[アニメ]あした世界が終わるとしても


あしたせかいがおわるとしても / Ashita sekai ga owaru to shitemo
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数4,625位6,272作品中総合点0 / 偏差値47.42
2019年アニメ総合点47位76作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
原作:クラフター
監督・脚本:櫻木優平
制作:クラフタースタジオ
製作:『あした世界が終わるとしても』製作委員会

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2019/01/25(金) 映画
公式サイト
1. 映画『あした世界が終わるとしても』
プロモーションビデオ (1個)
『あした世界が終わるとしても』本予告90秒『あした世界が終わるとしても』本予告90秒
64933
最近の閲覧数
5412245111
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/01/02 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:297(49%) 普通:220(37%) 悪い:84(14%)] / プロバイダ: 9701 ホスト:9803 ブラウザ: 5213
【良い】〜【とても良い】
予備知識ゼロで見たので、トンデモ設定にビックリ。最初、恋愛アニメかと思ったよ。いや、恋愛要素もあるけどね
展開にB級テイストを感じたが、娯楽作品として結構面白かった。
最近の個人的比較では、(ラブライブ)サンシャイン劇場版より、こっちのが断然面白かったな(楽しみどころは全く違うけど)
ビックリ展開がいくつもあって見てて飽きなかったし
何が一番ビックリって、序盤、いきなりナレーションで世界の説明が入るトコ。何のギャグかと思ったし
キャラはCGで、多少動きがぎこちないところもあったりするが、アクションシーンは迫力があって見ごたえがあるし
一度見れば十分な感じだが、アクションはなかなか良かったし、キャラも魅力的だし、ミコ面白いし

2019/02/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:37(56%) 普通:14(21%) 悪い:15(23%)] / プロバイダ: 405 ホスト:231 ブラウザ: 5173
恋愛ものかと思いきや、まさかのパラレルワールドもの。
日本VS日本。戦後2つに分かれた2つの日本が、いま対峙のときを迎える…!
つっこみどころも含めて、心躍るアクションSF大作。(人によっては迷作)

【良い点】
①難しく考えないほうが面白いアニメ。
思想はない。今のアニメって自分の思想とかそういうの入れたがるけど、このアニメにはない。そこがいい。
堅苦しいアニメもいいんだけど、たまにはそうじゃないアニメも必要。「考察」したい人には向かないと思う。

①よくできたCGアニメ。初めは「うわっ、全部CGかよ」と不安を覚えましたが、後半のバトルは素晴らしかったです。
迫力があって圧倒された。映画館で見るものですね、これは。ほんとに爽快バトルです!
CGの可能性を広げたのではないでしょうか。

②ミコとリコのキャラクターがいい。声優は悠木碧と水瀬いのり。皇女コトコを守るために生み出された彼女たち。
しかし後半、運命は思いもよらぬ展開を迎えます。(どうぞ劇場で!)
2人のキャラクターは「超電磁砲」のシスターズからとったのでしょうか。なんとなくそんな雰囲気です。あと
けものフレンズの博士にも話し方が似てる。

③皇女コトコは橋本環奈なのだろうか??私は橋本環奈に似てると思った。画像検索してみてください。まさか実写化
を狙っているのか?

④日本公国ひどい。自国民に核爆弾落とすとかまさに外道!鬼畜!そこにしびれる!

【悪い点】
①予備知識なしで見に行きました。「あした世界が終わるとしても」のタイトルから、「きみの膵臓を食べたい」とか
「世界の中心で愛を叫ぶ」系の恋愛ものだと思っていました。
…全然違うやんけ!いい意味で裏切られた感じはしたけど、タイトルと中身のギャップがありすぎて、お客さん来ない
んじゃないかな。ポスターだって主人公とヒロインが横断歩道を歩いてるものだし、誤解するわー。

②唐突に入る古谷徹のナレーション。「はぁ?」って感じでした。てか笑った。バカバカしいとさえ思った。そして、
怖くなった。予備知識のない私はこのナレーションを聞き、「もしかしてこれって某宗教団体のアニメ?」と思った。

③ヒロインの退場。途中で、物語を引っ張るヒロイン琴莉が…てしまいます。あれは残念。てか琴莉とコトコが一気に
いなくなるので、ちょっとがっかりです。

④ラストが意外とあっさりしてた。悪役、公卿をもっとこらしめてほしかった。

⑤あいみょんの挿入歌→不幸が起こるのパターンが2回繰り返された。これはわかりやすすぎた。

⑤その他色々な粗が…こまけえことはいいんだよ!楽しめよ!

【総合評価】
このまま、ほとんどの人が見ないまま終わるのはもったいないです。
ぜひ見に行ってください!名作か迷作か、みなさんの目で確かめてください。

てか私含めて3人しか観てなかったYO!

2019/01/25 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:55(44%) 普通:27(22%) 悪い:43(34%)] / プロバイダ: 3295 ホスト:3126 ブラウザ: 10317
【良い点】
・KEIRINみたいな格好をしている時の、ミコちゃんのふとももがいい。ロリコンになりそう。
・琴莉ちゃんも外見だけはかわいい。エッチな3Dゲームでいじらせてほしい。
・↑↑と↑は冗談としても、CGは(CGの中では)質が高いと思う。ただCGっぽさ(物理エンジンネタ映像っぽさ)から完全には逃れられていないため、普通のアニメより映像への評価が上回ることはないのだけれど。それでもラスボスとの戦闘シーン等は良かったのではないのだろうか。

【悪い点】
残り全部。
・「戦争が起きるって噂もあるし〜」こんな会話をする高校生はいない。どこかの国とどこかの国が何かを巡って争うから戦争になるのであって、戦争とは対立なしにどこかから立ち現れてくるものではない。ここを含め、男がデートに誘う時の口調とか、それへの女の答え方とか、いきなり告白しようとするところとか、セリフの流れがおかしい。
・日本公国(日本皇国、ではないんですね。今公式サイトを見ていて知りました)が日本国に攻めてくる理由が全くわからない。一言でも説明があれば「そう言うのならそうなんだな」と納得するのだが、一言もない。
・日本公国の国民も突然死をしているはずなのに、それを含めて日本公国の国民が何をしているのか、どう生きているのか、何を考えているのか、全く描かれていない。だから世界のリンクが終わった後、公家が倒れドームの崩れた世界で彼らがどう生きていくのかというところに想像を及ぼすことすらできない。寂しい。
・ドーナツ食った後の、皆が街で遊ぶシーンが意味不明すぎる。それまで本作を真面目に見ていた人がもしいたとしてもあそこでドン引きするだろう。それともあれは、この作品はまともなSFではないのですからまともに取り合わないでくださいというメッセージなのだろうか?
・コトコが人型兵器を送り込む時にはバレないのに、人型兵器どもが外で遊んで笑ってるところで公家どもにバレるというバランスがよくわからない。しかも、人型兵器を公女に仕立ててフィックスすることで操れるのなら、初めから公家達はコトコなんかを使わずに理想の人型兵器を用意してフィックスしておけばいいのでは?また、結局ドーム外の人には恨まれて統治に失敗しているのなら、公家が公女を仕立てて政治させることにあまり意味がないのでは?(大衆は政治に不満を持っていても公女の威厳の前にひれ伏してしまう、とかなら公女を立てる意味がある。)これらは無理矢理納得することが一応可能な要素ではあるのだが、そのためには全く描かれていないことを一から想像しないといけないので、アムロレイに世界設定を解説させるほどの荒技が許されるのならもう少し説明があっても良かったのではないかと思う。
・また、お話の流れとは関係ない純粋SF部分でも決定的なミスが一つある。日本公国側が渋谷にアレを落とした時に、渋谷のスクランブル交差点にいる人々がバタバタ倒れていくシーン。あれは完全におかしい。日本公国側で爆弾を落とした範囲内にいる人と、日本国でその時爆弾の範囲にいる人は全然違うはずなのだから。なんでこんなミスに誰も気づかなかったのかと、あるいは気づいてもどうでもいいやと思い作品にしてしまったのかと、心底呆れている。
・琴莉の肉体を保存していても、琴莉が生き返ることはないのでは?突然死が起きなくはなったけれど、時間が巻き戻ったわけではないのだから。なぜ生き返っているのかわからないし、もし生き返ったのではなく新たに命を吹き込んだのだとしたら、それは琴莉なのか?という問題が生じているはず。それらは全て無視。無視。琴莉が生きていて主人公とは友達ですということを示唆してエンド。いいかげんすぎる。同様に、父親が息子の肉体を保存する技術を開発していたとか言われるところで、息子である主人公が自分のために……などと言っていてそのまま流されているが、それは父親が父親自身のためにやっていることだろと思う。

【総合評価】
内閣全員死亡についても、それにより内政や外国とのやり取りで困る等の流れが描かれたら大変そうだなと納得できるのだが、この作品で内閣が全員死んで、国会議事堂上空が曇ってる絵が表示されて日本政治が終わりだなどと言われても、それにより泉重工以外の人が困っている様子がどこにも現れないので、ギャグにすらなっていない。
全体的に描写が適当すぎる。ストーリーが適当すぎる。せっかくのCG映像を駆使してこの浅薄なアニメ。非常にがっかりしました。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ