[アニメ]ゲゲゲの鬼太郎 (2007年版)


げげげのきたろう2007 / Gegege no Kitaro 2007
  • 考えさせられた
  • 楽しい
RSS
この作品は「ゲゲゲの鬼太郎」のシリーズに所属します。
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:ゲゲゲの鬼太郎 -復活!天魔大王- / 特撮/人形劇:ゲゲゲの鬼太郎 (月曜ドラマランド版) / 日本映画:ゲゲゲの鬼太郎 (実写版)
関連作品
アニメ総合点=平均点x評価数909位6,332作品中総合点31 / 偏差値52.53
アニメ平均点1,178位2,835作品中平均点0.94=良い/33評価
2007年アニメ総合点37位204作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)8
キャラ・設定1.25(良い)8
映像1.25(良い)8
音楽0.75(良い)8
ストーリー0.75(良い)8
考えさせられた50%4人/8人中
楽しい50%4人/8人中
可愛い38%3人/8人中
悲しい38%3人/8人中
怖い38%3人/8人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

やぁ、人間のみなさん。ゲゲゲの鬼太郎です。
みなさんの回りで不思議で奇妙なことが起きたら、それは妖怪の仕業に違いありません。
たいていの場合妖怪がやるのは人を脅かしたり、人にいたずらしたりする程度です。
でも気をつけてください。妖怪は僕たちのように人間に理解がある奴らとは限りませんから。人を狙い、襲う妖怪たちも多いんです。
放映局:フジテレビ系列。

原作:水木しげる(掲載:週刊少年マガジン 出版:講談社)
監督:貝澤幸男 脚本:長谷川圭一 三条 陸
日本 開始日:2007/04/01(日)
公式サイト
1. ゲゲゲの鬼太郎 : 東映アニメーション TOEI ANIMATION
オープニング動画 (1個)
ゲゲゲの鬼太郎ゲゲゲの鬼太郎
歌:泉谷しげる 詞:水木しげる 作曲:いずみたく 編曲:堀井勝美 [ファン登録]
[もっと見る]
49,2613933
最近の閲覧数
8124268492
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/02/28 / 最終変更者:kunku / その他更新者: 宇宙刑事ジャンギャバン / ダイゼンガ- / TCC / DONP / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/07 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:278(59%) 普通:101(21%) 悪い:94(20%)] / プロバイダ: 9690 ホスト:9712 ブラウザ: 11281
本作は水木元巨匠の生前関わった最後の鬼太郎と同時に、色んな意味で大人の事情に振り回された不運な作品と言えます。
放送枠が既に地方局では殆ど夕方アニメ枠が姿を消した為、主に土日早朝の放送を余儀なくされ、地域によっては放送されていた事も知らなかった方々も多かったと思います。
そして、言うまでもなく長編構想でスタートした四十七士編の挫折が大きな痛手で、リーマンショック以後の東映、及びフジテレビの経営悪化のダブルパンチで強引に終わらざるを得なくなり、シリーズ構成の三条陸氏はその事を今でも無念に思っています。

2018/04/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(33%) 普通:0(0%) 悪い:4(67%)] / プロバイダ: 6439 ホスト:6640 ブラウザ: 9175
【良い点】

小さい子でも楽しく気軽に見られるためか第四期よりはお葬式や通夜のような、しんみりとした感じはあまりないのがよかった。
【悪い点】
OPでも描かれている何体かの妖怪が出てこなかった。
出てきて来なかった妖怪がいるブルブル、ヤマタノオロチ、ダイダラボッチなど

【総合評価】
まあまあ

2017/10/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4027 ホスト:4052 ブラウザ: 7460
【良い点】

鬼太郎としての不気味な持ち味がしっかりとある一方で、多彩なキャラたちの掛け合いや物語上での活躍がコミカルで面白い。各々の個性
も確立している。基本1話完結となっているがアニメ全体を通しての壮大なストーリーが存在し、脚本も良く出来ていると感じた。


【悪い点】

アニメ自体への不満ではないが打ち切りという形での終了の為半ば強制的に物語を収束しており、未回収の伏線や未解決の事柄も多々残っ1 た状態である。

【総合評価】

打ち切り終了であったとしても素晴らしいストーリー性・メッセージ性・キャラクター・面白さ・不気味さ、そこに作画が個人的に好きだと言うのも加わり評価は最高。

2016/11/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:267(67%) 普通:37(9%) 悪い:97(24%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6261 ブラウザ: 7906
【良い点】
高山みなみさんの鬼太郎の役
高山みなみさんの役が子供らしいとこと大人の性格を出していて、バランスが取れていた。

全部のシリーズは知らないけど、妖怪大裁判でねずみ男が鬼太郎を陥れようとした妖怪に手を貸すんじゃなく、最初から鬼太郎を助けるために行動していたのには驚いたと同時に面白さを感じた。

ぬらりひょんの設定
前作とは違い、このシリーズのぬらりひょんは日本妖怪総大将に相応しい内容だった。それに大掛かりな計画を考えていて、よく出来ていた。

西洋妖怪のヤングジェネレーション
好感度を持てる敵キャラとして、ドラキュラ三世、ザンビア、狼男ワイルドの設定は面白かった。特にオカマキャラは出しても可笑しくない設定だけど、狼男にその設定を入れたのには笑った。

蒼坊主、アマビエ、古今、バケローのような新しい妖怪を出したこと。蒼坊主の声優さんに古川 登志夫さんが演じたのは嬉しかった。

「地獄の鍵」と妖怪四十七士
このシリーズにしかない必殺技とどの妖怪が入るのかが面白味があった。ただし・・・

【悪い点】
「地獄の鍵」と妖怪四十七士を全部出してない
映画で妖怪四十七士は出していたけど、直接的に関わらせていない。それから地獄の鍵、と言うよりは地獄究極奥義。八大地獄をモチーフにしてる必殺技があっても不思議はない。中途半端なとこで急遽終了したからだろうけど、それでも二年も放送出来ただけでも上出来だと思う。

【総合評価】
他の「ゲゲゲの鬼太郎」でも言えることだけど、原作が出来ているから「ゲゲゲの鬼太郎」というアニメは時代に合わせて、何度でもアニメが出来る。「ゲゲゲの鬼太郎」としては申し分はない、評価は最高!

2014/02/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 26725 ホスト:26686 ブラウザ: 8937
【良い点】
キャラクター。とても魅力的で親近感が湧く。特に黒鴉とアカマタは良かった。
正直、鬼太郎・猫娘・ねずみ男の黄金トリオよりは黒鴉・猫娘・ねずみ男の組み合わせの方が見ていて楽しかった。
真面目でお固く誠実な黒鴉、努力家で女の子らしく可愛い猫娘、欲深い小悪党でありながらもいざという時は友情をとるねずみ男、と言った感じで良い具合にバランスがとれた3人組だった。
アカマタの、常識と冷静さを持ちながらも熱いライバルキャラは好感が持てる。南方妖怪が暴走する度に応援したくなるキャラクターだった。
現代に合わせて変化した妖怪達の生活や、妖怪達が群れて暮らす横町の存在も◎。

【悪い点】
脚本と尻切れ蜻蛉な最終回。
途中から設定が付け加えられていったのがあからさまな上、最後まで話をつくれなかった。
設定自体は良いのにもったいない。
あと普段の猫娘が人間と変わらなさすぎるのがちょっと残念。

【総合評価】
悪くはない。
脚本がもう少ししっかりと練り込まれていれば名作になれたと思う。

2012/12/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:963(58%) 普通:372(22%) 悪い:320(19%)] / プロバイダ: 23122 ホスト:23164 ブラウザ: 5345
【良い点】
・今までのシリーズになかった設定(妖怪横丁)などを多数登場させ他のシリーズと独立させたこと
・蒼坊主

【悪い点】
・せっかく今までのシリーズにはなかった四十七士という設定を登場させ徐々に集めて行ってたのに映画で一気に消化してしまった・・・。
・萌えに走りすぎ
・怖い回がほとんどない(せいぜい狂骨の回くらい
・ついでに言うなら歌も微妙。ただスターフルーツだけは名曲!

【総合評価】
これが一番世代の鬼太郎で、小学生の頃から毎回欠かさずリアルタイムで見てましたが微妙でした。
評価は普通で。

2012/10/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 45765 ホスト:45886 ブラウザ: 5141
相変わらずバラエティに富んだ妖怪の多さが売りのこのシリーズ。
まあ、大半の人は猫娘の萌化に抵抗を感じてるようですが、自分は
どうってことはなかった。
かなり楽しく見れました。

2011/10/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:47(98%) 普通:0(0%) 悪い:1(2%)] / プロバイダ: 5225 ホスト:5085 ブラウザ: 6425
【良い点】
良い点と言えるかどうかは解らないが垢抜けして万人向けになったキャラクター達。

【悪い点】
後で解ったのですが物語が未消化〔打ち切り〕だったのですね。

【総合評価】
「ゲゲゲの鬼太郎」は一作目と二作目が丁度幼稚園及び小学生の頃に放映されていたので見てました。その後の三作目と四作目は成人だったのであまり見ていなかったのですがこの五作目は懐かしさの余り子供達と一緒に見ました。第一印象は垢抜けた感じでしたね。鬼太郎がイケメンとなり他の妖怪達もひょうきんな物となってましたが特にねこ娘は「萌えキャラクター風」で可愛くなっていたのには驚きでした。とは言え内容の方は日本妖怪vs西洋妖怪編、鬼太郎vsぬらりひょん編、日本全国四十七妖怪編等充実していて見応えがありましたね。なのにも関わらず中途半端に終わってしまったのは残念でなりません。
「ゲゲゲの鬼太郎」は今回で五度目のアニメ化となりましたがこれは歴代のアニメ作品の中では最多ですね。〔「墓場鬼太郎」を含めると6度目だが〕ちなみに「鉄人28号」は四回、「鉄腕アトム」「オバケのQ太郎」「サイボーグ009」等は三回と他の作品と比べてその人気の度合いが伺い知れます。面白い事に鬼太郎の場合60年代、70年代、80年代、90年代、00年代と各年代ごとにアニメ化されてその時代時代の背景が垣間見れます。例えば二作目の場合、公害をテーマにした作品があったり、五作目だと「萌え」をテーマにした作品があったりと興味深い物がありますね。 また「ドロロンえんま君」「妖怪人間ベム」「ベムベムハンターこてんぐテン丸」「地獄先生ぬーべー」「GS美神」「犬夜叉」「ぬらりひょんの孫」「おとめ妖怪ざくろ」など多彩な妖怪アニメがありますが「鬼太郎」はその始祖と言っても過言ではないのでしょうか。 作者の水木しげる氏の故郷である鳥取県境港市では「水木しげるロード」「妖怪の居る街」を誕生させ、JR境港線では「ねこ娘」を始め色々な「妖怪キャラ」のラッピング列車を走らせて地域活性化に一役買っており有名観光地の一つとなったのは言うまでもありません。そう言った意味に置いて「ゲゲゲの鬼太郎」は日本を代表するアニメ作品だと思うのですが。 少し脱線しましたがこの「垢抜けた」鬼太郎が終了したのち絶妙のタイミングで「墓場鬼太郎」が放映され「スイーツを食した後にスバイスの効いた料理を出された」感じがしました。次の「鬼太郎」はどう言う形になるのか楽しみです。

2011/03/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(67%) 普通:2(8%) 悪い:6(25%)] / プロバイダ: 22013 ホスト:22176 ブラウザ: 15735
【良い点】
妖怪が怖いばかりでなく、可愛らしさを持っているため、小さい子もあまり怖がらずに受け入れられると思います。
横町という形で準レギュラーメンバーを増やした事で、賑やかさも出てました。
猫娘のような可愛い女の子や、蒼坊主などの少年漫画みたいなカッコイイキャラクターを作った事も、いい意味で斬新でした。
一反木綿や子泣き爺など、古参メンバーもしっかり活躍している所も評価すべきでしょう。
【悪い点】
やはり日本妖怪が西洋や中国と敵対する関係上、ほとんどの日本妖怪は鬼太郎側の勢力にあります。(死神や火車など)
これに四十七士という枠組みが付与された事で拍車がかかり、終盤は消化試合の傾向が強かったです。さすがに日本全国は旅できなかったんですね。
そして打ち切りという形で、西洋とも中国とも決着がないまま、「ドラゴンボール改」に乗っ取られてしまいました。
一言でいえば「完結出来ず」に尽きるでしょう。
また、蒼坊主や黒鴉、五官王など強い仲間が多いために肝心の鬼太郎がイマイチ活躍出来ずに終わる回がありましたね。
ついでに言うと、鬼太郎の中の人繋がりでの目玉おやじ探偵コスは余計に思います。

【総合評価】

とはいえ、今までにない鬼太郎を見せてくれた事は嬉しい限りです。
特に鬼太郎は5回目のシリーズですから、何らかの形で新しさを取り入れなければマンネリ一直線だったはずです。
その結果、もし21世紀に鬼太郎がいたらという空想が結実し、鬼太郎達をより身近に感じる事が出来ました。
彼らを待ち受ける最期の宿敵と、それに立ち向かう鬼太郎の勇姿を見たかったですね。

「良い」と評価させていただきます。

2010/12/19 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(67%) 普通:0(0%) 悪い:1(33%)] / プロバイダ: 4495 ホスト:4579 ブラウザ: 7467
【良い点】
声優が豪華。
バトルシーンに迫力がある。

【悪い点】
後半がちょっとグダグダすぎる。
唐突に入ってきた四十七士という設定もそれを助長させる結果となってしまった。

【総合評価】
「普通」に近い「悪い」。

2010/12/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14729 ホスト:14592 ブラウザ: 11752
とても良い作品でした!特に2年目が良かったです!妖怪四十七士と外国妖怪の設定が実に良かったです!
まだ未登場の味方側と敵側の妖怪も見たいです!
是非再開して欲しいです!
日本妖怪軍と世界の悪党妖怪軍の戦いと決着が是非みたいです!

2010/05/08 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 13686 ホスト:14043 ブラウザ: 6794
1話だけ見た印象で言わせて頂くと(雪女の話)
少年ジャンプのバトル漫画のノリでいこうとして、それが鬼太郎の世界観と折り合わず
齟齬をきたした結果の打ち切りだったんじゃないかと思う。
四十七士だっけ、その設定にどれだけ筋が通ってるのか判らないけど
個人的に是を1年間近くやるのはストーリーを間延びさせるだけだと思う。
水戸黄門じゃないんだから。ラストシーン、「また来るわね」みたいな遊びにでも来る
かの様な雪女の台詞にも違和感を感じた。妖怪の精鋭の四十七士じゃ無かったのか?
普通のエピソードとの差異がそれ程感じられなかった。
それに、猫娘普通の女の子化し過ぎてるね。もう少し妖怪らしいエッセンスを残して
欲しかった。雪女とのツーショットが百合っぽ過ぎて、鬼太郎まで特定のファン層に
媚びる様になったかと思うと打ち切られて良かったんじゃないかな。
どうせ47人の妖怪総登場の最終決戦なんて、収拾の付かない事になるし。

2010/01/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:40(83%) 普通:4(8%) 悪い:4(8%)] / プロバイダ: 20315 ホスト:20349 ブラウザ: 5533
この作品は鬼太郎シリーズの中でも落ち度がでかいと思います。何より打ち切られることが最大の落ち度です。ただ打ち切られるのならまだしも、四十七士の事やぬらりひょん達や西洋妖怪、中国妖怪などの対決と不完全のまま終わらせてる事です。個人的にはチーの本当の姿や、前作から続く常連の妖怪達(おりたたみ入道、雲外鏡など)の未登場とか。
何より猫娘がちょっと萌えキャラっていうのがビミョーでした。
でも個性的なキャラが数多く出演したり、今までにない展開で楽しませてもらい悪くはなかったと思います。何より声優陣が凄かったですし。

2009/12/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:92(59%) 普通:19(12%) 悪い:44(28%)] / プロバイダ: 56313 ホスト:56376 ブラウザ: 15418
鬼太郎シリーズはどの作品も好きでした。
【良い点】
声優陣は中々ぴったりでしたね。新しい声優陣は勿論、オールドファン納得の布陣にされていたのが嬉しかったですね。
次に他のサブキャラもサブレギュラーとしてポジションを置いたことはいい試みだと思いました。今作は妖怪横丁という妖怪たちの街を舞台にしていたこともありレギュラー陣以外の新しい顔ぶれが見られたことも新鮮でした。
次に敵側もぬらりひょん側オンリーではなく、西洋妖怪や中国妖怪、さらにそれらの枠にも当てはまらないイレギュラーな妖怪もちらほら見られシリーズでは1番広い世界観をもった、ある意味お祭りな作品かもしれません。声優陣も殆ど凄い人ばかり揃えた感がありましたね。鬼太郎がパワーアップしたり、妖怪四十七士とかホラーアニメとしてはあれかもしれませんが、今までにはない新しい切り口に挑んだことは評価したいと思います。
【悪い点】
やはり最終回でしょう……あの終わり方は残念すぎます。四十七士という前代未聞の要素を持ち込んだこともあり、どうなるのだろうと期待し続けていましたが、半分そろった所で終わりというのは「……あれ?」みたいな感想でした。
正直殆どの鬼太郎が「これが最終回?」みたいな終わり方ですが、第5期は様々な伏線やバックボーンを設けてしまったゆえに従来のノリの最終回では「打ち切りかよ!!」みたいな終わり方になってしまいます。
さらにいえば、後番組がドラゴンボール改だった事に色々とやりきれない感が……
後、そこまで気になりませんでしたが萌え要素はやはり多かったような。それと物凄くどうでもいいことですがOPが短縮されてしまい従来の「墓場で運動会」の映像がなかったことが寂しかったりします。

【総合評価】
自分としては本格的に視聴した初の鬼太郎(3期までは生まれていなく、第4期は自分の地域では放送時間がバラバラでした)ですが、最終回が本当に惜しすぎます……最終回が大団円で終わったら自分の中では最高の鬼太郎になったと思います。
とりあえずとても良いよりの良いで。

2009/09/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:128(51%) 普通:40(16%) 悪い:85(34%)] / プロバイダ: 41572 ホスト:41699 ブラウザ: 14203
今回の鬼太郎はなかなか出来が良いと思いました。
視聴はまだ数話しかしてませんが、1話完結なので最後も最初もないかと・・・・。

―良い所―
前振り・・・・・・
その回のテーマが分かりやすく表されている。まぁ、みなさんも同じこと思っているようですが、ホントなんか世にも奇妙な物語のタモリの前振りみたいな感じです。
ちょっとパクリな感じもしますが、これのおかげで、子供が見るアニメとしてテーマが分かりやすくなっているので良いと思います。

猫娘の萌えキャラへの変更・・・・・・・
まぁ、なんか猫娘と鬼太郎のラブラブな感じが出てき始めるなど本当にヒロイン的存在になっています。私個人としては、半端なヒロインな感じが抜け出せたのは良かったと思っています。

妖怪横町・・・・・
仲間の妖怪が住んでいて、遊んだりしてるってだけですが、前作よりも様々な妖怪が出てくるようになれたのはこれのおかげではないでしょうか。

―悪い所―
ギャグ・・・・・
ところどころでギャグを入れていますが、全く面白くない。子供向けな作品ですから、それほど高度な笑いを求めはしませんが・・・・。もう少し面白いといいなぁと。

作画・・・・・
これは悪い。色合いなどはより綺麗ですが、絵はバランスがとれていないところが多い。

―総評―
今までと一味違う感じは好きですが、ちょっと今までの比べると「妖怪」な感じが物足りない。というか、人間と妖怪こんな仲良く協力してるアニメだっけ??
評価は良いとします。

もっと読む

「話は1話完結で見やすくてよかった。新ネコ娘はちょっと受け付けなかったが、ネズミ小僧やコナン鬼太郎はわ...」 by ALEX


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/09/07 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 25404 ホスト:25525 ブラウザ: 10264 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/格好良い/可愛い/悲しい/びっくり/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. ひさしぶりにカラオケいってきたー @2018年 by ショウ♪♪
... 久しぶりにカラオケ行ってきました! 歌った曲 アニメ キョロちゃん「通学路」 太陽牙ダグラム「さらばやさしき日々よ」 装甲騎兵ボトムズ「いつもあなたが」 RUN=DIM 「Legend」 パトレイバー「未来派lovers」 新・天地無用「夢はどこへいった」 ゲゲゲ鬼太郎5期「スターフルーツ」 ドラゴンボールGT「DANDAN心魅かれてく」 ゲートキーパーズ「明日 ...
記事日時:2018/10/11 [表示省略記事有(読む)]
2. 6期鬼太郎母親も見てみたいなぁ ※ネタバレ注意 by ウクレレ
... 』過去シリーズ、ツタヤで貸出中になってるが結構あるんです。 やはり6期が放送中だから、以前が見てみたいって人がかなりいるんでしょうねぇ。自分もそうだけど。 さて、7/16期鬼太郎ですが、何といっても目玉親父姿が出てきたことが(夢世界こととはいえ)驚きでしたね。 ...
記事日時:2018/07/01 [表示省略記事有(読む)]
3. ン十周年で思い出深〜い作品類。 by 634
... 、また考えたでした。 今年ン十周年でざっと思いつくもんで 60周年 1大怪獣バラン 50周年 2怪獣総進撃 3ガメラ対宇宙怪獣バイラス 4ウルトラセブン 捕捉追記 ウクレレさん 5ゲゲゲ鬼太郎 6巨人星 7怪物くん 8サイボーグ009 消しゴムさん 9タイガーマスク 40周年 10スパイダーマン 11さらば宇宙戦艦ヤマト 12宇宙戦艦ヤマト2 13宇宙 ...
記事日時:2018/05/25
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:ゲゲゲの鬼太郎 -復活!天魔大王- / 特撮/人形劇:ゲゲゲの鬼太郎 (月曜ドラマランド版) / 日本映画:ゲゲゲの鬼太郎 (実写版)
関連作品
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ