[アニメ]ファンタジスタドール


FANTASISTA DOLL
  • 可愛い
  • 楽しい
  • 可笑しく笑える
  • 友情
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数3,741位6,490作品中総合点2 / 偏差値47.80
アニメ平均点2,028位2,857作品中平均点0.18=普通/11評価
2013年アニメ総合点151位256作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.57(とても良い)7
キャラ・設定1.29(良い)7
声優・俳優1.29(良い)7
映像0.86(良い)7
ストーリー0.57(良い)7
可愛い100%7人/7人中
楽しい86%6人/7人中
可笑しく笑える86%6人/7人中
友情57%4人/7人中
面白い57%4人/7人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「天翔る星の輝きよ。時を越える水晶の煌めきよ。今こそ無限星霜の摂理にもとづいて、その正しき姿をここに現せ!」

鵜野うずめは勉強も運動もそこそこのごく平凡な中学2年生。
だがある日、彼女の運命は大きく変わってしまう。
<スタッフ>
原作:ファンタジスタドールプロジェクト
監督:斎藤久
クリエイティブプロデューサー:谷口悟朗
日本 開始日:2013/07/07(日) 03:28- 毎日放送 TV / 終了日:2013/09/29
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
毎日放送2013年07月06日 - 09月28日土曜 27時28分 - 27時58分
TOKYO MX2013年07月07日 - 09月29日日曜 24時00分 - 24時30分
ニコニコチャンネル2013年07月07日 - 09月29日日曜 24時00分 更新
BS112013年07月07日 - 09月29日日曜 24時30分 - 25時00分
AT-X2013年07月12日 - 10月04日金曜 23時00分 - 23時30分
公式サイト
1. ファンタジスタドール
2. ファンタジスタドール | 番組 | AT-X
Twitter公式
1. ファンタジスタドール (@fantasistadoll) on Twitter
オープニング動画 (1個)
今よ!ファンタジスタドール
歌:うずめ(大橋彩香)、ささら(津田美波)、カティア(徳井青空)、しめじ(赤崎千夏)、マドレーヌ(大原さやか)、小明(長谷川明子) 詞:Funta3 作曲:高梨康治 編曲:高梨康治 [ファン登録]
[もっと見る]
10,0291211
最近の閲覧数
5104341111
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/09/29 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/05/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:1(25%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 1213 ホスト:1031 ブラウザ: 10300
【良い点】
キャラクターが可愛い
歌がいい(特にエンディングが耳に残る)
世界観などの設定
【悪い点】
内容がストレートなところ
【総合評価】
初め見たときは日曜の朝からやってるような子供向け番組でした。とても明るくよかったと思いますが、バトルに関してはちょっと物足りなさが感じでした。作品の出来にはまあまあよかったと思います。評価は良いにします。

2014/07/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:366(66%) 普通:146(26%) 悪い:44(8%)] / プロバイダ: 2202 ホスト:2306 ブラウザ: 5171
【良い点】
キャラがかわいい。
OP。

【悪い点】
シナリオはあくまでも子供向け。

【総合評価】
子供向けのグッズ販売アニメのノリで深夜に進出した作品。女の子だけがどんどん増えていくので、名前を覚えられなかった。シナリオをきちんと大人向け作品として作っていればもっと面白かったと思う。
いろいろギャグをいれており、笑えるシーンはあったけど、最後は無理にまとめようとして急ぎすぎた感があった。

2014/06/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(45%) 普通:3(27%) 悪い:3(27%)] / プロバイダ: 6658 ホスト:6710 ブラウザ: 5401
思いのほかハマりました。

内容以前に、金子さんのキャラにハマりました。
一応カードゲームバトルをモチーフにしてますが、ガチなカード系のものと違い、
見ていてかなりバカバカしくて逆に良かったです。

で、何となく思ったのですが、
この作品って土日にやるお子様向けアニメのパイロット版だったんですかね。
魔法的な小道具もあるし、内容もいかにもといった感じでしたし。
まぁ、どうでも良いことなんですが。

最後にEDのアナログな感じが何となく好きでした。

評価はいろいろとハマったので「良い」で。

2014/06/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:76(80%) 普通:13(14%) 悪い:6(6%)] / プロバイダ: 9829 ホスト:9771 ブラウザ: 5149
【良い点】

・愛すべきksアニメ
・OP。軽く中毒になってしまった。

【悪い点】

・終わりが微妙

【総合評価】

いーまーよ!ファンタジスタッドー!ヘイ!ヘイ!

いやあ、愛すべき方のksアニメだった。アニメライト層が楽しめるようにというコンセプトだったらしいですが、蓋を開けてみれば視聴者ツッコミ参加型のネタアニメでござった。
なんと言えばいいのか、あらすじだけをなぞると王道なんだけど、肉付けの部分がネタ要素満載で面白い。とにかくディテールが狂気に満ちている。

武装神姫(マスターとドールの主従関係)+WIXOSS(カードゲーム、願いのために戦うなど)+ミルキィホームズ(可愛いキャラのグダグダ要素キチ要素)+セーラームーン(タキシード仮面要素)。
イメージはこんな感じかな。うん、イメージするのも困難だ。
カードバトルといっても、一般に想像するカードバトルではなく、ポケモンバトルに近い。カードがモンスターボールで、デバイスを介してドールというポケモンを召喚しバトルする。戦闘は1対1じゃなく、5対5のど突き合いだけど。
ドール同士のバトルに留まらず、マスターへのダイレクトアタックは当たり前。しかもそれが結構殺人級の攻撃だったりする。
7話ではなぜか途中からマスターである主人公もど突き合いに参加する。カードの効果で自身の下半身を戦車に変え特攻。そしてなぜか5人の敵ドールと互角に渡り合う。
展開はワケが分からないのに本人たちは大真面目なので反応に困るというか変な笑いが出る。
こういうシュールな場面がツッコミが追いつかないくらい豊富にあるので、それを楽しめるかどうかな作品だと思う。

キャラの可愛さやネタ演出は大いに歓迎なんだけど、最後くらいは色々ちゃんと説明してきれいにまとめてほしかった。クライマックスの友情パワー(数の暴力)は楽しめたけどw
黒幕の目的 : 一番仲の良かったドールを復活させること→まあオーケー
その目的を達成するための手段 : ささらたちをうずめに託し成長を促すこと→う、うん・・・?それとこれと何の関係が?
ソネット復活のためにささらたちの成長が必要な理由が説明不足なため、黒幕の覚悟がイマイチ伝わりにくい。(妙に落ち着いた雰囲気はラスボス感漂ってたが)
まあ考えたら負けなんでしょうが。

キャラの可愛さと随所に見られるネタは文句ないけど、詰めの甘さがマイナスなので円盤購入確定レベルには至らない。1周目完走の現時点では検討レベル止まり。しかし買い支えてやりたくなる愛すべきバカアニメだ。
評価は、「とても良い」。

2013/12/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:146(62%) 普通:35(15%) 悪い:56(24%)] / プロバイダ: 27141 ホスト:27138 ブラウザ: 7407
【良い点】
女の子キャラが可愛い。そのうえ数が多い。ドールが密集してるシーンは必見
ささらの「嫌なものは嫌ってハッキリ言うべき」という主張。ウジウジしてるうずめに対し「そういうことを言ってるんじゃない!」と一喝するささら。使えないヘタレマスターの尻を叩くささらの態度が痛快で小気味良い
脚本が何気に上手く、思わず引き込まれる。随所に感動的なエピソードが散りばめられていて、次回への引きも上手い
普遍的でわかりやすく噛み砕いたストーリーなので、普段あまりアニメを観ないライト層でも楽しめるよう配慮されている。一見さんお断りの不親切な作品が多い中、こういった努力は評価できる
ジョジョの奇妙な冒険第3部を思わせるポーカーゲーム
まないの「マスカレードカレー☆ウキウキ」には癒される
カティアのサバコスチューム
ファンシーで可愛らしいED

【悪い点】
「天駆ける星の輝きよ〜」で始まる召喚呪文は必要だったか? そんな儀式が無くてもドールは勝手に出てくるし、そもそも電子端末を使用しながら呪文を唱えるのっておかしくない?
うずめの「ジュース奢ってあげてるのに」発言。痛いところを突かれたからってジュースは関係ないだろ!
うずめの「あの時のことだって、まだ謝ってもらってない」発言。終わった過去の話を蒸し返す行為
マドレーヌの度を越したおせっかい
ラフレシアの君の空回り。うずめの王子様ポジションを狙ってみたが、うずめが恋に目覚めないため見守るだけの変人で終わった

【総合評価】
この作品のテーマは絆・友情である。ドールと人間の関係を描いている…はずだった
うずめはドールと友達のような関係であり、このような例はドールマスターの中では珍しいとされる。みことカティアの友情はそれを抽象化したものだろう
一方、吉良一成はドールを使い捨て道具のように扱っており、うずめとは対極に位置する
他にも献身をこの世で一番美しいものと信じ、主従を逆転させた瑠々川みいな、
ドールのチームワーク技を見せる清水潔、
たった一つのドールとの絆を追い求める清正小町など
いろいろなドールとマスターの関係を各論併記して、ドールとマスターはどんな関係が正解なのかというテーマを問題提起している。
しかし、話が進むにつれてかがみや小町との絡みが多くなり、後半は明らかに女子同士の友情に軸足を置いているエピソードが濃いため、テーマがぼやけた感じがする。
また、ストーリー自体は王道であるものの、ネタに走りまくった演出のせいでその真意が伝わりにくくなっている
うずめの下半身が戦車に変身したり、玉葱のみじん切りをばらまいたり、ステゴロのしめじ!とか言っちゃったり…
特にカオスなのは協力カノン砲を撃つ時の演出だろう。うずめがドラム叩く傍らで「天網恢恢疎にして漏らさず」ってマドレーヌ、意味わかって言ってんのか!?
ネタに走ること自体は否定しないけど、本作品の場合ネタとシナリオが噛み合っておらず不協和音が起きているのだ。そのため全体的に作りが不自然で、余裕が感じられない。
せめて日常シーンでネタやコミカルを消化し、戦闘シーンではシリアスに戦う。そんな仕様にできなかったのだろうか?

2013/10/12 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:224(67%) 普通:10(3%) 悪い:98(30%)] / プロバイダ: 18792 ホスト:18835 ブラウザ: 10416
●作品の概要。

深夜枠のプリキュアかな?と思っていた時期が僕にもありました。・・・1話を見るまでは。
貶す半分、褒める半分で言うと「愛される方のク○アニメ」

一応、可愛らしいキャラが戦ったりとか友情ごっこをしてますが、
突っ込み所が異常なレベルで豊富にあり、徹底的に馬鹿馬鹿しい。
ソレに対して「うわ・・・面白くねぇ・・・」と思うか「うわwwww面白くねぇwww」って思うかは人次第。
〓愛好家〓の方には是非どうぞ。自分的には2期は要らないですw

●馬鹿アニメ成分以外での悪い所

ずるい事に基本的に馬鹿アニメは何をやっても良い。
カードバトルの設定が少しも活きていないとか、「アレがおかしい」「コレが変だ。」大いにオッケーです。

が、その上で気になる点がいくつかありました。
一つ例を挙げると、ドールの着せ替え設定が完全に死んでいる事。
劇中でのコスチュームチェンジがまさかのサバ1回のみ。

↑のカードバトル設定とか真面目な所はどうでも良いのですが、
コスチュームチェンジなんて、美味しいネタじゃないですか。ソレを逃す理由は無い。
ネタ満開のコスプレをやらせて笑いを取るも良し、可愛いコスチュームで円盤の売り上げを伸ばすも良し!
ネタアニメで笑いを取るチャンスを逃すとは一体どういう了見だ。

また、ドールの性格がえげつなく悪いのも気になる。
我侭・理不尽な暴力・嘘・裏切り・責任の押し付け・・・(以下略
この手の作品の女の子キャラなんてただ可愛いだけのワクワク動物園ちゃんで十分。
主人公はもう少し友達を選ぶべきだと思う。

●評価。

愛すべきク○アニメとは言ったものの、「その手のアニメ」として見た上でも粗さが目立つ。
良いか悪いかと聞かれれば、悪いと答えるしかない。

評価は「とても悪い」

2013/10/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:457(74%) 普通:0(0%) 悪い:159(26%)] / プロバイダ: 32746 ホスト:32658 ブラウザ: 7425
こういう作品はズルいと思う。
どう考えてもただのネタアニメ。多少良いお話だったりシリアスが入っていようと、その認識は変わらない。
設定は破綻してるし、説明不足だし、ツッコミどころなんて挙げだすとキリがない。
でも、悔しいとことに作り方は間違えちゃいない。だってこの作品、ソシャゲの宣伝アニメだから。

素晴らしいお話を描かなくとも、優れたキャラクター造形でなくとも、とにかくどういう方向性であれ「面白い!」と思ってもらって、注目さえされれば問題なんだもの。
そういう意味ではこの作品、基準は満たしている。一人につき5人ほどドールと呼ばれる可愛い女の子を所有できて、その見た目は千差万別。しかもコスチュームまで好きに変更できるときた。そんな作品でソシャゲが出たら、そりゃ気になるよね。
伝説の不採用通知とか。あれ、不採用通知じゃなくて【伝説の不採用通知】だからww

ただ、そういう点を差し引いても、欠点は少なくない作品ではある。
先に、この作品の美点と思うところを挙げていく。

一つは、人間のキャラクター性。
ドールが主役っぽいけど、この作品はドールよりも人間のキャラクター像が面白い。
うずめは自称「どこにでもいそうな普通の女の子」らしく優柔不断で周りについつい合わせてしまう子だけど、ひるがえってそれは友達を気遣う優しさゆえであり、決して彼女は、自分が傷つきたくなくて合わせているワケではない。
実際、会って間もないささらを一としたドールらを「友達だから」の一言で身を挺して庇う面が何度かあった。
友達のことを大事に思うがゆえに、彼女は何度も悩み、そして、答えを見つけていくのだ。なんだかんだで彼女、メンタルは相当強いと思う。かがみ説得のシーンなんて、あれ完全に主人公だったよね。(もっとも、彼女が昔の長所を取り戻してくところも中々に唐突だったんだけど)

突然ドールなるものを押し付けられ(しかもそのドールはまったく言うことを聞かず好き勝手に言い放題やり放題)、頑張った挙句に先輩に利用されてしかもドールからは伝説の不採用通知を言い渡されるわ、散々な目に遭って、それでもめげないうずめちゃんは良いキャラだと思う。

うずめの仲間となるかがみ、まないのキャラクターも良かった。かがみとの衝突と和解は、うずめに多大な変化を促したし、うずめがどうしようもなくなった時、駆けつけてくれるこの二人とうずめとの間に結ばれた友情はすごく健全で、微笑ましい。

ゲストキャラのマスターとドールは色んな主従関係の形を見せてくれたし、ラフレシアの君は毎回ネタを提供してくれて飽きなかった。(見守っているよと1話で言ってたと思ったら、見守る距離がすさまじく近くて笑った)
作品の雰囲気が重くならない程度に狂気に走ってた圧倒的ラスボス感の小町さんも良い味出してたと思う。この人表情が完成されてて微妙に怖かったんだよなぁ。


で、ここからは欠点。
細かい矛盾や粗が、山のようにある。塵も積もれば山となるとあるけど、まさにそんな感じ。
で、本作の場合、終盤という大事な場面でもそんな矛盾や疑問点が少なくなかったのが痛い。

まずこれは個人的な不満点なんだけど、ささら達ドールの成長というのが皆無であったこと。
劇中にて小町の目的は、成長したささら達を回収することだったけど、そもそもささら達がどのように成長したかがまったく伝わってこない。
ささらは、前のマスターにウソを突かれ、裏切られたと思い込んでいる。だから、2話にうずめに突っかかったのは完全に八つ当たり。別にあれは、まないを思っての発言ではない。
そしてこれに限らず、ささらは問題が挙がる度にその責任や対処に対して「あんたマスターなんでしょ」の一言でうずめに全てを押し付ける。挙句、そのうえで出したうずめの答えにいちゃもんをつける。お前意地汚い姑かよ。

こうした、相手のことを考えない傲慢さと口が過ぎるところはささらの欠点だった。なので、ささらが成長するということは当然、この辺りが改善されることを指すはずなんだけど……劇中ではそんなシーンはなかった。
一番分かりやすいのはささらだったんだけど、他の4人も【なにがどう成長したのか】が不明。

そもそも、ささらとうずめが何度も衝突することになった原因は、【互いに求めているものが違う】からだ。うずめはささらのことを友達と思っている。だからこそ、一つの問題に対してすごく悩む。自分の判断で友達の身の振り方や危険が左右されるのだ。悩まない方がおかしい。
一方、ささらはうずめに対してマスターであることを望んでいる。(そのくせ不満ばかり垂れるので、こいつはよく分からん。考えるだけ無駄なレベル)
だから、この求めている関係性の相違に気づき、お互いが合わせていかない限り、二人の絆はあやふやなままなんだ。

でも結局、その関係性が変わることはなかった。本当ならうずめが小町に「ささら達は自分の大事な友達!」と明言した時点で、ささらはうずめのことを「うずめ……」と言わなければならなかったと思う。マスターでもうずめさんでもなく、うずめと。
ここではなく、最終回のBパートが終わる間近になって「うずめ」と呼んだけれど、タイミング的に違和感しかなかった;


で、他には不明瞭な点が多いことも不満に挙がってくる。
小町がささら達を捨てたのは「自分ではささら達を成長させてやれないから」だけど、じゃあなんでその後ソネットという新しいドールを手に入れたのか?
ドール全員に成長の可能性はあるのに、何故ささら達でなくてはならなかったのか?
かつて小町のドールであったアロエがスルーされてるけど、つまりアロエはガチで捨てられたってことでOK?
研究所のロックされてた部屋がスルーされてるんだけど、二期に期待していいの?
ドールの有効範囲って結局、どのぐらいなの?(バイト回でみんなバラバラに行動してるかと思いきや、文化祭では学校内でも有効範囲外になってたし……かと思えば有効範囲拡大のカードが今更ってタイミングで登場してくる)
一介の高校生でしかない小町さんがどうやって組織を作り、人の希望を叶えてきたの?


挙げだすとキリがないのでこの辺で。


不満点は多いのだけど、結局、最後まで楽しんで観てしまった。一部のキャラ(ささら、しめじ、マドレーヌ。とくにしめじ、なにをのうのうとうずめの所に戻って来てんの?)を除けば、愛すべきバカばっかりでバカなノリなので、面白い作品ではある。
ドール召喚だけに朝から夕方まで特訓するとかシュール過ぎるし、サバの衣装がサバ臭い意味が分からなかったり、様子のおかしい友達に対して「きっと操られてるんだ」と漫画の読み過ぎな発言をして実際に当たってたり、自身はウソ泣きで騙したくせに次の回で「嘘と裏切りが大嫌い」とのたまって視聴者を唖然とさせたり、「どうせいつか捨てるんでしょ!」と悲劇の子を気取ってた子が後に笑顔で主人公のことを捨てたり、必殺技にドラムロールが欠かせなかったり、大事な話の時にカレー食ってたり、大事な話の最中に福神漬け買いにいかせてたり、ポーカー勝負で母親が参戦する必要がまったくなかったり、手は強いのに頭脳戦が弱すぎるアンヌさんが可愛かったり、ラスボスとの決戦時にスタジアムを貸し切ってたり、もうキリがないわ。

でもなんだかんだ最終回は良かったりするし(かがみとまない参戦からの三人での協力技はワリと熱い展開だった。タイプゼロの圧倒的強さも含めて)、ギリ好評って感じかなー。整合性はともかく、最後二話は結構などんでん返しだったし。(もちろんラスボスの正体に意外性はなかったうえに、酷い掌返しもあったが……)
二期があれば、多分観てしまうかも。……アロエちゃんが出てくるなら←

……ぶっちゃけ、ドールとの絆よりもカード部の友情の方が数段良い出来だった時点で、作品としては失敗なんだけどね。

2013/10/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:177(76%) 普通:23(10%) 悪い:34(15%)] / プロバイダ: 31652 ホスト:31778 ブラウザ: 9580
全然期待せず視聴したので、採点が非常に甘くなった自覚アリ。

【良い点】
・軽いノリ
・重くならない
・人力ドラムロールやカレー・ネタなどくだらないけど、随所で挟まれる笑いが好き
・ラスボス

【悪い点】
・カードバトルの意味がない
・軽い
・尺が見合わない
・放送時間

【総合評価】
まず、何故これは深夜枠なんだ?
可愛い女の子キャラは、容量過多なほど出てくるけど、大してあざとい場面は無いし。
変なノリと勢いに、随所にくだらないネタを仕込まなければ気がすまない作り手の病気があって単純に楽しかったけど、まじめにお話を語るなら放送枠は全然足りていないし、日曜朝とかにじっくり時間を掛けてやるべき様に感じた。
でもまぁ、その話数制限のおかげで壁にぶち当たってもウジウジしない心地よい軽快さが生まれたんだから良し。

胃にもたれないノン・フライのスナックのように最後まで楽しめたのが一番の長所だけど、その良さを損なわない範囲の中でラスボスらしいラスボスを登場させてくれたことを特筆したい。
その正体は意外でも何でもなかったけど、その目的や存在感などはかなりの好印象。
この作風で強烈な悪が出てこられてもバランスも崩れてしまうが、狂信して自己完結してしまっている怖さや強さでラスボスたる風格が漂うこのラスボスはなかなかお見事だと思います。
目的も自身の友情に基づくものであり、作品の大きなテーマに沿っているし。
壮大な物語を気取りながら、妙に小物だったり、何をしたいのかよくわからないラスボスが出てくるとがっかりしてしまうが、この作品は気軽に楽しみつつラストで妙に感心してしまいました。

評価は「とても良い」に限りなく近い「良い」で。
[共感]
2013/10/12 確かに、小町さんのラスボス臭は中々のものでしたね^^ by 狗が身

2013/09/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 17751 ホスト:17896 ブラウザ: 9673
【良い点】
絵柄
主題歌
声優
キャラまぁまぁ

【悪い点】
話しは基本面白くない
主人公は自分で普通の子と言ってる通り普通ではあるけど・・それなら小学生時代かなんかでカード大会で優勝したらしい設定はいらんかったかも・・優勝したんなら、ヴァンガードのアイチが皇帝とかに勝てるぐらいの時期並みの、貫禄と優しさ持ってる設定の方が良かったかな・・。

【総合評価】

まぁ基本軽く観れるし、絵も可愛いしラスト2話の主人公ママの出てきたあたりは面白かった・・まぁポーカーがまぁまぁ好きだからかもしれんが・・。

2013/09/30 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:434(69%) 普通:68(11%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 5879 ホスト:5681 ブラウザ: 11280
これは中々酷い、まずカードバトルがテーマなはずなんですが
カードバトル自体のルールが不明な上、唐突にカードバトルを始めるんで
なんで戦っているのかも不明でよくわからないですよね。
やっぱりルールくらいちゃんとしてないと見る気は起きないですね。
ルールがちゃんとしてないから視聴者置いていきぼりで勝手に話を進んでしまい話がなんだかわからないです。
他にはかがみが公式HPでは主人公のライバルとされてるのに全然ライバルでないしただの味方としか
思えないなど、思わせぶりも多くてなんだかなあと思います。

最近はそんなわけのわからない展開が好きな人が多いので、このようなアニメが作られるのはわかりますが
自分はこういうのは正直付いていけないですね。
観ている人を笑わせる前提のギャグには見えないし
何から何まで意味不明で何が楽しいのでしょうか個人的にはまったく面白くなかった。

ストーリー展開も2話の段階でドールと解約しようとある場所に行ったうずめが
なぜかその場で戦闘始めたりで、よくわからないし
解約しようと思ったドール達と和解も無いのに元の関係に戻ったり
いまいち話の構成は変ですね。
その後もドール達が勝手に出て行ったり戻って来たりよくわからない展開ばかりだし
目的もサッパリなんで面白くないですね。

いい所はキャラデザインがいい所とポーカーはまじめにしていたことですね。

評価は「最悪」やはり物語の根本となるゲームのルール位はちゃんとしていないと
ストーリーは意味不明になるし面白くもないですね。

2013/07/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 21438 ホスト:21512 ブラウザ: 7859
なんとも評価に難しい作品

これ・・深夜にやるアニメではないと思う
大きいお友達を釣るつもりだったのかもしれないけど、土曜日か日曜日の朝にやるべきだった

内容的にも雰囲気的にも対象年齢が低いので、私にとってはあまり面白いとは思わない
けど、朝やったら結構ウケそうな気がする

【総合評価】
そんなわけで評価は「普通」にしておきます

2013/07/22 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:457(74%) 普通:0(0%) 悪い:159(26%)] / プロバイダ: 290 ホスト:188 ブラウザ: 7408
ふむぅ、なんだかなぁ……。
まず、1クールしかないのに作り方が4クールってのが解せない。どう考えても無茶。
キャラとキャラがなにかしらトラブル起こして、転の部分で協力して敵を倒し、結の部分で仲直りなり友情が深まったり何かしらオチがついて終わる。本作のお話の作り方は基本的にこんな感じで、これってどう考えても4クールアニメの作り方。
1話1話の中身がそれほど濃いワケじゃなくて、その1話1話の積み重ねでキャラにどんどん深みを持たせていく感じ。なんだけど……これを1クールの短期間でやるとか無謀すぎる;

キャラのもつ欠点って、4クールの中でじっくりと改善されていったり、あるいはそんな欠点に愛着がもてるようになったりしていくけれど、1クールだけじゃそこまで熟成できるとは思えない。しかもそのうえ、キャラ数の多いこと。主人公サイドだけでも主人公+ドール5人。こんなんでキャラの魅力を作っていくのは無理だ。
この作品、明らかに後々展開されていくソーシャルゲームの宣伝アニメであることは重々承知。でもそれとこれとは別問題で、お話として面白くないんだよなぁ;

三話の段階でまだほとんどのキャラがきちんと立っていない。うずめは元カードバトルの天才的なことを言われてるけどその片鱗がまったく見えてこない。(活躍したのは2話目の罠カード発動時だけど、それもどれだけ凄いのかよく分からないうえに、3話目ではドールに指示を仰いでるし)
でもって、ドール達も見た目の魅力こそあれ、キャラとしての魅力は乏しい。
ささらは1話目で詐欺まがいの方法でうずめに契約を迫るような真似をしておきながら2話ではうずめに向かって「私は嘘とかが大嫌いなの」と優柔不断な彼女を非難する始末。お前、どの口が言ってんだ……;
そんな彼女との仲直りは、なんだかなぁなぁで終わった感じで消化不良。あまり絆が生れる兆しのようなものが見えてこない。

でもって他の4人のドールとうずめとの距離感が全然伝わってこない。
マスター大好きなのか過去のトラウマで疑り深いのかどっちなんだ……。
ついでに言うと、3話の段階で既にキャラ出し過ぎでどのキャラも薄っぺらい。1話でライバルキャラっぽいのが出てきたと思ったらそれ以降出てこないまま次の敵が出てくるし、この作品の目標というか道筋が見えないんだよなぁ。この作品、なにがしたいんだろう?
多分、2話でささら、3話でマドレーヌとのお話で次がしめじ回のようだから、5話6話と残りのカティア、小明とのお話を経てからが本番なんだろう。でも、不安だなぁ……;

本作一番の美点は、ラフレシアの君。どう考えても谷口作品に一人は必ず現れるロリコンキャラです。
コイツの活躍が楽しみで仕方ない。1話にてうずめに「君の活躍に期待してるよ」とか言いながら2話目でうずめを尾行するという変態っぷりを早速披露。3話目も同様に、やたらとうずめに接触してくる。
見守る立場のキャラかと思っていたら、随分とアクティブ。見守るの意味がちげーよ。


彼はタキシード仮面的な立場でもラスボスでもどっちでも楽しめそう。
個人的にここが楽しみで観てる節がある^^;

評価は【普通】のコメントで。
この作品が全日枠と同じような路線で作られている、という点を考慮できる人でなければ、本作を楽しめる人ってそんなにいない気がする。

この評価板に投稿する



2014/07/07 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2202 ホスト:2306 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/可愛い 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. アイドル事変 感想#01 by エスパー
... 「私が国会議員になっても」◆ ★★★★☆ なにこのアニメ…w マダオの暑苦しいナレーションとかアイドル議員とか老害党ならぬ楼凱党とか麻雀大好き小泉さんとか、 もうあからさまにバカアニメだと開き直っているんですけど、1話時点ではそんな狂ってはいないかな。 だけどこのバカっぷりはどうしてもファンタジスタドールを彷彿とさせられたのです…。 次第に面白おかしく ...
記事日時:2017/01/10 [表示省略記事有(読む)]
2. 眼鏡は良い物なのだ! by 斐川 竜斗
... 古代人が七英雄追放した時みたいな目で見るのはヤメテ! 正直僕も昔眼鏡がイヤで、小学生の時某RPGでめがねっ娘をはずしてた事あるからお気持ちはわからなくもないけど… 3次元のめがねっ娘は意外と疎まれないのよね。 ゴーバスターズとキョウリュウジャーでいたけど、意外と批判はなかったので。 よく今のご時世にファンタジスタドールはめがねっ娘 ...
記事日時:2016/05/06
3. 同じ共演者が3人以上いるアニメ2016年1月期(2) by ウクレレ
... エンロジック__剣美親__オルガ・ブレイクチャイルド__キタオカ__ルシフェル スタミュ__那雪透__卯川晶__月皇海斗__楪=クリスチアン=リオン ラクエンロジック__剣しおり__ピエリ早乙女__アテナ ガールズ&パンツァー__武部沙織__河嶋桃__ノンナ ラクエンロジック__アテナ__クロエ・マクスウェル__オルガ・ブレイクチャイルド ファンタジスタドール__羽月 ...
記事日時:2016/04/12 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ