[アニメ]ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵


べるせるく おうごんじだいへん1 はおうのたまご / BERSERK: Goleden Age I -The Egg of the Supreme King-
  • 格好良い
  • 熱血
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数2,064位6,396作品中総合点8 / 偏差値48.78
アニメ平均点1,532位2,844作品中平均点0.67=良い/12評価
2012年アニメ総合点74位234作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.75(とても良い)4
映像1.50(とても良い)4
音楽1.50(とても良い)4
声優・俳優1.50(とても良い)4
ストーリー1.50(とても良い)4
格好良い100%4人/4人中
熱血50%2人/4人中
美しい25%1人/4人中
怖い25%1人/4人中
友情25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

作品の世界観は中世ヨーロッパをイメージ。
主人公は身の丈を超える長大な剣を自在に操る屈強な剣士ガッツ。
物語は、孤独な傭兵だったガッツが傭兵集団“鷹の団"を率いるグリフィスと出会うことから始まる。
ガッツとグリフィス、そして鷹の団の仲間たちは、数々の激戦を潜り抜け、固い絆で結ばれていく。
<スタッフ>
原作:三浦建太郎

監督:窪岡俊之
日本 公開開始日:2012/02/04(土) 映画
公式サイト
1. 映画『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』2012年6月23日(
Twitter公式
1. クララ・ド・ポラス (@Clara_de_Porras) on Twitter
プロモーションビデオ (1個)
『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』特報映像『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』特報映像
10,7041212
最近の閲覧数
1010112200
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/07/23 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3474(33%) 普通:3652(35%) 悪い:3383(32%)] / プロバイダ: 12037 ホスト:11716 ブラウザ: 8318
ベルセルクも名前だけは聞いた事ありましたが・・・・・・・

主人公のガッツ、彼が振るっていた剣はドラゴンころしと言うらしいけど、序盤から勝負相手の脇役の腹を斬りつけただけでなく、もう降参の意思表示していたのに甲冑も真っ二つにして頭から斬り殺した等血の気の多い奴でしたな。今度は美形のグリフィスと対決してさすがに負けてしまって、その後も・・・・・・でしたが、さらに3年月日が経ったのはやや唐突に感じられたかも?

グリフィスに負けた時はヒロイン格のキャスカが手当てしてあげた様で、映像はややクセが強かったから、一瞬彼女が全裸姿を見せてもサービスショットと言えたかどうかは微妙だったかも。CGもパートによってクオリティに差はありましたが、ガッツとグリフィス2人相手でも圧倒したゾッドが暴れまわったシーンとかは迫力感ありましたね。

どうやら世界観は中世ヨーロッパをモデルとしていた様で、上流階級の中には「王族・貴族にあらずば人にあらず!!」と言わんばかりにガッツらを見下していた手合いもいたけど、ユリウスがその代表的な存在でしたね。

と言うかまた、小山力也氏では声が良すぎた感もしないでもなかった(ちなみにガッツ役の岩永洋昭氏は、感情を強く込めて話すシーンはやや棒読み気味に感じられたのもあったけど、声優が本業ではないにしては十分頑張られた方だったと思う)けど、転びそうになった所を助けてくれたグリフィスに平手打ち食らわせたシーンはまさに「やな感じーーーーー!!!」でしたね。息子で、王位継承者第3位だったアドニスを立派な跡継ぎにすべく厳しく教育した親心があった面も描かれていたけど、非上流階級、特にグリフィスを一方的に嫌い、見下し、小賢しく暗殺しようとして失敗したら当たり散らした等器の小さい男だったのは否めません。

だからグリフィスの命令を受けたガッツに暗殺されても可哀想だとかは全く思いませんでしたが、アドニスには罪はなかったはずで、彼まで殺してしまったのは、さすがの血の気の多かった彼も平気ではいられなかった様だ。王女シャルロットと外で話をしていたグリフィスの所に行った際、キャスカも同行した。日頃のガッツに対する態度がキツイと思いきや、負傷していたのを見て、服をちぎって応急処置的に手当てをしてあげた等どうやら彼女はツンデレだった様ですが、友人についての持論も展開していた彼を見て、最初は「四の五の言わずに命令すれば良いんだ。」と意に介さなかったのが、本来殺す必要が無かったアドニスまで殺す汚れ役を引き受けてしまった彼は何を思ったのか・・・・・・・・

良い所で終わってしまったけど、原作はバスタードやハンター×ハンター同様下手したら未完で終わってしまうかもしれない漫画の一作に挙げられているのだとか?昨年春に連載再開されて、現在は隔週刊雑誌で月一連載しているらしいけど、原作知らなくても普通に面白いと思いました。劇場版はファーストガンダムとかと同様三部作らしいけど、少なくとも次回作も見てみたいと思える魅力はあった良作でしょう。評価は「良い」で。

2017/04/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1401(50%) 普通:0(0%) 悪い:1426(50%)] / プロバイダ: 2706 ホスト:2734 ブラウザ: 4721
原作は知らなくて以前のTVアニメの方も観ておらず取り合えず一部から三部まで一気に観た。
この一部では主人公のガッツとキーとなる『鷹の団』団長のグリフィスが出会い、一緒に戦って関係性を築いていく内容が中心に描かれる。

時間的には1時間20分くらいでEDを省けば1時間ちょっとで終わってしまうので思いの外あっさり終わった印象だった。
だからこの作品内ではまだそれほど深い内容というのはなくて、映像的にも見応えがあったり盛り上がったりするシーンも少ないから多少イマイチな感じは残った。
それよりも二部三部へと繋がって行く引きが重要になっていて、三部まで観て初めてこの一部の価値が出てくるのかなって思う。

圧倒的美しさとカリスマ性と誇らしさを持っていて常に高みにいるような存在のグリフィス。
そんなグリフィスが初めて自分から欲したのがガッツだった。
決闘で負かされたガッツは鷹の団に入る事になり三年が経つ。

ミッドランドの傭兵となった鷹の団は次々と戦果を挙げて行き国王から気に入られる。
それを良しとしなかったのが(任を鷹の団に奪われた)白龍騎士団を率いるユリウス殿下で、グリフィスの殺害を企てるが失敗に終わる。

逆にグリフィスに立ち去るところを見られてしまいガッツにユリウス暗殺を頼もうとするが、ガッツはグダグダ言わずに命令すればいいと言う。
恐らくガッツにとってそれが友の証みたいに思っていたところがあるのかも知れない。

その前に巨人との対決シーンで『こいつは俺にとって・・・』と言いかけて止める。
ずっと一人傭兵をやってきたガッツは友と呼べるものはおらず、どういった事が友なのか?っていうのを分からなかったのではないのかなって思う。
だから命令されて素直に聞く関係が友のように感じていた。

しかしユリウスを暗殺したのちその幼い息子まで暗殺現場を目撃された拍子に殺してしまう羽目になった。

暗がりの中グリフィスと姫が話しているところをたまたま聞いてしまう。
グリフィスにとって友とは対等のもので人の夢にすがったりはしない。
自分(グリフィス)に対しても立ち向かってくる者のこと。
つまり命令されるだけのガッツは友ではなくそこで互いに食い違いが出来てしまった。
友の命令と思ったから幼い息子まで殺したのに、衝撃的なショックを残したまま二部に繋がって行く。

自分が思うにグリフィス自身もまた自身の本心に気付いておらず、どういったものが友なのか分かってなかったのかなって思う。
それは二部以降に明かされる内容になっている。

最初の二人の決闘シーンと最後のシーンとそして巨人の台詞のグリフィスの野望が潰える時死が訪れるっていうのが二部以降の引きになっている。

当然映画化にするに当たって原作を短縮しなきゃいけないから省いたり駆け足になってるのかなって思うところはあって、ガッツの生い立ちなんかにしてもそうだけど姫様がいきなりグリフィスに好意を寄せるところから始まって直ぐに関係性が出来上がってしまうのでそこの部分は薄く感じた。

映像面は最初CGの戦闘シーンはどうなのかなと思ったけど、直ぐに慣れて個人的にはそれ程違和感も感じなかったし悪いとも思わなかった。
十分観れる映像だったかなって思う。

一部は年齢指定はかかってないけどそこそこグロいシーンはあったり、一ヶ所ガッツリと裸を映すシーンもある。
そこら辺誤魔化すのかなと思ったけど乳首も毛もガッツリ描いてるのが予想外だった。

イメージとしてはもっと謎があったり難しい作品かなと思っていたんだけど、良くも悪くも観易かったしインパクトはなかった。
だからこの作品だけでは評価し辛いってのが正直なところ。

2013/12/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:789(60%) 普通:344(26%) 悪い:182(14%)] / プロバイダ: 5876 ホスト:5801 ブラウザ: 5386
原作は名前だけしか詳しく知りません。なんの予備知識もない状態で視聴しました。
初見ですが結構面白かったです。漫画の方も読みたくなりました。
映像も綺麗ですし、戦闘シーンもよく動く。ただCGが苦手です。キャラの動きがぎこちないというか違和感があり
最後まで気になって仕方なかった。 殺陣や合戦シーンは迫力満点な分余計に気になりました。

2013/06/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:386(68%) 普通:77(14%) 悪い:104(18%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 5133
良くも悪くも映画化したことは良かった。
しかしながら、CG兵士というのはイマイチ。いや、動きはとてもいいんですが、何かこう原作の手描きの美しさの魅力が死んでしまっていたのが残念。
あと、声優が過去のアニメ版から大幅変更されてしまったのが。あの声優達に馴染んでしまっているとちと違和感ありますね。演技は申し分ないですが。

2013/01/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:95(73%) 普通:23(18%) 悪い:13(10%)] / プロバイダ: 7598 ホスト:8000 ブラウザ: 5145
「GyaO」の無料配信で視聴。
原作は途中まで読んで放置。途中まで読んだけど内容忘れてます。

【総合評価】
思い入れが無ければ大味なバイオレンスをエロ&グロでデコレーションした原作漫画で、ネタに詰まれば過去編、飽きられそうになったらエロに変化球を加えて、実にアコギな漫画だったというイメージがある。ハマればどっぷり楽しめそうなんだけど、僕は原作にはちょっとハマれなかった感じで、また本作もネット配信で一度観ただけなので、以下はその程度の人のレビューという事でご容赦を…。

本作はスタジオ4℃による劇場版アニメとしてフルリメイクされた作品。脚本は「コードギアス」の大河内一楼、監督はOVA版「ジャイアントロボ」「THE IDOLM@STER」のキャラクターデザインでも有名なベテラン窪岡俊之。バイオレンス作品を作るにあたっては不相応なスタッフに思えるが、これが全てプラスに働いている。

日本人にとって文化的には全く縁の無い「中世ファンタジー」は大抵の場合はゲーム的空想世界の御都合主義ワールドになる。魔法にドラゴンにパワーインフレ。その点では原作漫画はほどほどには健闘していた印象はあるが、本作では更にリアリティを含んだものとして丁重に描かれ、多分西洋人に見せても恥ずかしくないレベルの仕上がりになっている。

映像にはふんだんにCGが使われているが、その上で動く作画を手がけるのは綺麗なキャラを描くのが超上手い恩田尚之(「アニマトリックス:ディテクティブストーリー」「新約Zガンダム」等)。このCGと作画のマッチングが見事で、CGの正確なカメラワークと、緻密な手書き作画の魅力の両方を持った新鮮な映像が楽しめる。

ストーリーは主人公の傭兵ガッツとグリフィスの出会いと友情を描き、少々の暗雲の気配を漂わせたあたりで第1幕の幕引きとなる。映画的には後に続く2部・3部への謎と複線をちりばめてあるのだが、無駄なく滑らかに進行するストーリーテリングは(原作と比較すれば)少々お行儀が良すぎるようにも思える。

総じて少々過激なバイオレンス描写はあるが、原作を知らない普通の大人が見ても恥ずかしくないアニメとして仕上がっており、完成度も一般の洋画アクション映画と比べても劣らない出来だと思う。奇をてらったイロモノ作品ではなく王道の中世ファンタジー活劇になっているので、「ベルセルク」入門編としての役割を十分果たしているとも思う。(逆にイロモノを好むファンには物足りないだろうなとも思いますが)

時間がある時にはDVDレンタルで続きを見たいと思っています。

2012/10/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(69%) 普通:10(22%) 悪い:4(9%)] / プロバイダ: 2470 ホスト:2513 ブラウザ: 5140
素直に面白かった。
CGもそこまで違和感を感じなかったし、
シナリオの消化スピードはかなり速いが、
それを補って余りある演出だった。

80分がすぐ過ぎちまった。

2012/08/15 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 49931 ホスト:49833 ブラウザ: 7541
一般向けベルセルク。グロ描写もエロ描写も漫画と比べて非常に少なく、ベルセルクらしさは減りました。
展開も急で、ガッツとグリフィスも決闘後一瞬で親友にまで持ち上がってます。
声はガッツ、グリフィスがイメージ通りですが、キャスカはテレビ版と比べると違和感がありました。
原作を見ていたときともイメージが違ったんですが、まあキャスカらしいといえばキャスカらしいし良いと思います。

最初の方はヘボCGに面食らいました。
正直言えば、CGなんかでなく、ちゃんと手書きとかでやってほしかった…。
まあ、そんなことしたらあの大量の兵士書くのが大変でアニメーター殺しになりかねませんが、途中からマトモになってるだけに、最初の方がとても残念です。

あと、ガッツとグリフィス以外の鷹の団が思った以上に脇役でした。
この二人の友情だけにスポットを当てていった感じですね…。
なんだかんだで蝕が楽しみ。

2012/06/23 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(40%) 普通:6(20%) 悪い:12(40%)] / プロバイダ: 36289 ホスト:36144 ブラウザ: 4779
原作既読、旧作視聴済みです。

【良い点】
中世ヨーロッパの時代考証を取り入れたのかその点がよく出ており、戦乱の時代の世界観がうまく出ていました。

【悪い点】
80分に収めようとしたのですから、どうしても駆け足になってしまうのは仕方ないかもしれません。ですが、話をまとめる事に力を注ぎすぎて、単調な作りになってるのはいただけません。話のポイントを、ただ並べただけのようになってしまってます。またタメも弱く全体に緩急がついてないのが、単調さを助長してしまってます。またベヘリットをあまり強調してないせいで、ただの中世戦乱もののような印象になってしまってます。このためゾッドの出現が、唐突感が強く場違いのように感じらました。

演出が悪いです。とにかく横カメラが多く、視点に工夫がありません。BGMも印象が弱く、シーンを形作るには力不足です。

ガンビーノとの話を夢で済ませていました。その方法は悪くないのですが、まるで印象の残らないようなやり方ではマズイでしょう。象徴的な台詞を断片的に並べておけば、大分違ったと思うのですが。

そしてキャスティング。キャスカが不評ですが、私は一番コルカスが合ってないと感じました。キャラ性を出す以前に、声自体が弱すぎます。

CGによるアニメはやはり動きがどこかぎこちないです。特に遅い動作にそれを感じます。モブキャラがのぺっとしてたのも気になりましたし。他のアニメでもアニメ調CGを使ったものがありますが、まだ満足いくものを見たことありません。まだまだ技術不足のようです。

【総合評価】
ダイジェストとまではいかないものの、ただ話をなぞっただけの作品となってしまってます。ぶっちゃけ通して見るのはキツかったです。単調すぎて。
監督の窪岡俊之氏は本作が初監督です。ただ業界歴こそ長いものの、ほとんど原画か作画しかやってません。正直、監督としての力量に疑問符が付く経歴です。特に演出の弱さは、それを証明してしまったような気がしてます。
この調子では続編も期待できそうにありません。一方で旧アニメ版の良さを再認識してしまいました。

2012/06/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(65%) 普通:108(14%) 悪い:163(21%)] / プロバイダ: 9129 ホスト:9101 ブラウザ: 8930
【良い点】
キャスト。
ガッツ役の人が不安でしたが杞憂でした。
TV版よりも渋い感じで良かったです。

変わって一番良かったと思ったのはキャスカ。
TV版は声が高くて、違和感があったので。

【悪い点】
気になった点がいくつか。

・ガッツの人に触れられると怯えるところが無い。
・暗殺のところでガンビーノを思い出すシーンが無い。
・鷹の団に馴染んでいくところが省略。

過去のトラウマに関しては、キャスカと結ばれるところで消化するとも考えられるので
現時点でミスとは言えないですが、馴染んでいくところが省略されたのは残念。

【総合評価】
黄金時代編を映画館で観れるというだけでも満足ですが、
3作目の時間配分が不安ですね。
TV版と同じように、バーキラカ、ワイアルドは省略だろうし。

2012/06/03 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:245(40%) 普通:166(27%) 悪い:201(33%)] / プロバイダ: 13372 ホスト:13445 ブラウザ: 5095
【良い点】
・一番不安だったガッツの声だけどむしろ旧版の若すぎる神奈延年の声よりは合ってたかも。
まぁ下手には違いないけど最悪は回避できてたので。

【悪い点】
・色んな事情があるんだろうけど個人的には旧版でやったのにま〜た黄金時代編ですかと辟易、この章が人気があるのはわかるけどやってない話がいっぱいあるんだからそっちをお願いしますよと。というか旧版もそうだけど何故毎回原作の一番最初の1-3巻分の黒い剣士編をトバすのか、あれ重要でしょ。てか構成上初見の人はいきなり訳わかんない男の子供時代の話が始まっても興味持てないと思うんですよ。それより原作と同じくいきなり狂った戦士が化物を殺してまわる方が画面も華やぐ(?)し何よりこの男が何故ここまで怒ってるのか知りたくなるでしょ?

・ガッツや他のメンバーの声に不満はないけど、いや細かく言えばコルカスとかもっとずる賢くとかジュドーはやっぱり石田彰じゃないととかリッケルト女の子すぎるだろとか言いたいんだけどそれよりもただ一人だけキャスカ役の人が許容できない。うーん、あまりにも声が低すぎて可愛さがないというか唯一の紅一点ヒロインなのに声に華がないというか。とにかく印象が弱い。原作イメージでは凛々しい中にも女が垣間見れる声という印象だったのでこの女っ気を感じない声はどうにも聞き苦しい。これなら女の子すぎた宮村優子のがマシに思える、この声優陣の中だったら豊崎愛生がキャスカでもよかったよ。

・CG。あの物量を手描きでってのは無茶なんだろうけどCGだとガッツの重い剣撃とか凄く軽く見えちゃうんですよね、迫力ゼロ。人の死とかも軽く見えて人形劇に見えるんでやめてほしい。もうSTUDIO4℃以外で作ってほしかった感が否めず。全部がCGだったら良かったんだけど、背景は違うから凄い不自然で後ろのモブ兵の動きも脇があがってたり人体構造上そういう動きしないはずの動きでもっさりだったから凄く気持ち悪かった。とにかくワチャワチャと動きすぎ。やはりまだ人体を自然にCGで動かすというのはハリウッドの設備や大金を使えるならともかく現状日本では無理なんでサテライトみたく機械類以外では使うのやめてほしい。

・上映時間で危惧したとおり話の省略がやっぱり酷い、もはやダイジェスト。ガンビーノとの子供時代省略もだけどせめてガッツがグリフィスに負けて入団してから初陣でしんがり務めて鷹の団に受け入れられる話ぐらい描こうよ・・。これならTV版見た方がまだ内容掴める分マシだ。サーガプロジェクトとして何年もじっくりやってくなら省略して急ぎ足にする必要もないでしょうに。とにかく原作が小説ならともかく漫画で話を縮めるとかありえない。

・今回も音楽は平沢進なのはいいですけどただのお飾り的なメインテーマだけってのは解せないです。

【総合評価】
うーん、もの凄いレベルの作画やCGを拝めるでもなし原作読んでたり旧版見てる人には見る価値ゼロでは・・・。
新規の人もそのお金でマンガ喫茶行った方が時間とお金を無駄にしなくていいじゃないでしょうか。
もうこの後の第二章ドルドレイ攻略とかまったく見る気が起きないっていうかその前にCGの違和感攻略しろよ。
見る前は第二章のあのシーンや第三章のあのシーンはどこまで描写するのかワクワクしてたけど、もはやどうでもいい。
ただ本当にこんな内容を端折ったりカクカクCGのSTUDIO4℃と共にベルセルク・サーガプロジェクトとして今後十何年も映像化していくつもりなんだろうか。。もうSTUDIO4℃は「マインドゲーム」とか「鉄コン筋クリート」みたいなサブカルに絶賛されるようなものだけ作ってろよ、メジャーに出てくるなよ、その前にスプリガン全部映像化しやがれと言いたいぐらいに正直製作会社と監督変えてほしくてたまらんのだが。その前に興行の数字見るとどうせ失敗してまた黄金時代でベルセルクプロジェクト終了なんでしょどうせ〜って気がしてならない。
とりあえず蝕の後のロスト・チルドレンの章に入ったらまた見よう。何年後になるか謎だけど。

2012/02/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:91(46%) 普通:56(29%) 悪い:49(25%)] / プロバイダ: 4718 ホスト:4578 ブラウザ: 8844
良く出来ている
一般兵士のCGが若干ロボットに見えなくもないが、合戦シーンも良く動く
特に攻城戦の描写は、違った意味で、戦国大合戦に比肩する

黄金時代の最初をアニメ化したらこうなるだろう、と思う
よくまとまっているし、不足も過剰もない

が、正直物足りない。
映画であるのだから、テレビ放送以上のなにかが欲しい
感動でも関心でも驚愕でもなんでも良いのだが
それが感じられなかった

良く出来ているが物足りない。映画版ビバップを思い出した
原作ファンなら見て損は無いと思う。総合評価は、良いで

2012/01/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:752(75%) 普通:143(14%) 悪い:110(11%)] / プロバイダ: 12148 ホスト:12230 ブラウザ: 11269
同僚が手に入れたチケットで試写会見てきた。ネタバレはしないので視聴を検討している人の参考になれば。

私は原作挫折組です、グリフィスがひどい目にあうトコで。だから今回の第一部でそのシーンまで行っちゃっ
たらどうしようかハラハラでしたが、その辺は次回になりそうです。そんな「浅い」私なんで予備知識なんにも
ナシで見に行った訳ですが、まず冒頭の合戦シーン(西洋風の世界観でもこう言っていいのか)には圧倒され。
以降も見応えたっぷりなアクションシーンですが、ガッツVSグリフィスなどカメラが「寄った」場面では
手描き、モブはモーションキャプチャーの使い分けになっていてこの「落差」にはちょっと違和感アリ。時代
性で片付けちゃうのはちょっともったいない、できればやっぱり手描きでグリグリ動かして欲しかった。悪く
は無いんだけどね。
あと終盤で戦争以外の「殺し」に動揺するシーンは、グリフィスに自信たっぷりに引き受けたのにいざその場
での狼狽とその後の放心がよく分かるんだが、全編を通すといささか唐突感が否めない。このへん、原作では
どうだったけか?
全編流血・惨殺シーンありまくりでTV放映は無理そう。ってかワーナーが配給してるけどアメリカ展開が
あったとしたら(後で評価投下する予定の「ワイルド7」もワーナーなんだよな)、間違いなくR指定にな
るレベルなので、ソコ弱い方は要注意。まぁ原作知ってる人には無用な心配ですね。
三部作になるのでこの第一部のみで好不評を付け難いが、映像のレベル、音楽、役者の仕事どれも隙は無い。
ただ見所は上記の通りラスト間際〜第二部以降になりそうなので、ファン以外の一般人を繋ぎとめられるか?
は微妙。再編集ではあったが劇版ガンダムⅠな印象。
で、スペ9は二部見に行くかって?だってアノシーンがありそうだからなぁ。

余談:スタッフロールの後に延々流れる謎の名前。後でHP見たらなんでも「団員」登録した人の名前が流れ
てたらしい。一般人としては長過ぎで殺意覚えたわ。

この評価板に投稿する



2018/11/17 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 12037 ホスト:11716 ブラウザ: 8318 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/格好良い/美しい 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ