巨大戦艦撃沈方法 PCエンジン版裏技 『サーガイア』マルチエンディング (ダライアス攻略法)



著者: 634
自分も書いてみる(階位が5000位以内&ログイン状態であることが必要)
巨大戦艦撃沈方法

本ゲームのボスである魚型巨大戦艦にはアーケード全バージョン(オールドバージョン、ニューバージョン、エキストラバージョン)及び、PCエンジンとゲームボーイ(GB)版に加え、ゲームボーイアドバンス版(GBA)を参照にしたもの。以下のような攻略法がある。

アーケード版

VSキングフォッスル(シーラカンス)

基本的にボスの上か下に入れば口からの5WAY弾は撃たれないので、上下のヒレを壊して稼ぐ。即効でやるならば、ボスが実体化したなら背ビレ部分に集中攻撃した後、ボスの口にボムを落としてダメージを与えつつ、5WAY弾を吐き終えた後に下部に回ってミサイルで尻ビレを壊しにかかる。ボスが口を閉じている時に背ビレにある程度ダメージを与えた後、尻ビレを壊した後に再びボスの頭上に回り込んで背鰭をミサイルで壊し、弱点の口にボムを撃ち込む。

ニューバージョン、エキストラバージョンは、オールドバージョンより耐久力がやや高くなっているものの攻略パターンは同じ。

ボスの頭上の左斜め上からボムをとして倒す。PCエンジン版も大まかな攻略方法は同じだが、腹ビレを狙いにくい。

GB&GBA版はボスがやや後方に下がって口を開いた時にショットを撃ち込まないと倒すのが難しい。特にGBA版は長期戦を覚悟しよう。GB版は二回目に戦うときは破壊可能な硬い弾を撃ってくるが、それほど大したことはない。

VSエレクトリックファン(イソギンチャク)

ボスから放れて撃つのがポイントだが、ホーミングミサイルは撃ちきるよりも、斜め下右によけた方が安全だけど、レバーを斜めに入れると、若干スピードダウンすることがあるので気を付ける。

口を狙ってショットを撃ち、ボスが口を開けた時のタイミングを見て、レーザー+ホーミングミサイルを回避するようにする。即効でやる場合には、3連装ミサイルで、ボスに接近し、口元近くでボスの移動の軌道を呼んで口にミサイルを当てるようにする繰り返しで倒せるが、ホーミング弾に注意しなければならないし、ボスのレーザーは高速なので、レーザーに当たらない軸移動も心がけないとならない。それまでの道中でミサイル3連装とツインボムになっていれば、一気にダメージを与えられて、ボスが二度目、三度目の攻撃に移行しようという時は既に瀕死になっている筈。

シーラカンスと違い、ニューバージョンとエキストラバージョンでは耐久力が上がっているが、強さに大した差は無い。

PCエンジン版とGBA版はボムを接近して見舞うのが効果的。アーケード版ほど強くないので、ホーミングとレーザーの動きを掴めばさして難敵では無い。

VSデュアルシェアーズ(アメリカザリガニ)

画面左端の赤色弾を微調整しながらかわし、ハサミを壊したら胸のカラータイマーを同じく微調整でかわしながら狙う。

実体化する前にハサミに触れない程度に接近して、ミサイル3連射の場合には至近距離からミサイルとツインボムを撃ち放ちつつ後に下がれば、ハサミがすぐに壊れる。自信が無ければ上からボムを落とせば敵弾には当たらずに鋏を壊す事が出来るが、両方壊した直後に弾が飛んでくるので、もう少しで壊せるとなった時はレーザーを避けつつ、ボスの正面に廻った方が安全。しかし、ハサミを壊すのに時間が掛かると、ヤズカ・タカーミィも出てきて、攻略が難しくなる

エキストラバージョンでは、ハサミを破壊すると、そのダメージが本体に加算され、比較的すぐに倒れるが、ニューバージョンはレーザーをカラータイマーに撃ち込んでもなかなか死んでくれない。それでも旧バージョンの辛さとは雲泥の差。

ハサミが壊れたら、ボスの上下移動が激しくなるので、ある程度、ボスの弱点にレーザーが当たることを予測しながら弾をかわしつつ撃つ。

VSファッティグラトン(ピラニア)

オールドバージョンとニューバージョンではボスの口に離れすぎず、近づきすぎずに弾切れしないように接近して撃ち、ピラニア弾を破裂させてかわしやすくする。ミサイルは3連装で可能な限り、比較的近距離からボスの口に当てておいてダメージを与えておくのが重要。そうすればピラニア弾を楽に破裂させられるし、ボスを倒すのも楽になる。但しミサイルだとヒレの方は壊しにくく、特に背鰭部分が狙いにくい。

問題はレーザーやウェーブで戦う時。敵を貫通する武器ならヒレが勝手に壊れてくれるが、反面本体にダメージを与えづらいので、長期戦とアームが剥げるのは覚悟しなければならない。レーザーで戦う場合には、むやみに連射せずに、ピラニアの口のやや上方に向けてレーザーを撃つと、ピラニア弾を破裂しやすく出来る。ただし、絶対とはいえないし、ヤズカ・タカーミィの攻撃にも晒されるので、とにかくピラニアの口のやや上方を意識して撃つようにする事が攻略への近道。しかし、攻略が難しいので何度も挑戦して慣れる事も必要になる。ピラニア攻略の上で一番必要なのは忍耐と根気になる。

ヒレ(背ビレ、腹ビレ、胸ビレ)を壊して稼いだり、武器がレーザーだったりする時にはピラニア弾を撃つタイミングを予想しながら単発か、数発だけ撃つ事。ピラニアは上下の動きが結構早いので、動きを見きること。なお、オールド、ニューバージョンではピラニア弾は破裂した直後に動かなければ当たらないが、間隔が狭いので、アームが無くなることは覚悟の上で耐えるしか無い。なお、画面端でもレバーを左方向に入れていたら、移動した事になっているので、ピラニア弾に当たってしまう為、破裂した時には方向キーをいれない事。

エキストラバージョンでバリアがある場合は接近戦をした方が良い。ザリガニ同様、エキストラバージョンではヒレを壊したダメージが、本体に蓄積されるので楽だが、同じく接近戦を挑まないと、ピラニア弾を破裂させづらいしオールドバージョンと違い、動かないと当たってしまう。画面端に追い詰められないようにすること。しかし、ヒレさえ壊していれば、オールドバージョンよりは雲泥の差になる。連射機能設定にしている時にレーザーだった場合、ピラニアに限ってだけは連射設定を解除して、普通にボタン連射で戦った方が良いかもしれない。

VSキーンベイオネット(カジキ)

画面左端でボスが上下に移動するのを見計らい、ボスが上なら下、下なら上という具合で移動しながらショットを撃つヒット&ウェイ戦法が有効。上下のヒレを破壊するとボスはもう大した攻撃が出来なくなる。しかし、旧バージョンでは耐久力が高くてミサイルでも中々壊れないし、ヤズカが出てくるのを承知な上で戦うしかない。

ボスは自機とY座標が合うと撃ってくるので、そのタイミングを見計らってかわす事。レーザーやウェーブを装備している場合には、ボスの口にダメージを与えづらく、長期戦になるので、ヒレが取れたのを見計らって、ヤズカ・タ・カーミィと火炎弾に注意しつつ、ミサイルとボムを連発させて口の中に撃ち込むように接近する。近付きすぎて吻に当たったり、ヤズカや火炎弾に激突しないように気をつける。

ニューバージョンはオールドバージョンよりもヒレも、本体耐久力も幾分低くなっていて、オールドバージョンよりは少しだけ楽に戦える。それでもヤズカの出現は免れない。エキストラバージョンでは、ピラニアのようにヒレを破壊したダメージがそのままボスに蓄積されるので、上下のヒレを壊すと、ボスはもう瀕死になっている。

VSアイアンハンマー(シュモクザメ)

基本的にはカジキと同じだが、ホーミングミサイルを撃ってくるし、ヒレをとっても攻撃力が減らない分、こちらの方が手強く感じる。

ミサイル出来た場合には背ビレががカジキに比べて破壊しづらいので、ボスの上方向への移動のタイミングを見計らって撃つ事。レーザーよりも小さくて見づらいニードル弾と、ホーミングミサイルに注意。レーザーやウェーブならヤズカにも気をつけながらの戦闘となる。こちらもオールドバージョンは固く、ニューバージョンはやや耐久力が低下している。ボスの上下からボムを落とす戦法もあるが、深追いは出来ない。

エキストラバージョンではカジキと同様、ヒレを壊したダメージが本体に蓄積されるが、カジキよりも硬いので、倒すのに若干時間がかかる。しかし、オールドバージョンやニューバージョンよりは楽なはず。但し、ニードル弾のスピードがやや遅く、レーザーのスピードがやや速くなっているので、そこの回避タイミングを間違えない様に注意。

PCエンジン版は、攻略自体は変わらないが、ある程度時間が経ったら、一端動きを止めた後、前進して体当たりしてくるので注意。レーザーは単発式なので、それほど脅威ではない。アーケード版よりずっと弱い。

VSストロングシェル(ウミガメ)

レーザーやウェーブ装備および、エキストラバージョンではボスの頭部よりやや上に座標をとり、ボスから放たれる赤色拡散弾を回避する為に微調整しつつウェーブショットを撃ちまくる。そしてある程度踏ん張ればボスの攻撃力はどんどん弱くなっている筈なので、しばらく経つとボスはろくな攻撃力が無くなっている筈。そうなれば、接近して撃つなり、遠距離から攻撃してもどちらでも倒せる。甲羅の砲台さえ破壊してしまえば、ボスは殆ど無力に近くなる。

オールドバージョンとニューバージョンでは実体化してしばらくしても攻撃をしてこないので、そこを見計らって3連ミサイル撃ちまくると速攻で倒せる。また一度死んでやられた後はボスの耐久力は低くなっており、自機を頭に重ねるようにして撃てば、やられる前のダメージが加算されているので、あっという間に倒せる。ニューバージョンはオールドバージョンよりも若干耐久力が上がっているが、同じような具合で倒せる。

エキストラバージョンとPCエンジン版はひたすら我慢してよけながら撃ちまくる事。赤色弾の弾道を見切りながらウェーブを甲羅に向けて撃つ事を優先していれば、甲羅砲台を壊す事だけに集中できる。拡散弾はあまり大きく動かず、弾道を慎重に見切ること。

GB版は頭部からのレーザーよりも甲羅の砲台に注意すること。二度目には硬い弾をバリア代わりにして周囲を覆い、砲台が破壊不能となっているが、強さ自体は変わらない。

VSグリーンコロナタス(タツノオトシゴ)

三日月よけという戦法が有効。
ボスに接近し、ボスの本体から放たれる3WAY弾を弾の間に入るのではなく、外側から一気に上下斜めに半円を描くようにかわしていくというよけ方からそう名付けられた。しかしボスから離れ過ぎると、この戦法が通じなくなる。

敵が弾を撃つタイミングを見計らって上手くかわすのがポイントで、実体化する前に頭部に接近して撃ち込むと大きなダメージを与えられるが、ボスから離れると3WAYの間隔が広がるので常にボスに接近していなければならない。避ける場合、ボスの腹部からのレーザーにも気をつけること。これを全弾回避するタイミングを計るのはかなり難しい。ボス頭部のヘルメットが剥がれたら、勝利は近いので、頭部を集中的に狙い撃つ。尻尾の方は撃ちながら回避している運動を続けていれば勝手に壊れてくれる。強さはどちらのバージョンでもさして変わらないが、ボスの乱射弾を回避するコツを掴まない限り打倒は難しい。オトシゴは動きが速いので、追っていく様な具合に接近しないと、三日月よけが困難になっていく。

オールドバージョンだけではなく、ニューバージョンもエキストラバージョンも強さは変わらないので、最終ボスで唯一どのバージョンでも同一攻略法が効くが、クジラと並ぶ最強のラスボスである事に変わりは無いので、戦うには覚悟がいる。

GB版は単に正面切ってウェーブを撃って、パーツを破壊してボスの攻撃力を削ぐのが基本。
口から吐くホーミングが意外に強いので注意する事。尾鰭を壊す時は深追いしてウェーブに当たらないようにする。

GBA版とPCエンジン版は、2WAY弾を3連発軌道を変えて二回撃ってくるが、どちらもアーケードの強さには及ばないので、腹のレーザーに気をつければ楽勝。

VSオクトパス(タコ)

オールドバージョンとニューバージョンは3WAY弾に気をつけて、脚を前方から壊し、そして後の脚を接近してマルチボムで攻撃すれば撃沈できる。3WAY弾は撃つ方向が決まっており、背後には撃てない。その為、レーザーやウェーブを持っていなければ、背後からマルチボムを撃ち込む。3連装ミサイルならギリギリで当てることが出来る。オールドバージョンとニューバージョンとでは、ニューバージョンの方が耐久力がやや低い。

エキストラバージョンで気を付けなければならないのは耳から発射する4WAY火炎弾。これはオールドバージョンやニューバージョンの3WAY弾と違い、自機に向かって撃たれてくる。

足の先から出るレーザーはそれ程脅威ではないし、火炎弾も見切ればどうということはないが、頭部のホーミング弾に気をつける。
手前の方の足から壊してゆき、火炎弾は隙間を縫ってかわす事。

GBA版では火炎弾は隙間に入ってかわすよりも、レーザーを撃つ足を壊しておいて上方でよけるのが有効。
そうすれば、間隔が狭い火炎弾を簡単にかわせる。

PCエンジン版は3WAY弾をかわす事を心掛ける。

VSカトルフィッシュ(イカ)

正面切って戦うと辛いが、ウェーブを装備してある程度粘れば足を一気に壊す事が出来る。また、オールドバージョンとニューバージョンでは、上の触腕部分には当たり判定が無いので、そこからボムを投下して腕にダメージを与えていく。ボスが左に接近してきたら、最上段から触腕の中に回り込めば、火炎弾を回避する事が出来る。上の触腕を壊したらレーザーと火炎弾に当たらない高さからボムを落としていくのが一番安全な倒し方。上の脚さえ壊せば、油断したり、近付きすぎない限りはほぼ勝ったも同然となるが、油断しないこと。オールドバージョンはニューバージョンに比べて耐久力が高いので、倒すのに時間が掛かる。

エキストラバージョンでは火炎弾は正面の脚からのははともかく、長い上下の触腕から発射する弾は自機を正確に狙ってくるのを忘れない事。脚をある程度壊せば、ボスは攻撃力をどんどん消失していくので、あとは楽勝。エキストラバージョンではウェーブで撃って壊した方が手っ取り早いが、触腕からの火炎弾はオールドバージョンと違い、後ろに回っても自機を狙うので注意。

GB版ではウェーブを抜けるのはそれ程難しくはないが、口からのレーザーに気を付ける。PCエンジン版はレーザーと触腕からの弾が強いので注意。

VSグレートシング(マッコウクジラ)

オールドバージョンではミサイル3連装か、ウェーブで来るかで難易度が一気に変わり、ミサイル3連装ならば、アームの被弾を覚悟の上でボスに密着するように撃てば秒殺出来るが、ウェーブで来た場合には地獄を見る事になる。密着してのボム攻撃を強めてもウェーブがニューバージョンやエキストラバージョンほど強くないので、どうしても倒すのに時間がかかり、ヤズカ・タカーミィによる時間切れに加え、撃ち返し弾攻撃が必至となってしまうのに加え、クジラ本体からの猛攻撃によってアームを剥がされてやられてしまうケースが多い。点数に拘ってドリル弾を壊すという目的以外なら、ミサイル3連装で戦った方が無難。ニューバージョンはオールドバージョンよりウェーブの威力が上がっていて、オールドバージョンよりは楽に戦える。

どのバージョンでも最大のネックは口から吐く破裂弾のイルカ弾のかわし方。

オールドバージョンやニューバージョンではピラニアと同じく、自機の近くで破裂する所を動かない限り当たらないが、エキストラバージョンでは動かないと当たってしまうので、イルカ弾の発射を予測してボスの攻撃に耐える。但し、アームを付けている場合にはアームに当たってしまう。

エキストラバージョンでは破裂した瞬間、ほんのちょっとだけ動けばかわせるが、完全に回避するのは非常に難しい上に、その状況のままレーザーやホーミングミサイルなどの攻撃に対処しなければならない。

レーザーやドリル弾よりも数が多いホーミングミサイルの方が厄介なので、ウェーブで一掃しつつ、ボムの連射弾数で撃ち負けないようにするが、イルカ弾回避の為に口当たりにウェーブを撃ち込みがちになる。しかし、クジラの場合はドリル弾を発射する位置に座標を付けて上方でホーミングミサイルを破壊するようにすれば、下部のイルカ弾回避だけに専念出来る様になるが、あまり対角線を合わせすぎていると、ボス頭部のレーザー砲台からの攻撃を食らってしまうし、ドリル弾への対処も難しくなる。

ドリル弾は一発でも喰らってしまうと、どんなにアームの耐久力があっても一発でやられてしまうので、接近してきて、ウェーブが弾切れ状態だった時は気を付ける。火炎弾は数多いが、イルカ弾よりはかわしやすい。ドリル弾は壊せば30000点も入る。しかし、イルカ弾を破裂させる事ばかりに警戒し過ぎると、火炎弾攻撃が来たり、その時にドリル弾が飛んで来た際に対処出来ずに激突する恐れがあるので、ボスの動きと攻撃のタイミングを見極める事も重要になってくる。

ボス戦が始まった直後、ボスの頭上でボムを落とすように撃ちまくるのも効果的。オールドバージョンとニューバージョンではしばらく攻撃してこないので、一気にダメージを与えられるし、イルカ弾も出された瞬間に動かなければ当たる心配もない。。しかし、エキストラバージョンではボスの攻撃がやや強化されているので、近付きすぎればホーミング弾にやられてしまうし、イルカ弾回避も難しい上に、オールドバージョンとニューバージョンの攻略パターンが通じなくなっているので注意。

一番良いのはボス戦に備えてZゾーンで沢山出るアームの耐久力をパワーアップさせておき、被弾に備えておくこと。そうでないと回避だけではすぐに限界が来る。そしてクジラからの攻撃を可能な限り回避しつつ、クジラに効率的にダメージを与えられれば勝利は近くなる。

PCエンジン版はドリル弾もイルカ弾もアーケードの恐ろしさに比べれば大したことはなく、強さもアーケードの圧倒的なものには及ばない。ドリル弾に気をつけてある程度撃ち込んだら、もう瀕死になっているはず。

GB版ではボスが本攻撃に移る前になるべく口の中に弾を撃ち込むようにしておいた後、改めて砲座を全部壊して倒すが、安全にいきたいなら砲座を残し、口だけを集中して狙う。そうすれば、ボスが本攻撃に入る前に倒す事ができる。ボスの本攻撃は回避不能な場合もある程度覚悟しなければならない。

ドリル弾は勿論の事、GB版はホーミングミサイルが他機種より強いので気を付ける。

エンディングバグ

最終ボスを倒した後にわざと地形に触れてミスをし、ゲームオーバーになる。すると、そのままエンディングとなるものの、既にゲームオーバー状態なので、シルバーホークが登場する事は無く、そのままエンディング背景のみ流れていく。しかし、ゲームオーバー状態なのに変わりは無く、エンディングは途中で打ち切られてしまう。

因みにエキストラバージョンの場合には何故か残機ボーナスが一機だけ入ったりする事もある。ある意味これがもう一つ(+6)のマルチエンディング?

PCエンジン・GB・GBAボス攻略

VSバーストアウト(フグ)

自機をややボスの顔左上部にx座標を合わせる。そこをキープして上下移動しながら、ボスの弱点の顔面を撃つ。

後部の背鰭はミサイルの弾道を予測して撃つ。座標がずれるとボスのレーザーに当たってしまうので注意。

VSビッグラジャーンヌ(トビエイ)

まずはボス上部のウェーブ発射口を狙う。最初はウェーブとウェーブの隙間をぬうか、上下どちらかの空いてるスペースへ逃げる。ホーミングミサイル攻撃中には、ボスに接近してボムを見舞う。

上部ウェーブを壊したら、尾のホーミングミサイルに気をつけつつ、下砲台を狙う。ウェーブの当たり判定は大きいので、そこには気をつける。

VSリトルストライプ(エンゼルフィッシュ)

上下どちらかのヒレに狙いを絞って撃つ。どちらかを壊さないと、続くボスの体当たり攻撃を回避するのが難しくなる。

3方向爆裂弾は外側へ向かってかわす。後は口に向かって撃つだけ。

VSマイホームダディ(ヤドカリ)

上部砲台を最優先で壊す。サンダーレーザーは撃たれた時には回避不可能なので、砲台が動いたら予兆して、自機を約一機分上か下に動かしてかわすようにする。

最上部砲塔を壊したら、今度は下の本体を狙うが、爆裂弾の火柱はボスが接近したときにはかわしづらいので、ボスが接近してきたら、素直に上部へ逃げよう。

VSガードサーベジー(イタチザメ)

ボスよりも若干上の位置のx座標を取る。ボスから放たれる衝撃波は射程が短いが、当たると一発でやられてしまう。そして、ボスの上か下からボムを撃ち込むのが基本。衝撃波の弾道と発射を見切れば、ショットも当てることも出来る。

体当たり攻撃はボスの上部か下に居れば当たらないが、ホーミングミサイルに注意。GBA版も攻略はほぼ同じ。

VSスチールスピン(ハリセンボン)

自機はボスの顔のx座標よりも下の位置にキープしながら撃つ。レーザーは厄介だが、その位置だと正面以外のレーザーは怖くない。そのまま撃っていれば倒せるが、上下から来るホーミングミサイルにも気をつける。

落ち着いて戦えば、気がつくとボスは死んでいるはず。

VSハードマウルスク(カツオノエボシ)

クラゲは間合いを取って攻撃する。ボスの上部へ行くとレーザーが飛んでくるので、画面端で戦う。

ホーミングミサイルと3WAY弾に気をつけて触手を壊した後に、弱点の口に撃ち込む。但し、口を開けるタイミングは掴みづらく、当たりにくいので、ある程度予測して撃つ。

VSアロイランタン(アンコウ)

自機をアンコウの目元のX座標に合わせる。そうすればアンコウの吐くレーザーには当たらない。

アンコウのちょうちんの爆雷攻撃もその位置をキープしていればかわせる。ちょうちんの先を壊せばあとは口に向かって撃つだけ。

VSタフスプリング(イセエビ)

尾からのウェーブ弾に気をつける。ウェーブに当たるとダメージ大。

ボスの口から吐く2WAY弾は大したことはないが、子エビを放出し、子エビは自機に向かって弾になって飛んでくるが、動いていれば当たらない。しかし、この時が2WAY弾に当たりやすいので気をつける。子エビ弾は破壊できるが、弾を撃ち返してくるし、ウェーブに当たる危険があるので、無視すること。

曰く付きBGMのGBA版も攻略法は同じ。ヒゲは自信が無ければ壊さなくても良い。

VSハイパースティング(ミノカサゴ)

基本的にハリセンボンと同じ方法でよい。口からのレーザーはボスの顔の真横よりやや上か下の位置をキープすればかわせる。

問題はホーミング弾。撃ち漏らしたホーミング弾がそのまま自機を追尾してくるので、撃つ手を休めないこと。

VSドリオサーム(ウツボ)

ボスの体当たり攻撃よりも、節々から撃ってくる弾が厄介。ボスに巻かれてしまったら、少しずつ動いてボスの輪が解けたら、一気に動かないと弾に当たりやすい。弾を撃たれることを予測しながら動くことを心掛ける。

ボスはすれ違いざまに弾を撃ってくるので、その法則を見極めて、弱点の頭部に撃つ。長期戦は覚悟しよう。

VSミスティックパワー(アンモナイト)

胴体からの3WAY弾も、ブーメランレーザーも大したことはない。ブーメランレーザーは意外に回避しやすく、弾道を見切ればどうということはない。3WAY弾もホーミングミサイルもよく見きっていれば怖くはない。

GBA版も攻略方法は同じ。

VSファイアースター(ヒトデ)

触手先端部を狙えば楽勝。放物線を描く弾は多少かわしにくいが、それでも困難という程でもない。ボス本体から出すヒトデ弾は破壊不能だが、回避するのも難しくはないし、それほど脅威とはならない。

触手を全部壊して攻撃力さえ奪ってしまえば、弱ボスに成り果てる。GBA版も同じ。

VSバディブレイザー(ウミテング)

口から吐く子ウミテング弾だけに注意。子ウミテング弾は自機に向かって体当たりしてきて、戻り際に弾を撃ってくるが、x座標を合わせなければかわせるし、イセエビと同じ要領で弾はかわせるし、子ウミテング弾は破壊しても撃ち返してこない分、イセエビよりも弱い。

VSレッドクラブ(シオマネキ)

ハサミからの自機を狙う屈曲レーザーに注意。レーザーは上下移動して弾道を見切る。

ハサミを壊したらアブク弾をジャンプしながら吐いてくるが、装備が充実していれば撃っていればどうということはない。装備が少ないときは撃ちきれない場合もあるので、その場合は見切ってかわす。弾道を見切るのはそれほど難しくはない。

GB版はハサミからのレーザーが無くなった以外は攻略法が同じ。泡は意外に固いので、気をつける。

VSビッグマーマン(マンボウ)

上下ヒレのウェーブ弾に注意。当たればアームを剥がされる。体当たりはヒレを壊した後なら安心してかわせる。まずは下ヒレを壊すこと。

下ヒレを壊したら、上ヒレと、胴体砲台を壊し、最後に弱点の口を狙う。口からのレーザーの当たり判定は大きいので気をつけること。

VSアンシェントヘルム(カブトガニ)

頭部からのレーザーよりも、エビが見せたような尾からの地上を這って、90度に自機を追尾するカブトガニ形の追尾弾に気をつける。尾から出た直後なら、この弾を破壊することは可能なので、優先的に狙うこと。腹の脇のホーミングミサイルは壊すにはそれほど手こずらない。壊した後に、弱点のレーザー発射口を狙う。

2回目に戦うときには、自機に向かって体当たりしてくるので、弱点を狙うことに深追いしないこと。尾を最優先で壊せばそれほど手強いボスではなくなるはず。

PCエンジン版裏技

ランク設定

タイトル画面でセレクトを押しながらランボタンを押す。これでゲームランクをイージー、ノーマル、ハード、プロフェッショナルの中から選ぶことが出来る。

ボス戦モード

マルチタップと二つのパッドが必要な技。マルチタップの1番目と2番目にそれぞれパッドを繋ぎ、2番目側のパッドの方向キーの上、Ⅰ、ランボタンと、1番目のパッドの下、セレクトボタンを全て押しながら1番目のランボタンを押す。これだけで、全ゾーンのボスと連戦対戦できるようになる。

ボス弱体化

一度ゲームオーバーになってから、リセットせずにゲームを始めると、ボスの耐久力が下がっている。

カプセル獲得

障害物に隠れたカプセルは、障害物に触れない範囲で近づけば、獲得できる。アームを取れば更に獲得範囲が拡がる。但し、ハイパーアームの場合だと、地形にバウンドしてしまう怖れがあるので、ノーマルとスーパー装備時だけである。

『サーガイア』マルチエンディング

GB版の『サーガイア』はEASY、NORMAL、HARDの3種の難易度によってエンディングが違う。

EASY
ティアット(女性)が微笑むエンディング。

NORMAL
プロコ(男性)が出てくるエンディング。

HARD
シルバーホーク(自機)が登場するエンディング。
[関連ページ]
  1. ダライアス評価&情報総合ページ
  2. 各種ゲーム攻略記事
  3. ゲームリスト(評価新着順)
  4. 作品リスト
  5. 作品DBトップ
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声