[アニメ]彼方のアストラ: 2020/03/05 無慈悲1020


かなたのあすとら / ASTRA LOST IN SPACE
  • 友情
  • 感動
  • 熱血
  • 勇気貰った
  • 面白い
  • 考えさせられた
  • 楽しい
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,127位6,561作品中総合点24 / 偏差値51.46
アニメ平均点463位2,894作品中平均点1.50=とても良い/16評価
2019年アニメ総合点5位219作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2020/03/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:179(72%) 普通:41(16%) 悪い:29(12%)] / プロバイダ: 4729 ホスト:4622 ブラウザ: 4721
【良い点】
・1クール作品としては究極の完成度。
・伏線や謎を散らかさず、ラストまでに綺麗に締めた構成。
・惑星を経由する事で各話で新しい発見と冒険が進む、念入りに練られたストーリー。
・ラストは余韻まで残したどころか後日談まで描写する余裕のある展開。
・最後まで作画は崩れず綺麗でした。

【悪い点】
・初見のキャラビジュアルは某国営放送の夕方18時枠っぽくて、手を出しづらかった。

【総合評価】

原作等あるのかわかりませんが未読、アニメのみ視聴の感想です。

まず一言、こんな完成度の高いエンターテイメント作品をリアルタイムで見逃していたなんて痛恨の極みです。
まだ視聴されていない方は、ぜひネタバレを見ずに一度見てほしく思います。

いつものようにリアルタイム放映前から知人より視聴を進められていましたが、
キャラのビジュアルが今一で遅れて視聴しました。

内容は少年少女の宇宙サバイバル漂流記という感じ。
序盤から漂流した原因を追求せず自分達の星に帰る事を目標に、各惑星で食料調達をしながら進むという内容です。
新たな発見や冒険、そして各キャラの紹介を各惑星に到着するごとに展開し、キャラ全員が「親との不仲、養子」など家庭環境に共通するものがある事がが明かされる。
その後、自分達の漂流は故意的に仕組まれ命を消される為の罠である事が見え隠れし、メンバー全員が自分の親のクローンである事、メンバーの中に親達が放った刺客がいるかもしれない事、世界の史実が嘘である事など壮大な秘密が漂流中に判明し、途中でコールドスリープ中のポリ姉を助けて帰還を果たす。
凄く簡単に説明するとこんな感じですが・・・

よくこれだけの内容をかけ足にならずに1クールで綺麗に纏めたなと感服です。
各キャラの掘り下げも十分で、誰一人欠けても話が進まないほどストーリーに密に関係しており、5つも惑星を経由しながら各惑星の設定にも手抜きがありませんでした。
あと、主人公のカナタですが陸上の十種競技をしている設定でしたが、私自身も陸上十種競技の経験者でありまして、第一の惑星ヴィラヴァースでの槍の投擲姿勢は今一でしたが、木に跳躍する際の助走の走り方の描写、第4の惑星イクリスでネームタグを取る際の棒高跳びの空中での足の振り上げ動作はとても上手く描写されていました。

最後に、作品全体として謎や秘密を最初から提示してひっぱるのではなく、中盤以降に謎や秘密があった事が判明し、しっかりそれらを終盤で解き明かして1クールで纏めている点や、序盤から中盤までのメンバー全員の紹介回を含めた冒険は見どころがあり、常時高い盛り上がりを維持しながら帰還のあとの7年後の後日談まで余裕を持って描ききった構成を最大に評価します。

久々に視聴しながら子供の頃の忘れかけていた冒険心が蘇りワクワクする作品に出合えました。
物語としては綺麗に完結していますので続編はないと思いますが、もう少しだけアストラ号の冒険を見ていたかった。

少し漠然とした評価となりましたが、評価は「最高」でお願いします。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ