[アニメ]BanG Dream!(バンドリ)


ばんどり / Bang Dream!
  • 可愛い
  • 考えさせられた
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,332位5,672作品中総合点-14 / 偏差値45.16
アニメ平均点2,518位2,692作品中平均点-0.93=悪い/15評価
2017年アニメ総合点115位116作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.14(良い)7
映像0.71(良い)7
声優・俳優0.71(良い)7
キャラ・設定-0.71(悪い)7
ストーリー-0.86(悪い)7
可愛い57%4人/7人中
考えさせられた43%3人/7人中
道徳心&モラル29%2人/7人中
友情29%2人/7人中
熱血14%1人/7人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

幼い頃、星空を見上げた時に聴こえた「星の鼓動」のように、キラキラでドキドキなことをずっと探していた、香澄。
高校に入学したばかりのある日、古びた質屋の蔵で出会った「星型のギター」に初めてのときめきを感じ、ずっと閉じ込めていた気持ちが走り出す。
同じように、輝ける場所を探していた4人の少女とともに。ひとりじゃ出せなかった音だって、5人ならきっと奏でられる。
絶対ここでライブします!
●スタッフ
原作:ISSEN(ブシロードオー・エル・エム)
製作総指揮:木谷高明
ストーリー原案:中村航

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2017/01/21(土) 22:30-23:00 TOKYO MX TV
公式サイト
1. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト
オープニング動画 (1個)
ときめきエクスペリエンス!ときめきエクスペリエンス!
歌:Poppin'Party 詞:中村航 作曲:上松範康 編曲:藤間仁 [ファン登録]
[もっと見る]
5,1171515
最近の閲覧数
16212022322111172415
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/02/06 / 最終変更者:霧の童話 / 提案者:霧の童話 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2017/07/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(33%) 普通:1(33%) 悪い:1(33%)] / プロバイダ: 25100 ホスト:25184 ブラウザ: 9175
【良い点】
楽曲は悪くなかった。

【悪い点】
楽曲以外の全て

【総合評価】
結構バンド音楽が好きなので、番宣も結構していたので、放送開始時はそれなりに楽しみに
していたのですが、その分思いっきり裏切られた印象しかないです。

まずライブハウスとかバンド音楽とか全然勉強してないのが丸わかりです。
「ラ〇ライブがヒットしたから、そこを外してガールズバンドで売れば
儲かるかも」的な安易な発想で作ったのがバレバレ。どこの世界にサイリウムを
降って声援を送る客ばっかのライブハウスがあるんですか。あれだけで違和感バリバリ。
おまけに関係者以外の人間がバックステージに入れるんですか。普通止めるでしょ。
ましてステージに上げるなんざ論外。

キャラ設定や描写もお粗末。主人公の香澄は論外として、五人中三人が友達の少ない
ぼっちって何ですか、それ。また軽音部でもないのにギターを持って登校する
おたえの意図も不明。その上グリグリとロゼリアにも一人ずつ変人入れてるし、
キャラを無理やり立たせようとしただけでしょ。一番まっとうな紗綾にしても
9話以降は母親の健康問題はなかった事になってるし。

やりようによっては面白く出来たかもしれないんですよね。例えばなぜ有咲が家と
学校で違うキャラ作りしてるのかについてちょっと掘り下げたら、もう少し
キャラに深みが出たと思います。が、結局そういう描写を一切せずにただ勢いに
まかせてストーリーを組み、ろくな取材もせずに作った結果がこの体たらく。
あまりにも視聴者を舐め過ぎです。楽曲だけを評価して、「とても悪い」にします。

2017/07/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:707(65%) 普通:172(16%) 悪い:217(20%)] / プロバイダ: 21116 ホスト:21055 ブラウザ: 8279
相性の重要性!
バンドリを一言で述べるなら、上記の通りです。

1話〜2話を初視聴した当時は、
「大丈夫か、このアニメ(といいますか、主に香澄)」と
滅茶苦茶心配した口です。
ハイテンションな主人公は珍しくありませんが、
戸山香澄の場合、あまりに非常識でしたためです。
3話初視聴したときは、「キラキラ星」の酷さに「勘弁してください」と
(心のなかで)泣きました。
ですが、その行動が引っ込み思案なりみりんを勇気づけ、
グリグリのバンドメンバーを救い、友情を生みだしたのも事実です。
私のなかでは、「酷い→友情とハートフルと感動」に変換されました。

りみりんだけではありません。
実力はあってもなかなか行動に踏み切れなかったおたえ。
ちょっぴりツンデレ気味な有咲。
母親の病気の一件がきっかけで、ずっと立ち止まっていた沙綾。
そんな彼女らにとって、戸山香澄はなくてはならない存在だということが・・
最高の相性であったわけですね。
(11話では、その裏付けが感じられました)

歌の演出も良かったですね。
素人演出がよくできている・・CDで流れた歌の焼き直し感ではなかったところが、です。
香澄にとって壁ともいえた「前へススメ!」は、バージョンが見事に分けられていました。

とはいえ、難がなかったわけではありません。
「前へススメ!」で手こずっていたポピパが、(沙綾加入時)ぶっつけ本番同然の
「STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜」で大成功とは、いささか違和感が拭えなかった次第です。

【総合評価】
【最高!】はさすがに無理があります故、【とても良い】とします。

【追伸】
個人的に一番のお気に入りは、「STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜」です。

2017/06/17 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1138(53%) 普通:525(24%) 悪い:485(23%)] / プロバイダ: 31359 ホスト:31358 ブラウザ: 8629
高校入学を機にキラキラした青春を送りたいと願っていた主人公が出会ったのは
バンド活動。そのバンド活動に青春を注いでいくことになる青春アニメでした

まずメンバーを集めていくことがストーリーの中心になっていくのだけど、なにかと性格に難のある
メンバー候補たちは何かと理由があって乗り気ではなく、しかしそこを主人公が半ば強引に誘い込んで
いくことでチームを引っ張っていくことになります、、、

しかしそこがヘタなんですよ!主人公がどう行動したから問題が解決した。というわけではなく
なんやかんやでメンバーに加入してき、普通であればそこは主人公のキャラを膨らませるのに
コレ以上ないくらいの場面になるハズなんですけどね

そのセールスポイントになるポイントで、ただドキドキ。キラキラ。ワクワク。という言葉を繰り返す
ばかりで主人公の魅力を引き立てることができなかったというのが、まず失敗だったんじゃないかな

さらに問題だったのは女子バンの聖地であるSPACEで演奏することを目的としてしまったこと。
アニメとして目標がなくてはいけない。というのはわかりますけど「けいおん」のように
楽しむために自由に音楽をやるほうが合っていたとおもいますし

SPACE閉店についてもアニメとしての落としどころを作るために特に理由もなく潰したんだろうなぁ。
って読み取れちゃうくらいには全体的に歪さが目立ちました。主人公流にこのアニメを評価するとすれば
「ふわふわ」で「ぼろぼろ」なアニメだったってことかな

2017/06/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:333(57%) 普通:84(14%) 悪い:165(28%)] / プロバイダ: 21989 ホスト:21940 ブラウザ: 9081
【良い点】
・キャラデザ

・OP主題歌、12話の「前へススメ!」

・10話以降の展開はまあまあ

・グリグリやチスパ等のライバルチームは割と好感が持てた

【悪い点】
・ライブシーンの作画

・序盤1〜3話の酷さ

・主人公:香澄の無神経っぷり

・ご都合主義な展開が多い

【総合評価】
放送前の前宣伝が凄くて結果として期待外れに終わったという意見が多いようですが、
寧ろ自分の場合はアニメの評判聞いた後で視聴したのでそこまで落胆は無かったです。

話の流れとしては「けいおん」とは違って本格的なガールズバンドと言う感じで、
メンバーの加入の仕方やライブハウス閉店問題とかは「ラブライブ」を彷彿とさせられました。

まず悪い点から言わせて頂くと、やはり主人公の香澄に好感が持ち辛い事ですね。
脚本家の方は無神経で非常識な行動をとる者を行動的なキャラとはき違えている気がしてならない。
しつこく有咲に付きまとった挙句、30万するギターを壊したうえに実質三千円程度で入手してしまったり、
3話で遅刻するグリグリの到着までの時間稼ぎに勝手にキラキラ星で繋いだり(後でオーナーに怒られたらしいが)、
家庭事情で悩む沙綾を無理矢理加入させようとしたりする等。
とにかく空気が読めないうえに都合よく流される展開が多いから好感も抱けないし、応援する気も起きない。

ただ10話以降のオーディション失格による挫折から復帰までの流れは思ったより悪くなくて、
KYな行動が目立った香澄にもある程度人間味を感じられました。
個人的におたえの「100回やって駄目なら101回、それでも駄目なら1000回」は名言だと思います。
ただやはり序盤の香澄の酷さから魅力を感じられなかったため、他メンバーの「迷惑だけど引っ張り込まれた」とか
「凄い輝いてる」という意見にもいまいち共感できなかったのは残念でしたが・・

前半での練習描写が少なかったり、素人が3ヶ月であそこまで演奏できるの?とか、
文化祭の当日に沙綾が付け焼刃で演奏出来たりとご都合主義が目立ちますが、
軽音部に入部してから3ヶ月間一度も合わせたこと無いとか言ってた「けいおん」に比べれば真剣にバンド活動
やってるようには見えたし。オーディションの合格や最終話の演奏も「ありえん!」とまでは思わなかったです。

あと個人的に気になったのは、おたえとりみりんのキャラにもっとスポット当てて掘り下げて欲しかった所ですかね。

前半「悪い」、中盤「普通」、後半「良い」、ということで評価は「普通」です。
まあ流石に4クール全て見る気力はありませんがね・・(汗

2017/06/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(72%) 普通:91(15%) 悪い:78(13%)] / プロバイダ: 441 ホスト:66 ブラウザ: 5171
放送前から桁違いの宣伝量で大きな注目を集めた本作でしたが、
ただ肝心の内容に付いては放送前の宣伝量に見合った物とは言えず
残念ながら期待ハズレに終わってしまったという所でしたが………。

まずは本作で何が一番悪かったかと言えば主人公である香澄のキャラが酷過ぎて、
1話での不法侵入したり勝手にギターを持ち出そうとしたり、
続く2話ではギター入手目的の為に有咲の家にしつこく通い詰めた挙句に
結果的には30万もするギターを都合良くタダ貰いで、
そして極め付けは3話でのきらきら星のライブシーンがあまりに醜かった。
もう3話の引き伸ばしライブシーンは放送事故レベルと言っても過言じゃなく、
本作においてあの3話は完全に致命的だったと思います。

まあ香澄みたいなポジティブ系のキャラでストーリーを引っ張ろうとするのは分かるが、
しかしポジティブ系の部分も描き方を間違えると全く空気の読めない痛々しいキャラとなって、
視聴者の反感を買ってしまうのだなという所でキャラの描き方も案外と難しい物だなと思いました。

とにかく本作は香澄の奇行と3話のライブシーンが悪印象を与え過ぎたが、
まあ4話以降は前半の3話までに比べれば香澄の奇行が薄まり
悪い意味でインパクトを残す展開は無かったとは言え、
それでも前半の悪印象を拭い去る程の内容には至らずだったのと、
そして本来なら売りとしなければならないライブシーンが残念なクオリティで、
結局の所はアニメ本編には力を入れず宣伝や外部イベントばかりに力を入れるという
何とも本末転倒だなというのが本作に対する個人的な感想でした。
[共感]
2017/06/05 プロモートする側が「オタクにはこの程度でいいだろ」と舐めくさった態度を取ってたのが完全に裏目に出ましたね。肝心の本編があれでは莫大な宣伝費が無駄遣いです。 by CHIGE

2017/06/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:119(65%) 普通:0(0%) 悪い:65(35%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8276
メディアミックス作品とのこと。

アニメ部分しか判らないのでそこに注視したいところだけれども、開始時に2話ほど声優ユニットによるライブの録画回もあったり、
放映途中にも1話挟んだり最終話後にも2週放送あったりと、アニメ外での部分も多かった。

乙女妖怪みたいなデザインが個性的な不思議ちゃんで頑張る系の主人公がギターやガールズバンドと出会うところからスタート。
ちょっと浮きすぎな主人公が気になったものの、嫌味な感じは抑え目でまずまずの開始だったと思います。

序盤から中盤の山場である学園祭のステージまでの展開は、アニメとしては結構良かったと思います。
ですが、開始前にキャラの中の人の紹介などもあったせいか、序盤から中盤過ぎまで時間のかかるメンバー集めに盛り上がりが無く、
ストーリーや来歴にも印象が弱く、ネタばれ感もあったし乗って見ていけなかった。
悪人の不在や嫌がらせ、致命的な不運などをストーリーから排除した点は見やすかったと思うけども、
物語の進行上で設定の都合の良さが目立ってしまった。

学祭ステージまでのふわふわ感はバンドのPV作品と割り切れば充分な出来栄えだったと思うのですが、
終盤でのライブハウスのオーディション編はちょっといただけなかった。
実際にユニットとして活動してることもあって、リアリティの部分にはもう少しこだわって欲しかった。
女子高、女性客、女性店員、女オーナーという構成で、そこがガールズバンドの聖地という設定も厳しいし、
そもそも入学してすぐの学園祭のステージに初心者を駆け込ませる展開は無理があったと思う。
聖地での初ライブ、応援はご家族や知り合いが目立ってしまったし、映像の部分では同じ高校から先輩・同級生と3組出演だったりと、
終盤での見せ所としては非常にこじんまりとしていて残念に思えました。

都合よく蔵に音楽設備があって、そこで気の会う仲間で好きな音楽に打ち込むというのはいいけれど、
お金をとって演奏を聴いてもらうのだとすれば、主人公の才能や目標意識などの設定部分に弱さを感じました。
路上でもいいから自分の音楽を聴いて欲しいではなく、始めて3ヶ月程度の主人公がココで歌いたい!という発想に無理を感じました。

物語全体に配置されてる要素はかなり多くて、とても1クールに収まる量ではなかった。
ライブハウスの閉鎖の件やメンバーの練習や葛藤なんかの描写が非常に薄いので、盛り上がるべき終盤でも感情移入できなかった。
ライブでの楽曲も素晴らしかったけど製作や練習などの描写ナシで、衣装選びとかのシーンを入れたりとちぐはぐだった。
エピソードを削ったり太くしたりともう少しなんとか出来たのではないかと残念。
それでいてアニメ本編とは別に、バンドやゲームのプロモーションに5話分くらいつぎ込んでいてアニメの扱いは微妙に感じた。

【良い点】
キャラデザインやオープニング曲など、楽曲も良かったと思います。

【悪い点】
バンドアニメにもかかわらず演奏部分や練習部分の描写はカットや紙芝居が多く残念でした。
キャラの描画が悪いことも多々。

【総合評価】
先行してバンドが既に活動していたせいか、アニメ作品上でユニットの魅力を出してやろうとか、
全体的な物語や設定などに製作側の意気込みや工夫はあまり感じられなかった。

2017/06/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:365(48%) 普通:248(33%) 悪い:142(19%)] / プロバイダ: 48741 ホスト:48801 ブラウザ: 8318
【良い点】
・(悪い意味でだが)主人公がちゃんと主人公していて物語の中心に居た事

【悪い点】
・戸山香澄:アグレッシブ…と言えば聞こえは良いが、実際は他人の意見には耳を貸さない我儘暴君
そこまで乗り気じゃないメンツを引っ張り込む事はまだしも明確に問題がある山吹沙綾をかなり強引に参加させたのはやりすぎ
「キラキラでドキドキするものを探している」ってあやふやな理由で他人の意見を全て蹴とばす程の信念を持てるのも謎であり、そのくせオーナーの一言で鋼の信念があっさり砕けるのもおかしな話である…って言うか一時的であれ声すら出ない状況になるとか最早精神が強いのか弱いのかも解らない

【総合評価】
関連作品は全て未見
専ら悪い意味でだが主人公戸山香澄が全てだったと言っていい作品
「けいおん」や「ラブライブ」が意識されていたのはまず間違いないだろうが遠く及ばず…、自分ではけいおん自体がそこそこではあってもすばらしい傑作とは思って無いがそれでも全く比較対象にすらならない
せめて主人公の動機がもうちょっと「こーいう理由ならここまで強引になるのも仕方ないかなぁ」と思えるモノであればわずかなりともマシになったと思うのだが

2017/06/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:265(65%) 普通:109(27%) 悪い:31(8%)] / プロバイダ: 16884 ホスト:16896 ブラウザ: 8276
【良い点】
手抜きはなかったかな

【悪い点】
ストーリー、キャラが悪い。キャラデザも性格も不快になるタイプって珍しい。

【総合評価】
女子高生バンドアニメ。
見よう見まねでラブライブをけいおんでやろうとしたんだろうけど、キャラが怪しげな方向に行ってしまったのだと思う。そのために見てていたたまれない場面がたくさんあり、このアニメで共感性羞恥という言葉を知った。

主人公が空気が読めないハチャメチャな性格だからこそ、空気を読んで変われないと思っている人たちを変えていくという設定にしたかったんだろうが、空気が読めない主人公ってこういうことじゃないと思う。いやモラルとか常識が無いことを空気が読めないとはいわないんじゃないかな。あと、女子高生ってたぶんこんなに頭悪くないよ。

成長するという要素が極めて常識的な指摘によるという点もどうかと思う。成長とは試練や課題があってそれを根性とか団結とか奇想天外の方法で解決というのが王道だと思うが、この作品では視聴者誰もが「誰か指摘してやれよ」というのを最後まで引っ張ってクライマックスに持ってくるとかシリーズ構成自体に疑問符がつくところ。
「空気が読めないが故にみんなを引っ張ることができた主人公が、最後は空気を読めないが故に周りの足を引っ張る」ことでシリアス展開(挫折)にするといういわゆる「誰得シリアス」をやってしまった。この点はライブ系アニメのお約束なんだろうか。

ストーリーはキャラを売るためというのがこの手のアニメでは重要なのに逆に見てて恥ずかしくなるストーリーというのは、作っている側が作品コンセプトを理解してないんじゃないかと思う。
[共感]
2017/06/04 「共感性羞恥という言葉」調べてみましたが、なるほどと思いました。 by wein

2017/05/08 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:144(62%) 普通:35(15%) 悪い:55(24%)] / プロバイダ: 5322 ホスト:5441 ブラウザ: 8334
いわゆるIQが溶ける系のバカアニメ
主人公である戸山香澄のおめでたい性格と謎の言動をネタとして消費できるかどうかで評価が変わってくる
例えるなら、チャー研やGUN道やヴァラノワールのように、出来の悪いピエロをみんなでイジって茶化してオモチャにして弄ぶ部分にこそ、本作の価値があると言える
個人的には「教室やライブハウスの空気、冷えてるか〜?」「いや、もう充分堪能しましたから…(泣)」てな感じでついていけなかったので【とても悪い】

2017/04/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(50%) 普通:7(25%) 悪い:7(25%)] / プロバイダ: 33873 ホスト:33967 ブラウザ: 10106
【良い点】
・作画は良い
・歌だけでなく楽器についても取り扱っているのは従来のアイドルものと上手く差別化出来ていると思う

【悪い点】
・努力描写が抽象的過ぎて頑張っている感が伝わり辛い
・葛藤が軽い
・主人公がポジティブを通り越して痛い
・キャラに個性がない どのキャラがどんな性格か分かりにくい 一応ツインテの子だけはある程度キャラが立ってたと思うが無理やり暴言を吐いて悪ぶろうとしてるみたいで痛々しい
・主人公達の目的が「ドキドキ」だの「キラキラ」だの抽象的な台詞でしか説明されないせいでバンド活動の面白さが伝わって来ない+バンドを楽しんでやってるように見えない
・終わり方も中途半端 ライブできりゃそれでいいの?あのロゼリア…とかいうライバルチームとかどうなったん?

【総合評価】
放送前から散々宣伝されてたので初期は期待して観てたが期待外れだった
言いたい事は色々あるが努力描写が薄い+目標が小規模過ぎる+バンドをやる動機が曖昧というのが自分の中ではかなり致命的で全く話に入り込めなかった
だがアニメの出来がこんなでもアプリと声優さえ売れればコンテンツとして成功し武道館にも行けるってのは近代のサブカルチャーの闇を反映しているようで中々興味深かった

[推薦数:1] 2017/04/26 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:40(37%) 普通:29(27%) 悪い:39(36%)] / プロバイダ: 6935 ホスト:6876 ブラウザ: 9300
【良い点】
エキストラでアプリ版他バンドのメンバーが数人出てる
空気読めない者が空気を作り巻き込んでいけそうだったところ
【悪い点】
アニメ外で盛り上げ過ぎて本編がイマイチという本末転倒
アプリ版の他バンドがほぼ出てこない。
沙綾の問題は解決したとは言えない
Poppin'Partyに何ら魅力を感じない場合はどうしようもない
星の鼓動とは何だったのか…
CG使う意味あったのかどうか
売れてからタイアップした方がよさそう
きらきら星歌うまでの流れが強引過ぎるし聖地扱いであるなら尚更許されない行為
声が出なくなる→メンバーが歌つないで主人公声復活という展開は何処かで見たことがある
きらきら星のシーンはイタいものとして描かれてるのでそれ自体は良いが、その場所が聖地扱いされてるので客がそれを容認するような展開は都合が良すぎる。
バンドや楽器事情詳しくないけど違和感のある場面がある
【総合評価】
仲間を集めバンド結成から初ステージまでを描いたPoppin'Partyのプロモーションアニメ。
痛い子の香澄が周りを巻き込みメンバーを増やしていくまではそこそこ。
どんな展開であれそこまでは一貫してあたまおかしいし、周囲もそういう反応が取れてるのであとは好き嫌い。

聖地で勝手に舞台に立ってキラキラ星を歌う鋼の精神を持つ彼女がちょっと言われただけで声も出なくなるというのはやり過ぎかなと。
その後少ししおらしくなった為最大の特徴もなくなってしまった。
Poppin'Partyの他メンバーは結構いい感じのキャラクターなのでとにかく香澄をどう思うかが評価の分かれる一つのポイントだろう。
そもそも「きらきら、ドキドキ」という抽象的な上昇志向自体嫌われがちで理解されないことが多い。鼻で笑われることもある。おまけに「星の鼓動」がどうとかお花畑全開な発言がイタい。
イタいのはいいがそれがどこかで大きくひっくり返って「凄い」と思わせるような展開とは言えないから痛いキャラで終わってしまってる。
なぜそうならなかったかと言えばオーナーからちょっと言われただけで声も出なくなるとかいう極端に変な展開にしたから。
ここで常識的な反応と鋼の精神を持つ者とは思えぬ過剰な反応をとってしまったことで今までのは何だったのか意味がわからなくなってしまっている。

星の鼓動、妹のエピソード、ライブハウス閉店
この辺もよくよく思い返せばどうでもいい事のような気がする。
星の鼓動は結局何なのか、だから何なのかイマイチ分からないまま、妹のエピソードは特に内容は無いしライブハウスが閉店しようとバンド活動はできるし思い入れがどうこうって期間何かしたわけでもない。
その後ライブハウスがどうなるか(アプリ版へどう繋がるか)、閉店後何処で活動するという話もない。

このアニメの軸であるPoppin'Partyの面々は香澄以外一応楽器経験有りだけど結成して日が浅いしブランクあったり。とにかく始めて3ヶ月でガールズバンドの聖地という
競争率高そうなステージに立てるのかなという疑問がどうしてもつきまとう。
タイアップ商品を輝かせる為にも聖地に立てた理由としても香澄自体楽器経験有りの方が説得力はあったはず。
何にせよもう少しバンドとしての成長や練習風景、期間はいる。絶対必要
この辺もかなり甘い。
これがクラブ活動や地域の仲良し同好会程度の範囲での活動なら指摘はされなかっただろうが客の前で歌うとなると見方は厳しくなる。
聖地とか設定しちゃってるから余計に。

演奏描写についてはCGとそうでない部分があるが、CGの利点は動かせるところだろうにそんなに激しく動かないので果たしてCGでやる意味があったのかどうか。違和感だけが残ったように見える。かっこよく動いてこそキャラもタイアップ商品も作品としてもキラキラしただろう。

どんなアニメにせよそれに火がつく為にはまず本編内容に力を入れるべきで、作外で盛り上げる前にやる事があった。

言うほど、噂ほど酷くはないものの、と言うよりそれでハードル下がりまくってたからかもしれないが…
思い返してみると結局何だったのかよく分からない。注力する部分を違えた中途半端で色々甘いアニメかな
あとは商売に繋げようという魂胆見え過ぎて、それは当然持つべきものだが些かそれが強すぎた為うんざりした部分も無いとは言えない。
アプリが音ゲーとして良いだけにもったいない。
[共感]
2017/06/04 「中途半端で〜」同感です、プロモーション用としてなら、もう少しシンプルにまとめても良かったんじゃないかなと思います。 by wein
2017/04/27 香澄の鋼のメンタルがオーナーの一言でああなってしまうのは確かに違和感がありましたね。物語が静かになって見易くはなりましたが、同時に作品個性も急激に失われた感がありました。 by ねぎ麻雀

[推薦数:2] 2017/04/24 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:309(55%) 普通:70(13%) 悪い:178(32%)] / プロバイダ: 6281 ホスト:6117 ブラウザ: 7518
う〜ん、つまらない。
なんか、「けいおん」のまねをしてるようで…。
練習の風景がほとんどなく、日常の右往左往してる風景ばかりな感じがしました。
ライブハウスが終了してしまうまでの話だと思いますが、途中まで見てやめてしまいました。
次はどうなるんだろうという好奇心が沸きません。
練習風景や学際の風景ではへたくそな歌を歌うんですが、私は原曲を知らないにもかかわらず、「半音違うんじゃないの?」と言うところがありました。
見たくなるような作品ではないということで、【とても悪い】にしようと思います。

2017/04/23 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:143(59%) 普通:32(13%) 悪い:68(28%)] / プロバイダ: 13443 ホスト:13543 ブラウザ: 7926
【良い点】
有咲、おたえ

【普通な点】
沙綾

【悪い点】
りみ

【最悪な点】
香澄

【総合評価】
バンドリは、単体のアニメ作品ではない。中の人のライヴやゲームなど、多角的マーケティングの一部だ。そのため、作品としては「成立」「完結」しなくても、バンドリコンテンツへの興味をそそらせる内容である必要があった。

しかし、そのような役目を果たすことができた作品とは言い難い。
それは、主人公である「香澄」の致命的な魅力のなさに起因する。「キラキラ、ドキドキ」していたい高校生活を望む彼女はライヴハウス「SPACE」で演奏することを目標にバンドメンバーを集めて、それが少しづつ具現化していく、というスチーリーなのだが、それぞれに事情を抱えるメンバーに対して、「XXと一緒にやりたい!」というだけで、彼女たちのバンドができない理由に対しては一切解決のための責任を負わず、なんとなく解決した結果、メンバーの獲得という果実だけを獲得していく。まぁアニメなんだし固いことを言っても始まらないが、勝手なことを言わせてもらえば、あのネコなのか鬼なのかわからない髪型だけでもうこのヒロインに食指は伸びない。

その香澄に比べると、最後まで口先では抵抗し続けた有咲、口を開けば珍言迷言のおたえの2人の魅力は数段上であり、この2人がいなければ最終話まで観ることはなかっただろう。ストーリーを度外視して、サブヒロイン目的として観る分には楽しめる作品だ。

ストーリーといえば、「SPACE閉店」はこの1クールの間は実際には何の意味もない設定だったのだが、これはキシリア様の出番はこれで終わり、という意味なのだろうか。

放映期間はMXTVをジャックしたかのような徹底推しでCFを占拠したバンドリ。ブシロードは本作のどこにそこまでの魅力を見出したのだろうか。キャラ人気さえ出ればそれでよかった作品なのに、キャラ作りに失敗した本作に良い評価は付けられない。おたえ、 有咲がいなければ「最悪」だった。

2017/04/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:78(49%) 普通:14(9%) 悪い:68(42%)] / プロバイダ: 28995 ホスト:29024 ブラウザ: 5183
【良い点】
・キャラ
・内容

【悪い点】
・曲のインパクトがあまりない
・作画

【総合評価】
個人的にはかなり好きな作品。

去年の夏頃から電車の広告、深夜アニメのcmで目にしたバンドリ。
最初はけいおんとラブライブを足して4で割ったぐらいのアニメだなと感じた。
それと言うのもキャラデザでそこまで惹かれるものがなかったからだ。
ただ、見れる水準には十分あると思ったので視聴した。

全話を見て思ったのはキャラは特徴があって良かった。
特におたえはクール系と思わせて中々のイカレ具合が良かった。
主人公は、けいおんの唯よりはまだまともだと思うしうざく感じなかった。笑
メンバー全員揃ってから内容は一層良くなった。
ただやはり思ったことはけいおん、ラブライブより曲のインパクトが弱くライブの迫力があまりない。
特に、今後はサンシャインと比較されることと思うので余計にまずいと思う。
歌詞もメロディも全体的には劣るように感じた。
2期をやるのかわからないが、現状ではオリコントップ5に入ってる図、Mステ等でバンドリメンバーが出演している図がいまいち想像できない。

個人的には音楽性もそれなりに良くて、青春ものとしては面白かったので曲や作画が改良された2期以降を見てみたい。

2017/02/18 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:209(70%) 普通:41(14%) 悪い:49(16%)] / プロバイダ: 16750 ホスト:16598 ブラウザ: 5213
一応自分もアマチュアバンドマンの端くれなんで一言言わせていただきたいんですけど
この製作者の方々は音楽舐めすぎというか
取材すらろくにやってないのがモロばれです。

どこの世界にチケット600円でドリンク付きのイベントがあるんだよ。
現代の都内のライブハウスのチケットの相場はどんなに安くても\1500〜\2000 (1ドリンク付きで)
だよ。70年代の相場だよ\600なんて。

それにあんなポスター一枚貼ってないこぎれいな広いライブハウスなんか自分の知る限りでは
存在しません。(立川のCRAZYJAMは禁煙でこぎれいなお店ですが、厳密にはライブハウスじゃないし)
あの大きさのコヤは町田のプレイハウスとか厚木のサンダースネークくらいですが
両方とも厳しいオーディションがあって女子高生のレベルじゃ出れないぞ。

それ以前にあんな20バンド近くのガールズバンドばっかりのイベントなんか
あったら1バンド持ち時間10分あればいいほうだろ。
機材の入れ替えやセッティングの時間とか入れたら正味5分で終わっちゃうよ。

一事が万事こんな感じで
とどめに主人公がガイキチと来ては救いようがない。
感情移入とかそういうレベルじゃないよ。

あの「きらきら星」のアカペラシーンはもう犯罪レベル。
恥ずかしくて正視できなかった・・・。
悪い意味でアニメ史上にその名を刻み込んだ駄作。

音楽アニメなのに音楽で勝負できてない時点でアウトだ。

もう何というか仕掛ける側が「オタクをだまくらかしてゼニ儲けしたい」って算盤はじいてるのが
見え見え。

それが反発を招いているってことに気付いてほしい。

この評価板に投稿する



2017/07/13 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21116 ホスト:21055 ブラウザ: 8279 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/面白い/可愛い/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. バンドリ::ガルパ300万ユーザー突破、OVA「遊んじゃった!」案内 by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 内や駅構内にその広告を最近目にしました。 アニメ「バンドリ」等の催促効果でせうか。 アニメが完結して約3ヵ月経ちますが、 この広告を目にすると、ちょっと感慨深いものがありますね。 ・ ・ お次は、OVA「遊んじゃった!」の案内です。 【参考】公式サイトはコチラ https://bang-dream.com/news ...
記事日時:2017/08/10
2. 7月29日の出来事 by アサシンB改
... 元々Roselia(BanG Dream!のアプリ、ガールズバンドパーティ発の5人組バンド)のライブビューイングに参加する予定で錦糸町のtohoシネマズまで来てました。 開演が19時だったので、17時くらいに家をでようかと思ってたのですが、ふとツイッターを見ると物販狙いで既に現地にいる人が多かったので、焦りましてすぐ家をでました。 錦糸町に着いたのが開演約4 ...
記事日時:2017/07/31
3. バンドリ視聴中 by S・N
... Dream!(バンドリ!)」を視聴開始して、今現在8話まで見ました。 実は前クールの時点で見ようとは思ってたんですけど、冬アニメはかなりの豊作で、バンドリの評判も悪かったので 「別に見なくていいか・・」と視聴を中止していました。 ただ某雑誌で本作を偶然目にして「ここまで言われてるなら逆 ...
記事日時:2017/06/06
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声