[アニメ]ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記


どらえもん のびたのねじまきしてぃぼうけんき / Doraemon: Nobita's Adventure of screw city
RSS
注意: 関連作品
アニメ総合点=平均点x評価数6,229位6,386作品中総合点-28 / 偏差値42.84
アニメ平均点2,663位2,844作品中平均点-0.93=悪い/30評価
1997年アニメ総合点109位113作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)8
映像0.75(良い)8
音楽0.38(普通)8
ストーリー0.12(普通)8
キャラ・設定-0.25(普通)8
考えさせられた38%3人/8人中
怖い25%2人/8人中
楽しい25%2人/8人中
面白い25%2人/8人中
可笑しく笑える25%2人/8人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

22世紀のはずれ福引き券を交換し、小惑星を手に入れたのび太(声・小原乃梨子)。彼はドラえもん(声・大山のぶ代)の道具を使って、惑星に生命を与え、オモチャの国であるねじ巻き都市を建設する。しかし、オモチャのブタのピーブが落雷で突然変異、ねじ巻き都市の指導者となり、惑星はのび太たちの制御を離れることに。しかも、凶悪犯が偶然に迷い込んで、都市とドラえもんの不思議な力を悪用しようとする。劇場版第19作。原作者の藤子・F・不二雄が手がけた中では、これが最後の作品となった。
■スタッフ
監督:芝山努
原作:藤子・F・不二雄
脚本:藤子・F・不二雄
日本 開始日:1997/03/08(土)
オープニング動画 (1個)
ドラえもんのうた(山野さと子版)
歌:山野さと子 詞:楠部工 作曲:菊池俊輔 編曲:菊池俊輔 [ファン登録]
[もっと見る]
28,3823030
最近の閲覧数
2310650112
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/03/12 / 最終変更者:kunku / その他更新者: ねぶそくのタカ / 管理人さん / 提案者:孔明 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/05/30 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 80 ホスト:217 ブラウザ: 15138
【良い点】
ぬいぐるみが可愛いです。

【悪い点】
ラストの戦闘シーンがあっけないです。
熊虎鬼五郎サイドが簡単に負けるのが早すぎです!ドラえもんサイドは道具があるので!勝って当たり前です。
ほくろとピープの会話シーンもドラえもんサイドが途中で遮って不満です。
せめて、熊虎鬼五郎サイドがドラえもんから四次元ポケットを何処かで取り上げてくれれば、話は盛り上がりました。
ほくろは最後まで、原型の熊虎鬼五郎と戦わないで全部言いなりで不愉快です。

【総合評価】
つまらなかったです。

2017/05/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1581(52%) 普通:781(26%) 悪い:681(22%)] / プロバイダ: 31359 ホスト:31556 ブラウザ: 8593
ドラえもん映画の第十八弾は大宇宙で大冒険シリーズです

のび太が奇跡的な確立で発見した惑星を、ドラえもんのひみつ道具で都市へと発展させていく。というもので
ネジを巻けば命を吹き込むことができる「生命のねじ」を安易に使いまくっていますけど、命を生み出すとか
考えてみるとけっこう恐ろしいことしてますよね

そんな生み出されたる動物たちが自らの意思で社会を築いていくという流れは「創生日記」にも
通じるものがあったし、動物たちと会話するというあたりは「アニマル惑星」にも通じるものがありました

そこに地球の指名手配犯である熊虎鬼五郎が入り込んできて、しっちゃかめっちゃかになっていき
さらには種巻くモノまででてきて、設定と展開はちょっと強引で全体的な流れは荒っぽいんですけど
それも良さの一つだったとおもいます

ところで本映画のゲストキャラクターって一人に絞るとしたら誰になるんでしょう。ピーポはあまりに
出番がなさすぎるし、となると出番も多いしドラマもあってドラえもんたちとの交流もあるのは、、、
まさかホクロか?だとしたら現代人で地球人のゲストってドラえもん映画史上初ですよね(たぶん)

2017/03/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:255(66%) 普通:35(9%) 悪い:94(24%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8284
【良い点】
ねじ巻き都市
ドラえもんの道具で命を吹き込んだおもちゃたちを住まわせるのに作った街。命を吹き込まれたおもちゃがキャラになる辺りも他の映画と被っていないから良さを出してる。

のび太の小惑星引換券のはずれ券の間違い
ご丁寧にどの数字の部分が間違っているのかを見せて、その星の創造主である種まく者にもツッコまれたのは原作以上に面白かった。

脱獄囚にも訂正されるジャイアンの誤字

熊虎 鬼五郎の順応性の高さ
悪役の魅力を良く出してる。順応性の高さで。

話の内容
良い話だった。

【悪い点】
ない。

【総合評価】
藤子先生の遺作であるねじ巻き都市冒険記、この映画の評価は最高!

[推薦数:1] 2016/10/08 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(33%) 普通:1(1%) 悪い:83(66%)] / プロバイダ: 37893 ホスト:37927 ブラウザ: 5407
ぬいぐるみだということを除けば、アニマル惑星と
あんまり差別化ができていない印象があります。

しゃべって、二足歩行の動物っぽい生物が出てくると、
何かと環境問題を取り上げるので、結構うんざりします。

アニマル惑星も翼の勇者も私は全く評価していませんし、
今作も環境問題を取り上げた時点で評価は低くならざるをえません。

太陽光発電が100%環境にいいとは思っていません。
あれも所詮「工業製品」ですから。

まあ、それは置いといて、今作はとにかくホクロが嫌いでした。

気弱で臆病すぎて、オリジンの鬼五郎に立ち向かおうとせず、
「社長の命令だから」、「仕方ないだろ。俺も鬼五郎なんだから。」
と、何かと言い訳ばかり。
鉄人兵団のミクロスのように、勇気をふりしぼって戦うことを
しないので、終始微妙なキャラでした。

最後は、鬼五郎を一人に集約して、ホクロの人格に変わり、
「自首するよ」と言って、地球に帰って行きましたが、
「俺も鬼五郎なんだから」と、言い訳していたのが、
気になります。
自首しても、あるいは自首する前に「仕方ない」とかなんとか
自分に言い訳してまた犯罪を起こすのではないかと思います。

あるいは、自首する場面はありませんでしたから、
ホクロの人格にみせたカモフラージュなのではないか
とも疑ってしまいます。

個人的にドラ映画の中でホクロが一番嫌いかもしれません。

また、今作で登場したひみつ道具「いのちのねじ」や「タマゴコピーミラー」
の印象はよくありませんでした。
勝手に命を吹き込んだりやクローンを増やしたりする行為に、
倫理という大事な部分が抜け落ちていると思います。

今作で一番ダメだったのが、前作の銀河超特急で出てきた
フワフワ銃を使用すること。

基本的に劇場版というのは、前後の作品とは関係性をなくし、
単体で楽しめるようにしなければならないと思いますし、
1話完結の日常系アニメのドラえもんなら尚更そうしなければならないでしょう。

これは完全に製作陣の手抜きとしか思えません。
そもそもひみつ道具ですらありません。

種まくものや、意思をもった植物等、どこか行きあたりばったりな設定
ばかりで、今回は本当に駄作でした。

評価は「とても悪い」で。 最後の小便小僧での鎮火も最悪です。

2015/05/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:1(50%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 15473 ホスト:15398 ブラウザ: 4721
【良い点】
ホクロがいい人でしずかを気を使っているところが良かった
しずかがやっぱりやさしい

【悪い点】
やはり原作の藤子プロの画力のひどさしか記憶にないです。
のび太とかしずかの顔がもう崩壊しているしこれはないじゃんっていうひどさでした。
鬼五郎が何人も出てくるのはその埋め合わせにしか感じなかった。
やはり物語の展開や描き方が中途半端でしかも強引。

ストーリーが無理やりすぎだというのは同意。
最後の下ネタは。下品な下ネタはドラえもんに不向き。

【総合評価】
作品中ワーストトップ。現実的な犯人を扱うのは最低だと思った。しかも顔最悪だし。
こんな柄の悪いキャラクターはドラえもんには不向き。
このキャラが物語をダメにしているといってもいいくらい。
これが藤子作品とは思えないくらい。
非常に後味の悪いドラえもんです。
残念な作品です。

2014/08/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7421(87%) 普通:625(7%) 悪い:458(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21754 ブラウザ: 1975(携帯)
のび太が未来デパートの外れ福引券を使ってどこでもドアで偶然見つけた惑星を舞台に自分たちで一つの文明を作り、開拓させていくという内容でしたが、今回はなんといっても悪役である脱獄囚が序盤から登場してその行動ぶりが描かれていたのが特徴的でしたね。

脱獄囚はまさにもう一人の主人公といっても良い役回りでしたが、名前のとおりかなりの強面である上にしかもドラえもんの道具を使用して自らのコピーを大量に作って子分にするというのはなかなか良いアイディアであると思いますが、正直なところ可愛らしい動物とかならともかく、いかついオッサンだったのでこれには誰得て思ったものでしたね。

他の劇場作品ではジャイアンとかにスポットライトが当てられておりましたが、今回はのび太が一番活躍していたと言えるでしょう。しずかちゃんを助けようとして崖から転落して死んだかと思いきや惑星の植物に助けられ、そして惑星外で途方に暮れていたドラえもんたちをスペアポケットで救ったりといつになく頭が冴えている上にクライマックスでは特技である射的の腕前が存分に発揮されておりましたね。

脱獄囚も最終的に改心したりと比較的纏まったラストだったのではないかなと思います。

2013/07/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:386(68%) 普通:77(14%) 悪い:104(18%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 5135
なんか印象に残ってるシーンが少ないです。
ねじ巻き人形たちの裁判やら話し合いが一番印象に残っている。
ラストの決闘にしても、のび太の射撃なんて今更な感じだし、第一あの脱走犯の絡みが無理やり過ぎて微妙だった。
それと、まるで印象に残らなかった神様(?)も出す意味がよく分からなかったし。

最初のまちづくりのシーンが一番楽しかったですね。

2013/05/26 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2848(60%) 普通:799(17%) 悪い:1123(24%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 9931
ここまで良い所と悪い所がハッキリしている作品も、珍しい。
これが、この作品を視聴中、脳裏に浮かんできた言葉です。

のび太がジャイアン達の前で「馬や牧場を持っている」と言った事が、全ての始まりです。

ドラえもんが持っている福引券(全てスカ)で小惑星を漁って見つけた緑に恵まれた星でのび太達は、生命のねじでぬいぐるみに命を与え、
タマゴコピーミラーで増やし、町を造る。
話の筋は、悪くありません。

星の植物が谷底に落ちようとしているのび太を救う、星が黄金の巨人(神と思われる)の手を離れ、
ぬいぐるみ達ものび太達の手を離れる等を通して制作者の言わんとしている事も、明確。

しかし、このエピソードの敵役の鬼五郎は、テレビの短いエピソードで起用する場合は問題ありませんが、
映画と言う舞台では格が低すぎて場違い感まで漂ってくる。

その上、猿(ぬいぐるみ)が生命のねじを持ち出してどこでもドアを通り理科室の骨格標本やパンダの乗り物、
小便小僧に命を吹き込んで星に連れてきてしまう等のドラえもん達の信じられないミスから話の造りが雑な事も分ってしまう。

その為、評価は「悪い」です。

2013/03/07 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:951(59%) 普通:364(22%) 悪い:307(19%)] / プロバイダ: 23122 ホスト:23164 ブラウザ: 5345
面白い場面は何個かあるんだけど最終的に増えた鬼五郎を1人にまとめてホクロの人が出てきたけど、なんでこのホクロの人になったの?とかホクロの人が悪いことしたわけじゃないんだから自首する必要なくない?とかいろいろ思ってしまう。

2013/03/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:134(48%) 普通:64(23%) 悪い:80(29%)] / プロバイダ: 22860 ホスト:22823 ブラウザ: 7409
大長編の十七作目。藤本先生の遺作。前半の奔放なストーリーは新基軸という感じで悪くなかっですが、後半種をまく人が出て来た辺りから過去作の焼き直しに収まって、はっきりとつまらなかった

2012/12/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 16239 ホスト:16250 ブラウザ: 4626
【良い点】
・動物たちのキャラクターが良い。

【悪い点】
・テーマがいまいち。
・敵役に魅力がない。

【総合評価】
前半、ぬいぐるみの動物たちが村を作ったり議会を催したりしているところはかわいらしくて良かった。
しかし話が進んでいくにつれ微妙に。
敵が小悪党でしかないし、神の話が出てきて完全にしらけました。

評価は「普通」とします。

2011/05/17 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:375(36%) 普通:206(20%) 悪い:472(45%)] / プロバイダ: 15735 ホスト:15617 ブラウザ: 3465(携帯)
【良い点】
序盤はそこそこ良かった。
【悪い点】
敵が脱獄囚のクローンというのはものすごい減点対象。竜の騎士の巨大彗星の方が百倍マシ。
【総合評価】
「とても悪い」で!本作を皮切りに映画ドラえもんは終わる事のない迷走を続けていくのです。

2010/03/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:72(75%) 普通:2(2%) 悪い:22(23%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19731 ブラウザ: 7644(携帯)
『良い点』1ねじまき都市。ねじまき都市のどうぶつ達が可愛いです。2ホクロ。悪役の熊五郎達の中ホクロのみは、最初から良い人で、親分に追随するフリをしてた事もあったという設定新鮮さがあって良いですね。3毎回の映画に言える事。のび太かっこよくなり、ジャイアンが良い奴になります。『悪い点』1下品。小便小僧は、辞めてほしかったです。『総合評価』とても良い

[推薦数:1] 2010/01/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(59%) 普通:0(0%) 悪い:11(41%)] / プロバイダ: 12944 ホスト:13305 ブラウザ: 8652
【総合評価】
種まく者についてですけれど…
神ではあるけれど、F先生だと思います
先生の最期ということもあり、先生から僕たちへ向けた言葉であると思っています。

登場させたのはスタッフたちでしょうが、先生最期の作品として、登場させたのは間違いではないと思います。

神の無責任さを問うこともできると思いますが
F先生が僕たちに未来を託して逝ったという解釈が妥当ですね

このメッセージを入れたいがために作品として崩れた。
本末転倒ですが、こう割り切って観るようにしています。

まあ「仕方ない」というのが正直な感想です

作品としては崩れてしまっているため面白みに欠けてしまい、「最悪」の評価になってしまいますが
スタッフの気持ちを考え、「先生を登場させた」ことにはある程度のプラス評価をしたいと思うので、総合で「とても悪い」とさせてもらいます

ただこの神の登場は、作品の観点から言ったら残念なところです。
こういった登場の仕方は本人も望んではいなかったと推測します。

それでも追悼の意も込めて…
一ファンとして「先生ありがとうございました」という気持ちで神が旅立っていく姿を観ることができたのは、作品の完成度は別にして、素直にうれしかったです。

2009/10/21 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:11(58%) 普通:0(0%) 悪い:8(42%)] / プロバイダ: 11499 ホスト:11582 ブラウザ: 8782
【良い点】
要約すれば前半。福引で当てたとかの設定のあたりはドラ他作品と比べても遜色はないと思います。
またドラえもんが森を気遣う場面なども好印象です。

【悪い点】
敵役、つまり鬼五郎があまりにも力不足というか・・・。
脱走犯という時点ですごく小悪党だし。前科100犯でしたっけ?でもなんかスケールが凄く小さいです。
あと鬼五郎が野比家にくるのが凄く唐突に感じました。前触れ一切ナッシングでしたよね?

あと致命的なのが前半の設定が殆ど後半に生かされていないところ。感動できない上ストーリーも飽きるときたらなかなか褒めれません。

【総合評価】
F先生が最後に関わった作品としてはなんか残念な感じでしたね。
できればF先生がタッチしたのは前半だけだったと信じたいです。
ストーリがgdgdで神とか黄金色のなんとかって色々でてきましたがキャラの役割分担が出来ていない気もしました。
ちなみに原作漫画を後に見たんですが、個人的に漫画版の方がましに感じましたね。あいや、どうでもいいことなんですが。

もっと読む

「【良い点】 ぬいぐるみに命を与え、町を作るという斬新なアイディアは、ドラえもんらしくて実に良いと思い...」 by チビノコ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/03/31 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8284 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. "『ドラえもん 劇場公開映画作品』史"(再) by 陣兵
... (佐久間レイさん)、映像ナレーション(江森浩子さん)、ガイド(天野由梨さん)、ガイドガード(まるたまりさん)、王子(菊池正美さん)、ガンマン(桜井 治さん)、銀河超特急乗客(石川和之さん、土井俊明さん、関根章恵さん、今井由香さん)。 主題歌:「私なか銀河」/海援隊 【"97年】「のび太ねじ巻き都市冒険」 ゲストキャラクター ...
記事日時:2011/04/06 [表示省略記事有(読む)]
2. 「虎」名前を冠するキャラを集めてみよう! 僕生まれは寅年、そんなわけで! by 斐川 竜斗
... 詩) ・大河光太郎(勇者王ガオガイガー) ・日高虎之助(クラン) ・虎子(工業哀歌バレーボーイズ) ・大河冴(百獣戦隊ガオレンジャー) 石鯉さん ・品田虎三(シナトラ)…「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE」より ・タイガー刑事…「こちら葛飾区亀有公園前派出所」より ・熊虎鬼五郎…「ドラえもん のび太ねじ巻き都市冒険」より 宇宙 ...
記事日時:2009/10/15

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: 関連作品
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ