[アニメ]ARIA The NATURAL


ありあざなちゅらる / ARIA The NATURAL
  • 可愛い
  • 美しい
  • 面白い
  • ロマンチックな気分
  • 楽しい
  • 友情
  • 感動
RSS
この作品は「ARIA(アニメシリーズ)」のシリーズに所属します。
注意: 関連アニメリンク:(1期)ARIA The ANIMATION、(2期)ARIA The NATURAL、(OVA)ARIA The OVA 〜ARIETTA〜、(3期)ARIA The ORIGINATION
アニメ総合点=平均点x評価数293位6,335作品中総合点100 / 偏差値63.80
アニメ平均点362位2,835作品中平均点1.61=とても良い/62評価
2006年アニメ総合点12位228作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.43(とても良い)21
声優・俳優2.43(とても良い)21
音楽2.33(とても良い)21
映像2.10(とても良い)21
ストーリー2.00(とても良い)21
可愛い76%16人/21人中
美しい76%16人/21人中
面白い67%14人/21人中
ロマンチックな気分62%13人/21人中
楽しい62%13人/21人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

水の星「アクア」。その観光都市ネオ・ヴェネツィアは水路の街。ゴンドラが交通手段の中心です。
観光客向け専門のゴンドラ漕ぎは水先案内人(ウンディーネ)と呼ばれ、街のアイドル的職業です。

惑星マンホーム出身の水無灯里(みずなしあかり)は「ARIAカンパニー」に下宿し、一人前のウンディーネを目指して修業に励む毎日。
優しい先輩、個性的な友達等との交流が美しい風景を舞台に描かれる、ほんわかまったり未来形ヒーリングストーリー。
放映局:テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/AT-X/びわ湖放送/GyaO

原作:天野こずえ 連載誌:月刊コミックブレイド(マッグガーデン刊) 監督・シリーズ構成:佐藤順一
助監督:竹下健一 総作画監督:熊谷哲矢 キャラクターデザイン:古賀 誠
日本 開始日:2006/04/03(月) 01:00-01:30 テレビ東京 TV / 終了日:2006/09/25
公式サイト
1. TVアニメーション「ARIA The NATURAL」公式サイト
2. テレビ東京・あにてれ ARIA The NATURAL
オープニング動画 (2個)
ユーフォリアユーフォリア
歌:牧野由依
詞:河井英里
作曲:窪田ミナ
編曲:窪田ミナ [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
53,1247662
最近の閲覧数
6042382146
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/02/19 / 最終変更者:オルタフォース / その他更新者: みゆきちいいいいい / S・N / kunku / ダイゼンガ- / 有線KKK / 提案者:Barnirun (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/06/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:407(55%) 普通:50(7%) 悪い:284(38%)] / プロバイダ: 13304 ホスト:13262 ブラウザ: 8937
本作品は、前作の続編なのですけど、内容自体は完全に1期と同様のモノです
基本、1話完結型の方式で、シナリオは進行して行き、水上都市の独特の世界観を舞台にして、灯里達がネオ・ヴェネツィアで日常を送る話です
2期とは言え、中身自体は完全に1期と同じようなものなので、本作品も同じく、「水の世界観に癒される作品」ですね
この辺に関しては、前作の評価で散々述べたので、今回は、敢えてスルーしたいと思います

そして、本作品が前作と大きく異なる点は、「前作は1クールだったが、今作は2クール」という変更点があります
しかし、実際に本作品は、作品の中身としては、悪くはないんですよ...
元々、前作同様に、「不愉快なキャラが誰もいない」「絶対に納得出来ない展開がない」というシナリオですので、
本作品を評価するにあたっては、「世界観に癒されるか否か?」「シナリオの展開に飽きるか否か?」のどちらかだと思います
この点についても、前作で散々述べましたが、本作品に対する印象は、物凄く正直に言うと、「良い作品だけど、面白くはない」という感想ですね
前作での感想では、1クールという非常に短い期間でもあったので、視聴しやすく、作品自体のテンポも良く、中身的には面白い作品に感じました
ですが、本作品は前作の倍の話数に跳ね上がったことからして、逆に本作品に対しては、悪い印象を持ってしまいました
勿論、作品としての中身自体は良いので、評価としては良い評価ですが、本作品の最大の問題点は、「シナリオに、全く捻りがない」という点でしょう

この手の1話完結型の日常モノアニメ作品でも、「飽きる作品」「飽きない作品」があります
当然、作品の中身によるものが殆どですが、非常に残念なことに、本作品の場合、「1期から、ずっと同じことをしているので、展開に飽きる」という感想です
つまり、「2期でありながら、やってることは、1期と殆ど同じなので、面白味がない」というワケです
ですから、視聴しても、30分くらいすれば、完全にシナリオの中身を忘れるほど、中身がない作品です
例えば、個人的には、「困っている人々を救う話」「人々の努力や成長を描いた話」というのは、非常に好きな方の作品です
要するに、日常モノ作品は、基本的に飽きることが多いのですけど、上記らのような展開の作品では、基本中々飽きることがありません
特に、「困っている人々を救う話」の場合は、殆どの特撮作品がそんな感じの展開なんですが、「やってることは非常にワンパターンなのに、基本飽きにくい」という感想です
ですから、非常にワンパターンな展開でも、「何かしらの感動がある」、もしくは、「何かを学べる」という展開ならば、
この手の日常モノ作品であっても、中々簡単には飽きないでしょう
しかし、本作品がやってることは、「終始、ずっとネオ・ヴェネツィアの世界観の良さをアピールしてるだけで、中身自体は全くない作品」なのです
つまり、本作品は、「別の意味で、中身がない作品」と言えるでしょう(心に残るものが、何1つない)
「何かしらのことを、必死で視聴者に訴える」ワケでもなく、「困っている人々を救う」ワケでもなく、
かと言って、「灯里が、1人前のウンディーネになるために、必死で努力する話」でもありません
そもそも、本作品は、「水上都市」という舞台なのに対し、「ただの日常生活を、描写している作品」です
ですから本作品は、「世界観に異常に依存している作品で、肝心の中身自体は、全くない作品」だと、今回視聴して思いましたね

本作品を好評価する方々の意見でも、「世界観が良い」という方は、非常に多いと思われます
しかし、逆に、「中身が良い」という感想の方々は、正直あまりいないかと思われます
例えば、前作でも述べましたが、「もし、本作品の舞台背景が、ただの都会だったら?」と考えると、殆どの方々は、本作品を酷評すると思います
ですから、本作品のこの「水上都市」の世界観を、まんま日本の都会にするようなものです(シナリオの矛盾とか関係なしに)
ですが、この場合、100人が視聴したら、おそらく90人以上の方々は、酷評するかと思われます
勿論、その理由は、「視聴していても、癒されないから」「視聴していても、中身がないから」という理由です
つまり、「本作品から世界観を取ったら、何も残らない作品」ということですね
基本、やってることは、擬似「サザエさん」のようなものですし、笑える展開もなく、泣ける展開もなく、何かを学べる展開もなく、
シナリオの発想に驚く展開もなく、かと言って、「特定のキャラに、異常に萌える作品(強いて言うなら、アリア社長くらい)」でもなく...
ですから、本作品に対して言いたいことは、「世界観以外で、何かしらの持ち味が欲しい」ということです
例えば、シナリオ後半では、「灯里が、これまで使用していたゴンドラと別れる」という展開がありました
ですが、本作品は、これまで、灯里がゴンドラを非常に大切にしている描写をしたことは、1度もありません
つまり、灯里が普段から、ゴンドラを大切にしているという描写が何1つもないのに、急にゴンドラのお別れ展開となるのですけど、
このように、「灯里のゴンドラに対する想い」というのが、作中では全く描写されてないので、根本的に感情移入が出来ません
そもそも、本作品のほぼ全てに共通する展開は、「灯里達が、ネオ・ヴェネツィアの世界観に満喫する話」という展開です
ですから、彼女がアイなどに、文通か何かで独白が行われますけど、殆どは、「私は、このネオ・ヴェネツィアが大好きです(⌒-⌒)」的なことばかりなんですよ
いつも毎回毎回、「灯里のネオ・ヴェネツィアに対する想い」しか描写されず、肝心の「各キャラの人間性」なども、作中では殆ど描写されません
基本的に、アリアカンパニーは、一応企業の一種なのに、「温かい職場を描いた話」でもなく、「過酷な職場の現状を描いた話」でもありません
上記でも述べたように、「灯里が、1人前のウンディーネになるために、必死で努力する話」でもなく、
「困っている人々を救う話」でもなく、ですから、「視聴者の心に何も訴えるものがなく、ただ世界観の良さを、アピールしているだけの作品」なのが、本作品なのです

本作品を視聴すると、いつも個人的に思うんですけど、「世界観の良さ以外、何もアピールするものがないのか!」と、正直思ってしまうほど、
今回この2クールという、非常に長い作品を視聴した上での感想ですね(真面目に、精神的にキツかった)
シナリオに捻りが全くないので、精神的にめちゃめちゃキツかったですし、実際2クールアニメ作品ですが、中身を視聴すると、4クール以上はある感じですね
視聴していても、普通に眠くなりますし、どの話においても、基本どれも全く同じような展開ばかりですし、
ですから、本作品を視聴しても、「独特の世界観」しか印象に残るものがなく、
1クールならまだしも、今回は2クールでしたから、相当退屈でしたね(終盤とか、ガチで寝そうになった)
「各キャラの人間性」などに関しても、「どれも皆良い人」という超適当な描写なので、「どのキャラが良い持ち味を出していた」とかの感想には、絶対になりませんし、
「ネオ・ヴェネツィアに、何かしらの事件などが発生し、それを解決する」という展開などがあれば、まだ作品としては飽きませんけど、
実際は、本作品の中身自体、「悪人が誰1人いない」「争いが一切なく、完全に平和の世界観」「何も感動することが(学べることが)出来ない」という作品です
つまり、本作品は上記でも述べたように、「世界観に異常に依存し過ぎているせいで、肝心の中身自体が、完全に疎かになっている」という感想です
はっきり言って、日常系の作品であるならば、「けいおん!」の方が、全然飽きませんし(と言うか、キャラ萌え要素が濃い点もあるが)、
元々本作品は、そんなキャラ萌え要素が濃い作品という訳でもないので、それ故に、「続きが気になる作品」でもありません
しかし、「中身がある作品」でも当然ないので、どれも同じような展開が基本ですから、普通に飽きますね
確かに、日常モノ作品としては、良い作品ではありますが、ここまで背景の世界観だけに、異常に依存し過ぎているのは、流石にどうかと思いますし、
ならせめて、もっと視聴者の心に訴えるようなシナリオでなければ、この本作品の評価は、今後難しいでしょう
例えばですが、本作品に点数を付けるとしたら、「80点」だとします
普通ならば、この場合、他作品のケースならば、点数が大きく上がったり、下がったり、今後変動して行きます(シナリオが進むにつれて、面白くなる作品とか)
ですが、本作品の場合、「視聴を続けても、点数が大きくなることは、絶対ない作品」だと思いますね(だから、上記で言うと、「81点以上には、絶対にならない作品」)
つまり、「殆どが同じシナリオ故に、シナリオが進むにつれて、作品としての評価が下がって行くばかり」という作品ですから、
やはり、もっとこう、「世界観」以外の持ち味というのを、作品の中で築き上げて行かないと、流石に、世界観だけで、大作に上り詰めることは、相当困難だと思いますね
ですから、スポーツで言うと、「「才能がめちゃめちゃ良いから」という理由で、練習を全くしない」的な感じです
これがまさに、本作品だと思いますし、灯里も灯里で、ネオ・ヴェネツィアに対する満足感の想いなんて、もう散々語ってんですから、
作品に対しては、「そろそろいい加減、本気出さないか?」と、正直思ってしまいます(完全に、「別の意味で中身がない作品」なので、視聴自体が精神的にキツい)
こんな世界観だけに、依存し過ぎている作品なんて、他にそうないでしょうし、実際、灯里の日常生活においても、いつも常に、「ただ超平和な日常」という展開が殆どです
要するに、「作中で、何かしらのシリアス展開を取り入れる(上記らの展開)」くらいはしないと、「視聴していても、普通に飽きて眠くなる」というのが、正直な感想です
前作の感想では、非常に好感的な感想となりましたが、今回は、完全に真逆の感想となったんですが、実際はホント、こういう現状の作品ですね

2014/04/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:91(46%) 普通:56(29%) 悪い:49(25%)] / プロバイダ: 23997 ホスト:24145 ブラウザ: 8951
基本的な感想は一期と同じ。
キャラクターデザインが若干リアルよりになっているのは個人的には好み
ただ、今期から作中に挿入されるキャラのSD化は。ちょいイラッとさせられる。

前期では気が付かなかったが、今期で気付いた
観光都市の表通り、極端にいえばディズニーランドをひたすら見させられている感がある
綺麗で、キラキラで、楽しい。思い出をいっぱい持って帰ってね
数話なら良いが、長く続くと辛い
別にダークな面を見せろとはいわないが、苦労(頑張りでなく)や、プロの技とかも見たくなる。
また、街の人々の生活感、存在感が感じられないのが、気になる
1次、2次産業は無いっぽいから、観光が主産業だと思うのだが
それでも生活はあるはず。
それから、ウィンディーネは結構な数が居るはずであるが、まるで6人しか居ないように見える
このあたりも世界の設計がヘタと感じる。

特に大きな問題はない
ストーリーもいい話である事に異論はない。
ただ、どうしても好印象は持てない
自分がアニメーションに「癒し」を求めないのが最大の要因なので、好きな人は好き、なのはわからなくもない。
また、おそらく一期よりも出来が良くなっておりそこそこ見れた。
評価は、普通で。

[推薦数:1] 2013/12/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(51%) 普通:20(18%) 悪い:34(31%)] / プロバイダ: 13251 ホスト:13067 ブラウザ: 5941
ARIAシリーズの第2期作品です。
1期を見てない方は、まず1期「ARIA The ANIMATION」を見たほうがいいです。

前作同様に、水の惑星「AQUA」に復元された都市「ネオ・ヴェネチア」を舞台に、
一人前の「水先案内人(ウンディーネ)」を目指す少女、
水無灯里を中心に繰り広げられる、不思議と素敵探しの物語……なのですが、
今作はその中でも特に「不思議」にウェイトが置かれた話が多め。

その代表例が1期には全く出てこなかった、大きな猫妖精「ケットシー」の存在。
彼(?)の登場する話は、いつものARIAとは多少違う謎めいたエピソードで、
2クールと長めになった今作にアクセントを与えています。

しかし、やはり今作もメインは淡々とした日常の中で見つける「素敵」エピソード。
前作同様、じんわりと心に染み入るようなエピソードも多く、相変わらずの好印象でした。
また、1期で不足気味だった各キャラクターの描写も
2クールの長さを生かして十分に描かれていた点も良かったように思います。
OP、ED等の音楽も前作同様すばらしかったと思います。

ただ、作画に関しては崩れが目立ちました。
1期も後半多少気になる部分がありましたが、
今作はそれ以上にひどい部分が多々見受けられました。

また、練習用ゴンドラとの別れを描いた16〜17話のように
2話構成にしたことで多少内容が間延びした回もあり、
2クールになった事がARIAにとっては
必ずしも良いことばかりではなかったように感じました。

以上のことから、今作の評価は1期より一つ下げて「良い」としました。

2013/07/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:120(59%) 普通:38(19%) 悪い:46(23%)] / プロバイダ: 14971 ホスト:14866 ブラウザ: 8997
【良い点】
6話、13話、24話、音楽、

【悪い点】
本放送当時の12話における作画、2話で原作における動と静で逆と言えるエピソードを混ぜてしまった事、

【総合評価】
6話とか13話において原作にはない良い追加シーンがあったり、24話で原作では不参加だったアリスを参加させる良い変更点もありました。

アニメの2期は全体的に作画があまり良くなかったのですが、有名な某アニメ専門学校の学生(生徒)が描いていた所もあったらしいのでそれは仕方ないですね。

2013/06/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:54(89%) 普通:2(3%) 悪い:5(8%)] / プロバイダ: 27428 ホスト:27342 ブラウザ: 4895
【良い点】
・2期と同じ

【悪い点】
・特になし

【総合評価】
1期より話が多くてよかったと思う
「最高」で。

2013/05/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 35759 ホスト:35895 ブラウザ: 10640
一期に同じく最高。

悪い点もとくになかったと思います。

2012/11/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:122(60%) 普通:42(21%) 悪い:38(19%)] / プロバイダ: 5355 ホスト:5164 ブラウザ: 7394
原作未読。全話視聴。1期視聴済み。

【良い点】
・1期とほとんど同じ
世界観、OPED、BGMなど最高な癒しです。

【悪い点】
・1期とほとんど同じ
まったりしすぎで退屈に感じる人もいるでしょう。
さらに話数も倍になったので見るのも大変かと思います。

【総合評価】
1期に引き続いての癒やし系アニメです。
話数が多いので見るのが少し大変かと思います。

1期の評価を「良い」にしたので、
こちらの評価も「良い」にしておきます。

2012/02/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:32(67%) 普通:0(0%) 悪い:16(33%)] / プロバイダ: 74 ホスト:149 ブラウザ: 10154
ARIAの2期は1期、3期よりも話数が多くて多少飽きが来るかもしれませんが、一気に見すぎず1話1話ゆっくりと見ていけばきっと楽しめると思います。
2期は藍華の髪切った話とかケットシーが印象に残りましたね。
ARIAの世界はいい人ばかりでこの星には警察は必要ないなと思えるくらいです。

2011/10/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 27162 ホスト:27034 ブラウザ: 4784
【良い点】
☆1期に引き続き癒される。

【悪い点】
★ほぼないけど、癒し系が好きな自分でも
ちょっと退屈な回はあった。

【総合評価】
1期と大きな差は無いかと。
引き続き楽しめる作品です。

2011/08/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:86(55%) 普通:30(19%) 悪い:39(25%)] / プロバイダ: 15287 ホスト:15075 ブラウザ: 4894
【総合評価】

この作品は、TV シリーズ第二期です。
一期 ・ 二期共に全話視聴済みですが、原作は未読です。

OP ・ ED ・ BGM ・ 挿入歌 (アテナのカンツォーネを含む) は、とても良かったと思います。 動画の動きが不自然だったりすることもあったのですが、全体的に見ると作画は良かったと思います。

ゆったりとした時間の流れの中での心温まるエピソードの数々は、一期に引き続き見事だったと思います。 しかし、お稲荷様の話、パラレルワールドの話、ケット ・ シーの話は、この作品の世界観に合っていないと思っています。

特にケット ・ シーの話は、主人公の灯里が 「灯里らしくない」 と思うのです。 勿論、これは個人的な感想であり、それら全てを含め ARIA なのは理解しているのですが、どうしても違和感が拭えませんでした。 しかし、他のエピソードでは、十分に ARIA と言う作品の雰囲気を楽しむことが出来ました。

評価は 「とても良い」 とします。

2011/01/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(77%) 普通:1(4%) 悪い:5(19%)] / プロバイダ: 23732 ホスト:23884 ブラウザ: 10157
音楽の秀逸さは全シリーズ共通のいい点です。牧野さんの音楽も、ROUND TABLE feat.Ninoさんの音楽も作風にとてもマッチしています。
ひとつ残念な点として挙げられるのがやはり長すぎたということですかね。ARIAに2クールは長すぎた感が否めません。
評価は「良い」で。

[推薦数:3] 2010/11/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:86(40%) 普通:63(29%) 悪い:68(31%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19718 ブラウザ: 7726(携帯)
一期は視聴済み、原作未読の者の評価です。
この作品は癒し系アニメ「ARIA The ANIMATION」の続編です。従って一期の続きから物語は始まります。人物関係などがわかりやすいので一期を観ていなくてもあまり問題ありませんが、この作品を存分に楽しみたいのであれば、一期の視聴をオススメします。

一期と同様に、未来の世界、テラホーミングされた火星「アクア」の架空の観光都市、「ネオ・ヴェネツィア」を舞台とし、そこで水先案内人「ウンディーネ」として働いている女の子たちの成長を描いた作品です。見る人を選ぶ強烈なまったり感は今回も健在で、少し強くなった印象もあります。
二期であるこの作品には二つの特徴があります。
一つは世界観の強化です。一期では触れられていなかった部分を補足しているような話がいくつかあります。どの話もブレがなく、土台がしっかりした作品だな、と感心させられます。

それからもう一つの特徴が、今作品を語る上で欠かすことのできない存在「ケットシー」です。
一期には影も形も登場しなかった大きなネコさんなんですが、この二期では序盤から登場して強烈なインパクトを残してくれます。
それから本筋の話の間にちらほらとケットシーないしネコの話が出てきます。
ケットシーが登場する話は少し怖くて、少し不思議です。まったり感がウリな作品のはずですが、ケットシーが出てくる話はあまりまったりできません。2クールもまったりだらけではアレだと思って挿入された話なのかもしれません。
そしてまず悪かった点ですが、一期より作画が劣っています。動きもおかしな部分があったため、2クールということがスタッフの負担になったのかもしれませんが、もう少しなんとかならなかったのかな、思うところもあり、残念です。

それからゴンドラとの別れの回です。二回やっていますが、同じ回想シーンを使ったり、だらだらとやっている印象を受けます。オープニングの曲が一期の時の曲を採用してあったり、挿入歌をナイスなタイミングでかけたりしていますが、あざとい感じがして萎えてしまいました。駄目な回というわけではなく、もちろんいい話ではあるんですが、なおさら二回にわけてだらだらやったことが悔やまれます。
そして良かった点ですが、まずは音楽です。オープニングの曲から何気ないBGMまで批判する余地が全く見当たらないくらい素晴らしいです。挿入歌も作品に上手くマッチしています。
それから一期にはなかった主人公の友達をメインにした回があったのは良かったと思います。その回を通して二人の成長や変化をきちんとさりげなく描いていたのも良かったです。
一番秀逸だったのは最終回ですね。何気ない日常ですが、いい意味での読後感に浸ることができます。
評価は「良い」です。
一期と同様、素敵な作品ですので、一期を見た方で、まだ今作品に目を通していない方はすぐに視聴をオススメします。一期も観てないよ、という方は一期からのんびりどうぞ。
[共感]
2010/11/18 本作はまったりしていながらも、「土台」が非常にしっかりした作品だな、と私もあらためて思いました。あと音楽も作品と良くマッチしていますよね。 by KAMIKAZE

2010/11/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:442(63%) 普通:152(22%) 悪い:103(15%)] / プロバイダ: 24631 ホスト:24518 ブラウザ: 8738
癒しアニメの最高峰.

水の街ネオベネツィア,水先案内人,三大妖精と見習い三人娘,日常の描写から街のイベントまで全てが心温まる癒しの要素でいっぱいです.

2010/11/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2262 ホスト:1866 ブラウザ: 10770
2期も1期同様雰囲気がよく最高の作品でした。
2クールは長かったかもしれないけど3期に上手くつなげてくれました。
ケットシーが地味に良かったです。

2010/11/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:177(76%) 普通:23(10%) 悪い:34(15%)] / プロバイダ: 9528 ホスト:9439 ブラウザ: 14013
原作未読。TVアニメ版第二期。
癒し系作品として、相変わらず疲れた体に抜群の浸透作用がある作品。

【良い点】
・音楽は相変わらず素晴らしい。
・第一期に続き完成された世界観が維持されている。

【悪い点】
・第一期同様、キャラ作画でたまに微妙な時が。

【総合評価】
2クール放映となったことで、各主要キャラの掘り下げ(特に三人の後輩と、それぞれの先輩たちの関係性)がより丁寧にされているのが良かったかと。
反面、起伏の乏しいこの作品らしい特徴も強調されており、苦手な人にはより受付難くなっているようにも思います。
個人的には何気ない日常の中での再発見こそがこの作品の魅力と思うので、十二分に満足出来ました。ゆえにパラレルワールドといった不思議なエピソードよりも普通の日常を描いた話に惹かれる点が多いのですが、第二期で増えた不思議系のエピソードも2クールに対するアクセントという点では良い判断だったと思います。

第一期の方が印象的ではあったものの、これといったマイナスは無かったので評価は「とても良い」とします。

もっと読む

「【良い点】前作同様癒される。ケットシーが印象的。【悪い点】次回予告が1期、3期と違うのが少し残念。【総...」 by ひし形


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/10/07 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 35967 ホスト:35775 ブラウザ: 8268 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/楽しい/面白い/可愛い/美しい 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. アニソン話(癒し編) by rie-ru
... テーマは「癒し」です。 いたって普通ですね。 ただ一口に癒しと言っても間口が広いので、めいめいの感覚に合うかはまた別ですが… 紹介するのは以下の2曲です。 ●きれいな感情(NOIR ED)2001年 ●雨降花(ARIA The NATURAL 17話挿入歌)2006年 こ、こんなに昔の曲だったのか…と今更驚く。 それではどうぞ ...
記事日時:2018/08/07
2. 彼女が髪を切った理由 by 霧の童話
... 長髪に戻ったけど)。 ケース③不測の事態 (サンプル・天道あかね『らんま1/2』) window_width){this.width=window_width*0.98;}else{this.width='450';}"> 予想だにしない事態に見舞われた事で、不本意ながらも断髪せざるを得ない状況に陥ったケースですが、 『ARIA The NATURAL』の藍華 ...
記事日時:2017/08/01
3. ARIA::PS2版ゲーム2本を購入しました♪ by カイネル・ドゥ・ラファティ
... が感じられたものです。 ぼちぼち「PS2版のゲームもプレイしよう!」・・・ということで、 タイトル通り、ソフトを購入した次第です。ちなみに2本あります。 2本共、主人公はオリジナルキャラです。 ARIA The NATURAL 〜遠い記憶のミラージュ〜 主人公は青年。「なぜかウンディーネの見習いをやることに?」とのことです。 ARIA The ORIGINATION 〜 ...
記事日時:2016/10/27
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: 関連アニメリンク:(1期)ARIA The ANIMATION、(2期)ARIA The NATURAL、(OVA)ARIA The OVA 〜ARIETTA〜、(3期)ARIA The ORIGINATION
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ