[アニメ]不機嫌なモノノケ庵


ふきげんなもののけあん / Fukigen na mononoke an
  • 可愛い
  • 友情
  • 楽しい
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:不機嫌なモノノケ庵
アニメ総合点=平均点x評価数4,726位6,421作品中総合点0 / 偏差値47.44
2016年アニメ総合点181位263作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)4
映像0.50(良い)4
音楽0.50(良い)4
キャラ・設定0.25(普通)4
ストーリー0.25(普通)4
可愛い50%2人/4人中
友情50%2人/4人中
楽しい50%2人/4人中
格好良い25%1人/4人中
面白い25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「妖怪祓い」とは、本来すむべき「隠世」から、何らかの事情で「現世」に留まる妖怪たちを「隠世」へと送り届ける仕事である。

ある日、妖怪にとり憑かれた高校生・芦屋花繪は、偶然、見かけた連絡先を頼りに、妖怪祓いを行う「物怪庵」を訪れる。
そこにいたのは不機嫌そうな主・安倍晴齋だった。
<スタッフ>
監督:岩永彰
シリーズ構成:吉岡たかを
キャラクターデザイン:影山あつこ
日本 開始日:2016/06/28(火) 23:30- AT-X TV
公式サイト
1. TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」公式サイト
Twitter公式
1. TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』公式 (@mononokean_tv) on Twitt
オープニング動画 (1個)
トモダチメートル
歌:The Super Ball [ファン登録]
[もっと見る]
4,07177
最近の閲覧数
1331013311
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/05/29 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/12/06 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:260(66%) 普通:0(0%) 悪い:134(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 7876
原作未読。

良い意味でそこそこの作品じゃないかなと思います。
色々な要素が他の作品とかなり被っているし、特に某友人帳との比較は避けられないと思うのですが、
トータルで見た場合にはそこそこの違いは出せていたかと思います。

基本的にはちょっと良いお話系なのですが、特別しんみりや気持ちが暖かくなるなどの揺さぶりは小さめで、
まさにライトな感覚で終えてる感じです。
登場する妖怪も「毛玉」を筆頭にかなり可愛らしくマスコット風味に描かれており、怖さとは無縁ですね。
それでいて子供向けやギャグアニメというストーリーでもないといったバランスが特長なのかな。
神話や伝承などとは距離を置いて色々と面倒に掘り下げずにさらっとしている点は見易さに貢献してると思います。

【良い点】
主が人間のためではなく妖怪のために祓ってる点。依頼人とのやり取りでの距離感など何かありそうな雰囲気。
マスコット的なキャラはあまり好きじゃないのですが、「毛玉」の可愛らしさとでしゃばり過ぎない描写が良かったです。
回の終わりがたまに不穏な感じに見せたりもしますが、キャストやら次回予告やらで安心してみていけるところ。
「ヤヒコ」cv大谷育江さん、可愛くてウザイキャラにはまってました。フルハウスを思い出した。

【悪い点】
主人公2人、嫌味は感じないし安定感もあるのだけれど、もう少しテンプレからはみ出てもいいかも。
あえて伏せているような設定が主人公の経歴やらアイテムやら人間関係、物語のあちこちにあると思うのですが、
それらがほとんどストーリーに絡んでこないところ。設定もお話ももう一ひねり出来そうなのに、もったいない気がする。
これ以降に明らかにされていくというのでもいいのかもしれないが、この時点からでも回収しながら進めたほうが、
キャラの興味や世界観に厚みがでたり等、こちらが食いつくポイントも増えるように感じました。

11話あたりの掛け軸でのやり取りの見せ方。日本語縦書き文章で2行あるのですが、画面に1度にはすべて収まらず
上から下への部分表示で1回だけの表示。2行同時読みは私には厳しかった。この一回だけだと思うけども、
キャストが読んでくれれば気にならないのですが、リアクションだけだったので戻して見直しました。
掛け軸でのやり取りはかなりシュールで面白かったので、その分気になりました。

【総合評価】
茶室や着物など和風テイストでありつつ金髪だったりと、ほどほどそこそこの雰囲気を出すだけで留めているものの
もう少し文化的に踏み込んだり工夫したりの方が好みだったかも。
大きく悪いところはないのですが、あまり主張も感じないので、厳し目な気もするけど悪いに。
海外向けの妖怪アニメ入門としてならば、かなり良いバランスかもしれない。

2016/11/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(48%) 普通:304(34%) 悪い:165(18%)] / プロバイダ: 48741 ホスト:48715 ブラウザ: 7460
【良い点】
・もじゃ:セリフらしいセリフは無いが、その分全身で感情表現をしておりうさぎ等の小動物を思い出す様な愛らしさがある

【悪い点】
・エピソード:10分だとか20分だとか微妙な時間で一つのエピソードが終わり、そのまま次のエピソードに入っていく事が結構多かった為少々見辛い
・ヤヒコ:その眼や態度からかなりヤバい一面も持っていそうで、正直苦手

【総合評価】
原作未読
二期か三期かでチューナー不足で録画出来ずそのまま見るのをやめてしまったが「夏目友人帳」にかなりコンセプトが近い作品、ギャグ要素は若干多めではあるが
その為オリジナリティは特にないが、それがたいして気にならない位には楽しめた

2016/11/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:129(53%) 普通:4(2%) 悪い:109(45%)] / プロバイダ: 13573 ホスト:13673 ブラウザ: 7874
原作は既読です。

モジャが可愛い。
マンジロウが可愛い。
そして何よりオタマ通信のオタマがかわええぇ!!!!!
超かわええ!!!!!!!!!!
出るシーン2回しかなかったけどよ。

ただ、お話としては『妖』+『ハートフル』ものとしてはオーソドックスな作りです。
派手なところ・風変りな点もなく、よく言えば古典的、悪く言えばありきたりですね。
ややメリハリが欠けてる面もあるが、その分、見やすいといえば見やすいし小中学生に安心して見せれる作品ではないでしょうか?(何で深夜アニメなんだ? まぁ、グッツ展開とかしにくいからでしょうけど・・・いやモジャとオタマはいけるはず!!)

そう考えると、評価的は『良い』で。

どうでもいいけど、タイトルは『不機嫌なモノノケ庵』じゃなくて、不機嫌なモノノケ庵『の主』だよね。
モノノケ庵は陽気だし。いや原作の最終回でアレで実は最初から最後まで不機嫌だったってオチもあるかも?
それならある意味、最凶のホラーですよね。(笑)
・・・以上、無粋な蛇足でした。

2016/10/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1596(52%) 普通:792(26%) 悪い:688(22%)] / プロバイダ: 44100 ホスト:44182 ブラウザ: 8632
原作は少女誌っぽいな、とおもって視聴していましたけど原作はガンガンONLINE。
、、、これはどっちだろう、まぁどちらにせよ男でも観やすい女性向けアニメって
スタンスでいいとおもいます

いわゆる妖怪モノのアニメで、モノノケ庵を営む妖怪のプロフェッショナルである安倍と
ど素人ながらに清い心で妖怪に接する芦屋との高校生コンビが妖怪たちを助けていきます

妖怪モノとしての特徴としては、人のためではなくて妖怪のために妖怪祓いの依頼を受けている。
ということでしょうか、仕事の上で苦労するのは妖怪との対話だけでなく人にも理解してもらうことであり
だからこそ妖怪知識がなく、一見、役に立たない芦屋でも活躍の場があるのでした

最後は見えていたものが見えなくなるっていう、この手の作品では手垢が付きまくった
展開でしたけど、まぁ、アニメのクールの区切りとしてはいいところだったとおもうし
あとは安部さんは、着物と金髪は合わないよな〜。とおもってましたけど、ミスマッチの妙というか
風格があって、考えてみたらタッパのある外人さんが着物を羽織っても似合ったりしますし
個性をだすには悪くないファッションだったとおもいます

2016/09/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7563(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22106 ブラウザ: 1975(携帯)
原作であるマンガ版に関してはまだ一度も読んだことはありませんが、いわゆるこの世に行き場を失って困っている妖怪たちを然るべきところへ送り込むことを役目としたモノノケ庵での日常を描いた作品といったところでしょうか。

タイトルに「不機嫌なモノノケ庵」とありましたが、正確には「不機嫌なモノノケ庵の主人」でいいんじゃないかなと思ったもので、特に狂言回し的役割を担っている芦屋とのやりとりのときによくぶすっとしたしかめっ面をしているところなんかはいかにもそうだったなという印象でした。

一方の芦屋は入学して早々に妖怪にとりつかれやすい体質をしていたせいなのか、満足に学校で授業を受けられない日々が続いた末に助けられた経緯でモノノケ庵の奉公人として働くことになったわけですが、典型的なおせっかいながらも真っ直ぐかつ純粋な心を持っているがゆえに軽率な行動等、自分の行動に比があったときには素直に反省したりと、だからこそ周りの妖怪たちに気に入られたと言えるし、それによって成長していくさまが掘り下げられておりましたね。そういう意味では奉公人よりも主人の方が立ち回りが不器用といった印象でしたが、まあそれもご愛敬といったところでしょうか。

2016/07/25 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:765(41%) 普通:448(24%) 悪い:652(35%)] / プロバイダ: 27431 ホスト:27521 ブラウザ: 4693
【良い点】
・特筆すべき点はほとんど無い。同系統過去作品ピースのツギハギにBL風味キャラ設定が
ブレンドされているだけだが、キャラ絵微妙、音楽もどっかで聞いたような?そして
スロー展開のモッサリ感・・・とにかく「イマイチ感満載」の一言に尽きる。

【悪い点】
・上で述べた通り。類似過去作品が山ほどあるのに、新味が全く感じられない。
無理矢理に特徴付けたキャラ達、強引で展開に不自然さが目立つストーリー(しかも、
何が面白いのかさっぱり理解できない)、メインキャラが揃うまで?に4話でも
完了してないようなスローペース、キリの悪いところで「つづく」状態。
絵の微妙さもあいまって次第に募る不快感・・・ここまでは原作由来の問題だろうが、
新味の無い原作を、そのままダラダラと垂れ流すアニメスタッフの姿勢もプロとして
失格レベル。原作テイストを大事にした、とか言い訳するんだろうか。

【総合評価】
「悪い」。数多ある過去作品の、つぎはぎデッドコピー作品。過去作品と比べて
何一つ褒める点が見つからない。アニメとしての演出も色々低レベル。
酷評すれば「イマイチ感の寄せ集め」。視聴中止。

2016/07/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(68%) 普通:6(32%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 20051 ホスト:19986 ブラウザ: 7946
【良い点】
主人公が男二人で、女性向けなのか微妙ですがまあギリ少年漫画と言って良いのでは。
内容はまあ普通。よくある冒頭だと思います。
主人公が学校に行こうと奮闘するところは良かったし、妖怪のデザインは何か変で可愛かった。

【悪い点】
特に目新しい所が無いです。単純に話の面白さが足りない。

【総合評価】
65点 ダメダメってことも無いですが、これくらいなら他の面白いことをやりたい。

この評価板に投稿する



2017/04/30 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 9976 ホスト:9916 ブラウザ: 7911 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/楽しい/面白い/格好良い/可愛い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 2018年4月こそ、アニメ観るぞ by ウクレレ
... 真っ先に押さえました。 公式サイト見た感じじゃティラミスはバカっぽそうでパンドーラはシリアス? 「魔法少女」とついてるのが2つありますけど、 『俺』はお笑いのかシリアスのかどっちなんだろ? 『サイト』は公式サイトが何かおどろおどろしいんだけど……、大当たりか大コケか、極端そう予感。 『かくりよ』は『不機嫌モノノケ』みたい感じ ...
記事日時:2018/03/15 [表示省略記事有(読む)]
2. 2016年 夏アニメ 感想 1。 by フェティア
... だらけの軍事組織のほうが現実味はあると、何か納得させられてしまいました。 主人公に女性を据えたり、ボーイ・ミーツ・ガールのテイストを取り入れたりすることで、 男性向けと女性向けの折衷案を選択しようという意志を感じますが、 果たしてその判断は吉と出るのか、それとも凶と出るのか。 見物です。 ◯ 不機嫌モノノケ 再び折衷的 ...
記事日時:2016/07/13
3. 2016年夏アニメチェキですが? by エスパー
... アニメでヒット作が出ていないだけに期待はしたいですが。 オトナの一休さん 記念すべき第1話のサブタイが「クソとお経」で草。そして一休さんを演じるのが板尾創路で草。 なんか磯部磯兵衛のスピンオフっぽい画風だなあと思いました。 ネコこのゴロ (^_^)(^∞^) 不機嫌モノノケ ガンガンオンライン連載 ...
記事日時:2016/06/25
video video video video video video video video video video video video
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:不機嫌なモノノケ庵
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ