[アニメ]僕らはみんな河合荘


ぼくらはみんなかわいそう / Bokura wa minna kawaisou
  • 可愛い
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:僕らはみんな河合荘
アニメ総合点=平均点x評価数950位6,362作品中総合点30 / 偏差値52.33
アニメ平均点1,072位2,837作品中平均点1.03=良い/29評価
2014年アニメ総合点21位271作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.44(良い)16
キャラ・設定1.31(良い)16
音楽0.94(良い)16
声優・俳優0.88(良い)16
ストーリー0.75(良い)16
可愛い69%11人/16人中
楽しい50%8人/16人中
面白い50%8人/16人中
可笑しく笑える44%7人/16人中
考えさせられた25%4人/16人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

親の転勤で念願の一人暮らしを始めることになった高校一年男子・宇佐は今時珍しいまかない付き下宿「河合荘」に住むことになった。
河合荘にはあこがれの先輩・律も住んでいて、楽しい高校生活を夢見るが・・・??

河合荘には律のほか、M気のある宇佐のルームメイト・城崎や美人で巨乳だが男運に全く恵まれない酒乱女・麻弓、腹黒猛禽女子大生・彩花など、強烈な個性を持った残念な住人たちに囲まれ、宇佐は彼らに振り回される毎日で・・・!
<スタッフ>
原作:宮原るり僕らはみんな河合荘』(「ヤングキングアワーズ」/少年画報社刊)
監督:宮繁之
シリーズ構成・脚本:古怒田健志
日本 開始日:2014/04/04(金) 02:16-02:46 TBS TV / 終了日:2014/06/20
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
TBS2014年04月03日 - 06月19日木曜 26時16分 - 26時46分
サンテレビ2014年04月07日 - 06月23日月曜 23時30分 - 24時00分
KBS京都2014年04月07日 - 06月23日月曜 25時00分 - 25時30分
CBC2014年04月10日 - 06月26日木曜 27時26分 - 27時56分
BS-TBS2014年04月12日 - 06月28日土曜 25時30分 - 26時00分
キッズステーション2014年04月17日 - 07月03日木曜 23時00分 - 23時30分
ニコニコ生放送2014年04月19日 - 07月05日土曜 22時30分 - 23時00分
ニコニコチャンネル2014年04月19日 - 07月05日土曜 23時00分 更新
公式サイト
1. 僕らはみんな河合荘 公式ホームページ|TBSテレビ
Twitter公式
1. 僕らはみんな河合荘 (@anime_kawaisou) on Twitter
オープニング動画 (1個)
いつかの、いくつかのきみとのせかい
歌:fhana 詞:林英樹 作曲:佐藤純一 編曲:fhana [ファン登録]
[もっと見る]
19,4973229
最近の閲覧数
13253233153
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/02/17 / 最終変更者:アマンドの木 / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/08/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7319(87%) 普通:618(7%) 悪い:455(5%)] / プロバイダ: 2011 ホスト:1821 ブラウザ: 10414
原作であるマンガ版の方はまだ一度も読んだことはありませんが、あこがれの一人暮らしを夢見た主人公が奇妙な住民たちの住む下宿先で周りの人々に翻弄されながらも日常を過ごしていくといった感じの内容の作品でしたね。

主人公の宇佐でしたけれども、ごく普通の男子学生ながら純粋で、なおかつお年頃なこともあってか、あこがれの先輩、理想の一人暮らし生活、理想のシチュエーションと何気にいろいろ夢見てたわけだけれども、一緒に同居することになる河合荘の住人たちによってぶち壊されてしまうさまがデフォルトみたいな感じになっていたかなと。

そんななかで、思春期の男子学生が主人公の作品でありがちないわゆるラッキースケベになりそうなシーンもガッツリではなく、上手い具合に寸止めされていたり、それでいて、ギャグに頼っているわけでもなければ、シリアス過ぎず適度なバランスを保っていたのも好印象でした。

個人的には宇佐にとって憧れの先輩である律が普段は無関心無表情な感じながら、ときどきデレるいわゆるクーデレなところが良かったですね。

しいていうと、全部が全部というわけではなく、中には宇佐に落ち度があるものもありましたけれども、大抵トラブルとかが起こった時はそれに巻き込まれた宇佐がひどい目にあったりと、主人公的には美味しい役回りかもしれませんが、ちょっと世知辛いものを感じたかな。

とはいえ、全体的には肩肘張らずに気楽に楽しめる作品に仕上がっていたと思います。

評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

2017/01/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:88(76%) 普通:19(16%) 悪い:9(8%)] / プロバイダ: 25651 ホスト:25629 ブラウザ: 10229
作品全体の雰囲気がなんとなく良くてとにかく律先輩がかわいい!主人公含めた住人も良キャラ
と言いつつ実は当時放送前にキャスティング見てまた花澤さんかよと思ったりして

2016/04/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:947(59%) 普通:360(22%) 悪い:305(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
綺麗な感じの絵柄に魅かれて視聴しましたっ。
1話目はイメージと違って変人(変態?)ばかりのキャラクターのノリに苦手な感じかなー?
って思ったけど途中からはそんなに気にならなくなりました。
千夏登場あたりくらいかな?キャラクターがいい感じになってきたのは。
で宇佐くんのバイト先にみんなで助けに行く回で麻弓やさやかのような好きになれなかったキャラにも良い所が見えるようになってきたかな。

女子エリアのほうがかなり広く、一歩でも踏み出たら武器で殴られるなんていう設定は
1話目の時点では暴力系ヒロインの流れにならないか心配でしたが、そんなこともなく
むしろ 気を引くためにわざわざ共同エリアで本を読む、好きな人が好きな本を頑張って読んでるなんて知られるのは恥ずかしいから自分の部屋で読んでみる
っていう違いを見せるためのいい作用になってたと思います!

一番好きなキャラは律ちゃんかな。
本にどっぷりはまって強く影響されちゃうとか、人と好きなものの話題話すのは楽しいけど騒がしすぎるのは苦手っていう感じが
なんか共感できるキャラクターでしたw。

エロ系ネタはついてけない部分があるけど2人の関係や住民の微笑ましい感じもあって嫌いじゃない。
2期やるなら見たいかな。評価は良いに近い「普通」でっ。

2016/01/02 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(50%) 普通:0(0%) 悪い:2(50%)] / プロバイダ: 36291 ホスト:36164 ブラウザ: 9081
【良い点】
思春期特有の過程が様々な目線でキチンと描かれている
【悪い点】
良くも悪くも女子の生態
最終回に若干山場が無かったかな
【総合評価】
こしてきた主人公とヒロインとの不器用な恋愛模様を描いた作品。でも正直メインは、不器用な住人との交流が主で
ある意味シェアハウス系統の作品ですが個別回といい日常系アニメの寄りになっているので楽しめます。
喧嘩した子供の仲裁や高校生のサークル関連等、思春期特有の描写がリアルでそれを解決するのには時間と交流が必要なのだという事が判る良い作品だと思います。

でもこの内容ならアニメでもいいですが地方深夜ドラマでした方が映えるなーと思いましたね。
恋愛物初心者にお勧めできる作品です。

2015/10/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:224(48%) 普通:103(22%) 悪い:142(30%)] / プロバイダ: 12929 ホスト:13021 ブラウザ: 5587
【総合評価】

ものすごくツボにハマった。
理屈じゃなく私の好みに合ったアニメだった。

ストーリーの軸は律と宇佐の恋だが、展開のメインは住人とのギャグだった。

設定は、同じ宿舎の住人同士の日常・人間関係・恋だが、高校の寮とは違い、大人が絡んでいる為少しギャグや下ネタも少し対象年齢が高かった。そこが良かった。

各キャラもそれぞれ個性があり、その設定を逸脱することなく描かれていた。
麻弓は特に好きで、自虐ネタオンパレードだったが、その中でも女性らしい可愛らしさが垣間見れた。

律と宇佐の恋は最終話でメルアドの交換までという展開だったが、それも律や宇佐の性格なら良いのかと思うし、ほのぼのとした。

作画も綺麗で、律のアップが可愛くて好きだった。

シロは最後まで一貫してドM。全くブレず、すがすがしいほどのMっぷりは面白い。
縛りの技術は見習いたいほど。(笑)

バイト先で宇佐を助けたり、いつもはイジリ倒してるがいい仲間たちとの生活がとても羨ましくさえ感じた。

[推薦数:1] 2015/08/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 7531 ホスト:7611 ブラウザ: 5151
原作既読、作者さんのファンというか信奉者です。

【良い点】

宮原作品特有の「からっとした毒」を上手く演出していたと思います。
登場人物を甘やかさない、悲劇性に浸ることも、美しくあることも許さない。
かと言って切り捨てるでもなく、優しさも残しており、引きずらない。

人間関係もベタベタさせず、少しずつ縮まっていく距離感をちゃんと描いていました。
この距離感のスローテンポは長所でもあり欠点でもあるんですが、持ち味なので。

麻弓さん、シロさん、住子さんの声がぴったり。
宇佐も批判多いですが、個人的には「優しい普通の子」感があってよかったです
(主人公だからと言って、デキの良い人格者では決してない、だけど良い奴)。

中盤以降の律のビジュアル。
宇佐がドツボに嵌って行くのに納得出来る雰囲気が出ていました。

主題歌が見事に「律に踏み込みたい宇佐」とマッチングしていました。
EDもハマっていました。

シャボン玉やピタゴラ装置などは、カラーで動くという媒体ならではで良かったです。

【悪い点】

序盤、律ちゃんの顔が長くなっていて微妙なところが・・・(汗)。
律ちゃんの声は微妙かな、合わないほどじゃないけど、ちょっと違う。

【総合評価】

宮原作品ファンの方に聞くと、大体「恋愛ラボ」の方が評価高いんですよね。
作画・キャラデザは確かにあっちの方が良かったとは思うんですが。
演出的には、こちらの方がしっくり来ました。

アマンドの木さんが指摘されていましたが、「突き放した視点」が見えるんですね。
宮原作品全般で見受けられる感覚なんではあるものの、さらっと見ただけではわかりにくい感覚ですが。
登場人物の事情に配慮はするけれども、過剰に同情しない、ベタつかない。

主人公にしろ、ヒロインにしろ、決して聖人ではないのが大前提。
人間の醜いところ、駄目なところを笑いで包んでしまう作風ですから。
ただし、「それで良いんだよ」なんて生優しい空気はない。

登場人物の悩みに対し、突き放した視線を失わずに演出していたのが良かったです。
年長者の視線が入ることで、「本人にとっては深刻だが客観的には小さなこと」とわかる。
だから、シリアスがコメディになるわけで。

宮原作品でしばしば登場する「善意の押し付けへの冷ややかな視線」は今作も健在。
一方で、それに対峙する律を手放しで擁護していないのが絶妙なバランスだと思います。
主要登場人物に過剰な同情を寄せないというのが、宮原作品の真骨頂。
だから、フィクションに楽園を求める人にはハッキリ言って向かないです。
全面チヤホヤが好きではない人が、その前提で見ると、本当にたまらないわけですが。

この「過剰に同情しない」意識が、きちんと保たれていたのが良かったです。
やろうと思えば削ぎ落とすことも出来なくはない(ただし作品の個性は消える)ので。
良い感じに「ちょっと苦く、ちょっと救い」感が出ていました。

宮原節を生かした演出をしてくれた点を踏まえ、評価は「とても良い」で。
続きを是非見たいですね・・・律と林の友情(?)の描き方も生きそう。

2015/05/31 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3259(33%) 普通:3441(35%) 悪い:3207(32%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15194 ブラウザ: 7868
実際の岐阜市も舞台にして、繊細かつ美麗に描き込まれたキャラデザや風景だけを
見れば、「面白そうかなあ・・・・」と思ったのですが、実際見てみたらそういう
ポイントとの悪い意味でのギャップには食傷気味でした。正直な話。

それもまた、余計笑いも取りたかったのでしょうが、河合荘の面々でしたね。
いかにも怪しそうな壮年の男だったシロは、千夏という小学生の女の子との心温まる交流話とか
比較的良い話だったし、彼にはまだ悪い印象はなかったのですが、その他の面々ですよ。

麻弓も終始ほぼ悪い意味で突っ走っていて、「これじゃあ良い男と仮に巡り合えても
逃げられるわ。友達としても付き合いたくないわ。」でした(苦笑)し、管理人の婆さんも、
小林沙苗氏の演技にはまたまた「新境地」を感じさせるものはあったのですが、笑顔
浮かべながら毒舌吐くって、もうそういうタイプのキャラも新鮮味とかは無いですよ。
毒にも薬にもならない。

しかし、一番困ったのは主人公の兄ちゃん・宇佐でしたね。いや、そういう年頃で、
近くに可愛い姉ちゃん(ヒロインの律の事)がいるのだから余計人並み以上に恋とか
したくなったのも分かりますよ。しかし、あのムカデ騒動の話も、半ばさやかに
美味しい所取られた様だったのは滑稽さも感じられましたが、良く言えば真面目で
誰ともほぼ正面切って向き合う、悪く言えばどん臭くて自意識過剰過ぎと他の面々とは
また違った性質で「キャラを作り過ぎ」だったのが凄い鼻につきました。

終盤、律とクラスメイトだった前村もキーキャラかと思いきや・・・・・・・・
もっともっと友達が欲しかった気持ちも分かるし、悪意とかは無かったのだろうけど、
彼女も他人の価値観とか理解できない、独善的な所もありましたよね。で、合コン
でカラオケする事となったのですが、律の趣味(読書)を知ったその相手の兄ちゃんも、
まさに「類は友を呼ぶ」だったのでしょうね。別に他人が何読もうが勝手だろ。
森鴎外や樋口一葉とかみたいな文章自体難解な純文学だろうが、ライトノベルだろうが。

そういう出来事も通して、「何が人それぞれにとっての『本当の幸福か』」とか「愛と
絆の為の『試練』」だとか言いたかったであろう事は分かるし、この前村も原作では
その後も出番あったらしいですが、立ち回りがやや中途半端なまま終盤直前で
退場してしまった感じ。最後の交換日記&アドレス交換も、その様にキャラ作りすぎた
河合荘の面々の悪ノリ暴走故に余計「やっとかよ」な冷めた目にしか見れません
でしたね。そういう映像とかも追い風にした世界観とか、長所だけをもっと前面に
押し出していれば良かっただろうに、変に欲張って他にもハイテンションなだけで全然
笑えないギャグ等も描いた結果、ココイチの五辛以上のカレーに仕上がっちまいました
な感じでした。私から見れば。これならチョー極端な話、河合荘の面々は別に登場しな
くて良かったし、評価は厳しいですが、「最悪」とします。

2015/03/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(62%) 普通:2(15%) 悪い:3(23%)] / プロバイダ: 9473 ホスト:9304 ブラウザ: 7901
【良い点】
・作画が良い
・キャラが良い

【悪い点】
・日常会話ではむしろいい声だと思いましたが、下ネタ時の主人公の「あっ…」とかの声は生理的にダメでした。

【総合評価】
飽きずに見られました。自分的には「とても良い」と「良い」の中間くらいの評価です。
作画も嫌いじゃないですし、話の内容、掛け合いなども十分楽しめました。
1話で切ってしまうアニメが多いなか、「見てよかったー」と思えた作品でした。

2015/02/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(92%) 普通:5(7%) 悪い:1(1%)] / プロバイダ: 27848 ホスト:27767 ブラウザ: 10092
【良い点】
映像に関しては申し分にないくらいかなり綺麗。
登場人物のツッコミやトークするところが個性的で面白くて見てて飽きないところや世界観の雰囲気の温かみがあり良い作りです。
【悪い点】
原作の可愛さを再現できなかったキャラデザ。

【総合評価】
日常物語の作品の中では良作な方だと思います。

2014/10/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(38%) 普通:0(0%) 悪い:5(62%)] / プロバイダ: 45022 ホスト:44840 ブラウザ: 10347
【良い点】

絵がキレイ

【悪い点】

ギャグがシラケる

【総合評価】

設定が平成版めぞん一刻って感じだけど感動があるわけではない

2014/09/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:486(71%) 普通:101(15%) 悪い:96(14%)] / プロバイダ: 2961 ホスト:2641 ブラウザ: 5171
この手のアパートモノに有りがちとは言え河合荘に住む住人キャラの癖の強さや、
或いは下ネタの部分など最初に視聴した時には正直に言って微妙な印象を抱いたけど、
ただ本作に対する癖の強さを承知しながらもそれでも視聴を続けられたのは
本作のヒロインである律のキャラが良かったのと、
また主人公である宇佐と律の恋愛模様の部分が楽しめた点が大きかったなと。
そして当初は苦手にしてた河合荘の大人キャラや下ネタの部分も
視聴を重ねるに従い程々には慣れて苦痛という感じにはならなかったですね。

本作に関してはツボに嵌るほど面白いという分けではないけど、
1クール分を手軽に視聴できる位には楽しめましたね。

2014/09/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:542(63%) 普通:132(15%) 悪い:193(22%)] / プロバイダ: 10066 ホスト:10020 ブラウザ: 5779
見る前は普通の青春をテーマにしたラブコメかな?って思ってみたんですが、
思ってた以上にコメディ色が強かったです。
イメージ的には下ネタをやや控えて、ラブコメ要素をメイン据えた生徒会役員共みたいな?分かる人だけわかってくれればいいです(笑)
でも、下ネタ多めですが、キャラが可愛いですし、絵も綺麗。
コメディ色が強めながらもラブコメ要素もキチンとなってますし、面白かったですよ。
DVDの売れ行きが良く、原作もある程度溜まったら続編してほしいですね〜。1クールじゃさすがに宇佐と律の関係がさっぱり進まなくて、「あれで終わり?」感半端なかったですから。
2クールくらいかけてじっくりやってほしかったな〜。まぁ原作に追いついちゃうみたいなんで無理とは分かってますが。

2014/08/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:396(98%) 普通:2(0%) 悪い:5(1%)] / プロバイダ: 1501 ホスト:1713 ブラウザ: 7921
原作未読。丁寧に作り込まれている作品だと
思いました。

ぼくらはみんな河合荘ということで、河合荘に
住む住人たちのラブコメです。

河合荘とかわいそうがかけている通り、
残念な住人達の日々の日常を描いています。

コメディ要素よりも、主人公とヒロインの
ほのぼのとしたラブストーリーの方がメインに
描かれているような気はしました。

ジーンとくる作品です。
グラフィックやアニメーションは綺麗だなと
思いました。

ただ個人的には、もうひとつインパクトに欠ける
なと感じたので、評価は良いにします。

2014/08/13 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 44368 ホスト:44343 ブラウザ: 5386
基本的に人とつながってなくても本の世界に没入すれば満足な難攻不落なハードル高めの女子と
どんな変人にも自然体で対する才能を持つ男子の「つかず離れず」の関係と
大人気なくそれを弄るリア充大嫌いな満たされないOLの思春期シモネタツッコミ漫才が面白い。
彼女の存在が古臭い叙情派ラブコメを大人の毒気で彩ってくれるw
そしてその彼女を玩ぶ表面的なかわいさ(実はこれも仮面)のかけらもない内面悪女予備軍笑の
女子大生、見るからに不審者とはいうものの主人公とヒロインを除く住人の中では一番善人に見える
マゾのアマチュア物書きと彼らをを束ねてる人畜無害そうに見えて実は「裏ボス」的な管理人の老婦人。
キャラクタ-的にはアクの強い人物は河合荘の中に揃っていて、あえて外部世界を描く必要がないというのが
4コマ出身の作者さんらしい難点だが、無理やり外部の人物に重要な役割を担わせて毒性を薄めるより
外部はあくまで背景的な存在にしてどこか歪んだ住人たちのキャラクタ-を徹底したギャグ。
「閉じられた世界」の面白さを前面に出していくのも個人的には好きだ。
本の世界で自己完結しているヒロイン、彼女がこの作品の世界観を生身で表現してるのかな。

[推薦数:1] 2014/08/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33184 ホスト:33178 ブラウザ: 4721
古典的な純情恋愛風景が新鮮に映る、なんとも手法の冴えた作品。
この作品、主軸は主人公とヒロインのラブコメでありながら、その見せ方に一工夫設けられているのが特徴的だ。
不審者にしか見えない自称小説家のマゾ、男運の悪さが祟ってすぐに失恋してしまうOL、同性と遊ぶよりも異性で遊ぶのが趣味な原黒女子大生といった、まともな恋愛のできない人物の視点に立って二人の初々しく甘酸っぱい恋愛を酒の肴にしちゃうような、言ってしまえば趣味の悪い親父クサい作品。

が、それがこの作品の面白さに繋がっている。
恋愛から遠ざかった彼らからしてみれば、主人公とヒロインのやりとりは絶好のネタ。
あまりにベタでヘタクソな駆け引きや、相手のちょっとした反応にいちいち過剰に狼狽えたりする様は、羨ましくていじりたくなるし、面白そうに見えるから茶化しもする。可愛いから応援したくもなるし、ニヤニヤしながら見守りたくもなるというもの。
大人の視点を設けることで、相対的に主人公の空回り気味の奮闘や、ヒロインとの甘酸っぱい恋愛がより一層魅力的に映るという仕組み。これには唸らされる。しかもシリアス時は暗さや重さを取り払ってくれるしね。酸いも甘いも体験してる大人からすれば、主人公やヒロインの悩みなんて微笑ましいもんだもの。

問題は、この大人たちの視点に立てるかという点。これが無理なら、正直、この作品の半分程度しか楽しめないと思う。
……そんな人たちのことを考慮してか、大人たちのストッパーとして住子さんが居るんだろうな。ヒエラルキー的に一番上だし。

ただ、これがもしも、河合荘の住人が全員同じ学校の生徒だったり、舞台の中心が学校メインだったりしたら、おそらく凡作のラブコメにしかなっていなかったはず。
偏屈文学少女、程度の子どもを振り回すような麻弓さんら大人がいてこそ、本作は面白い。

……よくよく考えたら、メインキャラのうち3分の2が成年で、ヒロイン以外の女性キャラが非処女(さやかさんが処女ってことはないだろう)って、よくこんなのを深夜アニメに持ち込んできたなw

もっと読む

「お勧めする対象:定番のラブコメ作品にちょっと食傷気味な人。残念な大人たちを生暖かく見守れる人。【良い...」 by 春の夜月


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/08/15 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2011 ホスト:1821 ブラウザ: 10414 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/可愛い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. ガガントス by サジタリアス
... だろう。 そんでソウルイーターノットのレビューまだやし書こうかなと思い立ち、 ついでにと言うとあれですが、 他の14春アニメの作品のレビューもいくつか投下。 2013〜15年あたりが一番アニメを観ていた時期なんだよなあ。 なんか懐かしい。 2014春 一週間フレンズ。(とても良い) selector infected WIXOSS(とても良い) 僕らみんな河合(とても良い) ...
記事日時:2017/08/21
2. 最近の漫画情報あれこれをまとめておく by かぷ
... た漫画情報をまとめておきます まず本屋にいったついでにアワーズを立ち読みして「僕らみんな河合」を読んだらウサくんとりっちゃんが ラブラブになっていて驚きました。作品のタイプとして、どっかでくっつくの間違いないんだろうなぁ。 とおもっていたのですが、あのクールビューティーがどうやって落ちてしまったのかスゴイ気になります デレりっ ...
記事日時:2017/04/01
3. ひさしぶりの一人カラオケ by ショウ♪♪
... ! 「プリキュア5、フル・スロットル GO GO!」 ふたりプリキュア Splash Star 「まかせて★スプラッシュ☆スター★」 超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 「TRANSFORMERS〜鋼鉄の勇気〜」 トランスフォーマースーパーリンク 「Calling You」 四月君の嘘 「光るなら」 グラビテーション 「Sleepless beauty」 グラビテーションova版 「Blind Game again」 僕らみんな河合 「いつかの ...
記事日時:2016/09/20
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:僕らはみんな河合荘
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ