[アニメ]ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか: 2018/02/20 無慈悲1020


だんじょんにであいをもとめるのはまちがっているだろうか / Dungeon ni deai wo motomeruno wa machigatte irudarou ka
  • 面白い
  • 可愛い
  • 熱血
  • 友情
  • 格好良い
  • 感動
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,346位6,558作品中総合点19 / 偏差値50.61
アニメ平均点1,277位2,892作品中平均点0.90=良い/21評価
2015年アニメ総合点27位261作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2018/02/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:179(72%) 普通:41(16%) 悪い:29(12%)] / プロバイダ: 13350 ホスト:13318 ブラウザ: 4721
【良い点】

・画は綺麗で良い。
・キャラも個性があっていい。
・OPが意外に良い。
・声優の演技も良い。

・何よりストーリー構成が本当に良い。
・盛り上げどころが上手く、日常やギャグパートの切り替えも良い。
・ラノベ原作としてアニメでは完結してない割に1クールを上手くまとめたように思います。

【悪い点】

・特に無いと言いたいが、悪い点ではなくラストは少し説明不足気味でかけ足だった。

【総合評価】

原作未読、アニメのみ視聴での評価でしてアニメ外伝のソードオラトリアも視聴しています。
つい先日に第二期と劇場版の制作が発表されたので、まだ評価していない1期を見直してみました。

皆様の評価も拝見しましたが意外に評価が高く無く残念でした。
私はかなり高く評価しています。

細かい内容は省きますが、とにかく何が良いかというとストーリー構成が飛びぬけていいと思います。
噛み砕いていうと作品としての世界観を高く評価しています。

「世界を守るために魔王と戦ってモンスターを倒してレベルを上げる」というようなファンタジーのような作品ではなく、
「冒険者としてお金を稼ぐためにモンスターのいるダンジョンに自ら潜ってレベルを上げる」というもの。
戦うために神の眷属となりファミリアに所属するなど、まさにラスボスのいないRPGゲームといった感じなのです。
では当初の目的・目標としている事は何だったのかというと・・ダンジョンで出会いを求めて綺麗な女の子と仲良くなりたいという事。
すなわち、バトル要素とレベル概念のあるRPGギャルゲーの様な感じ。
ですので、地上にいる時はギャグありの日常、ダンジョんに潜った時だけ真面目なバトル描写というメリハリのある世界観が実現されており、
コメディ部分とシリアス部分のケジメがしっかりついています。
それでいて大部分の事象に納得できる理由づけがなされているのも評価できます。

ただ、最終話は少しかけ足で説明不足は否めませんでした。

評価は第二期の制作と劇場版制作決定の期待も込めて「とても良い」で。
[共感]
2018/02/21 「世界観」同感です。クラシックなRPGといった雰囲気で、ラスボスをさくっと提示しない分だけぼんやりとはするけれど、生活感だとか人間関係などの描写が丁寧で見やすかったです。そこに今風のお色気やコミカルな要素がバランスよく追加されていて上手かったと思いました。 by wein



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ