[アニメ]クロスゲーム: 2010/04/01 みゆきちいいいいい


Cross game
  • 友情
  • 涙流した
  • 感動
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,192位6,397作品中総合点22 / 偏差値51.08
アニメ平均点1,492位2,844作品中平均点0.71=良い/31評価
2009年アニメ総合点47位200作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2010/04/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 49816 ホスト:49932 ブラウザ: 7339
【良い点】
・いつものあだち

【悪い点】
・いつものあだち

【総合評価】
およそ一年にわたる長いシリーズ、日曜の朝という時間帯にはふさわしい内容だったと思います。
原作の方は読んでいませんがアニメを見始める前に基本設定である若葉の死は知っていました。
知っているにもかかわらずやはりあの演出にはほろりとくる。また最後に流れる絢香の歌がとても良くてこれでもかと涙腺を刺激してくれました。
恋敵が亡くなった人というのは使い古された設定ではあるけれど、それでもやはり作者独特の心理描写が良く王道ラブストーリーとして素直に楽しめました。

中盤にさしかかると若葉にそっくりな茜という女の子がコウの隣に引っ越してきます。
茜の登場はコウと青葉の関係を変化させるのに重要な役割を果たしましたが、欲を言えばもう少し2人の関係に絡ませてほしかったです。

肝心の野球に関しては専門用語等もそれほど使用せず、周りの解説やリアクションなどでだいたいの凄さが判断できるので野球を知らない人にも充分楽しめるはず。
従来のあだち作品と同じように本作品も野球要素と恋愛要素が同じくらいの配分で万人受けするものだと思います。

物語の締め方も最終回で甲子園出場を出場を決め、青葉との関係も決着がつき上手い具合に爽やかにまとまっていました。
作者特有のセリフまわしやどこかで見たような主人公像など、あだち作品の常連客にとってはまたかとつまらなく感じてしまう人もいるでしょうが、このアニメが初めてという方には充分楽しめる内容だと思います。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ