[アニメ]エロマンガ先生: 2017/06/30 竜巻回転


えろまんがせんせい / Eromanga sensei
  • 可愛い
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,244位6,557作品中総合点21 / 偏差値50.96
アニメ平均点1,345位2,892作品中平均点0.84=良い/25評価
2017年アニメ総合点14位238作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:2] 2017/06/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(71%) 普通:103(14%) 悪い:105(15%)] / プロバイダ: 441 ホスト:66 ブラウザ: 5171
伏見つかさ原作、かんざきひろイラストと来れば何と言っても俺妹コンビ再びで、
前作の俺妹を視聴した立場となれば本作にも注目しなくてはという所でしたが、
全12話を視聴した感想としては当初の期待通りに楽しめました。

まずは本作に対する率直な感想を言えば紗霧が可愛いの一言なんですが、
尤も「紗霧が可愛い」という感想は極めて在り来たりかも知れないけど、
それでも在り来たりな一言を最初に言わずにはいられないと申しますか、
特に本作の場合は紗霧の可愛さをどの様に表現するかに力を入れていて、
それはスタッフの中に「紗霧アニメーター」というメインヒロイン専用の役職を入れてる位に
紗霧の可愛さを全力で引き立てようという意気込みが感じられて、
実際に紗霧の表情や仕草を見てるだけでも楽しめますね。

また紗霧の可愛さ以外でも本作を楽しめた部分も挙げるなら
キャラ同士のコミカルな掛け合いが実にテンポ良く観られて、
この辺りに関しては俺妹の良い部分を引き継いでる感じですが、
尤も本作のノリに付いて言うとあまりに俺妹に似ていると云いますか、
そもそも意図的に俺妹で見られた演出を取り入れており、
例えば1話でエロマンガ先生バレの危機に陥った紗霧に対して
正宗が慌てて紗霧の部屋に駆け出して行くシーンなんか
俺妹1期4話で京介が桐乃の部屋に慌てて駆け出すシーンに似てるし、
それと3話でエルフに叩かれて正宗がグルグル回るシーンは
あやせに蹴られた京介がグルグル回るシーンと一緒ですし、
そして11話で正宗が「あーきはーばらー」と言うシーンは
桐乃が秋葉原に来る度によく使ってた言葉で、
とにかく本作には俺妹ネタが色々と取り入れられてますね。

また俺妹関連に付いてさらに言えば8話で黒猫が登場したり、
そして11話では桐乃も登場して、しかも桐乃に正宗の作品の感想を言わせるという
この辺りは実に面白い試みというか、こういったサービス的な部分は
原作者の脚本回だからこそ書ける内容だったかなという所でしたが、
何はともあれ俺妹を視聴した立場としてはこういうサービスはニヤリと出来ますね。

それと本作の内容を俺妹と比較しながら幾つか言わせてもらうと、
俺妹に関しては桐乃のキャラに付いてや、或いは黒猫VS桐乃のラブコメ論争、
それと中学生がエロゲをプレイする問題や、そして期間限定とは言えまさかの実妹END等、
当時の俺妹のストーリー内容は荒れる要素が多くファンの間で色んな論争が巻き起こったが、
そんな当時に荒れまくった俺妹に比べると本作は実に平穏と云いますか、
俺妹に比べて随分と造りがマイルドになった印象ですが、
この辺りに付いては原作者の伏見先生が徹底して荒れる要素を排除していて、
例えば桐乃の場合は性格がキツイ部分が多々見られて好き嫌いが分かれたキャラに比べると、
紗霧の場合は性格が大人しくなったというか桐乃に比べると嫌われる要素を無くしたのと、
それと義妹設定とした事で実妹ENDで荒れた俺妹と違って妹ENDを受け入れ易くさせたこと、
後はヒロインを紗霧1強と決めてる事で黒猫VS桐乃みたいなラブコメ論争も排除した形となったが。

こうして改めて見ると俺妹の時の反省が見られてると思うが、
でも一方では俺妹に有ったアクの部分を取り除き過ぎた結果として
平穏になり過ぎた部分が逆に物足りないというか、
何だかんだ言いながら俺妹のアクの強い部分がそのままストーリーの牽引力となってただけに、
俺妹に比べると本作のストーリーの引きという点に関しては弱さも感じ取れるが、
ただストレスフリーで作品を楽しみたいなら俺妹よりも本作の方が楽しめる造りとなってますね。

最後に本作を纏めると正宗と紗霧の兄妹の絡みを中心にした日常コメディが楽しめたし
また紗霧を初めにエルフ、ムラマサ先輩、めぐみ、智恵といったヒロイン達の可愛さも良くて、
改めて本作に付いては当初に期待した通りに楽しめましたし、
それに評判の方も中々良さそうなのでここは2期の実現に期待したいですね。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ