[アニメ]ファニーペッツ


Funny Pets
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数4,718位6,414作品中総合点0 / 偏差値47.45
2006年アニメ総合点159位230作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー0.00(普通)1
キャラ・設定-1.00(悪い)1
怖い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

『POPEE the ぱフォーマー』『ガラクタ通りのステイン』の増田龍治監督がおくる3DCGアニメーション第3弾が『Funny Pets(ファニーペッツ)』。
ファンシーかつキュートなキャラクターたちが織り成すシュールなドタバタコメディ…!
満月から現れたUFOの大編隊。そのうちの一機が地球に落下してしまう。
落下したUFOに乗っていた宇宙人「クレセント」と「コロナ」の2人は、1人の女の子「ファニー」に拾われる。わがままで気分屋なファニーのもとで、2人はペットになって共同生活をおくることとなった…
監督・原作・脚本:増田龍治
プロデューサー:古賀俊輔
音楽:めいなCo.
キャラクターデザイン・美術設定:増田若子
日本 開始日:2006/01/11(水) 01:30-01:45 KBS京都 TV / 終了日:2006/03/29
公式サイト
1. デジタル3ch テレビ神奈川
12,16243
最近の閲覧数
4112230022
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/05 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: 羽幌炭鉱 / 提案者:herba (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/07/09 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:962(58%) 普通:372(22%) 悪い:320(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
「ポピーザぱフォーマー」、「ガラクタ通りのステイン」に次ぐ増田監督の作品。
今回も台詞なしのショートアニメ。

いままで通り結構ぶっ飛んだ展開はやっているはずなんだけどなんかいままでの作品より面白くなかったですね。
理由はあまりにもクレセントが不憫orファニーの性格かな。

ポピーは酷いことをたくさんしていても不快感がなかったのはポピー自体も酷い目に合うことが多いからです
でも今作のファニーの場合はクレセントだけ不当な扱い(話の展開上だけでなくコロナとのベットの面積にまでそれが現れてる)
をすることが多く、それでいてファニーに被害が帰ってくることは少なく他キャラよりも小規模だったので・・・。

ただ21話くらいファニーの性格が狂気にガン振りされている回はゾクッとして楽しめました。

評価は普通に近い「悪い」でっ。

2011/06/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 13790 ホスト:13862 ブラウザ: 6425
【良い点】
かなり、シュールな内容。
ぶっ飛んでいるキャラクター達、唯一まともそうなヒロインが実は「クレセント」や「コロナ」よりも飛んでいるところがまた・・・・・。

【悪い点】
クレセントやコロナはたまに「もう死んでいますよね?」と言う状況に陥っていることがたまたまある(ヒロインが写真のアイドルに夢中になり二人に飯を食べさせず飢え死にさせてしまうと言う話もあった!)が次には何事もなく生きている。ここ突っ込んだらギャグは成り立たないんでしょうが・・・・。
あんまりキャラはしゃべらない(ほとんどサイレントアニメ)
【総合評価】
ウゴウゴルーガ並にシュールなCGアニメでしたね他に何を言えばいいのか・・・・。

2007/10/14 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
tvkで放映されたのを 1,2回見たことがあります。

【良い点】
絵は綺麗だと思います。

【イマイチな点】
宇宙人の 1人 ( クレセント ? ) がいきなり銃を発砲したのにビックリしました。
通常の感覚でいえば犯罪ですよね…… ?
しかし、それはスルーされるというのが基本ストーリーのようで、
ちょっとついていけないような気がします。

【総合評価】
何だかんだいって、絵には吸い込まれてしまうものがありますね。
毎回楽しみにするほでではありませんが。
全話を見れば評価は変わるかもしれませんが、
現時点では、 「 良い 」 に近い 「 普通 」 といったところでしょうか。

2006/05/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:320(84%) 普通:31(8%) 悪い:29(8%)] / プロバイダ: 46436 ホスト:46333 ブラウザ: 7294
メルヘンなヘンな世界を楽しむブラックでお気楽なフル 3D CG アニメーション。
シアン/マゼンタ/イエローを強調した色彩感覚がいいです。 3DCG のグラフィックスが映えてます。作りモノに命が吹き込まれて動き出す奇妙な感覚。

同監督による「POPEE the ぱフォーマー」と「ガラクタ通りのステイン」を足して2で割ったようなテイストだけど、内容的にはやや前者に近く、ビジュアルは後者寄り。ちょっとホンワカしてますが、どのキャラもやってることは結構アレです(笑)。
母親をイメージした人間ファニー、太陽をイメージしたコロナ、月をイメージした宇宙人クレセント。セリフは無く、発するのは奇妙な声だけ。ちょっとマゾっ気が入ったクレセントの声が面白い。このクレセントが自滅系を愛する監督の思いが込められたキャラで、
「月」=「狂気」=「孤独」=「優しさ」というイメージ展開だそうな。
クレセントのせっかくの想いも、突き抜けて鈍感なファニーには見事にスルー。いや、彼自身の趣味が悪いせいなんですけど。可愛がられるのは無邪気なコロナばかり…というか、無邪気過ぎ。アイデアを出してストーリーを引っ張り、そして、自滅していく(笑)。毎回死亡したりするノリなので鬱になるわけではありません。その辺は POPEE と同様。そんなクレセントのステイン的繊細さが、ぶっ飛んだキャラで展開する POPEE との違いですね。個人的には POPEE のノリの方が強烈なんで印象に残るんですが、こちらにも多彩なアイデアがあって楽しめる。演出面では POPEE と似た部分があるのでやや新鮮味に欠けるけど、それは作り手の持ち味でも。
ED もヘンな映像にヘンな曲にヘンな歌詞が面白いです。あと、1話の強烈なインパクト、23話の西部劇パロディは必見の出来。

この評価板に投稿する



2017/07/09 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事怖い 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ