[アニメ]劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い


げきじょうばん ふぇいとかれいどらいなー ぷりずまいりや せっかのちかい / Fate/kaleid liner Prisma Illya Sekka no chikai
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数3,683位6,424作品中総合点2 / 偏差値47.77
2017年アニメ総合点104位223作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「話をしようと思う。俺と、美遊の……これまでの話を」
世界は滅びに向かって進んでいた。
その歩みを止められるのは、〓聖杯〓たる美遊の犠牲のみ。
世界か、美遊か――。
原作:ひろやまひろしTYPE-MOON(株式会社KADOKAWA月刊コンプエース連載・角川コミックス・エース刊)
監督:大沼心
脚本:井上堅二水瀬葉月
キャラクターデザイン:平田和也
日本 公開開始日:2017/08/26(土) 映画
公式サイト
1. 「劇場版Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 」公式サイト
プロモーションビデオ (3個)
「劇場版Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」PV「劇場版Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」PV
[もっと見る]
1,58611
最近の閲覧数
3225010002
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/08/20 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/09/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:783(60%) 普通:343(26%) 悪い:181(14%)] / プロバイダ: 13632 ホスト:13463 ブラウザ: 9342
【良い点】
・限られた尺で原作通り、一部アレンジを加えて原作の魅力を最大限描いた事
・妹のために戦う兄、衛宮士郎という男をわかりやすく書いていたと思う
・美遊の可愛さに力を入れていた
・演出…やっぱりエミヤBGMは良い
【悪い点】
・一部の作画が安定しない、円盤で修正されているといいですね
・慎二戦は正直何をしてるのかわかりづらかった
・アンジェリカ戦はもう少し迫力が欲しかった

【総合評価】
プリズマ☆イリヤまさかの劇場版、しかし過去編なので主役は美遊の兄である衛宮士郎
あれイリヤは!?魔法少女はどこに?となる人もいると思うが原作通りなので仕方ない。
個人的には流れはあまり変更せずに士郎の魅力を限られた時間で書き、美遊との関係を掘り下げ
最後にイリヤと美遊の出会いまでの話として終わらせた事はとても評価したい点です。そうだ、「士郎の活躍は見たかったでもプリヤの主人公はイリヤなんだ」と改めて思いました。当たり前ですがそこを大事にしてくれた事をとても嬉しく思います。
Fateのスピンオフとしてはとても面白かった、Fateの知識がなく「プリヤの映画」として見に行くと物足りないかもしれません
でも美遊の過去を知る物語としては一見の価値はありました。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ