[アニメ]赤胴鈴之助


あかどうすずのすけ / Akadou Suzunosuke
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:赤胴鈴之助 / 日本映画:赤胴鈴之助
アニメ総合点=平均点x評価数2,347位5,632作品中総合点5 / 偏差値48.13
1972年アニメ総合点8位14作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
全52話 制作:東京ムービー フジテレビ 原作:福井英一 竹内つなよし
脚本:七城門 山崎晴哉 鈴木良武 金子裕 田村多津夫 演出:吉田茂承 岡部英二ほか
絵コンテ:吉田茂承 斎九陽 石川輝夫 石黒昇 小泉謙三 今沢哲男 黒田昌郎 宮崎駿ほか
作画監修:楠部大吉郎 作画監督補:小田部羊一
日本 開始日:1972/04/05(水) / 終了日:1973/03/28
24,340129
最近の閲覧数
3213113221
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2007/04/11 / 最終変更者:曲がり角のアイツ / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/03/21 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:226(75%) 普通:47(16%) 悪い:28(9%)] / プロバイダ: 1830 ホスト:1884 ブラウザ: 5171
【良い点】
・リアルタイムで見たのは,小3。まあ,はっきり言って,本当にお子様向けの番組だと思います。
・はじめは剣の修行をしていたはずなのに・・・その努力は↓

【悪い点】
・剣法なのになんで竜巻で相手を倒すのか,ずーーーーーーーーーーっ不思議だった。今も不思議。

【総合評価】
・真空切りは,正々堂々な技なの?剣を使うのはだんだんおろそかになっちゃったねー。
・真空切りは,二つに切ったり四つに切ったり忙しいねーーーーー。合気道か太極拳かあ。

2011/11/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:330(53%) 普通:163(26%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 27031 ホスト:27164 ブラウザ: 10030
低年齢層のアニメだったと思うので、今更当時楽しんだ作品にあまり難癖付けたくはないのだが
、無刀で繰り出す「十文字真空斬り」だけは当時視ていてもトンデモ設定だった。鬼面党の鬼面
戦車を次々と屠るシーンは見どころだったのだろうが、「真空斬り」の全く通用しなかった強敵
が余りにも呆気なく破れさるほどの「新技」の登場に、当時でも唖然とさせられた。

しかしそれ以外はライバルあり、悪党あり、そして強敵が現われるたびに成長していく鈴之助ス
トーリーは小気味よく、OPもその軽快なリズムと歌詞が幼かった自分には心に響くものだった。

余談だが、昭和30年代に流行った漫画のアニメ化について、そのOPはかつてのものと比べ歌詞や
音楽が変更されることがよくあるが、本作のOPもラジオドラマ時代等と異なり「親はいないが
元気な笑顔〜」→「元気一杯 一度や二度の〜」に変更されていた。評価や思い人はそれぞれだろうが

[推薦数:1] 2010/10/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:794(76%) 普通:180(17%) 悪い:72(7%)] / プロバイダ: 12232 ホスト:12154 ブラウザ: 10777
72〜73年に放映された時代劇アニメドラマ。日本一の剣士を目指す少年剣士“赤胴鈴之助"は、江戸で名高い北辰一刀流`千葉周作'の道場に入門。その頃、幕府転覆を狙う`鬼面党'が巷を騒がす。鈴之助と兄弟子の`竜巻雷之進'・周作らは、天下の平和のために立ち上がり、鬼面党に敢然と挑んでいく。

原作は54年に福井英一氏によって『少年画法』で発表されたが、福井氏が急遽したため、武内つなよし氏が引き継いで連載し、一躍人気を得、ラジオ放送や映画化された反響に伴い、アニメ化されたのが本作品である。内容的には原作に沿っているが、少年アニメヒーローものが多かったこの時代だけに、低年齢層にも馴染めるための配慮か、主役の“赤胴鈴之助"もかなり子供化している。それ故に原作以上に荒唐無稽化していますが、アニメでしか引き出せない魅力も出ていると思います。

主人公の少年剣士“赤胴鈴之助"は、熱血漢溢れる男児で、真っ直ぐで向こう見ずなところがよかった。初期の必殺技の`赤銅飛び切り'・`赤胴空転切り'・`空転二段切り'や中盤からの`真空切り'も`竜巻真空切り'もあまりにトンデモ技でしたけど、なかなか見応えはあったと思いますね。鈴之助を慕う`さゆり'や、師匠の`千葉周作'・兄弟子の`龍巻雷之進'・`波野十蔵・大助'・`柳生市太郎'等のキャラたちもよかったです。敵の`鬼面党'の首領`銀髪鬼'を初め、`怪人一本足'・`鬼頭幻心斎'・`闇の三兄弟'・`桔梗太夫'・`くろがね丸'・`鬼卍'・`鬼ザメ'・`四夜一柳軒'・`剣鬼'・`骸骨鬼'・`青銅鬼'・`鬼骨仙人'といった刺客たちは「仮面の忍者 赤影」にも勝るとも劣らない奇相な敵でしたね。

本作品は日本一の剣士を目指す“赤胴鈴之助"が、父の敵で天下を転覆させようとする悪の組織`鬼面党'に師匠の周作や兄弟子の雷之進等と共に戦いを挑んでいくという形式で、真っ当な勧善懲悪式展開ですが、それに`真空切り'等の必殺技を加えた熱血対戦ストーリーものとして仕上がってます。ちょっと奇想天外なところもありましたけど、児童向けの時代劇としてはかなりいいと思いましたから、評価は【とても良い】。主題歌もよかったし、主役の鈴之助も親しみあってよかったですが、最後は銀髪鬼が巨大化しましたっけね。当時の怪獣ブームと他の作品への対抗のためだったかどうかはわかりませんけど。でも全体的にはよくできていると思いますし、ぜひDVD化を希望します。

2009/05/05 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(39%) 普通:74(56%) 悪い:6(5%)] / プロバイダ: 34731 ホスト:34713 ブラウザ: 6399
【良い点】
勧善懲悪型のアニメで水戸黄門並みに安心してみていられる。
最後は「赤胴真空切り!」

【悪い点】
何でもかんでも最後は真空切りな点
でもみんなこれが安心なんだよね

【総合評価】
すでにこの時代アニメの世界はかなり多様な価値観が広がりつつあった中で
古典的なスタイルを貫き通した作品として評価しています。
しかし、さすがに今見ると古臭さに耐えられないということで
評価は「普通」です。

2007/04/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:577(40%) 普通:349(24%) 悪い:501(35%)] / プロバイダ: 11471 ホスト:11400 ブラウザ: 5234
【良い点】
少年剣士が主人公だから、子供が入れ込みやすい?ところかなぁ。
あと有名すぎた主題歌。今は風化しているなぁ・・・

【悪い点】
真空斬りがトンデモ技過ぎ、毎回悪党をその必殺技でバッタバッタと・・・
という展開ばかり。視聴当時は何が面白いのか全く理解できず、再放送の
あるたび、見始めては数話で飽きて視聴中止してばかりだった。やめればいいのに、
大人世代にウケた「赤胴鈴の助」のどこが面白いのか理解しようとしていたが、
成功したためしがない。今考えると、子供の主人公が大人をやっつける、
というのが子供には受けていたのかもしれない。映画版でストーリーの
大筋を知ったような次第だが、アニメ版は敵討ちとライバルとの確執、という
簡潔なストーリーを「鈴の助が真空斬りで大活躍」でマッチポンプ。無意味に
冗長な印象を受ける。
真空斬りは剣術じゃなくて忍術(または妖術)だろう?千葉道場で修業する
意味があるのか?「夢は日本一に」って、真空斬りあれば日本一じゃないのか?
毎度、ムリヤリ真空斬りで解決だな?とかツッコミ属性持ちには我慢し難い
アニメだった。

【総合評価】
「悪い」。古い作品なので、目くじら立てるのも大人気ないかも知れないが、
楽しめない。

2006/06/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(64%) 普通:9(32%) 悪い:1(4%)] / プロバイダ: 19376 ホスト:19602 ブラウザ: 4483
わかりやすくいえば「真空切り使いの少年剣士の荒唐無稽話」。

だけど今見直してみると、真面目な時代劇と娯楽活劇を上手く共有してる作品であることに驚かされる。
近代兵器を駆使する敵組織。
ライバル剣士との友情。
そして修行に勝利。
勧善懲悪も加味した「少年向け冒険時代劇」と呼ぶにふさわしい出来だ。

さすがに作画等は時代を感じさせるが、それでも展開の面白さは今でも健在だ。
よって「良い」評価で。

2006/02/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(58%) 普通:211(30%) 悪い:87(12%)] / プロバイダ: 3491 ホスト:3581 ブラウザ: 5237
子供の頃に再放送を見てました。
しかしそれ以前から、なぜかテーマ曲だけは知っていた。
「剣をとっては日本一に〜夢は大きな少年剣士〜」この歌、日本人ならみんな知っている
童謡だと思っていた。まあそれだけ印象に残る名作だという事だと思います。
子供の頃、真空切りを身に着けるために、一人で特訓したりしたな〜

2005/09/22 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:357(54%) 普通:105(16%) 悪い:196(30%)] / プロバイダ: 30606 ホスト:30421 ブラウザ: 3846
小学校の時に再放送を何度か観た記憶があります。
その頃は少年剣士という古い時代の王道すぎる設定を馬鹿にしてたんですが、
今から思えば喰わず嫌いをせずに観てれば意外と楽しめたのではないのかと思います。

2005/06/21 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 10667 ホスト:10651 ブラウザ: 4487
個人的に未だに気になるのだが、確か鈴之助の兄弟子にして同志の龍巻雷之進は
実の兄が鬼面党の一員だと知ってしまい、裏切ってしまった回があったような…。
それ以後が分からずに困っている。
そういえば実写にもなってたなコレ…。

2004/07/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(45%) 普通:10(45%) 悪い:2(9%)] / プロバイダ: 10885 ホスト:10586 ブラウザ: 4352
OPの歌が強印象。
当時よくうたった。
だけど、歌い始めるとなぜかいっつも、途中から焚き火の歌になってしまう
不思議な歌。
あと、何もおぼえてません。

2004/06/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:380(98%) 普通:7(2%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 227 ホスト:5 ブラウザ: 5978
古すぎまするー。何で観たのかもおぼえてないー。

何がよいかというと、真空切りー。今考えてみると、なんだかよくわから
ない技なのだけどー、風を起こすとかー、技が進化して強力になるのが、
とてもよかたー。いま考えるとー、ゲームにしてもよさそうな設定でするなー。
鈴之助の設定は、本来は千葉周作の道場で剣術修行するというもののはず
なのだけどー、トンでも技が主役になっちゃてるー。^^;

鬼面組...でなくてー、鬼面党という敵がいたような気がしまするー。
いかにも悪党というのが、わかりやすかたー。

エピソードはまったく覚えてないのでするがー、財宝をめぐって、謎を解明
してくようなミステリーぽい話がよかったかもですー。

2004/06/12 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1422(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 7812 ホスト:7769 ブラウザ: 3875
これも良く見てたんですけどねぇ〜
あまりに古くて主題歌しか覚えていないのでコメントのみにします。
そういや東八郎氏がこのアニメの主題歌を替え歌にして持ちネタにしていたような・・・

この評価板に投稿する




1. 今日は増岡弘さんと山本圭子さんの誕生日でした by Mr.KN
... ロボコンといった役でしょうか。 特にサザエさんでは若本規夫さんと花沢さんを演じている時は親子、そしてアナゴさんの奥さんを演じている時は夫婦役というのが面白い組み合わせなのと、山田君も頭のネジが外れたようなそのおとぼけぶりが愉快でもありました。 他には「もーれつア太郎(1969年版)」のア太郎、「(1972年版」 ...
記事日時:2011/08/07

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:赤胴鈴之助 / 日本映画:赤胴鈴之助
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声