[アニメ]あしたのジョー


Ashita no Joe
  • 熱血
  • 感動
  • 勇気貰った
  • 格好良い
  • 悲しい
  • 友情
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:あしたのジョー / 漫画:あしたのジョー / 日本映画:あしたのジョー(2011年版)
アニメ総合点=平均点x評価数158位6,494作品中総合点148 / 偏差値71.97
アニメ平均点50位2,859作品中平均点2.21=とても良い/67評価
1970年アニメ総合点1位20作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.25(とても良い)4
声優・俳優1.75(とても良い)4
音楽1.25(良い)4
ストーリー1.00(良い)4
映像-0.25(普通)4
熱血100%4人/4人中
感動100%4人/4人中
勇気貰った75%3人/4人中
格好良い75%3人/4人中
悲しい50%2人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ある日、ちんぴらを相手にする丈のパンチに丹下段平はボクサーとしての素質を見抜く。段平は丈をボクサーにするため努力をするが、丈は非行の限りを尽くし少年院に送られてしまう。しかしそこには宿命のライバル力石徹がいたのだった。
(カートゥーン・ネットワーク公式サイトより)
全79話
製作:虫プロダクション,フジテレビ
放送局:フジテレビ系列,カートゥーン・ネットワークなど

日本 開始日:1970/04/01(水) TV / 終了日:1971/09/29
オープニング動画 (1個)
あしたのジョー
歌:尾藤イサオ 詞:寺山修司 作曲:八木正生 [ファン登録]
[もっと見る]
115,9269867
最近の閲覧数
3033250221
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/06/27 / 最終変更者:はるすけ / その他更新者: ウィングゼロ / 管理人さん / ジャンボーグQ / 羽幌炭鉱 / 日光仮面 / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/11/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:388(56%) 普通:103(15%) 悪い:206(30%)] / プロバイダ: 45372 ホスト:45612 ブラウザ: 7453
ボクシングは嫌いなので、この作品はリアルタイムだったのですが、今まで見ないでいました。
知り合いに勧められて見ました。
半世紀近く昔の作品なので時代が感じられます。
とにかく古いので、今の若い人には時代背景がわからないかもしれません。

スポコンドラマです。
戦後の貧民生活者が成り上がりを志し、ボクシングを始めるお話です。
勢いがあったものの敗北を味わい再起を狙うものです。
最後の試合では勝ったのか負けたのかわかりません。
つまり完結していないということです。

作品は「とても良い」くらいの評価ができそうな気がしますが、カムバックできたのか負けたのかがわからない以上、この評価を1ランク下げないわけにはいきません。
評価は【良い】とします。

2016/10/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
懐かしい、かっこいい・・・この頃のアニメは、哀愁を背負ったものが、多かった。あまり良い表現では、ありませんね。
でも、とにかくかっこいいです。

【悪い点】

特別無し・・・
【総合評価】

良い

2015/09/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21252 ホスト:21261 ブラウザ: 7420
【良い点】
変な暑苦しさを感じさせない試合展開
ライバルが丈と同じぐらい強い
サブキャラの存在感、特にリベラーとハリマオ

【悪い点】
特になし

【総合評価】
昔のアニメ作品で今に注目を集めてる1つと言っても過言ではない

2013/11/09 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:380(35%) 普通:208(19%) 悪い:485(45%)] / プロバイダ: 44839 ホスト:44826 ブラウザ: 10902
そんなに見たわけではないのであまり高い評価は下せないがトップクラスに優れた点が一つ。それはズバリあの最終回。
主人公(矢吹丈)のライバル(力石徹)が試合後に息を引き取るという余りにも切なく衝撃的な展開。ハイジやルパンのカリオストロの城のラストはもう飽きたぜ!と言いたいぐらいなのにこれとフランダースの犬のは何回見ても感動が薄れない。

2012/02/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:434(69%) 普通:68(11%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 17597 ホスト:17466 ブラウザ: 11252
再放送で子供のころ見ました。
昔の作品なので殺伐とした世界観で出てくるキャラも少年院から更正したものや強面であるが個性がある人などがいて良かったと思う。
ジムが貧乏で貧しそうな所も時代背景にあっており
時より見られる暴力シーンも今となっては懐かしく、こんな時代もあったかなと見れるので面白いとは思う。
ジョーが無敵でなく黒星も結構あったので負けながら成長を描いたのも中々のものでした。

ただ試合内容に関してはボクシングをまったく知らない素人が作ったとしか思えないんですよね。
アニメだから逆転勝ちとかが主な勝ち方なのはある程度しょうがないとは思うのですが
ノーガード戦法とかそれはもはや戦法ではなくただの挑発行為だし
元々ウェルター級の力石をバンタム級で試合をさせてる辺りは
多分ボクシングを知らない人が考えたんだろうなと、簡単にわかる設定で流石に無理を感じた。
3階級を上げるパターンは不可能ではないが長身で元々絞っているのにさらに3階級下げるのは自殺行為に等しいですし

それにガリガリで弱った力石と試合しても全然面白くはなかった。両者万全の体重で試合をやらせるべきではなかった
のではないだろうか、その方が良かったとは思いまず。

カーロス・リベラ戦も丈が1Rにいきなり2回ダウンを食らうのですが
立ち上がって丈が何事もなかったように平気とか、ダウンのダメージの描写はあまりよくないことが多かったですね。
そもそもこの試合カーロス・リベラのパンチは私が見た限りでは100発100中でヒットしていてボクシング技術の描写も皆無に等しかった。
カーロスとの最後の試合も決着を付けず曖昧にしたのも気になった。

評価はボクシングの描写はリアルさはなかったが、世界観時代背景を楽しむアニメとしては面白かった。
その為「良い」で

2011/10/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(94%) 普通:1(3%) 悪い:1(3%)] / プロバイダ: 27109 ホスト:26990 ブラウザ: 7368
【良い点】
すべて。

【悪い点】
ありません。

【総合評価】
この作品に対しては、いまさら細かいことはなにも言いたくない。
それくらい完成された名作中の名作。
評価はもちろん「最高」しかありえない。

2010/04/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1382(76%) 普通:306(17%) 悪い:124(7%)] / プロバイダ: 43128 ホスト:43080 ブラウザ: 10714
70〜71年に放映された少年マガジン連載のちばてつや先生のボクシング漫画をアニメ化した作品。ある日東京の下町のドヤ街に現れた放浪少年“矢吹丈"と出会った元ボクサーの`丹下段平'は、彼のボクサーとしての天性の才能を見抜き、トレーナーとなる。だが丈は事件を起こして、少年院へ送られる。そこにはボクサー下がりの“力石徹"がおり、力石と対戦して負けた丈は彼を倒すことを決意。出所後、段平のジムに入った丈はプロを目指していく。

週刊少年マガジンで連載されて、一世風靡した熱血ボクシングドラマをアニメ化したのが本作品で、「巨人の星」「タイガーマスク」と共に梶原一騎原作作品として当時のアニメ界に新風を巻き起こし、新たにボクシングアニメとしてその名を轟かせた作品である。原作を忠実に映像化しており、また丈の声のあおい輝彦・段平の藤岡重慶・力石の仲村秀生等が実に見事に演じていて、そのキャラの個性をよく引き出していて、それがより臨場感を作っていたと思いました。

ストーリーは原作通り、下町に現れた天涯孤独の少年“矢吹丈"が`丹下段平'に見いだされるところから始まり、そして少年院送りとなって、そこで終生のライバル“力石徹"との出会いが丈をボクサーへと向かわせるわけですが、誌上でもかなりハードでスリル溢れる展開を映像にしているのがいい。丈はスタイルはかっこいいし天性の才能もありますが、決して器用というわけではなく、むしろ不器用なくらい打たれ捲られます。また武器は`クロスカウンター'でぎりぎりの状態に追い込まれてから放つために、みている我々のほうがハラハラしましたね。まあこれが本作の見所で、何度打ち負かされても立ち上がっていく執念・追い詰められながらも一瞬の勝機を見出す才能と意気込み・そして擦れ擦れで放つ逆転のカウンターパンチ、これらの息詰まる展開が実にスリリングで、そこが強烈に印象深かったですね。アニメ「はじめの一歩」も同じような展開はよくありますけど、本作ほどの臨場感はあまり望めないんですね。同じ展開でも本作品がよりすごく感じるのはやはり丈や力石の過去の人生が他の人にはないハードでシビアなものだからなんでしょうか。それとも梶原先生にしかできないものなんでしょうか。いずれにしてもこれほどの劇的でハードな作品は今でもありませんね。

本作品は原作の凄さをより引き出した臨場感溢れる熱血スポ根アニメドラマとして今も語り継がれてますし、設定・ストーリーとも非常に完成度が高く、とても印象に残った作品ですので、評価は【最高!】です。原作も凄かったですが、アニメ化した本作のおかげで原作の良さを多くの視聴者に伝えたんじゃないかと感じますね。
尚本作は放映が原作に追いついてしまったために、カーロス・リベラ戦で終了しており、原作最後の対戦者であるホセ・メンドーサは名前のみしか登場しておらず、そこが中途でしたけど、あの終わり方をみればいうことはありません。

2010/03/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:37(76%) 普通:0(0%) 悪い:12(24%)] / プロバイダ: 30172 ホスト:30297 ブラウザ: 10689
【良い点】
力石とのバトルが楽しいです。
本当にあった話しみたいでした。
【悪い点】
ないよ♪

【総合評価】

ちょと昔にこんないい作品があったとは…
すばらしいですね。

2010/02/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 5391 ホスト:5324 ブラウザ: 9670
【良い点】

当然再放送やレンタルでしか観てない年代の私ですが、原作と比較してオリジナルストーリーも悪くないですね。ジョーの人間らしさが割り増ししてます。

「ボクサー志願」とジョーがドサ拳闘に身を落としサチ達が訪ねてくる話しは結構すきです。牧場の話しで野沢悟空が数少ないゲストヒロインを演じてらっしゃったのは感涙しました。

【悪い点】

と言うか再放送時はOPは「2期のプロボクサー編」、EDは初期の「ジョーの子守唄」に統一されていたので、前期OPと「力石徹のテーマ」がEDに使われてたのはレンタル借りて初めて知りました。しかし力石が死んでからEDにするのもなあ(汗)。

カーロス編で終わるんですが、この時期はどうもグダグダでしたな。ここからのジョーの躍進は『2』に委ねられるんですが・・・・・カーロス編は『2』の方が良かったなあ。てか本作はフジTVですか・・・・『2』の日テレとは違うんですな。『タイガーマスク』といい続編は諸事情で局が代わるのが多いですな、梶原作品は。

【総合評価】

割と中学の部活の時に再放送でネタとして盛り上がってました。「良い」。

2009/11/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4500 ホスト:4304 ブラウザ: 15574
梶原一騎原作・ちばてつや作画のボクシング漫画のアニメ版ですね。周囲の人間に暴力を振るってばかりの孤独な少年・矢吹丈が元ボクサーの丹下段平と出会い、更に宿命のライバル・力石徹と出会い、ボクシングの世界で戦い続けるというのが話の筋でしたな。

声優が本業ではない所為か、ちと丈役のあおい輝彦さんの演技に違和感がありましたがそれ以外の声優さんの演技は文句のつけようが無かったですね実際問題として。

特にマンモス西役の西尾徳さんははまり役でしたなあ。彼が主役の話があったりしたのが嬉しかったですねハイ。
仲村秀生さんの演じる力石徹も一見すると低く優しげな口調なのに傲岸さを体現していてこれまた見事でした。

あと、作画ですが原作より丈が精悍に描かれていて好印象でした。尾藤イサオさんの歌う主題歌も陰鬱な感じで作品にピッタリ合ってましたなあ。

原作に追いつきそうになったので、カーロス・リベラが登場した所で一旦打ち切られたようで。それが残念な点です。

2009/02/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(82%) 普通:0(0%) 悪い:2(18%)] / プロバイダ: 16503 ホスト:16532 ブラウザ: 6520
男の生きざまを本気で描き出した稀有の名作。

2008/05/04 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(40%) 普通:17(12%) 悪い:68(48%)] / プロバイダ: 8126 ホスト:8105 ブラウザ: 5234
朝鮮戦争を通して精神力を無理やり鍛えられた在日朝鮮人の彼。
地方のテレビ局で再放送していたのを視聴して、つくづく今の時代に生まれて良かったと思いました。
それにしても皮肉なものでした。
飢えをしのぐために瀕死の兵士を襲って食料を手に入れた少年でしたが、
その兵士が実は少年の父親で、飢えと戦っているであろう息子のために、食料を集めて届けようとしていたとは・・・
勝てる気がしないとぼやいたジョーはきっとボクサーとしての力量よりももっと大事な、自分のボクサーとしての原動力の差に気づいたのではないかと感じます。
結果はどうなったんでしょうか・・・人間の愚かな部分を身をもって思い知った男と、物語の主人公では、かなり不透明でいて、とても続きが気になります。
時間があったらまずこの話を優先して見たいです

2008/03/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:69(70%) 普通:10(10%) 悪い:20(20%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17728 ブラウザ: 4823(携帯)
漫画も読みましたがアニメで見た方がより良かったです。
自分でもよく解らないんですが、昭和を前面に押し出した映像って凄く好きです。あしたのジョーを見ながら焼酎を飲むのが好きでした。
自分はドラマや映画、漫画を見て泣いた事が一度も無いんですが、この作品は初めて目がウルッとなりました。
力石やカーロスを始め、最後のホセに至るまでのジョーのストーリーは何度見ても心打たれます。
葉子にグローブを渡すシーンもかなりきました。

最後真っ白な灰になったジョーはボクサーとして終わったんだと自分は解釈しています。

2008/03/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2975(60%) 普通:835(17%) 悪い:1159(23%)] / プロバイダ: 54002 ホスト:53988 ブラウザ: 5234
1作目の放送は、カーロス戦で終わり、2作目が違う局で放送される等、原作の進行状況が足を引っ張っていた事は明らかでした。

力石の死だけでなく、西が引退し、紀子が丈から身を引き、カーロスが障害者になってしまうなど、
丈の周囲の人物の変化も作品の悲壮感が膨らむ原因になりました。

特に目を引くのは、ホセ・メンドーサ戦、葉子がホセ戦を終えた丈からグローブを受け取るシーンです。

パンチドランカーの体でホセと戦い、片目を潰されても戦う事を止めず、全てを出し尽くして燃え尽きた矢吹丈の姿は、梶原一騎の魂を具現化しており、
葉子が受け取ったグローブには、葉子を含めた矢吹丈に最後まで付き合った人たちへの梶原一騎の気持ちが込められていました。

2007/08/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 5979
人間の極限を表出させた作品。
その極限とは、肉体と精神の両面であり、燃えたぎる純粋な闘争心と情熱が美しいというところまで昇華させている。
ジョーと力石の関係は永遠のライバル像なのである。

もっと読む

「BSでジョー特集やってたので久々に見ました。虫プロが原作アリという新境地としてやったらしですが、作画面...」 by サブかわ


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/06/04 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 42111 ホスト:41975 ブラウザ: 10902
力石が死んだのって減量のしすぎか何かかな?

2015/12/19 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 35779 ホスト:35799 ブラウザ: 10165 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/勇気貰った 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 宇都宮市二荒山神社前痛車。 by S・N
... 対抗して(苦笑)、二荒山神社前痛車を撮影しました。 ・きららファンタジア ・ミルキィホームズ ・SAO ・ゆるキャン ・WORKING!!! ・きんいろモザイク ・リトルバスターズ ・ラブライブ 他にも「ゆるゆり」とか「うる星やつら」とかありましたが、やっぱり「ラブライブ」関連がダントツで多かったですね。 イベント方は「あしたジョー原作者 ...
記事日時:2018/05/06
2. 新作アニメ微妙… by カシオペア
... 変わり、前回シリーズは比較的マイルドな可愛い系でしたが、今回は見た感じ妖怪恐ろしさようなものが垣間見れるようなタッチになっています。 コレは間違いなく見ます。 その他で言うと「キャプテン翼」ね。 まあ懐かしいけど、ドンピシャ世代ではないんだよね。 「ルパン三世」も復活ですね。 「メガロボクス」は「あしたジョー」連載開始50 ...
記事日時:2018/03/30
3. 実写版は何故暗いか? by 634
... 暗く、暗い場所で撮影もあってか、登場キャラ全員が根暗ような印象を与えます。これはタツノコ作品実写版(ヤッターマン、ガッチャマン)でも同じです。 スポーツ実写版でも、原作は暗いムードがあっても、画柄や、内容に救いがあって・・・という具合作品は多いですが、実写版『ドカベン』や『あしたジョー』にして ...
記事日時:2017/10/13
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:あしたのジョー / 漫画:あしたのジョー / 日本映画:あしたのジョー(2011年版)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ