[アニメ]ハートキャッチプリキュア!: 2017/10/04 うりこ


Heartcatch Precure!
  • 可愛い
  • 面白い
  • 楽しい
  • 感動
  • 可笑しく笑える
  • 友情
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数435位6,335作品中総合点69 / 偏差値58.77
アニメ平均点1,156位2,835作品中平均点0.96=良い/72評価
2010年アニメ総合点13位189作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/10/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(74%) 普通:2(6%) 悪い:6(19%)] / プロバイダ: 9919 ホスト:9832 ブラウザ: 10257
【良い点】

・1話1話が丁寧
・ギャグ

【悪い点】

・妖精が心の種を出す際の描写
・構成上プリキュア自身の話があまりないこと
・サバーク博士の死
・ラスボスの背景に何も触れてない

【総合評価】
前作に続き1話1話の話は非常にわかりやすく丁寧でした。ギャグも子供でも大人でも笑えるものが多く楽しめました。
ただ妖精の心の種を出すときの描写は下品でよろしくなかったと思います。
子供はああいうギャグは好きだとは思いますがプリキュアではやってほしくなかったです。

ゲストキャラが多くいろんな人間模様が見れるのは良いのですがその分プリキュア達の問題がゆり以外すぐに解決しまうのは少々あっけない。
構成上仕方ないとしても個人的には少々残念でした。
特につぼみは引っ込み思案だという設定でしたが、そう思える描写は初めの1話ぐらいだったように思います。
ですので後半にあった自分との対峙も単に予定調和という感じがしてしまいました。

一番良くなかったと思うのはサバーク博士の死です。物語の設定上で死ぬ必然性があったとはとても思えません。
盛り上がりのためだけに犠牲になったとしか思えません。
ついさっき目の前で父親を悲惨な形で亡くした人に恵まれた立場のつぼみが「愛で闘いましょう」と諭すのも唐突で説得力ありませんでした。
これをつぼみに言わせるのならせめて薫が瀕死状態であるぐらいの展開が必要だったのでは。
最後にデューンって一体なんだったんですか?いくらなんでも動機の部分の描写がなさすぎでしょう。

とまあ、悪い部分も目立ちますが最初に述べたように1話1話の話がわかりやすく丁寧なため普通に楽しめました。
ゆりのキャラ設定の重さも他のキャラの明るさでカバーしていたので良かったと思います。

☆追記
評価を「良い」に下げました。
あとから思い返した時印象に残っている話がほとんどないんですよね。
毎回変わるゲストの話も目新しいものがあったようには思いませんでした。
他の方で「ノリで押し切ってる」みたいな評価がありましたが納得してまいます。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ