[アニメ]ブルーシード: 2014/03/27 無慈悲1020


Blue Seed
  • 楽しい
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数275位6,604作品中総合点104 / 偏差値64.76
アニメ平均点293位2,888作品中平均点1.70=とても良い/61評価
1994年アニメ総合点9位112作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2014/03/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:177(72%) 普通:41(17%) 悪い:28(11%)] / プロバイダ: 7187 ホスト:7122 ブラウザ: 4721
【良い点】
・オープニング
・日本神話というストーリー
・環境を題材としたテーマ

【悪い点】
・1話、2話に対して3話以降の描写のクオリティ(笑)
(クオリティが低いわけではなく、1、2話が高すぎて・・・何でもOVAとして2話まで作られたとか。)

【総合評価】
まさか、20年近くも前の作品をいまさら評価することになろうとは(笑)
自分が、初めてアニメにハマった作品で、中学校の時でした。
たしかに、中間の話は良くあるキャラ紹介やコメディ要素が多く視聴をやめようかと思ったこともありました。
ですが、終盤に向けてドハマりしました。

環境問題に対する意識が今よりも低かった時代に、人間による自然破壊を日本神話に絡めたテーマ。
率直に言えば、もっともっと評価されてよい作品だと思っていますが、世に出た時期が早すぎたのでしょうか?
環境を破壊し争いをする人間を植物に変え、緑の溢れる日本を取り戻す。
それに対し、「人間はまだ頑張れる心を持っている事を信じる」2つの気持ちが相対した結果は、
祭りを通して、人が人を思いやり、日本の未来に希望があることを示した事により、終焉しました。
人に絶望した楓に対して、人を愛した紅葉の気持ち、どちらも同じ結果を求めていたものの、その道筋が異なっていただけ。
双方間違ってはいなかったと思ってます。
もし、最後に日本中が一つにならなければ、日本は滅んでも仕方なかったと思います。

現在放送されいれば、何かしらの賞の1つや2つ取っている作品だと思います。
まぁ、パンチラ等の描写は逆に現代では地上波での放送は難しそうですけど。
また、音楽も秀逸でした。
最近のアニメには無いメッセージ性の強い作品で、今の時代にこそ見てほしい作品です!!



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ