[アニメ]コードギアス反逆のルルーシュ R2


こーどぎあすはんぎゃくのるるーしゅあーる2 / CODE GEASS Lelouch of the Rebellion R2
  • 感動
  • 面白い
  • 格好良い
  • 友情
  • 涙流した
  • 考えさせられた
RSS
注意: 「コードギアス反逆のルルーシュ」(第1期シリーズ)はこちらのページ
アニメ総合点=平均点x評価数98位6,382作品中総合点191 / 偏差値78.80
アニメ平均点1,481位2,843作品中平均点0.72=良い/265評価
2008年アニメ総合点5位227作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.99(とても良い)68
映像1.69(とても良い)68
音楽1.66(とても良い)68
キャラ・設定1.43(良い)68
ストーリー1.34(良い)68
感動60%41人/68人中
面白い57%39人/68人中
格好良い56%38人/68人中
友情46%31人/68人中
涙流した43%29人/68人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

世界の1/3をその勢力下に治める巨大国家、神聖ブリタニア帝国。
「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器を駆使した圧倒的な軍事力。
日本はブリタニアに支配され、占領地のひとつ「エリア11」となった。
日本人は「イレヴン」と呼ばれ、自由と伝統、権利と誇りを奪われた。
[スタッフ]
企画:内田健二 竹田〓滋 川城和実
ストーリー原案:大河内一楼 谷口悟朗
キャラクターデザイン原案:CLAMP
日本 開始日:2008/04/06(日) 17:00-17:29 TV / 終了日:2008/09/28
公式サイト
1. コードギアス反逆のルルーシュR2 (MBS公式)
2. コードギアスシリーズ公式サイト
3. コードギアス 反逆のルルーシュR2 Web
オープニング動画 (2個)
O2〜オー・ツー〜
歌:ORANGE RANGE
詞:ORANGE RANGE
作曲:ORANGE RANGE [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
390,080393265
最近の閲覧数
2021133102610102214
5人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/12/20 / 最終変更者:S・N / その他更新者: kunku / 管理人さん / 雪霞 / Barnirun / ダイゼンガ- / 提案者:愛の化身 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/09 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 47699 ホスト:47620 ブラウザ: 8285
【良い点】
意外と面白い学園パート

【悪い点】
一人で全キャラのウザさを終始背負っているスザク

【総合評価】
W主人公と言うにはあまりにも信念も節操もないスザクの描き方がなぜこうなった?という感じ
アニメ全体として、このスザクのウザさがとくにプラスになっていたりストーリー上必要な感じもしないので
もうちょっとここだけは頑張っていればよかった

2019/04/08 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:1(50%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 27714 ホスト:27617 ブラウザ: 8285
【良い点】
エンタメ性に特化している
面倒な心理戦や作戦の裏工作、説得や記憶操作はすべてギアスに一任している事で
恐ろしいほどのテンポの良さ

【悪い点】
しいて言うなら、スピード感の犠牲になっているリアリティ
超能力で解決しないだろう部分も勢いで押し切ってるところが山のよう

【総合評価】
次が気になる!すぐ見たい!という意味では
史上最高のアニメの一つだと思う
バックグラウンドの理解も非常に容易で、1周目・画面上だけで得られる情報で
十分ほとんどわかる平易さなので、ストーリーにものすごく没頭できる
1期は秘密と謎をたくさん抱えていたことが面白かった最大の要因だと思うが
2期は最初から秘密なし、謎もそれほどない状態なのでドキドキ感はだいぶ減るが
その分劇的な展開はパワーアップしてて遜色ない出来になっていた
矛盾だらけとか信念がコロコロ変わるとかご都合主義みたいな指摘もたくさんあるけど
一応すべての展開にはそれなりの理由が用意されているので、
エンタメ性をすべてに優先するという信念はすごいと思う

初見なら最高、2回目以降は普通〜良いくらいだと思うのでトータル的にはとても良いくらいか

2019/03/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 1578 ホスト:1311 ブラウザ: 9310
【良い点】
1期も好きだがR2の方がより楽しめた。スザクの影響が強いかな。それとシアワセネイロはもはや芸術。

【悪い点】
なし。

【総合評価】
最高で!

2019/02/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:605(59%) 普通:256(25%) 悪い:167(16%)] / プロバイダ: 19678 ホスト:19770 ブラウザ: 8289
【良い点】
・1期から続く展開力とストーリーに引き込む力
・おそらくあれ以上の締め方は無かったと思わせる結末
・ジェレミア・ゴットバルトがやたらと格好良い

【悪い点】
・皇帝が思ったより雑魚だった
・人が死に過ぎて悲しい

【総合評価】
1期に続いてとても面白く、感動的ですらあった。

ルルーシュの戦略的、戦術的な戦いは相変わらず面白いのだが、今回は各国を交えた政治的な争いも含まれてきたところが興味深い。
また、戦えば戦うほど孤独になっていくルルーシュの境遇からくる悲壮感もグッとくるものがある。最終的には実の妹とも争わざるを得ないというのは何とも皮肉なものだった。

毎回引き込まれるような展開力は流石の一言で、ラストを含めた起承転結の完成度の高さは他にはなかなか無いだろう。
結末は予想できるものではあるものの、あれ以上の締め方はないだろうなという意味では十分満足がいく。それまでの物語の進め方が濃密である分、ラストの時点では各人物への思い入れがたっぷりあるので感慨深い気持ちになった。

キャラクターも魅力的で、個人的にはオレンジことジェレミア・ゴットバルトがどんどん格好良くなってくるところが一番ハマった。
あれを最初から構想していたのだとしたら相当凄いと思う。
他にもC.C、カレン、ミレイ、ニーナなどなど挙げたらきりがないほど好人物が揃っている。

厨二アニメと切り捨てないで、脚本、展開力、演出などの質の高さを味わってほしい作品。

2018/10/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(62%) 普通:0(0%) 悪い:3(38%)] / プロバイダ: 21272 ホスト:21285 ブラウザ: 8920
【良い点】
いっぱいある。

【悪い点】
たまに無理矢理なとこあるよね。

【総合評価】
ラスト近くは何回みてもぐっとくる。
「ありがとうナナリー、愛してる…」から「そのギアス、確かに受け取った」あたりは本当に素晴らしい。イケメンすぐる。
全体評価は最高クラスで。

2018/10/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(60%) 普通:0(0%) 悪い:6(40%)] / プロバイダ: 3096 ホスト:2839 ブラウザ: 16042
【良い点】
第一期に負けず劣らずの展開の上手さ。
特にコードギアスで上手かったのは、次回への引き。次は一体どうなってしまうんだろう、というEDの入り方が非常に上手かった。
あの演出のおかげで、次の話が気になって仕方なくなる。

また、一期の頃と同じくルルーシュの知略や戦術が光っていた。
ギアスや敵の性格まで踏まえて作戦を立てる姿は、一期の頃と何ら遜色のないものだ。
そのため、KMFを使った戦闘がより面白いものへと変わっている。
何より、敵にもルルーシュと同等かそれに近い指揮官がいることによって、よりルルーシュの戦略の高さが際立っていた。

新たに追加されたキャラたちも個性が立っていて非常に良かった。
当初はロロのことを鬱陶しいと感じ、シャーリーを殺したときはルルーシュと同様激しい怒りを覚えたのだが、それも最期の彼のシーンを見ると霧散してしまう。
彼も彼なりの想いがあったのだ。
それが正しかったかは何とも言えないが、ルルーシュのために行動した結果が間違いだったとは言い切れないだろう。
ルルーシュ、スザク、C.C.、カレンなど、前作から引き続いて登場したキャラたちも、前作と変わらない点と変わってしまった点があり、どうして変わってしまったのかを考えると胸が痛かった。

R2で初登場したKMFも素晴らしいデザインをしていたと思う。
翼を手に入れ、両手にMVSを構えたランスロット・アルビオンなどは、もう本物の騎士のように見えたほどだ。
他にも蜃気楼やヴィンセント、神虎やラウンズの搭乗していたトリスタン、モルドレッドも格好良かった。
一機一機の動きを思い返せる、というのも特徴的だろう。ただライフルを撃つようなロボットアニメとは違い、それぞれのKMFの動きに特徴があって良かった。
あのKMFならこの動き、とすぐに思い出せるのは大きい。

そして、何と言っても今作で最も優れていたのはラストだろう。
ルルーシュがブリタニアの皇帝となり、全ての悪意や恨みなどの負の感情を集め、仮面の騎士に討たれる。
撃っていいのは撃たれる覚悟のあるヤツだけだ。
一期からルルーシュの言っている言葉を使い、あの状況から納得のいく終わり方が出来たのは、本当に素晴らしいことだと思う。
また、ギアスという能力の意味を考えさせられる終わりだった。
リアルタイムで泣いて、またその日の内に見返して泣いたほど、私はあのラストが好きだ。

【悪い点】
たしかにこの物語のラストは素晴らしい出来で、思わずスザクやナナリーと共に涙を流してしまった程だ。
しかし、一期の頃からもそうだったのだが、若干ストーリーが荒いところがある。
特に顕著なのは、ゼロの正体を知った黒の騎士団がルルーシュを責め立て、これまで共に戦ってきた彼をブリタニアに引き渡そうとしたシーンだろう。
あのシーンで、おそらく視聴者のほとんどは違和感を覚えたはずだ。
……まあ、玉城やその他の騎士団メンバーなど、自ら考えることを放棄している連中なら、あの反応も分からなくはない。
だが、あの場には少なくとも、藤堂という戦術でも戦略でも優れた男がいるのだ。
にも拘わらず、前後を切り取られた音声データや、憶測だけで何も証拠のないギアスのことなどを信じ込み、いきなりゼロに銃を向ける。
これはあきらかにおかしい。
しかも、これらは敵の用意したものなのだ。
少しは怪しいと思わないものなのだろうか。
また、ゼロは俺たちを利用している、という発言も今更過ぎる。そもそも、ゼロのことを利用しているのは、扇などを始めとしたレジスタンスの面々全てだ。
一期の二話目からひたすら利用し合ってきておいて、今さら一方的にそんなことを言うのは流石におかしい。
せめて敵の情報を信じるにしても、もう少しギアスの存在に対して対策を練りつつ、ゼロと話し合いの場を持つべきだっただろう。
今まで戦ってきたブリタニア側と、これまで何度も奇跡を見せてきて、前線に上がりながら戦い続けたゼロ。黒の騎士団は、対話の道を選ぶことすら出来なかったのだろうか。
その辺りは大きな疑問点だ。

また、キャラの良さを語りはしたが、良さが薄れてしまった者も多い。
二期でキャラが増えてしまったことにより、描写が減ってしまったせいだ。
もっとも、それらの理由とは関係なく、黒の騎士団の好感度はかなり下がってしまったが。
四聖剣の卜部や、最初から最後まで自分の考えを曲げず、最後の最後にはスザクのことをゼロと言い切ったカレン以外は、むしろ(言い方は悪いが)無能を晒してしまっただけかもしれない。
特に扇は不当な暴力を振るったり、敵(それも男爵という高位の女)をゼロや周囲にも話さず養護したりとかなり酷い。
ゼロを引き渡すことで日本を返してもらう、という目論見も失敗し、結果的には優れたリーダーを失ったことで、最後の戦いにおいてはブリタニアの手足になってしまっている。
駒にはなりたくないと言いつつ、シュナイゼルの手足になってしまったのは致命的としか言いようがない。

戦闘シーンは比較的良かったのだが、一期の頃のような市街戦を駆け巡る戦いが減ってしまったのは残念だ。
一騎当千のキャラが増えすぎた、というのも少し微妙だったと思う。

【総合評価】
総合的に見ると、悪いところはありつつも名作の部類だろう。
多少力業が見え隠れする部分はあるものの、そういったマイナスな点を遥かに上回るほど、この作品は面白いのだ。
しっかりと終わりを見せてくれた、というのもポイントが高い。
これから先、スザクやナナリーが政治を上手くこなしていけるのか、シュナイゼルへ掛けたギアスは解けないままなのか。
そういった部分も気になってしまうが、現時点でのこの作品の終わりとしては完璧だっただろう。
突っ込みどころが無いと言えば嘘になるが、その突っ込みどころが気にならなくなる位面白い作品だった。

2018/07/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(58%) 普通:14(19%) 悪い:16(22%)] / プロバイダ: 2341 ホスト:2506 ブラウザ: 8293
【良い点】
前作同様引きが凄い
エンタメもOK

【悪い点】
ゼロが何者だろうとトウドウはそんな風にならない…

【総合評価】
やり残したことを急いで全部押し込んだ印象
終盤にストーリーのほつれが目立つ
C2の自分を殺してほしい的な伏線も回収されず
精神世界での仮面がどうとかも取って付けた感じ
ただ結末はそれほど悪くない

2018/04/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:1(17%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 10241 ホスト:10338 ブラウザ: 10172
前作から視聴済みで作品の雰囲気だけで感動させられる類
この空気作りは本当に凄いと思います。
しかし登場する新メカ群の性能の激しいインフレなどは前作に
比べリアリティの落としどころが少し低いところになっていて
今作から登場の新キャラも前作からのキャラに比べてキャラが
描ききれて無い印象があるので、そのあたりは少しマイナス。
なにはともあれ、ルルーシュの物語という広げた風呂敷を
しっかりと畳んでケリをつけているので、前作を視聴して
面白いと感じた人にはもちろんオススメです。
というか視ないことは無い筈であり、当然視るべきである。
シリーズ通してとにかく娯楽性が突き抜けた作品だと思います。
評価は良い。

2018/04/21 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:424(75%) 普通:46(8%) 悪い:95(17%)] / プロバイダ: 12769 ホスト:12532 ブラウザ: 8283
1期ラスト辺りから既に微妙になりそうな兆しはあったんですけど・・。に最初のスザクに連れられて親父に無理やり詫びを入れさせられて記憶消されて助けられるというルルーシュを見て最初からあまりのダサさにはじめからテンション下がりました。黒の騎士団復活からの中盤辺りからgdgdが酷かったりというのもあったり・・。ルルーシュは株どうしようもなく下がりまくりましたけどスザクは1期の時と打って変わって活躍したっていうのが良かったとこかなあ。。

2017/11/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:486(71%) 普通:101(15%) 悪い:96(14%)] / プロバイダ: 651 ホスト:220 ブラウザ: 4721
少し前に1期・2期と纏めて視聴したので改めてコメントしたいと思いますが、
因みに本作の感想に付いては1期・2期と纏めた形で述べようと思います。

まず本作といえば異能力・ロボット・学園・恋愛・頭脳戦・復讐など、
とにかく色んな要素が詰め込まれてるのが本作の特徴で、
この辺りを良く言えばバラエティに富んだ宝箱みたいな楽しみ方が出来ると言えますが、
逆に悪い言い方をすると闇鍋のごとく詰め込んだ掴み所の無い作品とも言えるけど、
まあ言い方に関しては一先ず置いとくとしても、
ただ、これだけ色んな要素を詰め込むと並みの作品なら完全に破綻する所だけど、
この様な内容を破綻させず4クールきっちり纏めた辺りに本作の非凡さが伺えますね。

それと本作といえば視聴者の目を引き付ける事に関しては圧倒的に長けていて、
名話において必ず盛り上がるポイントを用意しながら、
さらに次回への引きという点も興味深く作られており、
この辺りを一言で表すならストーリーが面白く目が離せないという所になりますが、
特に本作の面白さに付いて言うと一つは初見時におけるサプライズが物凄く効果的で、
視聴者としては常に先の読めないストーリー展開に釘付けとなりながら、
さらに本作に対しての興味を惹くという点に付いて言うなら視聴者の高揚感を掻き立てる演出が凄くて、
例えばランスロットの発進シーンとかはBGM効果も含めてテンションが上がりますし、
またKMF戦のスピーディー且つ滑らかに動く戦闘シーンはメカ戦の醍醐味が見られて、
この辺りは流石にロボットアニメの老舗サンライズ制作という所で、
後はルルーシュがギアスを使用したり或いはゼロとして道化を演じたりなど
本作は様々な場面においてケレン味に溢れたシーンが用意されてるというか、
とにかく派手なパフォーマンスを見せ付ける事で視聴者の興味を誘うというのが
コードギアスという作品の特徴であるのと同時に魅力的な所でも有りますね。

そして本作で何よりも良かったのは主人公であるルルーシュのキャラが立っていて
ストーリーを牽引して行ったので面白く観られましたが、
それにしてもルルーシュに付いて言えば非常にキレ者で例え不利な局面でも
自身の知略を以って局面を引っ繰り返す所は爽快感が有ったり、
しかもゼロとして派手なパフォーマンスを演じる姿も面白いのだけど、
ただゼロとして尊大に振舞う姿を見せる一方で意外と情に流されてしまう脆さも有り、
そんな脆さを見せる故にピンチを招くルルーシュの姿というのも
ストーリー的には目が離せなくなり視聴者側としてもハラハラさせられるが、
因みにルルーシュに関して言うと彼ほど激動という言葉が似合うキャラも居ない気がして、
C.C.からギアス能力を授かり、その後は黒の騎士団を立ち上げてブリタニアに戦いを挑みながらも、
しかしストーリーの後半になってからは正体がバレて黒の騎士団を追放されたかと思えば、
最終局面を迎える頃には何と自らブリタニア皇帝の座に付いてるという、
ルルーシュを取り巻く状況も4クールの中において色々と変わって行きましたが。

そういう分けで本作はストーリー展開や登場キャラの関係性が二転三転して、
この辺りに付いて言うなら確かに面白さと驚きを得られたのと同時に
少なからず状況を整理するのが面倒な部分も感じられて
果たしてストーリーを上手く纏められるかどうかの不安も有ったけど、
終わってみれば当初に抱いた不安は杞憂に終わりながら、
さらにゼロレクイエムの種明かしに付いては成程と唸らされたが。

まあルルーシュが自らの命を賭けて世界を変えるという目的を果たした一方で、
ナナリーからすると最愛の兄と死に別れという結末にはやるせない物が有りますが、
ただルルーシュがギアスの力を手に入れて血塗られた道を突き進もうとした時点で
ルルーシュに人並みの幸せを過ごす道は無くなったというかルルーシュ自身も覚悟の上の行動で、
それが1期の1話で言ってた「討っていいのは討たれる覚悟のある奴だけだ」という台詞が
2期の最終話で伏線として回収されたかと思うと改めて上記の言葉の重みが感じられるのと同時に、
1期1話と2期最終話が上手く繋がってる構成が見事という感じですが、
改めて1期から計4クールにおける本作のストーリーを思い返すと
ルルーシュが数多く背負った業の深いドラマが見応えが有りながら、
さらに劇中で再三に言われた「嘘」というテーマの部分も考えさせられながら、
上手い具合にストーリーに溶け込ませていましたね。

それでは最後に本作を纏めると一言で表せば非常にエンタメ性に溢れた作品で、
本作は派手なパフォーマンスと視聴者へのサプライズを見せ続ける事で、
常に盛り上がりを絶やさず視聴者の興味を惹き続ける面白さを発揮しましたが、
それにしても改めて本作に付いて言えば昨今のアニメは1クールの短い企画が当たり前の中で、
本作は1期目からも含めて計4クールの企画をきっちり成功させたという点では素晴しく、
また本作のエンタメ性に溢れた企画は他作品の追随を許さないだろうという意味で、
評価に付いては「最高」にしたいと思います。

2017/07/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:302(50%) 普通:220(36%) 悪い:84(14%)] / プロバイダ: 7799 ホスト:7620 ブラウザ: 5213
一期に比べるとキャラやメカが増えたり、色々とゴチャゴチャしてきて、展開の凄味は多少ダウンした印象だが、展開におけるヤマ場作りの巧さは一期と変わらず、強いインパクトで印象に残るシーンも数多い。とても良かった。
終盤は悲劇的で、結果的に積み重さなった業を支えきれずルルーシュは破滅に至るが、贖罪を兼ねたように見えるゼロ・レクイエムの後味は清清しい。ラストになってスザクのキャラ設定が巧く活かされたのには感心したし、後からじわじわくる強いカタルシスを感じるラストだった。
こんなアニメはかつて見たことなかった。
一期、二期トータルでは、【最高】かな。

2017/03/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(60%) 普通:95(21%) 悪い:83(19%)] / プロバイダ: 1389 ホスト:1596 ブラウザ: 9979
厨二病の元王子の辿った結末とは?
【良い点】
・日本から世界へ対決相手がスケールアップした
・主人公が自ら悪の皇帝になり、世界を統一した前代未聞の展開
・銀河旋風ブライガーのカーメン・カーメンの大アトゥーム計画の木星を爆破しカーメン自ら人柱になる展開を連想する、終盤のゼロレクイエムの仰天展開
【残念な点】
・全日放送へ移動した為、1話お蔵入りの弊害が起きた
・前期のユフィに続き、シャーリーも帰らぬ人となった
【悪い点】
・情報量過多で尺不足の感が否めない
・これなら深夜の半年一期なら、最低四期か六期まで必要だった(但し、深夜の長期化は難しいかも)
・ルルーシュ即位後が尺不足で急展開
・続編でルルーシュが復活する事(ルルーシュの生死は視聴者(読者)の判断に委ねられたから良かったのに)
【その後救われた点】
・ゲームでユフィ、ロロ、シャーリー、ルルーシュがそれぞれ救われた事
【総合評価】
あの問題作の後編だけに種運命がはちゃめちゃな未完も同然だったのと、R2までの間にOAされたスカルマンがバッドエンドだっただけに些か心配でしたが、キチンと決着が付き、驚天動地の結末に納得し、あの厨二病元王子が皇帝になり世界を統一したのですから凄まじい展開でしたね。
只、褒めてばかりもいられず、全日放送へ移動した事による弊害や、やはり過大な情報量を無理矢理尺に纏めた感は否めず、残念でなりません。
種運命の丸投げエンドやスカルマンのバッドエンドに対し、キチンと終わらせたので、続編のルルーシュ復活を減点しても評価は普通寄りの【良い】にします。

2017/01/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:88(76%) 普通:19(16%) 悪い:9(8%)] / プロバイダ: 1255 ホスト:934 ブラウザ: 10229
うまくオチをつけたと思う。綺麗な終わりでした。
それゆえに続編の発表は驚きではありましたがかなり期待。

2016/09/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(67%) 普通:0(0%) 悪い:1(33%)] / プロバイダ: 27970 ホスト:27925 ブラウザ: 7469
【総合評価】
ストーリーが1期よりも雑になってしまったが、その分さらに超展開度が増して楽しめた

[推薦数:1] 2016/08/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(91%) 普通:2(9%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4863 ホスト:4636 ブラウザ: 4743
1期から継続して視聴。1期がとんでもないところで終わっていたが2期はとんでもないところから始まっていた。
基本的にエンターテイメントの成立を最優先する制作スタンスは1期から同じ姿勢だと思われるが、1期の構成要素であった知略モノとしての部分よりは人間関係のドラマの方に重心が置かれ、さらにストーリーのスケールを大きくしたことで全体のシナリオ構成はさらに力技となった。

【良い点】
・一話ごとの起伏の作り方
・ヒキのうまさ
・物語の締め方

【悪い点】
・ストーリーがさらに力技
・一部描写不足のキャラがいる
・学園ドラマを挟み込むのは無理がある

<一話ごとの起伏の作り方>
相変わらず目まぐるしく情報を入れ込んでおり、中身の濃い30分を体験した気分になる。これは単純に情報を詰め込んだだけでなく、シナリオの段階で「その話でアピールすること」が明確に定まっているからであり、それがきちんと画面上で整理されて表現できているからであり、間違いなく制作側の長所である。
いろいろ細かい設定はあるとしても視聴者が「なんとなく」で理解してくれればそれでストーリーが把握できる、というポイントを上手く捉えており、これは1期から変わらない美点と言える。
また、複数の視点を並行にカットして進めていく場面が上手で、視聴者に行間を読ませることで各キャラのやり取りを推測させることを上手くやっていると思う(特に17話と最終話を挙げたい)

<ヒキのうまさ>
これも相変わらず抜群に上手。むしろヒキから先に考えて1話を構成しているんじゃないかというくらい、各話のラストシーンでは次回に気になる要素を残し、一話を終える。
大体終わった後の感想も「次回が気になる」という生易しいものではなく「え、これ次回どうするんだ・・・」みたいな感じであり、たぶん制作側の思うつぼである。

<物語の締め方>
アンチヒーローの復讐劇ならばこれ以上の終わり方はないでしょう。ちょっと綺麗すぎるきらいがあるけども。余談だが、1期の感想で構造が近いものとしてPSのゲーム『幻想水滸伝Ⅱ』を挙げたが、アレのグッドエンドが延々と気に入らなかった自分にとってはほぼ最適解な終わり方だった。
全ての自分の罪や業を被って陶酔して死んでいく(もしくはそれを呪いとして不遇に生きていく)のがアンチヒーローは一番似合ってると思う。

<ストーリーがさらに力技>
1期の時点で大分力技だったストーリーは、2期に入ってスケールが大きくなるとともにさらに力技になっていき、「シリアスなギャグ」に片足突っ込んでるような展開もチラホラあった。
また、ストーリーを閉じるにあたって、主要キャラクターのドラマを優先していると思われるところもあり、それがまた力技の展開に拍車をかけている。まず、描きたい一枚絵・シーンが念頭にあり、それを実現するために苦労してシナリオを紡いでいる、という印象。

<一部描写不足のキャラがいる>
またスケールを大きくしたことによる弊害として、一部キャラクターがどうも描き切れなかった印象がある。一番感じるのは終盤のキーとなる兵器を開発するニーナ。だが終盤のキーになるわりにちょっとそこまでの描かれ方が少なすぎる。少ない上に癖のある言動をするのでかなり戸惑った視聴者は多いと思う。ナードが持つコンプレックスとかもうちょっと時間が割ければ面白い要素だと思うんだけどな。

<学園ドラマを挟み込むのは無理がある>
話のスケールが大きくなったので、1期のころから元々食い合わせが悪く破綻寸前だった学園ドラマと戦闘モノの共存はもうほぼ破綻していると言って良い。制作側もおそらくは理解していて2期中盤でシャーリーの死をもって学園モノの雰囲気は根絶される。ルルーシュの心境としてもあそこで日常の要素がバッサリ終わっているのでその雰囲気の根絶にそこまで違和感はないが・・・。

【まとめ】
なんとなく、1期2クールで終わる予定だったものに対して、『本来の終盤の展開を温存し、その代わりにいろいろなシナリオを挿入して2期目をなんとか作りました』、という感じはする。
星刻やロロのエピソードやナイトオブラウンズの面々はそうやって挿入された要素だろう。もしかしたらニーナもそうなのかもしれない。(1期で終わるならニーナの役目はユーフェミアに決心を促すところで完結していたのかも)
逆に、ラスト付近の展開なんかは当初から考えた通りなんじゃないだろうかと。

もともと、主人公の行動原理が『デスノート』などと違い思いっきり私情なので、最終的には人間ドラマに持っていかなければならないストーリーだとは思う。基本的にルルーシュは能力はあっても思想家ではないし、雑兵や民衆の命は歯牙にもかけないクセに身内の不幸は死ぬほど凹むような不公平で、愚かなキャラクターである(そのこと自体がストーリーを面白くしている)。
つまりそれは、知略モノの主人公として失格であり、そういうジャンルのモノとして本作を期待した人間にはやや不満な続編になったかもしれない。
しかしエンターテイメントとしての出来は、やはりズバ抜けている。大仰なセリフもやたらハッタリの効いた演出も動作もストーリーも、舞台演劇のようなものだと捉えると結構しっくりくる。

ベストエピソードはラストの大仰な立ち回りと見事な演出で登場するゼロに爆笑してしまった第9話「朱禁城の花嫁」かな。
[共感]
2016/08/30 エンターテイメント性に特化していて面白いですよね by リザードン

もっと読む

「【良い点】とにかく深い【悪い点】ないと思われ【総合評価】...」 by さみだるれい


次のページを読む

この評価板に投稿する


2019/03/18 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 35967 ホスト:35780 ブラウザ: 8277
第2期です。正確にはセカンドシーズンと言った方がいいでしょう。1期と変わらず面白いです。
長きにわたる闘いの末、たどり着いた結末は?そこに感銘を受けるか否かは各々次第です。僕は前者でした。

2019/02/08 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19678 ホスト:19770 ブラウザ: 8289 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/格好良い/悲しい 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 円盤購入リスト by Docty Junsai
... 化物語 蟲師 輪るピングドラム 絶園のテンペスト AKIRA Black Lagoon Btooom! Fateシリーズ(stay night、Zero、TV版UBW) Free!(1期・2期) Hellsing Ultimate K(1期) NO.6 Phantom: Requiem for the Phantom Psycho-Pass(1期) Wolf's Rain ・購入予定アニメ コードギア 反逆のルルーシュ ...
記事日時:2018/10/31
2. TBS::コードギア反逆のルルーシュ最終回から10年 by 無限堂
... 日、あの問題作のコードギア 反逆のルルーシュが最終回を迎えました。 =window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 前代未聞・厨二病の元王子の反逆劇 本作品が壮絶だった ...
記事日時:2018/09/28
3. NHK「ベスト・アニメ100」の結果について思う事。 by S・N
... co.jp/pickup/6238614 結果としてはこちら↓ 1位「TIGER & BUNNY」 2位「劇場版 TIGER&BUNNY The Rising」 3位「魔法少女まどか☆マギカ」 4位「ラブライブ!(第1期)」 5位「ラブライブ!(第2期)」 6位「劇場版 TIGER&BUNNY The Beginning」 7位「コードギア 反逆のルルーシュ ...
記事日時:2017/05/04
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: 「コードギアス反逆のルルーシュ」(第1期シリーズ)はこちらのページ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ