[アニメ]アソボット戦記五九: 2006/04/15 がめちん


あそぼっとせんきごくー / Asobotto Senki Goku
  • 考えさせられた
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数6,431位6,448作品中総合点-143 / 偏差値23.77
アニメ平均点2,794位2,862作品中平均点-1.42=悪い/101評価
2002年アニメ総合点157位159作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/04/15 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(44%) 普通:1(11%) 悪い:4(44%)] / プロバイダ: 31101 ホスト:31138 ブラウザ: 5234
正直、なんでアニメ化したことすら謎な作品でした。

私は新連載時から漫画を見ていたのですが、話のテンポも内容もキャラクターの性格、位置付けも「スタンダード」と言えば聞こえはいいですが、要するに既存の作品にキャラクターを当てはめただけでオリジナリティーが無く、それでも画力があればそっちの路線で引っ張って行くことも出来たのでしょうが、お世辞にも絵が上手いとも言いがたく、「これは、10週で終わりだな」と確信した作品でした。

しかし妙なもので、一向に打ち切られる気配が無く(カラーページも多かった気がします)マガジンの最後の方に追いやられた時も「打ち切り」ではなく「月マガに移動」と言う方法が取られ、「新人(?)漫画家を何でここまで保護するんだろう?」と不思議に思ったことがあります。

後でこの作品が企業とのタイアップを狙った企画物だと言うことを知って変に納得しました。すでに企画が立ち上がっていたから西遊記と言う万人に好まれるストーリーを題材にして、漫画もアニメも打ち切れなかったのかと。

話がそれましたので・・・・
このアニメに関しては、完成度はもちろん、商業的にも大失敗に終わったアニメだったと言わざるをえません。難しかったとは思いますが、漫画が人気を得られていないとわかっていたのなら、何らかの対策を練る機会はあったにでは無いかという気がします。そうすれば、もう少しは良い作品に仕上がっていたのではないでしょうか?



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ