[アニメ]HUMANE SOCIETY 〜人類愛に満ちた社会〜


ひゅーめいんそさいえてぃ じんるいあいにみちたしゃかい / HUMANE SOCIETY Jinruiai ni michita shakai
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数4,791位6,333作品中総合点0 / 偏差値47.45
1992年アニメ総合点102位123作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.00(良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
映像0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

199X年、悪魔の力によって異常気象や昆虫の大量発生などの大災害が世界各地で頻発し、人類は滅亡の危機に立たされようとしていた。しかし、不思議な力を持った一人の女性・ローザが現れ、彼女が発現した数々の奇跡によってこれらの大災害は悉く退けられ、やがてローザは人類の救世主として世界中の人々から崇められるようになる。これを快く思わない悪魔のリーダー・デーモンは人類抹殺のために『バベルの塔』の発動に着手せんとするが、その一方でローザから命を狙われる事となる。一方、人類を率いる旗手となったローザは人類救済のために『カインの塔』の建造を開始する。人類の存亡を賭けた神と悪魔の全面対決が、今始まった…。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
原案・監修:デーモン小暮閣下
監督:神谷純
構成・脚本:関島眞頼
スーパーバイザー・キャラクター原案:石渡治

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 発売日:1992/07/01(水) メディア販売
1,28311
最近の閲覧数
14900001101
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/11 / 最終変更者:永田 / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/08/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3416(33%) 普通:3576(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8323
題材とはかけ離れた様なタイトルのこのOVA、DVD化された日は奇しくも私がここで初めて書き込んだ日(評価変更に伴って消しましたが)で、まあそれはどーでも良い事ですが・・・・・・・・

話は単純ですね。あの聖飢魔Ⅱを題材として、彼ら悪魔と、フレイアの人類や地球の未来を賭けた対立を描いていたのですが、ルーク参謀が自分を抹殺しようとしたのを阻止しただけでなく、彼を操ってデーモン閣下とエースを襲わせようとしたのだから、そのフレイアだったローザの使命感は並々ならぬものはありましたね。でも、終盤その閣下と直接対決した際、人類抹殺計画を止める様説得したのもやや陳腐で、まあ聖飢魔Ⅱ、特に閣下と比べれば(エースとかその他構成員もまあそれぞれの能力をそれなり以上には発揮していたと思うけど)誰もがそう見えてしまうのかもしれないけど、キャラが弱かったのも否めなかったですかね。

構成員たちは、当然実際のメンバーが声優を担当していて、まあしょうがなかったのですが、閣下以外はやや棒読み気味でしたかね。ライデンからショック療法を受けて魔力を回復した直後のゼノンの、「てめえ達は人間じゃねえ〜ぶっ殺してやるぅ〜」とかいくらショック療法を受けた直後だったとは言え、あまり怖いとかは感じなかったですが・・・・・・・・・・

聖飢魔Ⅱって最近何やってるの?と思いきや、一度活動停止した後も何度も期間限定で再活動している様ですが、まあこういうOVAもあったんだなあ〜な程度の作品でしたかね。評価は「普通」で。

この評価板に投稿する



2019/08/25 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ