[アニメ]アトム ザ・ビギニング


Atom the beginning
  • 考えさせられた
  • びっくり
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:アトム ザ・ビギニング
アニメ総合点=平均点x評価数2,943位5,646作品中総合点3 / 偏差値47.81
2017年アニメ総合点33位96作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)2
映像2.00(とても良い)2
声優・俳優1.50(とても良い)2
ストーリー1.50(とても良い)2
音楽1.00(良い)2
考えさせられた100%2人/2人中
びっくり100%2人/2人中
涙流した50%1人/2人中
友情50%1人/2人中
楽しい50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

これは、まだ誰も知らない“鉄腕アトム"誕生までの物語(エピソードゼロ)。
大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博志。 天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。
そしてふたりの友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。 A106は果たして「神」となるのか「友」となるのか。
若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る――。
原案:手塚治虫
原作:カサハラテツロー
ストーリー監修:手塚眞ゆうきまさみ
企画監修:本広克行
日本 開始日:2017/04/15(土) 23:00-23:25 NHK総合 TV
公式サイト
1. http://atom-tb.com
Twitter公式
1. https://twitter.com/atomtb_anime
オープニング動画 (1個)
解読不能
歌:After the Rain 詞:まふまふ 作曲:まふまふ 編曲:まふまふ [ファン登録]
[もっと見る]
1,14344
最近の閲覧数
6962362410182551
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/03/09 / 最終変更者:伏魔の剣 / 提案者:伏魔の剣 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/07/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(48%) 普通:245(33%) 悪い:140(19%)] / プロバイダ: 48741 ホスト:48801 ブラウザ: 8321
【良い点】
・天馬とお茶の水:後の「鉄腕アトム」では対立するそうだが、その伏線になる考え方や方針の違いは丁寧に描かれていた
・A106:特に後半彼なりの考え等は描けていたかと

【悪い点】
・第7研究室:天才が二人もいるからと言われたらそれまでだが、軍事企業が開発に携わった「マルス」と互角に戦えるとか学生レベルを遥かに超え過ぎているし、「天才だから」以外にはこれと言って理由付けが無い

【総合評価】
原作未読、かつ大本の「鉄腕アトム」も未見でさわり程度の知識しかない
基本的には丁寧に作られていたと思うが、最終回は判断に困る
結局はA106が修復されたと言うのは良いことだが、蜘蛛の巣張るほど放置されていてその間A106は起動状態
何らかのネガティブな感情を抱いたとしたらバッドエンドとも取れるし、とはいえ「心はない」と言われていたし…
でもアレは人間並みでは無いとしても「心=感情」は目覚めてるとしか見えなかったがのだが

2017/07/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6197(88%) 普通:498(7%) 悪い:371(5%)] / プロバイダ: 4772 ホスト:4679 ブラウザ: 10218
原作のマンガに関してはまだ一度も読んだことはないのでなんともいえませんが、タイトルのとおり、かの有名な鉄腕アトムが誕生するまでの秘話に生みの親である天馬博士と育ての親であるお茶の水博士の双方の視点を描きつつ、焦点を当てた前日談的な内容の作品といったところでしたね。
なんといいますか、最近は不思議なメルモとかもそうでしたけれども、手塚作品のリメイクというのを通り越してそれを下敷きにした題材の作品が作られているなあというあたりからも影響力の高さがうかがえようといったところでしょうが、確かに新規の作品に着手するよりは往年の名作を関連させた方がその作品の直撃世代ないし、シルバーからミドルにかけて本来ならばあんまりアニメやマンガを見ないであろう層も取り込むことが出来るので発想としては良いかもしれませんね。もっとも、かくいう自分も遠い遠い大昔に「アトム今昔物語」なるマンガをたまたま手にとって読んだことがあるので全話通してその頃のノスタルジーにも浸りながらも新たな解釈や発見も垣間見えていたりして、なかなか興味深く楽しめました。そういえば、原作者も反響に応えて上記の作品の他に晩年にはアトムキャットなる派生作品を自らの手で書き残したりしておりましたけれども、もしも存命だったらそれでもまだ89歳。そう考えるとあまりにも早生すぎたなあと感じたのと同時に、原作者本人によるアトム・ザ・ビギニングはどのような作品に仕上がっていたのか。出来ることならば見てみたいという気持ちは強いですね。
最後に、この作品の評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

2017/07/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14146 ホスト:14092 ブラウザ: 9135
【良い点】子供の頃、鉄腕アトムに親しむことができた世代です。ファンの一人として、今回のストーリーの斬新さと、今という時代だからこその発想のすばらしさに感動して観て来ました。テンマという人物についての、新たな情報とお茶の水さんとの関係については、初めて分かりました。成程。そして、沢山のキャラクターが、とてもイキイキしていてカワイイと思いました。
手塚作品では、あれだけ完成した人間的なロボットだったけれど、創り出した科学者たちの喜怒哀楽を表現してくれた今回のアニメに本当に感激しました。

【悪い点】 突然に最終回だったんだけど・・・? ?? ホント驚いて残念でした。

【総合評価】 斬新ですごかった。

2017/07/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:591(74%) 普通:195(24%) 悪い:17(2%)] / プロバイダ: 11608 ホスト:11541 ブラウザ: 4894
人工知能というものが現実的になり、その具体的な使用方法の模索が始まっている現在において、今までの人工知能の描き方とさして変らない人工知能を描いた意味は何だったのだろうか。
鉄腕アトムが描かれた時代とは、全く異なる時代において鉄腕アトムの誕生を描くという事に意義は認めたとしても、その意義が果たされていたがどうかは別の問題。(というか、NHKで通る企画として作られたという面が見え隠れするんだよなぁ・・・)

現在の人工知能を巡る状況は「人工知能が何を考えているかは分からないが、ともかく結果として正しいものが出力されているようだ」という感じ。つまり、人工知能の内面を探るのは無駄という事だ。その膨大な計算量を人間が理解する事は出来ない。
鉄腕アトムにおいて、アトムの内面は既に探求されているだろう。ならばこの作品ではアトムの内面へのアプローチをやめ、人間には理解不能に思われる行為が最終的に最適な結果をもたらすという面を強調すべきだったのではないだろうか。(そういう描き方がされている部分もあったのだけど)

その人工知能の行為に、どのような意味を、どのような物語を与えるかは人間の働きであり、ここに主人公二人の考え方の違いを反映させることが出来たのではないだろうか。(天馬博士はアトムに息子という物語を見出せなかったのだとすれば、元ネタへも繋がっていけるだろう)
人工知能に自身を語らせるというのは、今の人工知能の潮流からすると外れていると思う。

このような描き方が全く出来ていなかった訳ではない。そのように描かれているような節も、随所に見受けられる。しかし、それが前面に押し出されていなかったため、全体として焦点がボケてしまっていたように思えた。
もっと、踏み込んだ表現を目指しても良かったのではないだろうか。

この評価板に投稿する



2017/07/17 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4772 ホスト:4679 ブラウザ: 10218 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/びっくり/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 蛇口が気になる by 雪霞
... ・ビギニング』を見た。 アニメーションとして新味があるわけではないが、アトム誕生前史として興味深いし、 すべりだしは順調という感じだ。 この天馬青年が将来、ロボットが成長しないくらいのことであっさり トビオを捨てる偏狭オヤジになるんですね でも、第1話で一番気になったのは 蛇口 だったよ。 冒頭にロケットパンチがさく裂してケガをした天馬くんの腕 ...
記事日時:2017/04/16
2. 2017年春アニメチェキ!(もう春なんですね) by エスパー
... 対するメカデザは人型でやはりアクティヴレイドを彷彿とさせるんですが作風は異なるんかな。 アキンド星のリトル・ペソ ソシャゲのリリース開始も控えているらしい。 このキャラデに激しくデジャヴを覚えるのだがなんだろう…。スペースチャンネル5…じゃねーな。 なんか如何にもめざましテレビ内に放送されていそうなミニアニメだよな。 アトム ビギニング RIDE ...
記事日時:2017/03/19

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:アトム ザ・ビギニング
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声