもホラーではなく、ギャグ作品。
地獄という現代で言うところの企業的なシステムや悪い印象で取られがちな鬼達がひじょうに真面目な部分などのギャップがとても面白いと思います。
ある意味、地獄の日常を描いた作品なので少しパロディ気味の地獄版サザエさんといった感じでしょうか。

原作などは見ていませんが、ついつい見てしまう感じです。
ですがやはり1クールものの作品としてはパンチは弱いですね。
パロディを織り交ぜてはいますが、大絶賛とまではいきません。
もう少し目的や目標などがあれば、日曜日朝の子供向け長編作品となったかもしれません。

最後に自分が死んだ時に地獄のイメージがこの作品の様な感じなら悪くないかなと少し思いました。

評価は・・・「良い」くらいですかね。

2016/10/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
鬼灯、結構キャラ好きでした。絵もちょっと、変わってるし・・・

【悪い点】
特別無し

【総合評価】

評価が、低すぎるので、1ランク上の良いで・・・そこまで、悪くないのに・・・ なぜ?
他のアニメそんなに良かったかな・・・

2015/01/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:789(60%) 普通:344(26%) 悪い:182(14%)] / プロバイダ: 11197 ホスト:11440 ブラウザ: 5171
オープニングが中毒性がある
動物たちが愛らしい
話はそれほど面白くないですがキャラクターは好みでした。

2014/09/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(70%) 普通:8(20%) 悪い:4(10%)] / プロバイダ: 26463 ホスト:26399 ブラウザ: 10092
【良い点】
いろんなネタでなかなか飽きない。
キャラクターが個性的。
【悪い点】
ギャグがちょっと寒い。

【総合評価】
地獄世界を舞台した作品で
何気に斬新な方だと思います。

2014/07/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(65%) 普通:146(27%) 悪い:44(8%)] / プロバイダ: 2202 ホスト:2306 ブラウザ: 5171
【良い点】
OP。テンポいいっす。
閻魔大王等登場人物がいろいろと面白い。

【悪い点】
とりあえず地獄めぐりしておけばいいやといったシリーズ構成

【総合評価】
一話のEDがすべて。ここまでたどり着けた人はたぶんそのまま見ると思う。
ハイテンションギャグでないし、かわいい女の子はそんなに出てはこないけど、のんびり見れて笑えるときに笑える。
閻魔大王がいい味だしてるし、脇役たちもそれぞれの役割をもって絡んでいて面白い。桃太郎の犬の白とか声も絶妙にはまっている。

2014/05/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 534 ホスト:636 ブラウザ: 4721
第1話のAパート……というか第1話さえ我慢して観れば、あとはそこそこの面白さが持続している作品。可、な作品。
なんせ掴みの1話があまりにもつまらない。続きを観たのは主人公である鬼灯にぶっ飛んだギャグを期待してのこと。地獄の亡者とどう絡むのかなって。

現代のような社会が形成された地獄での普通じゃない社会事情、というのが本作の特徴。なので桃太郎、三匹のお供、茄子や唐瓜といった、地獄のことをよく知らない人物達が視聴者目線のキャラとなってほぼ毎回登場している。
史実の人物、空想上の人物を皮肉ったり、捻くれた解釈を加えている点は、いかにも若い世代に受けそうなイメージ。ここら辺のネタとか地獄に関する薀蓄は感心するんだけど、別段面白いワケではないんだよなぁ……。

個人的に、パロネタの多さが気になった。この作品、正直パロネタ要らないよね?
ブラックなジョークだったり、上にも書いたような皮肉とか風刺的なものにニヤリとさせるのが長所だと思う。

そして、キャラの会話劇が職場の同僚だけで終わってしまったのもなんだかなぁという感じ。
【サーバント×サービス】もそうだったけど、どうして同僚同士の会話しかないんだ。
亡者と言っても、地獄に来るような奴らなんだぜ? 獄卒と同等か、もしくは獄卒以上のキャラが居てもおかしくないと思うんだけどなぁ。
閻魔と鬼灯の絡み方とか、既にケータイ小説の最強系で読み飽きたよ……。

これに加えて、キャラの絡みでは基本的に鬼灯と誰か、という組み合わせになる。
しかし、作中での鬼灯は常に主導権を握る側なので、掛け合いがどうしてもパターン化されてしまう。出来れば、鬼灯ではない二者以上の掛け合いをもう少し増やして欲しかったところではある。

作品のキービジュアルを観て期待したものと、実際の中身とが違ってて、少し肩透かしな感じ。
もっと過激で痛烈なものをイメージしてたんだけど、思いの外柔らかかった。

クッキーとか鬼灯の、笑えない類いの過去を笑いとして提供するような、そんな作品を期待してたんだけどなぁ。
お香さんと鬼灯の長い付き合いの距離感とかもとくに描かれてないし、なんというか、地獄の設定以外はほんとうにフツー。普通じゃないビジュアルと設定だけに、残念ではある。

それから、本作で面白かったのって、どちらかというと桃太郎が鬼退治後に堕落の一途を辿ったとか、一寸法師が等身大になっていこうの悩みだとか、牛若丸の願望だとか、史実とか空想の人物に対する独自の肉付けの部分が強く、地獄を舞台にしたバイオレンスなギャグ、としての魅力はもうひとつだった。結局、地獄って舞台を説明されただけな感じ。


とはいえ、普段から深夜アニメを好んで観てるって人にはウケる、と思う。




ついでに。
……現世の情報を定期的に仕入れている地獄の人物ならともかく、桃太郎のお供のシロが登場初期からソフトバンクだの上戸彩だのと口にするのは、やはり違和感を拭えないよ。そういうのを口にさせるのは、せめて地獄で働いて順応してからだろ。
[共感]
2014/05/31 嫌味じゃないのですが、この評価を呼んで何故円盤が売れたのか?分かって気がします。鬼灯のキャラを中心に描写してるのが理解できます。 by 名もなき詩人

2014/05/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:433(47%) 普通:315(34%) 悪い:168(18%)] / プロバイダ: 48962 ホスト:49032 ブラウザ: 7468
【良い点】
・別段信心深いわけでもないが、ある意味相当罰当たりな作品を作り出した発想と言うか度胸と言うか
・神話や御伽噺や怪談等の要素もある為勉強とまでは行かないがタメになる情報もある

【悪い点】
・中だるみ:中だるみって言い方が正しいのかも微妙だが、どう見てもインパクト狙いの作品な為、回を重ねるごとにその衝撃は薄れて行く
・絵柄:癖があると言うかあんまり趣味ではない

【総合評価】
原作未読
そんなに楽しいとも思えなかったが発想は評価したいので評価は甘め
予定があるのかも知らないが、基本一話完結式の様だし恐らく二期をやったとしても完全に繰り返し状態に陥るだけではないかと

2014/04/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:159(50%) 普通:127(40%) 悪い:35(11%)] / プロバイダ: 11732 ホスト:11768 ブラウザ: 5171
原作は読んでません

笑い、ってのは他のフィクションに比べると非常にパーソナルなもので
確かに、合う、合わないは人によってかなり違うんですが・・・

ただ、この作品であつかってるものは「笑い」ではなく「嗤い」のような気がするんです。
どうも、それが私には合わない。

しかし、落語の「地獄八景」的なものを期待して見た、私の先入観が間違いの元だった
という面も多分にありますので、評価は「普通」で。

2014/04/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(68%) 普通:10(3%) 悪い:95(29%)] / プロバイダ: 22127 ホスト:22158 ブラウザ: 10416
「この作品を見て死にたくなりました!」

●【作品の概要・良い点】

↑の一言はもちろん悪い意味ではなく良い意味で。
漫画原作、1クールモノ。
作品の内容は地獄を現代チックかつ、ひたすらコミカルに描きつつ、
ニッチな話題やシュールなネタ等を織り交ぜて危険なパロネタで攻めていくギャグ。

○基本的にネタが面白い。
地獄やソレに関わる様々な豆知識や現代風に再現・解釈されている点がとても面白い。
メタなネタやパロネタ、シュールギャグのセンスは圧倒的。マニアックなネタだとか絶妙なトリビアがツボにハマる。
またパロネタの方は攻め具合が尋常ではなく、その突き抜け度合いが気持ち良い。
大きめの会社・事務所にゴメンナサイしないといけないレベルだと思うのだがコレ良いのか・・・?w
OPやED、その他の小ネタもかなり秀逸。

○質に関して
作画やコンテが上手く、キャラの個性やネタの面白さを引き上げています。

こんな地獄なら1度悪行の限りを尽くして死ぬのも悪くないなぁ・・・。(えっ

●【悪い点】

・もう少しギャグのテンポやツッコミにキレが欲しい。
ギャグやツッコミのセリフが少々クドかったり、勢いが足りないなぁと思う所がいくつか。
閻魔イジメのくだりとかの使い古された感もあるネタはテンポが悪いと間が持たない。

・鬼灯の理不尽系の暴力
まー彼は鬼ですからね。仕方ないと言えばそうなんでしょうけども。
基本的に気持ちの良いモノでは無いかなぁ?・・・・と。

あとは、↑で書いたネタが合わないと言う人には苦痛だろうなぁ・・・と。自分は大好きですが。

●【評価】

それにしても、最近の深夜アニメで作画の質を自然と求められるバトルモノよりも
こんな感じの日常・ギャグ作品の方が作画の出来が良い傾向にあるのは何でなんでしょうね?ww
実にハイクォリティーで毎話楽しめるネタが盛り込まれていてニヤっと笑える良さに溢れた秀作でした。
評価は「最高」。

2014/04/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:362(78%) 普通:43(9%) 悪い:60(13%)] / プロバイダ: 20817 ホスト:21012 ブラウザ: 4180
【良い点】
●地獄を妙に現実味のある社会として描いていたところが面白かったですね。日本の地獄ネタだけでなく、日本神話や童話をはじめとして、西洋の神話世界や中国の桃源郷なども元ネタにしており、そういった幅広い“空想"ネタを扱った風刺的コメディを、比較的淡々とライトな語り口で描いています。それらにまつわる薀蓄も多めで、現代の俗世の風潮を皮肉った内容がしばしば見受けられるのも特徴。
●一癖ありながらも人間味溢れるキャラクターたちも魅力。元ネタのイメージそのままなキャラクターもいれば、アレンジが加えられたキャラクターも多く、出典元を知っていればニヤリとできるようになっていたのが良かったですね。もちろん、知らなくても楽しめるようになっています。

【悪い点】
●全体的に淡々とライトな風刺コメディに徹しているためか、これといって強烈な面白味というものは見られません。キャラと風刺をほどほどに楽しむという側面が強いです。
●時折、主人公の鬼灯の傍若無人っぷり・無敵っぷりが過剰すぎて笑えなくなるシーンも見られました。

【総合評価】
制作:WIT STUDIO。地獄を題材にした“地獄日常コメディ"といったような作品で、獄卒として閻魔大王に仕える主人公鬼灯を中心に、社会的に運営されている地獄の日常をコメディ調に切り取った作品です。

この作品は地獄の様子を皮肉っぽくコメディとして描いているのが特徴ですね。社会を動かすシステムとして“地獄"が形成された世界観で、妙に生活感のある地獄の風景が、鬼灯をはじめとしたキャラクターたちの日常の中で描かれていきます。現実世界を皮肉った描写も多めで、全体的に風刺アニメとしての側面が強い。しかしながら全体の味付けは軽めになっていて、あくまでも気軽に楽しめる作品に終始しています。
また、地獄に限らず、様々な空想物語も元ネタにされていて、「桃太郎」や日本神話、さらには海外の空想世界まで取り込んでいるから面白い。そういった諸作品(?)の薀蓄も豊富で、作品の風刺性をより加速させていました。

ただ淡々とライトに徹しているためか、強烈な個性や面白味といったものは皆無。コメディとしてはローテンションな部類の作品なので、爆笑・大笑を求めたい人には向かないかもしれません。風刺的作風が苦手な人にももちろんオススメできません。また、主人公である鬼灯の傍若無人っぷりが過ぎるシーンも時折見られます。このあたりはもうすこしバランスを取って欲しかった。

ドライなビジョンから描かれる風刺的な地獄の描写が、独特の面白味を生み出していた作品。コメディとして特に突出した部分はないのですが、解釈のユニークさで堅実に楽しませてくれると思います。
評価はとても良いよりの『良い』で。

2014/03/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:386(68%) 普通:77(14%) 悪い:104(18%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 6686
前宣伝はすごかったけど、いざ見てみたら何だかなあと思った本作。
1話目は冥界に落ちてきた(?)桃太郎の話。
ソフトバンクの犬のネタは前振りが弱くてイマイチでしたし、主人公がやたら気取ってる感じに見えて、キャラに愛着もわきませんでした。

ただ、たまに面白い部分はあったりします。唐突に来る一発絵はたまに笑えるのがあったりします。

淡々とした、独特のテンポで進むこの作品。合う人には面白いかもしれません。
自分はやや苦痛に感じました。

2014/02/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2302(50%) 普通:1150(25%) 悪い:1152(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 9950
【良い点】
原作イメージを忠実に再現した映像クオリティ。

【悪い点】
アニメスタッフに自分達の仕事をする気概を感じない。
コミック原作の場合、種類にもよりますが20頁未満の内容をそのまま映像化すると
10分あるかないかという程度でそこは複数の話を融合させる構成や脚本&演出による肉付けで
尺を持たせ、いかに視聴者のテンションを保つかという所に製作側の手腕が問われます。

例えば本作でネタにされていた「うる星やつら」では共通点はラグビーだけだった
「小型宇宙人の侵略」と「サラシを無くした竜之助」の原作エピを一つに上手く纏めていました。
中には纏め方に無理のある話もありましたが、それでもAパートとBパートで区切れていました。
ところが本作の4話など原作では個別の話である鴉天狗警察とリーダー格である牛若の話を
リンクしているというだけでAパート内で捻りも無く繋げてしまい話の主旨がバラバラになっています。

【総合評価】
良くも悪くも原作を忠実にアニメ化した作品でしょうか。
原作ファンをメインターゲットにしているためかも知れませんが、上記のような悪い点が出てきましたし
似て非なる漫画とアニメの媒体の差も問題になっているように思います。
元々、原作は新聞の風刺漫画の延長のような存在に見えます。
これを忠実にアニメ化すると薀蓄やネタの披露に尺の大半を取られてしまう。
(「サザエさん」だってアニメスタッフがそれなりに肉付けして40年以上、続いています)
個性的なキャラはそれなりに揃っているのにストーリーを引っ張ってくれるほど
動かせない内に30分が終ってしまいます。
ただでさえ主役の鬼灯が無敵のツッコミ役のため展開のメリハリが弱くなってしまうのに。

原作ファンの間でも肯定・否定が別れそうな作品。
自分は元から原作にもそれほど思い入れが無いので「悪い」よりの「普通」で。

もっと読む

「【良い点】鬼灯の声が良い。【悪い点】テンポが悪い。見てて退屈で苦痛。【総合評価】原作が面白かったので...」 by 納豆まき


次のページを読む

この評価板に投稿する


2014/10/16 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 4813 ホスト:4916 ブラウザ: 11071
ちよー楽しい笑
最高

もっと読む

「鬼灯の冷徹凄い好きです!漫画の方もアニメの方も応援してます!!自分は鬼灯様推しです!よろしくお願いします...」 by 金魚草3310号


次のページを読む
2019/10/28 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4470 ホスト:4415 ブラウザ: 8237 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/怖い/びっくり/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 2018年春アニメまとめ。 by S・N
... 最初はアレだったけど、何だかんだで思ったより楽しく見れましたね。 ちなみにニコニコアンケート結果はこうなりました↓ ・2018年4月から6月に放送されたいちばん面白かったアニメ。 1位、ヒナまつり 2位、ウマ娘 プリティーダービー 3位、シュタインズ・ゲート ゼロ 4位、ゴールデンカムイ 5位、ルパン三世 PART5 6位、アイカツフレンズ! 7位、鬼灯冷徹(第弐期 ...
記事日時:2018/07/05 [表示省略記事有(読む)]
2. おい、2008年上半期アニメチェキしろよ。 by エスパー
... びっくりしてやべえぞダークホースだ!とキャッキャしてたんですが、 今はさっぱり内容覚えていない、というか全話まで見たっけ?だめだ思い出せねえ…。 本格的に記憶が危ういぜ自分。アリプロOPは今でも脳内再生できるんだけどな。 全力ウサギ お、鏑木ひろ監督。初監督作品なか。91Daysや鬼灯冷徹を手掛けた人 ...
記事日時:2018/05/05 [表示省略記事有(読む)]
video video video video video video video video video video
3. 2017年秋アニメ一言感想 by しゃくじい
... - 終末世界で生き残り人たちと出会いや失われた文明探索など情緒的な雰囲気があった。 このはな綺譚 - 単なるケモミミアニメと見せかけて、不思議な出会いと別れを描いたハートフルな内容だった キノ旅 - 銀河鉄道999を思い出した。全体的に寓話チックに作られていて印象深い話も多かった。 コメディ枠 鬼灯冷徹 第弐期 ...
記事日時:2018/01/06
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:鬼灯の冷徹
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ