[アニメ]藤子・F・不二雄のSF(すこしふしぎ)短編シアター プチシアター・幸運児


ふじこえふふじおのすこしふしぎたんぺんしあたー ぷちしあたー こううんじ / Fujiko F Fujio SF tanpen theater Petit theater Kouunji
  • びっくり
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,249位6,396作品中総合点-2 / 偏差値47.13
1991年アニメ総合点110位119作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)3
キャラ・設定0.00(普通)3
映像0.00(普通)3
音楽0.00(普通)3
ストーリー-0.33(普通)3
びっくり67%2人/3人中
ロマンチックな気分33%1人/3人中
可笑しく笑える33%1人/3人中
セクシー0%0人/3人中
可愛い0%0人/3人中
もっと見る
属性投票する
監督:尾鷲英俊
アニメーション制作:マジックバス
絵コンテ:加玖良朗
プロデューサー:浅見勇清松信夫徳永元嘉
日本 発売日:1991 メディア販売
2,50622
最近の閲覧数
2012000000
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/15 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/09/03 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 23814 ホスト:23764 ブラウザ: 5173
わざわざアニメ化する意味がどこにあるんだろう…。僅か5分〜10分程度で完結するような変なOVAでしたね。
もしかすると、「おれ、夕子」の後に余った尺をどうにか埋めるべく短い作品をチョイスしたのかもしれない。
しかし、画面に全く動きがなく、ただくっちゃべっているだけなのでアニメ化には不向きです。

えっと、要するに、生まれた赤ちゃんが何故か超幸運児で、生まれてから周囲の人々に次々と幸運な出来事が起きるっていう話ですけど、本当にそれだけなんですよね。ちなみに、その理由は最後の最後で説明されるんですけど、「だからって…w」っていう感じです。
まあ、これはユーモア作品ですからそのオチが笑えれば十分成功だと言えるんです。それでも、わざわざこのオチの為にアニメ一本作るような内容でもないと思います。

それから、登場人物が基本的にギャンブルしすぎ。
赤ん坊のパパは、「赤ん坊にミルクでも買ってやろうかと思ってパチンコに行った」とかいうクズ親父。うーん、こいつが報われる事が釈然としない…。
ママの方は、自殺未遂までしたのに何故か宝くじを買ってるんですよね。
で、その友達は宝くじで一等が当たっても当然みたいな顔してて、なんかこの三人の空気が変でした。
色々と凄い事が起きすぎているわりには冷静。
しかし、他の短編シアターに比べるといまいちその壮大さや凄さがわかりづらいんですかねぇ…。やっぱり見終わった後は「いまいち」っていう感想しか出てきませんでした。

評価は「悪い」。

2013/08/18 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3474(33%) 普通:3652(35%) 悪い:3383(32%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5682
これSF(すこしふしぎ)短編シアターでは最も尺が短かったかな?でしたが、
そうした尺の短さの割に何気に突っ込み所多かったですね。この話は。

事の発端からして、付き合っていた相手の男がろくでなしで、友人の女性その人も
自殺を図ろうとした等藤子作品にしてはミョーに重い展開でしたが、それもこの
産まれた「幸運児」が運んできた(と思われた)ツキとのコントラストだったという事?

しかしそれも、キテレツ大百科の先生(中の人はキテレツパパでしたが)のそっくり
さんみたいな病院院長が確か「1000人目の赤ちゃんです!!」って、ラーメン屋のお客さん
とかじゃあるまいし。そして彼女と「幸運児」を捨てたはずの相手の男、主人公VS彼は
本丸VSじゃば夫でもあり、やり直そうとする意志はあっただけまだ救いようがあった
かもしれませんが、パチンコで大当たり・・・・・・・って、やっぱ「駄目だこりゃ。」
でしたね。(苦笑)

そして今度は主人公が宝くじで熱くなったと思ったら、いきなり「銀河に新たなる
1ページが・・・・・」な病院院長と同じ中の人によるナレーション付き超展開
で終わりましたが、何だか中途半端にぶっ飛んでいた感じでしたね。原作は知らないけど、
藤子F不二雄氏はコンビを組まれていたA氏のブラックユーモアを意識していた所も
あったのですかね。「『幸運児』じゃなくて、生まれていきなり運を使い果たしただけなん
じゃないの?」とも突っ込みそうになったけど、強いテーマ性とかがあったわけでもなく、
ネタとして見ても中途半端だったようでは、評価は「悪い」でも良い所です。

この評価板に投稿する



2014/09/09 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 23814 ホスト:23764 ブラウザ: 5173 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ