[アニメ]アニマル1: 2019/02/18 在原健太郎


あにまる1 / Animal 1
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数3,645位6,447作品中総合点2 / 偏差値47.77
1968年アニメ総合点11位17作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2019/02/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1184(76%) 普通:262(17%) 悪い:111(7%)] / プロバイダ: 24782 ホスト:24840 ブラウザ: 4721
68年に放映された原作・梶原一騎による川崎のぼる先生の熱血レスリングアニメ作品。父の`小助'と5人の弟・妹のナナ子と共に達磨船`ひがし丸'で水上生活をしている東家長男“東一郎"は、東京は`河岸中学校'への転校初日に校内へ侵入してきた2頭の暴れ牛を叩きのめしたことから学校の人気者となり、様々な運動部から勧誘される。そんな中一郎は上級生の`山彦正'が率いる`レスリング部'から勧誘を受けて山彦とレスリング勝負をするが、一見ひ弱そうな彼にいとも簡単にのされてしまった。この一件でレスリングに興味を覚えた一郎はレスリング部に入部し、メキシコオリンピックを目指して猛特訓を開始する。

本作品は週刊少年サンデーで連載されていた川崎のぼるの漫画をアニメ化したもので、アマチュアレスリングでオリンピックを目指すという、俗に言うスポ根漫画の1つであるが、父や7人の兄弟たちの織りなす家族愛やコメディータッチのエピソードも豊富に盛り込まれたエンターテイメント的な作品として仕上がってます。タイトルの由来は、東京オリンピックのフリースタイル・フェザー級金メダリスト・渡辺長武選手のニックネームの“アニマル"に来ており、当時アマレスの5人の金メダリストの中で唯1人1ポイントも失わず完全優秀の快挙を成し遂げ、公式戦でも186連勝を記録し、ギネスにも載った偉大な人物である。

ストーリーは`河岸中学校'に転校してきた転校生の“東一郎"は、転校初日に校内に入ってきた暴れ牛を倒すいう常任離れした運動神経を見せます。その為いろんな部活から声をかけられたのですが、ひょんなことからレスリング部の部長とレスリング勝負をし、やられてしまい、レスリングの魅力に尽かれた一郎はレスリング部に入部。そこから東一郎はレスリングで活躍するといった内容で、原作が梶原先生らしく`アニマルドロップ'や`ローリングストーン'等、人知を超えた必殺技が登場します。主人公の中学生“東一郎"は、川に係留された船で生活する大家族の長男で、父子家庭で七人兄弟という設定で、『巨人の星』の`星飛雄馬'とは全く違う陽気で快活で前向きな腕白キャラとなっており、長男として一家を支えながらレスリングに打ち込み、多くのライバルたちと闘いながら必殺技を完成させて成長を遂げ、メキシコ五輪を目指していくという展開になっています。

本作品はアマレスというあまり馴染みのないジャンルですが、格闘技の強さと共に精神的にも成長していく少年熱血感動ドラマとして仕上がっており、作品としてはまぁよく出来ていると思いますので、評価は【良い】。同時期放映されていた『巨人の星』と比べると盛り上がりに欠ける面もありますが、熱血スポ根ドラマとしては傑作だと思います。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ