[アニメ]ハンター×ハンター(1999年版)


はんたーはんたー 1999ばん / Hunter x Hunter
  • 面白い
  • 友情
  • 格好良い
  • 楽しい
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:HUNTER × HUNTER 龍脈の祭壇 / 漫画:HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
2011年版は別ページ
アニメ総合点=平均点x評価数25位6,382作品中総合点396 / 偏差値112.56
アニメ平均点265位2,843作品中平均点1.73=とても良い/229評価
1999年アニメ総合点3位148作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.47(とても良い)30
キャラ・設定2.33(とても良い)30
音楽2.10(とても良い)30
声優・俳優1.90(とても良い)30
映像1.80(とても良い)30
面白い97%29人/30人中
友情70%21人/30人中
格好良い57%17人/30人中
楽しい53%16人/30人中
熱血37%11人/30人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

12歳になった少年ゴン。優しく、厳しい叔母ミトの愛情を一身に受けて育った天真爛漫な野生児。

鳥や動物の言葉が分かったりする。ずっと両親とは死別したと聞かされてきたが、父ジンの生存が発覚。
しかも世界でも指折りのハンターであるという。
原作:冨樫義博 監督:古橋一浩 監督補:加藤敏幸 製作管理:中島順三
脚本:岸間信明 菅良幸 キャラクターデザイン:後藤隆幸 メカニックデザイン:森木靖泰 美術設定:坂本信人
音楽:佐橋俊彦 制作協力:スタジオディーン 放送:フジテレビ 制作:日本アニメーション


※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1999/10/16(土) TV / 終了日:2001/03/31
[開始日詳細]
TV
1999年10月16日 - 2001年3月31日までフジテレビ系で放送。全62話。

OVA

※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
オープニング動画 (5個)
おはよう。おはよう。
歌:Keno [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
305,114314229
最近の閲覧数
9115531066713
4人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/09/17 / 最終変更者:Barnirun / その他更新者: 管理人さん / kunku / ウィングゼロ / カトル / DEE / 提案者:myu (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/01/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(75%) 普通:1(12%) 悪い:1(12%)] / プロバイダ: 30633 ホスト:30623 ブラウザ: 8247
【良い点】
ハンター試験からヨークシンまでの全体を通して作画や演出、音楽はどれも平均して当時の最高水準にあり、中でも作中音楽が本作の持つ雰囲気とよく合う素晴らしいものであった。
特に全話視聴した後、OP曲である「おはよう」やそのハーモニカバージョンなどを聞くと、主人公達が一堂に集うあの懐かしい雰囲気に戻っていけるような郷愁を感じる。
また軍艦島などのアニメオリジナルがハンター試験で数多く見られるものの、どれも申し分ない出来であり、原作を引っ掻き回すほどのものでもなかった。

【悪い点】
当時としてみれば高い水準であったが、中には1話丸々粗末な作画や原作にはない演出による間延び、使い回しの音楽などの連続視聴を躊躇わせる要素が多い。
特に挙げられることが多いのはそれまでのセル画からデジタルへの移行であり、グリードアイランド編は正直言ってあまり人に薦められる出来ではないと思う。
本作だけを悪く言うようだが、この頃のOVAや深夜アニメにおける作画は基本低水準であり、その中でも比較的安定して見られる代物ではあった。

【総合評価】
「とても良い」

本作はリアルタイムではなく、2011年にリメイクされたものと並行して見ており、どちらも私の青春時代を彩った作品である。
私の嗜好とストーリー展開の丁寧さからこちらを推しているが、決してリメイク作品が全て出来の悪いものであるわけではない。
例えば本作の高評価の一部にはグリードアイランド編以降の上書きがあり、もしまだ当時の状態でこれ以降のアニメ化がされていたら評価は大分落ちると思う。
それを踏まえた上で、新規視聴者には本作やリメイク作品に対する極めて批判的な書き込みを鵜呑みにすることなく、どちらも良いところを存分に楽しんでほしいと思う。

2018/11/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(75%) 普通:2(8%) 悪い:4(17%)] / プロバイダ: 345 ホスト:113 ブラウザ: 8281
個人的に、ハンターハンターは新旧両方それぞれの魅せ方があり、その時のアニメ作品に求められてるものは違うのだから、
ひとまずここでは新作と比べて…なんてレビューはしない。あくまで旧のみの評価であることを前置きする。
【良い点】
BGMがすべて作品にマッチしている。戦闘の緊張感だとか、ギャグシーンだとかがよく合う。
正直BGMだけでも場面を想像するのは容易い。
ヒソカ、イルミ、旅団の声がとても良い。ヒソカは変態具合が、イルミは適当さ、旅団は声から感じられる
とてつもない強者感が本当にマッチしていると思う。
それぞれの編の見せ方。GI編はまあスタッフが結構変わっているため何とも言えないが、それでも各編が違和感がないように
しっかりと重点的に置かれている部分が精練されているように思える。
主題歌。最高。アニオリの話が劇場版並みのクオリティであること。

【悪い点】
一部、なぜ変えた?と疑問を抱かざるを得ない点があったこと(主に髪の色のことだが)。
作画が安定しない。GI編は言うまでもないが、他も結構安定していない。

【総合評価】
正直誰にでも勧められる。幽遊白書もそうだがこの二つの作品は総話数が多すぎないことが、見る人の負担を和らいでいる点も
あるのかなと。とりあえず困ったらこのアニメ勧めときゃいい感じあるくらいオススメである。
この時代のアニメ作品はこういう安心感のある作品が多いのがいい。旧ハンターハンターはその最たる例だろう。

2018/07/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(76%) 普通:5(17%) 悪い:2(7%)] / プロバイダ: 5191 ホスト:4981 ブラウザ: 10168
【良い点】
作画、声優、BGM、雰囲気
どれも素晴らしい

【悪い点】
ウヴォーvs陰獣の作画がちょい微妙
まああまり気にならないが

【総合評価】
ヨークシン編は原作を超えてる
と個人的に思う

2017/04/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:255(66%) 普通:35(9%) 悪い:94(24%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8334
【良い点】
アニメオリジナルの部分と話、ギャグ
ハンター試験でゴンたちが知り合ったキャラが原作以上に好きになれたり出来る内容があって予想以上に面白かった。

幻影旅団編
話だけじゃなく幻影旅団のキャラたち(ヒソカは除く)が好きになれる要素が多くあり過ぎ。クロロとノブナガがウボォーのために悲しんでいたのは仲間意識があったのが良かった。

「おはよう。」

【悪い点】
一応ない。

【総合評価】
終わり方はともかく好きじゃなくなる前だった分、評価は最高!

2017/02/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 11069 ホスト:10903 ブラウザ: 7921
【良い点】
ハンター試験、アニメオリジナル、天空闘技場、ヨークシン、どれも完成度が高い

【悪い点】
OVAのデジタル作画

【総合評価】
幻影旅団篇のクラピカと全体的にキルアがゴン以上に主人公してた気がするけど、最高の作品。

2016/11/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
そっか、HUNTER HUNTERのどこの部分か、わからなかったのですが、本当に最初の試験の時ですね・・・ここで、ゴンが、キルア、クラピカ、レオリオ、ヒソカ・・・あー正体隠して、キルアの兄ちゃんもいましたな・・・に会えました。
ここで、良かったのは、いい仲間、得にキルアに会えた事でしょうかね・・・NOカードを沢山集めた人が、勝ち。この時は、ヒソカとキルアの兄ちゃんが、一番、強敵だったでしょうか。やっぱり、クラピカとキルアは、かっこよかった。この時は、本田美奈子さん、歌われてましたね。エンディングだったかな・・・「聞いたのねー」とかいう始まりだったかな?
貴重な本田さんのアニメの歌です。明日の、ナージャのオープニングも歌ってたか・・・この時は、まだ、カイトとポックルとか、生きてたんだよね・・・泣く
天真爛漫な、ゴン。良かったです。あんまり、キャラの名まえ覚えないのですが、キルアの実家ゾルディック家、長男、イルミ、二男、ミルキ、三男、
キルア、四男、アルカ、五男、カルト・・・しりとり兄弟なので、覚えられました。笑
【悪い点】
特別、無し

【総合評価】
面白かったです。元気いっぱいごん君・・・

2015/12/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13372 ホスト:13244 ブラウザ: 6039
【良い点】

現代のデジタルアニメ画とは違い、
古くささも感じられるセルアニメ映像はむしろ味が出てていて◎いつ見ても懐かしさと面白さに浸れる。
特に声優とBGMはピッタリすぎる(ヒソカの上手さは異常)!次回予告のあの曲を聞けば誰しもがハンターハンターを思い出す様なインパクトのでかいものから、今でも旧アニメBGMはハンター以外にもバラエティ番組などで使用されているくらいバリエーションも広い!

【悪い点】

キャラクターの絵が描く人によって違いがかなり分かってしまう点

【総合評価】

旧ハンターアニメと新ハンターアニメでかなり雰囲気も変わるが
この旧ハンターアニメの良い所は世界観が成り上がっているというところ。
特にシリアスな場面(ハンター試験最終や蜘蛛編等)は超クール。緊迫感アリアリ!
この辺は新アニメの綺麗すぎる絵や構成では生み出せないと思う。
総合的に涙が出るほど感動するというモノではないが、魅力的なキャラクターに魅せられ夢中になること間違いない!と思う。

2015/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(65%) 普通:1(5%) 悪い:6(30%)] / プロバイダ: 6419 ホスト:6465 ブラウザ: 11449
旅団編ほんと最高。
作者さん天才だと思います。

2015/05/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 28155 ホスト:28335 ブラウザ: 8770
この作品はBGM、声優、絵のクオリティ、OP,EDの曲、全てにおいて素晴らしいの一言につきます。声優ではイルミ、ヒソかは特に私のなかのキャラとマッチしてて良かったです。作品の中によく視聴しないと気づかない物が描かれていたりして凝ってる作品でした。また、旅団編は時間を忘れて見入ってしまった記憶があります。一つだけ気になる点でいうと担当によっては作画が雑に思えたりする時もありましたが、それはそれで楽しめました。エンディンで太陽は夜も輝くと共に今までの映像が流れて私自身がゴンと一緒に長い旅をしてきたかのような錯覚に陥り、すごく感動しました。今でも暇な時には見返してしまう大好きな作品です。ハンターハンターファンだけでなく多くの方に視聴してもらいたい作品です。

2015/04/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1917 ホスト:2016 ブラウザ: 9629
そう言えば、ハンターって冒険物の少年マンガだったんだなあ〜と
第一印象はそれが強くて、物語の導入部でしみじみとしておりました
僕は、リアルタイムの連載では、途中からしか読んでいなかったですし
尚更に、それを強く感じましたね…

派手な感じではない、寧ろ、どこか現実味の帯びた世界観で
ゴン達が、知恵を絞りながら一つひとつ困難を乗り越えていく様は
なんとも言えないワクワク感がありました

また、作画等は多少時代を感じるものの、全体の作りが非常に丁寧で
グロ描写が抑えられていたのもあり、原作より安心して視聴できる作品に
仕上がっていたと思います。とても良い作品だったと思います

2014/06/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 23634 ホスト:23684 ブラウザ: 10442
【良い点】
ハンターハンターの漫画の面白さは分かっていました、しかしアニメは見た事がありませんでした、アニメの存在は知っていたものの、アニメでハンターハンターの魅力は描けないだろうと根拠も無く思い込んでおりました、例え試しに見ても、つまらなかったら自分の大切なハンターハンターが穢れてしまうかもしれない、と、あえて今年まで避けていました、しかしある機会を得て実際に見て見たところ、アクションも表情も滑らかにキリッと描く手描きアニメーションとハンターの世界の魅力を百倍にする味わい深い色彩、背景、キャラクターデザイン、20話あたりの映画レベルのいい意味で予想を裏切る傑作オリジナルストーリー、冒険や事件のワクワクやドキドキを盛り上げて私をハンターハンターの世界に導いてくれたBGM、全編を通して希望と友情を歌ってくれたOPとEDとアニメーション、そしていつもゴンキルレオクラの喜怒哀楽を変幻自在に表現してくれた声優さんたち、、原作は読んでいるのだからオチは分かっているはずなのに興奮が止まらない息もつかせぬテンポ展開、このアニメを見てハンターハンターという世界が本当にさらに好きになりました、

【悪い点】
無し

【総合評価】
アニメの事は全然詳しく無い私が言うのもなんですが、アニメ史にひっそりと残っている傑作、でしょう、原作を読んでからアニメの順がオススメです、これほどまでに原作とアニメが素晴らしい相乗効果を生む作品はなかなか無いと思います

2014/01/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:140(74%) 普通:17(9%) 悪い:32(17%)] / プロバイダ: 396 ホスト:308 ブラウザ: 8786
原作は最新まで既読。

当初は存在すら知らず、リアルタイムで視聴した訳ではありませんでした。後に再放送の際に、『幽☆遊☆白書』と同じ原作者だと聞いたので観てみました。そうしたら、我慢できずにアニメが終わる前に原作を集め始めるくらいに影響を受けることに(笑)。
ストーリーなどは原作の方でいずれ評価するつもりなので、アニメとしての部分を書いていきます。

キャラデザは、過度に原作を真似しようとせずにアニメとしての見栄え・表現を考慮したものになっていて好印象。取り分け、陰影を活かした迫力やカッコ良さ、女性キャラの唇の色気は特筆すべき点であると思う。
次に作画・動画面。安定感という点では昨今のアニメに比べると劣りますが、さすが後期のセルアニメ作品だけあって、凄い回は本当に凄いです。手描きの技術が成熟しており、CGに頼れる面が少ないだけに、手描きならではの良さは、この時期のアニメが完成されていると思います。特に最終回のクロロVSゾルディック家はアニメ史でも出色の出来だと思う。
また、HUNTER×HUNTERには欠かせないオーラの表現も、描写・効果音ともに素晴らしかったですね。

楽曲面は、まずOP『おはよう。』が良かった。真っ直ぐで魅力のある歌です。でも、このOPなら朝に放送した方が良かったかもしれない。
ちなみに、歌詞に「目を開けたまま 見る夢」とありますが、幽☆遊☆白書の最後のEDテーマ『デイドリームジェネレーション』の歌詞に「瞳を開けて見る夢だけ…」とあるのですが、意識していたのでしょうか? もしそうであれば、まるでバトンを受け取ったような心憎い演出だと思います。

本作はクラピカをかなり目立たせていますが、原作をよく読み込んだ上でのオリジナルの解釈が素晴らしかったです。ヨークシン編になってからOPもダークな雰囲気を持った『太陽は夜も輝く』に変わりますが、その映像を見ても解るように、敵(かたき)であるクロロを太陽に見立てています。
逆にクラピカは、VSウヴォーギン戦などで月が印象的に使われていました。クラピカがやろうとしていることは復讐戦です。憎しみの連鎖を生み出してしまうその虚しさ、救われなさは原作でも描かれていますが、この演出によって、クラピカの戦いは勧善懲悪で済まない複雑さがあることが強調されています。

音楽は、あの佐橋俊彦。初視聴時には知りませんでしたが、本当に印象的な曲を作っておられますね。良曲ばかりですが、ひとつ選ぶなら、恐らくメインテーマと思われる曲ですね。ジンが変な巨大生物に乗っている時などに流れたやつです。
そして凄いのは、数々の素晴らしい楽曲がありながら、ヨークシン編に突入した際にガラリと別の曲に変え、それがまた良曲揃いだということ。監督の古橋一浩は、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』でも京都編になったら曲を一新したことがありますが、音楽を利用して作品全体の雰囲気をコントロールするのが上手く、またその意識も高い方だと思います。

声優陣についてですが、ネルケプランニング(詳しくはwikiを参照)がキャスティング協力しているので、有名所は少なく、実力不足な方もいます。ですが、新人はどんどん力をつけていったし、無名故に他作品のキャラがチラつくことが少なく、集中しやすいとも言えます。一方で、兼役が多すぎて同作品内で別のキャラがチラつきますが(笑)。
メインは基本的に良かったですね。色々言われるキルアも、生意気さがあって、悪くなかったと感じています。後は、センリツのTARAKO、ノブナガの松山鷹志はハマり役でした。

本作に限らず賛否あるネルケキャスティングですが、私は必要だと思っています。他とは一線を画す舞台役者を中心としたキャスティングは、新たな人材を発掘する機会にもなります。特に最近は、人気商売としての声優の比重がより高まり、事務所の「売り込み」という側面が強くなってきているので、一昔前よりも舞台出身者が激減し、キャストが一部の人に固まりやすくなった気がします。その点でやはりネルケの存在はバランスを整える意味でも貴重かと。
まあ、ネルケも有名声優を使う時は使うし、最近はその傾向が強まって無難な感じに落ち着いてしまった印象ですが。それに人材発掘とは言ったものの、有名になっても、結局ネルケ以外ではほぼ使われない業界内の力関係というか軋轢があるのが残念です(ネルケは非ネルケの声優を使っても、他がネルケの声優を使うことはない)。

【総合評価】
「とても良い」とします。グリードアイランド編は、OP・EDに良曲があるものの、既に多くの方に指摘されている欠点も多いので、もし評価するなら良くて「悪い」になりますが、この総合評価には反映させません。殆ど総入れ替えと言っていいくらいにスタッフが変わっているからです。

2013/12/15 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 42363 ホスト:42410 ブラウザ: 7858
『良い点』 おもしろいじゃん 2012年のやつにがっかりしたなぁww

【総合評価】

2013/02/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 33229 ホスト:33300 ブラウザ: 5379
【良い点】
はじめてみましたが、戦うシーン、念など面白く楽しめました。
画質の古さも補ってましたね。

【悪い点】
特にない。

【総合評価】
最高で。

2012/12/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:1(25%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 15678 ホスト:15549 ブラウザ: 7401
【良い点】
・オリジナルの話がいい味出してた(でも軍艦島のは好きだけどつながらない気する)
・声優が新人ばかりだったにも関わらず上手かった
・作画がよく変わって好き(個人的に)
・1話1話がわかりやすい

【悪い点】
・OVAの作画がひどい。後半動かない
・GI付近から高橋さんの声が高くなった
・クラピカ主人公
・声優の声変わるのはよくない

【総合評価】
いいと思う。GI編を除いては

もっと読む

「【良い点】まずBGMがすごく良いです 世界観に見事に適応していて文句なしですね声優の皆さんも素晴らしい演...」 by takechan1229


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/08/19 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 38306 ホスト:38230 ブラウザ: 10246 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/楽しい/面白い/格好良い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 放送延期になった[されど罪人は竜と踊る]から始まる話。 by juelan
... 許せない展開を提示しやがって、その後をダラダラ長引かせるシーンをブラッククローバーの1話2話で再現した(主人公が敵に罵声を浴びせ続けられる&敵の鎖攻撃で腹部を貫かれる様に見える演出のシーン)みたいに、思い出させる事で精神的な前進を止めよう止めようって気持ちが良く表れてます(それをアンカリングという)。福島の震災後に放送したハンターハンターのアニメの ...
記事日時:2017/11/11
2. 期待 by ハルバード
ハンター×ハンターの再開が待ち遠しいです。コンビニ発売の幽遊白書を読みながら・・・
記事日時:2009/04/17
3. by 紅葉青水
... ボーダーメディア対策室長 根付栄蔵 『週Jでハンターハンターが再開したそうですよ。』 ボーダー本部長 忍田真史 『本当か?!』 本部長補佐 沢村響子 『はい。クロロとヒソカが天空闘技場で決闘しています。』 本部司令 城戸正宗 『ムゥ…』 根付栄蔵 『いやぁ〜楽しみですね〜。どちらが勝つんでしょうか。』 ボーダー営業 ...
記事日時:2016/04/26 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:HUNTER × HUNTER 龍脈の祭壇 / 漫画:HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
2011年版は別ページ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ