[アニメ]ハートキャッチプリキュア!: 2012/10/29 Mr.KN


Heartcatch Precure!
  • 可愛い
  • 面白い
  • 楽しい
  • 感動
  • 可笑しく笑える
  • 友情
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数454位6,314作品中総合点67 / 偏差値58.34
アニメ平均点1,173位2,829作品中平均点0.94=良い/71評価
2010年アニメ総合点13位190作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:2] 2012/10/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:401(95%) 普通:11(3%) 悪い:9(2%)] / プロバイダ: 21212 ホスト:21130 ブラウザ: 11906
前作のフレッシュにハマっていた流れもあってこちらの方も放送時は毎週見ていましたが、最初に見た時は「おジャ魔女どれみ」を連想するキャラの絵だった事もあって違和感を多少感じたものの視聴していく内にそれも気にならなくなっていき、最終的にはこれもありといった考えになったので悪くないと思いました。

プリキュアに変身するのは初代やSS同様に初期構成では二人体制となりましたが、まずつぼみとえりかの二人はそれぞれキャラの個性も出ていて良いと思えるのと、途中から参加したいつき、ゆりも参戦した事情は異なるとえはいえこちらも印象に残ったキャラで、敵だったコブラージャ、クモジャキー、サソリーナの3人も前作のラビリンスとはまた違う個性を出していたのや、敵怪人であるデザトリアンは悩みや苦しみなどが原因で気持ちが萎えている人間から生み出されるという設定が興味深くこちらも良かったです。

そしてプリキュア側では、つぼみは内向的な自分を変えようとする姿、えりかは当初はお節介で少々強引な性格だったものの後にそれを考え改め直す姿にそれぞれ好感が持てたのと、声優陣ではつぼみ役の水樹奈々さんとえりか役の水沢史絵さんのシグマ・セブン所属コンビ、いつき(キュアサンシャイン)役に桑島法子さん、ゆり(キュアムーンライト)役に久川綾さんといった、かつて東映女児向けアニメにも出演されたお二人がこの作品に追加戦士のキャストで選ばれたのはこれも個人的には嬉しいところでもありました(桑島さんはジャンヌ、久川さんはセーラームーン)。

全体的な設定だとファッション部やゆりの過去と扱い、そしてラストの流れでは実父であるサバーク博士や実妹ともいうべき存在のダークプリキュアを失った事で戦意喪失したムーンライト(ゆり)をブロッサム(つぼみ)が叱咤激励する場面はどうしても賛否が分かれるところでありますが、それでもあの展開ではマリン(えりか)やサンシャイン(いつき)よりも彼女しか適任者がいなかったと個人的には思ったのでこれは別に気にしていなかったのと、序盤では「史上最弱のプリキュア」と称されていたつぼみが終盤では戦闘などにおいて大きな成長を遂げたのはこれも良かったと思えるところです。

前述の設定やラストの流れなどで賛否は分かれるものの、それでも自分は十分に楽しめた作品だと思えたので、評価は「とても良い」にします。
[共感]
2012/10/29 終わり方も歴代トップクラスに綺麗ですからね、この作品。 by 須王



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ