[アニメ]君のいる町 (TVシリーズ)


きみのいるまち てれびしりーず / A town where you live (TV series)
  • 可愛い
  • 悲しい
  • 美しい
  • 道徳心&モラル
  • 友情
  • 考えさせられた
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:君のいる町
アニメ総合点=平均点x評価数5,115位6,334作品中総合点-1 / 偏差値47.28
アニメ平均点2,206位2,835作品中平均点-0.07=普通/15評価
2013年アニメ総合点197位256作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.40(良い)5
音楽1.20(良い)5
映像0.40(普通)5
キャラ・設定-0.20(普通)5
ストーリー-0.60(悪い)5
可愛い60%3人/5人中
悲しい40%2人/5人中
美しい40%2人/5人中
道徳心&モラル40%2人/5人中
友情40%2人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「すべて忘れたい」―一通の謎めいた手紙を残し、彼女はいなくなった。
僕は真実を知るために君のいる町へ向かう。

桐島青大(きりしまはると)は、突然別れを告げて消えた枝葉柚希(えばゆずき)を追って、故郷・広島を後に東京へ向かう。
<スタッフ>
原作:瀬尾公治(『君のいる町』「週刊少年マガジン」連載講談社刊)
監督:山内重保
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
日本 開始日:2013/07/13(土) 23:30-00:00 テレビ東京 TV / 終了日:2013/09/28
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
テレビ東京系列2013年07月13日 - 09月28日土曜 23時30分 - 23時55分
ニコニコ生放送2013年07月14日 - 09月29日日曜 23時30分 - 23時30分
ニコニコチャンネル2013年07月14日 - 09月29日日曜 23時30分 更新
バンダイチャンネル2013年07月16日 - 10月01日火曜 12時00分 更新
広島ホームテレビ2013年07月22日 - 10月07日月曜 25時51分 - 26時16分
AT-X2013年07月24日 - 10月09日水曜 23時30分 - 23時55分
公式サイト
1. kiminoirumachi.com - kiminoirumachi Resources and Informatio
Twitter公式
1. アニメ君のいる町_公式 (@anime_kimimachi) on Twitter
オープニング動画 (1個)
センチメンタルラブセンチメンタルラブ
歌:みみめめMIMI 詞:ユカ 作曲:ユカ 編曲:湯浅篤 [ファン登録]
[もっと見る]
12,4431515
最近の閲覧数
11271030083
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/03/30 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 霧の童話 / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/09/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:492(71%) 普通:100(14%) 悪い:99(14%)] / プロバイダ: 651 ホスト:220 ブラウザ: 4721
今年の冬アニメで「風夏」を観て初めて瀬尾作品に触れたついでに
過去の瀬尾さんの作品も観てみようと思い遅まきながら本作を視聴しましたが、
まずは本作の構成に付いて言うと過去の広島編を回想を挟む形で振り返りながら
東京編を中心とした構成となってますが、まあ本作が仮に2クールの尺が用意されてたとしたら
1クール目を広島編、2クール目を東京編という形にしてじっくりと観たかった所は有りますが、
やっぱり1クールの短い尺では全体的に駆け足となってる感は有りますかね。

それと内容の方に付いてですが、こういう拗れた恋愛は好みな所も有りますので
単純に面白い・つまらないの2拓を問われれば面白かったとは言えるというか、
少なくとも最後まで観てみたいと思わせる部分は有りましたが、
ただストーリーの内容に付いて手放しで褒められるかどうかは微妙ですかね。

その辺りに付いて簡単に言うと一つ目は流石に明日香が可哀想すぎるのと、
2つ目は風間死亡という展開に付いて疑問符が有り、
どう見ても途中から風間の扱いに困り言ってみれば、
青大と柚希を復縁させる展開の為に途中退場させた様にしか見えなく、
こういう扱いをされたら風間も浮かばれないと思ってしまい、
どうも本作に対する印象は青大と柚希の2人に周囲が振り回されただけに見えるのだが(汗)。

それでは最後に纏めるとストーリー的には最後まで見届けようと思える位には楽しめたけど、
ただ最後まで本作のストーリーを視聴して納得が出来るかと言われると微妙な感も有り、
やっぱり明日香や風間の扱いがどうしても不憫に思えてしまうのと、
またメイン2人である青大と柚希には感情移入し難いという点も有るので、
評価に付いては好評系にはならず「普通」止まりになってしまいますね。

2016/01/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 5727 ホスト:5745 ブラウザ: 9814
【良い点】
絵はわりと綺麗。
OPが非常に良い。
音楽全般が良い。
OADでうまく話を付け足していた。
【悪い点】
漫画で言う15巻分までしかなかった。

【総合評価】
とても良い。

2015/08/16 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3416(33%) 普通:3576(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 15166 ホスト:15498 ブラウザ: 7951
【良い点】

●細谷佳正&小野D両氏の好演。前者は実際原作者と同郷(広島出身)だけあって、
広島弁はキレが良かったし、後者は後述する様な役柄だったけど、ムードメーカー
な面もあって、救いになりもしました。

●EDでは実写の風景が見られたのもいくらかは目の保養にもなったかも?
音楽面では小野D氏は第2ED曲でも熱唱を披露し、ますます存在感を発揮。

【悪い点】

●終盤のデートした祭りシーン等風景はそれなりに描き込まれていて、この
TVアニメ版よりは原作の画風の問題だったけど、小奇麗でも個性に乏しく、
そうした風景をもっと後押し出来てなかった作画。

●主人公の青大が何気に道義的に「?」な言動が目立った。柚希を思う気持ちは本物で、
仲良くなった小野D氏演ずる恭輔から奪おうとする形になっても。マジで友達
だと思っていたからこそ病気の有無に関係なく正々堂々と恋のライバルとしても
切磋琢磨しおうと思っていたのだろうし、引いては恭輔の「生きる気力、張合い」
にもなるとも思っていたのかと思いきやそうだとも言い切れなかった。

「ラブコメ主人公の悪癖」が特に目立った兄ちゃんだったと言うか、明日香とも
付き合っていて、なかなか別れを言い出せなかったのだけど、終盤やっと言い出した
と思ったら相手を振り回してしまった事に対する彼なりの誠意とか全く伝わらなかった。
しかも明日香も、いくら未練があったとは言えだよ。「柚希にふられたらまた私の所に
戻ってきて」というような事言っていたけど、ご都合主義的過ぎでもあったでしょう。
男として以前に・・・・・・と言うか、アンサイクロペディアでもヘタレ主人公の一人
認定されたのも無理ないわでした。

●ヒロイン面々も。しめりけさんが指摘されたその柚希も確かに鈍感と言うか、
受動的で、明日香も初対面の青大をいきなりバットで殴りかかる等肉食系の悪い例
みたいな短絡的な姉ちゃんだったけど、時折出た福島弁も何となく別の地方訛り
喋らせれば萌えさせられるだろうと軽いノリで考え付いた設定だったみたいで
キャラ造詣が浅い。

●その一方で。柚希の妹・リン(変換できず)は某巨大掲示板でアンチスレが立てられて
しまったのも悪い意味で納得したけど、一人相撲し過ぎな勘違い自意識過剰系ヒロイン
でしたね。一方で終盤は事の本質を鋭く見抜く所も見せて、「僕ちゃんはやっぱ柚希が
大好きで大好きでしょうがない。でも、明日香の事も今更傷つけたくない。どうしよ〜」
なんて優柔不断にもなっていた(ぶっちゃけ知ったこっちゃないですが。だって自分が
撒いた種だったのだから)偽善者・青大をダメ出ししたシーンも見られたけど、そういう
所ももっと早く見せて欲しかったですね。他のヒロイン面々とは違って、悪い意味で
「キャラを作り過ぎ」で余計チグハグしていました。

●さらに致命的だったのは、ケータイ小説とかと何ら変わりなかった点でしたが、
「人の死も主人公を引き立てるドラマとして一時的でも盛り上げるべきイベント」
だった事です。

前述の恭輔はまた、病を抱えていて手術を受けたと思ったら術後の状態が思わしく
なく結局・・・・・・だったのですが、彼を好いていた他の姉ちゃんも絡んできた
病院での修羅場とかまあ薄っぺらい。不倫を美化・正当化する等のドラマとかだって
ここらはもう少しはマシな描き方します。そうかと思えば、彼の死はあっさり描きすぎ?
最初は「えっ?やっぱ彼は・・・・・だったの?」だったけど、所詮青大×柚希の
恋の邪魔者だから出番が終わったらさっさと・・・・・な言わんばかりな、悪い意味で
分かりやすい退場劇でしたね。在りし日の元気な姿も所詮はいかに青大×柚希の恋を
引き立てるかな為の「ポーズ」だったという事です。

【総合評価】

確かに原作者&細谷氏の故郷でもある広島県も舞台にした世界観もちょっと違うな
と思わせるものはあります。しかし、そうした世界観も結局「西から東へ。遠い距離
を超えた『愛』」等の「主人公絶対主義」を尤もらしく正当化する「言い訳」に
なっちゃっているんですね。実際また、リンも青大にその気もあったようなフシも
いくつか見られましたし。批判とかもまた「ポーズ」です。

どうもマガジンの作家陣もジャンプの作家陣同様「過去の栄光」にも囚われがちで、
まあそれはしょうがない面もあると思います。所詮「歴史を作った才人」の苦労は
「歴史を見届ける凡人」には分からないのでしょう。しかし、藤沢とおる氏も
料理を擬人化した某漫画はここでも散々な評価な様ですが、この原作者の漫画も。
あくまで目にした限りですが、だんだん酷くなっているような気もします。
初期の方なテニスを題材とした某漫画が一番マシですが、それ以降は・・・・・・
です。(この漫画も、実力は確かだった一方で早世後も人に後ろ指さされる事も
あった主人公の親父等ミョーに暗かったり、テニスがちょっと人よりできるだけで
エラそうに粋がっていたライバルポジの兄ちゃんも出てきたりと「?」な点は目立ちましたが)

これではメイン男性声優陣の好演とかもほんの気休め程度にしかならなかったです。
ヒロインが途中死亡したらしい「風夏」とやらもその内TVアニメ化されるのだろうけど、
メディア進出等優遇に胡坐をかかないで頑張っていただきたいとも強く思いました。
評価は残念ながら「最悪」しかないです。

2015/04/11 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(47%) 普通:13(7%) 悪い:79(45%)] / プロバイダ: 28677 ホスト:28827 ブラウザ: 5710
【良い点】
・絵
・OP

【悪い点】
・1クール
・柚希筆頭にキャラが原作より暗い
・雰囲気が原作よりかなり暗い
・ギャグシーンがほぼ皆無
・一部でないキャラ有

【総合評価】
原作は面白いのにこのアニメはかなりひどいです。原作ではギャグシーンなのにアニメでは笑っていいのかどうかわからないシリアス風になっている場面があります。涼風の時もそうでしたがこの原作者のマンガはアニメではうまくいかないように思えます。

[推薦数:1] 2014/07/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(55%) 普通:3(9%) 悪い:12(36%)] / プロバイダ: 24786 ホスト:25008 ブラウザ: 5173
ネタバレあります。

【良い点】
絵がブチ上手いと表現すればいいのでしょうか、とても上手くヒロインがカワイイです。
やっぱりヒロインの枝葉に振られるところが最高です。
学祭で振られて胸がズキズキと痛むシーン。とても胸が痛かった。
「初めまして」シーンは、胸が張り裂けました。

でも理由があって彼氏ができたという点が救いで、それが分かったから、気持ち的に助かりました。

青大は最高に優しい主人公でいつも相手のことを考えてやるイイ奴でした。
枝葉は素直じゃないけど心優しいヒロイン。
アニメの方が風間を好きみたいに表現されている。原作では、青大の方ががやっぱり好きという表情がでているのに。

妹のリンちゃんは最悪のフリをした最高のサブヒロイン。
原作に比べるとアニメの方が悪女で表現されているし、青大にホレてる表現がほとんどない。
いやリンちゃんいなかったら、このお話は成り立たないよ!

明日香はタイミング的に損をさせてしまったヒロイン。
七海・月も魅力あるサブヒロインでした。

【悪い点】
最悪は風間。全ての悪の根源。枝葉を苦しめた張本人だわ。
同情でつき合ったとは、具体的にはどこにも書いていないが、原作を何度も読むとそれが分かる。

あと、11話の告白。枝葉のセリフが原作と比べて一言足りない。
「ああするしか無かった・・・」と青大のセリフに対し、
「私、ホント酷いこと。ずっと。青大くんに。私」
ホント酷いことが抜けてました。
枝葉は高校2年時のことをこう謝ってます。

それと後の巻で枝葉は、高1時の広島には好きな青大に会うために行ったとも激白してます。

他の女友達に同情でつき合っていたと理解される場面がありました。
明日香もこれを理解したから、後の巻で青大と枝葉を許しているんです。

再度言いますが、最悪は風間。そんな奴を許す青大がこの物語のいいところなんです。

東京編しかアニメになっていないから、明日香派が多い気がする。

【総合評価】
ぶっちぎりの最高です。好きなのに別れないといけない胸の苦しさを味わって下さい。
明日香にはごめんなさいと言うことは間違いないですが。
アニメから入って原作を全巻そろえましたが、納得いかない人は原作を読む価値ありです。

公式のガイドブックを見たら、本当は風間の手術を成功させて助かってから枝葉と
別れさせて、青大と枝葉と復活させて「君町エンド」という結末を編集で変えさせられたと、
残念なことに原作者が告白してました。

やっぱり風間と枝葉は同情というか、ただの支えだけでつき合っただけということが分かりました。
本当なら、青大に対して枝葉の口から聞きたかった。

学祭の「もう会いに来ないで」は、青大が好きで風間と付き合うのが辛くなるから会いに来ないででした。

最終的な考察として、柚希の「青大くんと一緒にいられるなら!誰に何て思われてもどんなに嫌われても
好きな人と一緒にいられるならそれだけでいい」というセリフは全ての答えなんだなと思った。

つまり東京に戻ってからも、ずっと青大と一緒にいたいと考えてたということですね。

2013/12/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 9769 ホスト:9710 ブラウザ: 5141
原作は適当に読み流しながら見てる程度の読者です。
青大と柚希が遠距離恋愛するあたりまではまあ熱心に見てたかな、疎遠になったあたりからは飛び飛びで、
今回アニメ化された明日香との三角関係編はまた熱心に読み出したころだと思います。

原作は三大少年誌の一つ『週刊少年マガジン』で恋愛ものとして長く連載されていますが、この作品、ヒロインのキャラ付けがちょっと難アリなんですよね。
青大は柚希のことを「他人の気持ちを優先して自分の感情を押し殺すタイプだからほっとけない」みたいに言ってますが、
よくよく見ると柚希って結構感情ダダ漏れで衝動的に動いてること多いんですよ。
んで、その衝動的な行動に釣られるように青大の感情も揺れ動くもんだから、観ている側としてはこいつただ籠絡されてるだけじゃねみたいな感想を抱いてしまう。
人によって好き嫌いは分かれると思いますが、柚希のこういった生々しい小悪魔ぶりはちょっと怖い感じがしました。
明日香も付き合ってからは一途でかわいい彼女なんですが、初対面で金属バット振り回したり、逆切れに近い言いがかりをつけてきたりと直情的な部分が少し目に余るかなと。
妹の懍は言わずもがなです。

病気を餌に告白のOKを貰った親友、親友の死後に今カノを振って元カノとヨリを戻す主人公、恩返しのために半ば同情で別の男と付き合っているヒロイン。
愛とはためらわないことだと先人は言いましたが、彼らの破天荒ぶりには観ているこちら側が面喰らってしまうことも多々ありました。
結末を見ると、やはり本作の正ヒロインつまり「君」とは柚希のことだったんだと再確認できましたが、個人的には親友が死んだことで柚希との関係も終わらせるか、
親友を生かしたまま奪い返すかという展開の方がまだ納得いったかもしれません。
死後によりを戻すにしても、これまでを支えてくれた親友兼恋人でもある明日香をあんな形で切るとやっぱ視聴者側としても素直にめでたしめでたしとは言いづらい部分があります。

総評として、ストーリー自体は悪いですが、一度漫画で読んでいることもあり覚悟して観ていたので原作を上回る衝撃はありませんでした。
むしろ、5年以上週刊連載されている長い話をコンパクトにおさめ、主点となる時間軸を中心に過去と現在の関係図をかいつまんで描いた部分は良かったと思います。
ただ、これがまったくの初見で公式サイトに謳われているような「青春ラブストーリーの金字塔」だと期待して見ていたらきっとちゃぶ台をひっくり返していたことでしょう。
劇中の登場人物たちからも総スカンを食らった結末ですが、一応ここは二人の好感度的には底の時代であり、これから周りに認めてもらう贖罪の旅が始まるので、
長い話の中の、一つの佳境を描くためのアニメ化という風に考えればあんまりボロクソに悪いということは無かったかなと思います。

2013/10/30 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(48%) 普通:310(34%) 悪い:165(18%)] / プロバイダ: 52754 ホスト:52615 ブラウザ: 7459
【良い点】
・今時珍しい、ギャグも萌えも無いラブストーリー
・風間恭輔:途中退場キャラだが、所謂チャラ系な見た目の割にしっかりと自分なりの考えを持っていた事
・御島明日香:ちょっとカワイソ過ぎる、いつか良い相手に巡り合って欲しい所

【悪い点】
・主人公コンビ:結局周りの人間を踏み台にしただけな事、恋愛ってそーいうものだと言われればそうなんだろうが良い気分はしない
・枝葉懍:正論言う事もあるが基本性格悪し

【総合評価】
原作未読
恋愛モノは苦手ではあるが、割とドロドロとはいえ昼ドラ程凄まじいレベルでも無い為なんとか最後まで視聴
この話としては風間死後が寧ろ本番なんだろうが、それまでの方がまだ楽しめた
今時珍しいと言う意味では認めるが、好き嫌いで語るとかなり微妙

2013/10/12 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(68%) 普通:10(3%) 悪い:95(29%)] / プロバイダ: 18792 ホスト:18835 ブラウザ: 10416
●作品の概要
昼メロドラマって感じがする恋愛の辛気臭い部分だけを抽出してきたような
やたらセンチメンタルな内容。ドロドロしてます。

主人公が過去の思い出にみっともなくしがみついて、
ウジウジしながらも前に進む作品。「その結果がコレかよ!?」は禁句。

●内容について

良いか悪いかで言えば上手くは無い。
好きか嫌いかで言えばかなり嫌いなタイプ。

○出来の良し悪しについて。
まぁ、主人公桐島と柚希の二人の物語だった訳ですし、
あの終わり方の好き嫌いは一旦置いておいて展開についての話を。

「説得力」。コレが死ぬほど欠けている。
普通に良い彼女をやっているアスカをフルにしては柚希に全然惹かれるほどの魅力が無い。
主人公は柚希を振り向かせるために行動していましたが、柚希は自分からは何もしない。
度々出てくる回想の柚希と今の柚希が同一人物か疑わしいほど印象が悪い。
当然、そんな相手にアスカを捨ててまで走っていくので主人公の印象は一途ではなく、浮気者になる。好きか嫌いかではなく。

で、演出と言うか画面の構成にクセがあって、
顔がアップになりがち等の、全体が分かりにくくなっている所がちらほら。
他には好感を持てるキャラが少ない・純粋に予算不足が伺える・唐突な展開・・・・等の短所が見受けられました。

○好み・・と言うか、ラストの展開について。

「そういう話だから。」そう言って割り切ってしまえば良いのかもしれない。
が、許さん。何一つ思い入れも無いけど、許さん。

いやー、だってアスカより柚希の方が好きだからアスカを捨てたと言う事は、
つまり今後柚希より好きな人が出来たら今度は柚希を捨てるって事ですからね?
「どうせ浮気に走るんじゃないのー?」という印象が拭えず、最後のシーンも強烈に薄っぺらい。

●評価

恋に正直に生きれば何しても良いかなんて言えば、当然ながらそんな訳ない。
もうちょっと綺麗に纏められなかったのだろうか・・・評価は「とても悪い」。

2013/10/08 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:378(56%) 普通:97(14%) 悪い:200(30%)] / プロバイダ: 31072 ホスト:31173 ブラウザ: 4936
はっきり言って、ドロドロ系は好きではありません。
修羅場ものは嫌いです。
確かに、内容としては大きな展開が随所に見る事ができます。

ただ、今アニメが人気なのは、こうした人間模様のドロドロしたところがなく、明るく表現されているところが評価されての結果だと思います。
食パンくわえて交差点でゴッツンコ、で恋に墜ちるようなベタな恋愛が危なげなくていいものだと思っています。
アニメなので、ハーレム系でなければいいとは思いません。
アニメなので、修羅場はよくありません。
ドロドロしたものであれば、俳優さんがドラマでやったほうがいいと思います。

原作が男性のようですが、女性作家特有のドロドロ感が出過ぎていて、好ましくありません。
ドラマがあるところは評価できますが、内容が心を暗くしてしまいます。
見終わっての爽快感がなく、嫌悪感だけが残りました。
従いまして、評価は【悪い】とします。
仮にこれをドラマでやったら、とても良い評価をつけたと思います。

2013/10/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:434(69%) 普通:68(11%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 4377 ホスト:4246 ブラウザ: 11280
萌えアニメやオタクアニメではないので、恋愛では避けては通れない。
片思い、下手をすればストーカーまがいになってしまう描写など
現実にありそうな展開のアニメですね。
偏見かも知れませんが現実の恋愛で最初から両想いの確率なんて相当低いでしょうし
1度の告白でOKもらえるほど簡単にはいかないと思うので
そういった意味では主人公の青大の行動はリアル寄りだとは思います。
5話あたりまでは青大の無茶な行動にも、なんとかありかなとは感じていましたが

6話あたりからドロドロしてきたかなとの印象があります。
ヒロインの柚希の妹の懍の弁当とかこれは酷いという展開ですね。
青大も恭輔に対してライバル宣言したり、特に病気である相手のことを考えたり
説得をこころみる行動をとっているわけでもないですね。
結論からいえば、現実の恋愛でこじれた話をアニメでやっているだけの印象
絵は綺麗なんで絵的な部分のクオリティーは高いですが

あと青大と柚希は将来の夢やスポーツなど何かしているわけでないので
アニメ的な魅力はなくあまりない普通の人ですね。
東京帰ったら青大のこと忘れて、元サヤの恭輔ところに戻ってた柚希は
現実ぽくて怖いくらいですね。

悪い所は主人公の心変わりが早過ぎる所といきなり話が進む所ですかね。
いきなり大学生になってたのは驚きました。

評価は「良い」オタク向ではないが個人的には主人公が行動力で彼女を選ぶ展開は
嫌いではないですね。むしろ好きな方ですね。何も行動しないよりはマシだと思いますが
まあ純愛や努力で振り向かせるタイプが好きな人は駄目でしょうけど

[推薦数:1] 2013/09/30 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 24042 ホスト:24102 ブラウザ: 12248
【良い点】
何を挙げれば良いのかすら解らない。
強いて言うならこんなんでも1クールやりきったスタッフの存在。

【悪い点】
主人公の言動が前後で一致しなくて何一つ共感できない。
ヒロインがどれだけ自分勝手に行動しても何一つとして泥をかぶる事が無い。
OPのトップレスは視聴者を馬鹿にしているのでしょうか?

【最後に】
せめてもう少し道筋立ててキャラを動かしてください。

[推薦数:1] 2013/09/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:703(73%) 普通:238(25%) 悪い:26(3%)] / プロバイダ: 27550 ホスト:27619 ブラウザ: 4894
メロドラマという呼び方がしっくり来る作品。煮え切らない男と、面倒くさい女が繰り広げる、恋しか存在しない世界。

今時ドラマに置いても出てくる男女は、生活を抱え、仕事に勤しみ、その中で自分の夢や希望や自己実現を叶えようとしています。そしてその中に、人間関係があり、恋愛がある。
ひろがえってこの作品、ほんと恋愛しかない。日常生活も学園生活も背景に存在するだけ。そのくせ、恋に邁進するバイタリティも、他人を蹴落とす狂気も、自分が苦しむ覚悟も無い。(ポーズは見せるが、それだけ)

だから、ストーリーとかは存在しない。どうしてそうなったのか、どうしてそうするのか、その全てが「恋ゆえに」だからストーリーが成立する余地はない。
理由のある恋なんてつまらないし、それが恋であれば無罪だと思うけど、作品を見ていても「この先どうなるものでもないよな」としか思えない。全ての恋心が真心からのものであれば、もはや全ての恋は悲恋になるしかないのだから。

ただ、土曜日の夜11時半からという時間帯において、こういうパッと見は綺麗な絵で、話の筋を取り立てて追う必要の無いメロドラマって、間違いではないと思う。
美男と美女が、少し物憂げな顔で恋の鞘当てをして、時々爽やかな笑顔を見せる。子供が寝入った時間でかつカタギの人が起きている時間、アニメを普段見る習慣のない人が、目を止める可能性を考えれば、この作品は正解に近いと思う。OP・EDをちょっと古い感じにしているのも、30代半ば以降の人をターゲットにしているからではないだろうか。

褒められるような作品ではないかもしれないけど、こういう単純な恋愛物って嫌いじゃない。

2013/09/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 17751 ホスト:17896 ブラウザ: 9673
【良い点】
絵柄・・原作は綺麗けどアニメは艶やかな感じは良かったかも
声優・・ハルトは思ったより低かったけ(個人的には、ハルトは木村良平の声をイメージしてた)ど田舎っぽい感じを感じ案外良かったのかなと3話位から鳴れた。
話しは原作全部読んでる俺には、初期と風間編のリンクはサクっつと観れて良かった
主題歌

【悪い点】
アカリはガサツではあるが、もう少し高めな声でも良かったかな・・最後まで慣れなかった
朝倉清美は、この絵で唯一書き方はイマイチだったかな・・まぁ浅倉好きだから厳しく観てしまったのかもしれないかど・・。

【総合評価】

ラブコメでこんな綺麗な背景は珍しいと言うのもあり、背景的な雰囲気楽しめた。

良いに近い「とても良い」で。

2013/09/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 10391 ホスト:10101 ブラウザ: 7875
【良い点】
実況しながら見ると面白い

【悪い点】
・度アップ多すぎ

・性格クズが多すぎ
主人公、ヒロイン、ヒロインの妹の3人が性格ひどい
特にヒロインの図々しさには殺意が沸いた
未練たらたらで明日香を傷つける主人公も最低だが

・風間をあっさり殺したところ

【総合評価】
評価は「普通」

2013/09/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:83(54%) 普通:21(14%) 悪い:50(32%)] / プロバイダ: 9113 ホスト:9423 ブラウザ: 5386
【良い点】
絵が綺麗。原作も絵は綺麗なのだが、崩れることなく再現できている。
ユヅキに比べて明日香・凜の方が遙かに魅力的。

【悪い点】
ストーリーが原作に忠実すぎ。原作のストーリーはとても「ストーリー」などと呼べるものではないため、今後の展開が心配だ。
回想のユヅキは可愛いが、現実のユヅキがただ俯いて暗いだけでヒロイン感ゼロ。

OPの裸はなんなの。海であんなカッコしてたら(日本では)タダの変質者だ。

【総合評価】
「アニメから」この作品に入る層を拒絶する内容。もともと原作でもキャラクターの行動がメチャクチャだったり時間が飛ばされたりといった作者の気まぐれだけで進行している作品だが、それを忠実に再現してかつ尺を短くしているためにもう新規参入者は「絵は綺麗だけど、話は全然わかんない」という状態になってしまっていよう。しかもDVD初回特典はアニメで全然追いついていない話のネタバレパロディーだ。ハルトは万能でかつモテすぎて共感はできにくいし、肝心のヒロインは・・・・作画の綺麗さと声優の質の良さが際立つだけに居直って特典でオカズソフトになりきってしまうのもまあ、アリなのかな。

この評価板に投稿する



2016/01/05 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 5727 ホスト:5745 ブラウザ: 9814 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/可愛い/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. ハイスコアガール9話 あの作品と比べてみると by ねぎ麻雀
... うえで本来はプラスにならない。でも、本作視聴者(読者)はそのようには感じなかっただろう。「高校受験」という大イベントを全て使って「ハルオ晶へ想い」を描き、そして受験当日じいや車で晶から伸ばした手。原作を知っていても画面から目を離せない。 全然関係ないが、もしこれが「いる」だったらどう ...
記事日時:2018/09/09 [表示省略記事有(読む)]
2. 月がきれい(BD/DVDボックス):オーディオコメンタリーを通して、主要キャラ4名心理を解釈してみました by カイネル・ドゥ・ラファティ
... ものではありません。両立が聞いて呆れます。 7話感想ときにも述べましたが、私がそれを不問にしたは、 千夏が「しっぺ返し」を受けたことに他なりません(小太郎が茜一筋なため)。 だがもし彼が千夏に転んだらどう責任をとるつもりだったんですかと問いたいものですね。 それとも、「いる」「ホワイトアルバム ...
記事日時:2017/10/02 [表示省略記事有(読む)]
3. 風夏1話・感想 by 竜巻回転
... は程々には注目を集めてそうな本作ですが、 因みに原作者瀬尾さんに関しては良くも悪くも色んな評判を耳にするけど、 実を言うと「涼風」も「いる」もアニメ・原作ともに見たことなく、 個人的には本作において初めて瀬尾作品に触れる事になるですが。 そういう分けで期待と不安が半々という形で本作1話を ...
記事日時:2017/01/09
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:君のいる町
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ