[アニメ]エガオノダイカ


Egao no daika
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,620位6,279作品中総合点-5 / 偏差値46.60
2019年アニメ総合点75位80作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優0.00(普通)1
音楽-1.00(悪い)1
映像-2.00(とても悪い)1
キャラ・設定-3.00(最悪)1
ストーリー-3.00(最悪)1
道徳心&モラル100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

地球より遥かかなたの星にある、笑顔に溢れた王国。

王女のユウキは十二歳、そろそろ多感なお年頃。毎日泣き、笑い、時には

監督:鈴木利正
シリーズ構成:猪爪慎一
キャラクターデザイン:中村直人
音響監督:たなかかずや
日本 開始日:2019/01/04(金) 21:30- WOWOW TV
[開始日詳細]
TOKYO MX 2019年1月7日(月)より 毎週月曜日22:30〜

読売テレビ 2019年1月7日(月)より 毎週月曜日25:59〜
オープニング動画 (1個)
エガオノカナタ
歌:Chiho feat. majiko [ファン登録]
1,14433
最近の閲覧数
1936211312
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/12/07 / 最終変更者:小島かじり虫 / 提案者:小島かじり虫 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/16 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(40%) 普通:1(20%) 悪い:2(40%)] / プロバイダ: 8381 ホスト:8448 ブラウザ: 5515
【良い点】
作品としてきちんと完結していた点は良かった。

【悪い点】
タツノコプロ創立55周年記念作品としては、期待外れな作品だった。
一方でタツノコプロ40周年記念作品の『鴉 -KARAS-』は、40周年記念作に相応しい素晴らしい作品だった。
また『鴉 -KARAS-』は、第5回東京国際アニメアワードオリジナルビデオ部門優秀作品賞受賞作品でもある。
『鴉 -KARAS-』と『エガオノダイカ』を比べてしまうとやはり『エガオノダイカ』は、
タツノコプロ創立55周年記念作品に相応しい作品とは言えないと思う。

【総合評価】
全12話という短い話数の中でSFロボット戦争アニメを作るのはやはり無理があったと思う。
せめて24話あれば8話ずつで2人の主人公に交互にスポットを当てつつ、
残り8話で2人の主人公が出逢い、協力して戦争を集結させるというふうに上手くまとめることができたのではないかと思う。
せっかくの55周年記念作品だったのだからクラウドファンディング活用するなどして
予算をしっかりと確保してから制作すればよかったのにと思う。
次の60周年記念作品に期待したいと思う。

2019/04/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1548(52%) 普通:747(25%) 悪い:664(22%)] / プロバイダ: 25017 ホスト:25320 ブラウザ: 8629
第一話は明るめのロボットアニメでしたけど、タイトルが「笑顔の代価」ですから
けっこうエゲつない展開が待っているのかもしれない。。。との心構えでいましたが
それでも幼馴染のシーンには衝撃でした。てっきり二人の絆の物語になるとおもって
いましたから

そこからは一国の王女であるユザナ姫だけでなく、戦争している帝国側のいち兵士であるステラの
二人を主人公に戦争を両陣営からの視点で描くことで、正義や悪では括れない争いの悲惨さや虚しさ
を表現していましたが、、、

けっこう重厚になりそうでしたけど、何というか、戦争によってお互いが大切な人を失っていく。
という描写しかできておらず(厳密にはだけではないけど)ドラマ面が圧倒的にパワー不足なんです。
一話ごとに主観を切り替えていくため本当にどちらもが主役になっていたし、おもしろい試みでは
あったんですが、お互いがお互いを盛り上げていたというよりは、0.5クールの半端なアニメが
二つあっただけってかんじ

ラストの両主人公の邂逅だったり、「笑顔の代価」のタイトル回収だったりにしても
こういう繋げ方をするんだ〜。って程度で盛り上がりませんでした。典型的な2クールで
見たかったアニメ。これは1クールじゃムリですわ

[推薦数:1] 2019/03/28 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:159(44%) 普通:89(25%) 悪い:114(31%)] / プロバイダ: 14854 ホスト:14895 ブラウザ: 8285
【良い点】
声優がちょっと有名な人達を使っている

【悪い点】
作画悪いところがいろいろ見られる
素人が見ても戦争ものとしてもガバガバすぎる
ロボの意味がある?ってぐらいシナリオの必然性もアクションの売りもない
EDがなんかヘン
お花畑、頭の中のお花畑

【総合評価】
やりたいことは戦争は良いものじゃないとか行き過ぎた技術は環境に悪いとかやりたいのでしょうか?
でも話としては全く楽しいとも思えなければ感心するほど深い感じに話が作れてないと思います。
そもそも、大筋のやりたいことはわかるけどそれまでの展開や行動とかが大雑把すぎて
戦争の行動としても悲惨さとしてもなんか悲劇の展開が安直に人が死んでというのが使いすぎた感じがします。
一話で姫の幼馴染の少年を主役に書いておきながら序盤で死ぬとかも意外性狙ってかもしれませんが結局それだけだったなと

ダブル主人公でやってる感じでしたが結果としては両方共薄味になった感じがしました。
でも、片方に集中できたところで今となっては全く期待できないものになったんだろうなと

お花畑な内容から成長していくのかなと思ったら最後まで見て真性だと思ってドン引きました
姫の目論見通り作中でエネルギーがなくなっても苦しいことが起きるぞって言ってて終盤の主軸のようになっていて強調もされているのに
エピローグでは戦後の混乱と一緒くたに一言数秒の画で流される程度
正直寒気がしました。

死語になりかけている感じがする「意識高い系」ってのが頭をよぎりましたがこれは実力含めていろいろたりなさすぎると思いました。

この評価板に投稿する



2019/03/28 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 14854 ホスト:14895 ブラウザ: 8285 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事道徳心&モラル 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像とても悪い(-2 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ