[アニメ]Go!プリンセスプリキュア: 2019/04/07 りゅーいち


ごーぷりんせすぷりきゅあ / Go! Princess Precure
  • 感動
  • 友情
  • 可愛い
  • 面白い
  • 楽しい
  • 勇気貰った
  • 美しい
  • 考えさせられた
  • 格好良い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数131位6,250作品中総合点165 / 偏差値74.33
アニメ平均点94位2,824作品中平均点2.04=とても良い/81評価
2015年アニメ総合点1位260作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2019/04/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 16161 ホスト:16035 ブラウザ: 9429
まず最初に言っておくと、この作品は傑作です。特に私の見てきた中では最高傑作でした。(絶対数が少ないので、まだ見ていない作品が最高傑作になる可能性は充分にありますが。)

【良い点】
良い点が多過ぎるので特に良かったと思った所を。

・各声優陣の熱演
プリキュアもディスダークも凄かったのですが特にクローズ役の真殿光昭さんは突出して凄かったです。ベテランという事もありますが"クローズ“というキャラの運命を変え、この"Go!プリンセスプリキュア"という作品の運命を変えるまでに至ったその演技力と情熱には感服せざるを得ません。

・圧倒的な作画力
個人的にこの作品で1番凄い所だと思います。全50話もあるのですから全体的にクオリティが下がってもおかしくはないのですが、全体的にクオリティが高かった上に数話に一度はとてつもない作画を披露して下さいました。
個人的に特筆するべきと感じたのは30話です。ロックとの決戦な訳ですが、劇場版アニメと彩色ないと言っても良い作画で30話は終始目を見開いて視聴しておりました。

・良く動くアクション
これは先程の作画力と被る所がありますが、ただの丁寧で綺麗な作画だけではこの作品は傑作にはなっていないと思います。言葉で説明するのは難しいのですが"奥行き"があり、その"奥行き"が立体的な動きを実現させていてただの2次元的なアニメーションになっていないのは本当に凄いと思います。

・"夢"と"絶望"というテーマを問い続け、脇役の1人まで扱い切ったストーリー
ともすれば呆気ない結論に陥り易い"夢"をメインテーマに扱った訳ですが、実に素晴らしい結論になっています。"絶望"を消し去る訳でもなく、永遠に向き合い続けるという話の付け所は今見てみるとこれしか有り得ない展開ですね。1話からディスダーク(クローズ)と戦い続けたフローラの結論には膝を打つしかありませんでした。
また、はるか達プリンセスプリキュア4人の夢だけではなく、藍原ゆうき、如月れいこ、一条らんこ...などのノーブル学園勢、そしてプリンセスプリキュアに欠かせない存在にまでなった七瀬ゆいの"夢"にまでしっかりとしたバックボーンがあり、それが終盤に活きてくるのですから構成が凄いと言わざるを得ません。そのお陰もあり、全50話もある上で中弛みしませんでした。
プリンセスプリキュアの4人もそうですが、脇役までもが、その都度成長が描かれていたからこその"Go!プリンセスプリキュア"だと思っています。全寮制の学園という設定は大正解でした。その上で離れている家族の描写も忘れていない、文句なしのストーリー展開です。

【悪い点】
ケチを付けるレベルで探さないといけない程、些細な問題点が殆どではありますが。

・CG(主に前半部)
圧倒的な作画に押され、前半は特にCGが浮ついて見えます。ですが後半になるとCGのレベルも上がり違和感が薄れています。ドレスアッププレミアム、ドレスアップロイヤルなどは手描きでやってしまうと作画崩壊すら有り得る精巧さを誇っています。

・全体的にストーリーが生真面目
これは女児向けアニメですからもっとギャグのような展開も欲しいという方もいらっしゃると思います。ですがこの"Go!プリンセスプリキュア"は良い点の部分に書いたように終盤への布石を要所要所で詰め込む為にそういったギャグ話は少なめになっています。しかもそういったギャグ話の中にも次への1歩があったりするので油断ならない所もギャグ話を求める方には厳しいものがあると思います。

【総合評価】
冒頭にも述べた通り私が見てきた中では間違いなく最高傑作です。プリキュアシリーズは全て見ている訳ではないので一概に比べられませんが。
全50話もある上でのこの最高の出来なのですから、より味わい深い感動があるのは当然です。この"Go!プリンセスプリキュア"に関わられた全ての人に感謝申し上げたい所存です。本当にありがとうございました。


論客名: パスワード:




この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ