魔王陥落のためのレクチャー ~デスヘイム攻略に向けて~ (アクトレイザー攻略法)



著者: HUNGRY SPIDER
自分も書いてみる(階位が5000位以内&ログイン状態であることが必要)
ここでは、サタンの棲む死の土地デスヘイムに巣食う魔物たちをいかに撃破すればいいかを示そうと思います。その前に、各魔法について。



炎の魔法:入手地フィルモア、消費MP1
フィルモア南東部の山脈地帯にある岩石を雷で破壊すると発見されます。
攻撃法は「左右に炎を飛ばす」。炎の弾道が直線的なので有効範囲が限られている上、敵に与えられるダメージ量が小さいので、オススメできません。

星屑の魔法:入手地ブラッドプール、消費MP2
土地に巣食うレッドデビルの巣を封印し、湖を浄化した後勝手に発見されます。
攻撃法は、「画面全体に無数の流星を降らせる」。流星一個一個のダメージは小さいですが、有効範囲が広く降らせる星の量が意外と多い上、消費MPも小さいので、コストパフォーマンスを考えると利用価値が最も高い魔法です。

オーラの魔法:入手地マラーナ、消費MP3
まず、カサンドラの北西にある鳥型の地上絵まで道を繋げて石盤を発見させ、マラーナ北東部の鳥型の島の東側に雷を落として木を1本焼き払った上で、カサンドラで発見された石盤をマラーナに施すという、何とも面倒な手順が必要です(笑)。
攻撃法は、「プレイヤーの周囲で4つのオーラの玉が回転する」。的確に当てられればボスも殆ど一撃で倒せるような、非常に威力の高い魔法ではありますが、掠った程度では(当てられなければ)あまりダメージは期待できない、扱いの難しい魔法と言えそうです。

光の魔法:入手地ノースウォール、消費MP4
ノースウォール北東部の湖の氷を溶かした後、勝手に発見されます。
攻撃法は、「プレイヤーに降り注ぐ光が左右に走る」。これは問答無用の全体攻撃で、雑魚の密集地帯で使えば効果は抜群ですが、ボス戦では使い勝手が悪いと言えます。消費MPが多いのも苦しいところ。なお、プレイヤーに近いほど与えるダメージは大きくなります。

神が入手できる魔法の源は全部で8つ。このことから、デスヘイム攻略のために最も効果的な魔法は星屑ということになります。



魔法についてはこれくらいにして、いよいよデスヘイムへ!
…と、その前に神のレベルはどうですか?私は、レベルを最大にまで上げることをオススメします。そのためには世界の総人口を3000人以上にする必要がありますが、これはどの土地においても道を伸ばせる限り伸ばし、その後も砂時計がひっくり返っても街を建設しなくなるまで軌跡をうろつかせていれば自然と人数が揃うのでご安心を。
え、ならない?…うーん、それでは多少手荒ではありますが、収容人数が少ない家を雷で焼き払っちゃいましょう。神たる者非情さも必要です(笑)。それはともかく、街には「文化レベル」というものが存在します。レベルは3段階で、1の時の家は収容4人、2の時は6人、3の時は8人となっています…ということは、レベル3の家だけで固めれば、自然と人間の数が増えるワケですよ!人間は焼け跡に家を築く傾向にありますしね。
おっと、これも大切ですが、畑作をしてる地域では、畑を水田に変えてあげましょう。その方が多くの人を養えるからです。

ついでなので、いのちのみなもとの在り処を2箇所だけ…1つは、雷でも壊せない、硬いピラミッドの表面に、もう1つは、強欲な極寒地方の指導者の懐にあります。



敵1:ミノタウロス
攻撃法は画面外に消えるほどのジャンプをした後、プレイヤーに斧を飛ばすといった単純なもの。
斧をジャンプで避けた後にミノタウロスを斬りつける(上手くいけば斧投げ→ジャンプ間に2回当てられる)ことを繰り返すだけでいいです。慣れればノーダメージで勝てます。

敵2:ウルフ・ツェッペリン
「テレポート→3方向に弾を飛ばす→雷を3方向に落とす」の繰り返し。HPが半分になると変身しますが、変身後は動きが素早くダメージを受けやすいので、変身前にできるだけダメージを与えておきましょう。
ボスルームには左右に3つボスの足場(上段、中段、下段)がありますが、最もダメージを与えやすいのは下段で、ジャンプせずにプレイヤーの攻撃が届いてしまいます。また、こちらの攻撃が当るギリギリの位置では、相手の攻撃が当りません(しかし雷は当ることがあります、気をつけて!)。よって、攻撃のチャンスはボスが下段にテレポートした時。どんどん叩いてやりましょう。上手くいけばテレポートするまで10以上のダメージを与えられます。
しかし!!ここで調子に乗り過ぎないように。ボスは体力が最大HPの半分たる12以下になると変身してきます。上記の通り、こいつは動きが素早いので、なかなかの厄介者。そこで、変身前に与えるダメージをできるだけ稼ぐために、まずは魔法以外の手段で敵の体力を13まで削ることをオススメします。そうなったところで、下段に出現するのを待ち、出現したら立ち位置に気をつけて攻撃あるのみ!!上手くいけば相手の体力は2~3に。こうなれば勝ったも同然、ヘロヘロになったボスを「ごり押し」で粉砕(変身の時点で相手の体力が5以下なら、ごり押しで勝てますが、それ以上体力があっても私はダメージ覚悟で斬り続けることをオススメします、ダメージと言っても多くて3程度で済みますから)。
これも、上手くいけばノーダメージで勝てます。

敵3:ファラオ
プレイヤー上空をゆっくり飛行して、プレイヤーの姿を見つけると落下(体当たり?)した後、彼の方向に向かって光の弾を吐いてきます。
浮遊の最中にもダメージは与えられるし、プレイヤーが敵の真下でモタモタしてない限りは体当たりもしてこないので、できるだけ長い時間浮かせたままにしておくことをオススメします。敵は浮遊中の攻撃手段を持っていない上、プレイヤーのジャンプでも十分ダメージを与えられる高度まで跳べます、浮かせた状態でヒット&アウェイで、できるだけ体力を削ぎ落としましょう。しかし…実は上記の「真下でモタモタ」、結構判定が厳しく、少しでも気を抜くと目玉が下にギロリ(怖っ!!)。そうなると問答無用の体当たり…
ここで初めて魔法が登場。実は、魔法を使ってる時のプレイヤーは無敵なんです。よって、ファラオが体当たりの体勢に入ったその時(落下直後のタイミングで)魔法をお見舞いしてやりましょう。図体がでかいので、恰好の的となってくれますよ(笑)。ただ、魔法は後々も大事になってくるので、ここは1回、多くて2回で留めておいた方が無難ですね(2回使えばかなりの確率で撃破できます)。では、魔法を使わない場合はどうするか…この時は攻撃など二の次にして、光の弾を追ったほうがいい。以下、その理由をば。
光の弾…これは壁まで飛んでいくと、口から矢を吐く小ファラオ(HP3)に変身するので、実に鬱陶しい。小ファラオを召喚されたら、真っ先に破壊すべきです。矢は叩き落せますので、破壊はごり押しで。その後、浮いたファラオを上記の通りの攻撃法で撃破しましょう。
こいつのノーダメージ撃破は、魔法の使い方や運にもよりますが、基本的にはかなり難しいでしょう。

敵4:火炎車
動きが最も素早く、こちらに向かって猛突進してくる単純な敵です(笑)。
しかし、画面中央で変色して吐いてくる弾も速く、この攻撃は侮れません。だからなるたけ弾を吐かせないようにしたいところですね。そのためには、敵をパターンに嵌めることがいいでしょう。私は段に登って攻撃、降りて攻撃を繰り返すというパターンでしたが、基本的にはプレイヤーに一直線に向かってくる単純な奴なので、嵌めるパターンは無数にあると思います(笑)。嵌め損ねてダメージを受けたとしても、簡単に修正できますのでご安心を。
しかし、それでも弾を吐かれてしまうことはありますよね。その時は潔く攻撃を諦め、回避に専念すべきです。幸い、弾は速度こそ速いのですが方向は決まっているので安全地帯というものが存在します。そこに突っ立ってましょう(笑)。そして、弾を吐き終わるとまた突進、パターンに嵌めて叩くのです。
こいつとの戦闘、かなり腕が問われると思います。上手くいけばノーダメージですが、下手すると死んでしまう危険性も孕んでいます…しかし、ここで死ぬのは後を考えてもツライので、何とか粘ってみてください。

敵5:カーリア
阿修羅のような姿で、攻撃パターンが最も多彩。雷撃、台落下、体当たりを駆使して攻撃してきます。攻撃していない時は上空でゆらゆらしてるだけですが、こちらの攻撃も届かないので放っときましょう(笑)。
攻撃のチャンスは相手が攻撃を仕掛けるその時。雷撃の場合、ジャンプの最高到達地点で攻撃すると、なんとダメージを与えられるんです。そのためには上手く間合いに入ることが必要ですが、これはまあ、慣れるしかないですね(すみません…)。
最も的確なダメージの与え方は、台を落としてきたらその上に乗って剣を振ることです。敵に最も近い台なら、上昇中に丁度敵の間合いに入るので、そこで斬りつけてやれば最高で3回ほど斬れます。しかし、天井には棘があり、刺さると死んでしまいますので要注意。
カーリア自身が体当たりしてきた時は、ファラオの時と同じ要領で魔法を使いましょう。
攻撃が多彩で、慣れないうちはかなりの強敵にも思えますが、逆に相手の攻撃パターンさえ掴んでしまえばノーダメージ撃破も可能です。慣れてない人には台から斬りつけることをオススメします。

敵6:フロストワイヴァーン
水晶のように体が透き通った、美しい氷の龍。
攻撃パターンは逆放物線状の弧を描く突進と、地面に触れると飛び散る氷の弾を吐くことだけですが、前者は地形が凸凹な上にプレイヤーに丁度当るような飛行をしてきて、後者は有効範囲がかなり広い。その上攻撃がパターン化されていないので読みが難しく、ノーダメージ撃破が最も難しい敵と言えるでしょう。
ここで再び、魔法の登場です。使うのは弾を吐く時。当然ながら、飛びながら弾は吐けませんので、その時は必然的に滞空する羽目になります。こいつも図体がでかいので恰好の的(笑)。しかし、今回の場合はできるだけ画面の隅で吐かせない方が大きなダメージを望めます。画面の隅っこで吐かせてしまった場合は、諦めて回避するしかないようです(その場合はかなり遠くまで逃げないと当っちゃいます)。そして吐かせた後、何とか粘って1回でも斬りつけておきたいところですね。画面中央で吐いてきた時は、ダメージ覚悟でごり押しするという戦法もありだと思います。
突進攻撃の時は、ダメージが嫌ならヒット&アウェイを展開するのが最も有効ですね。しかしこのステージは両隅が穴になっているので、落ちないように注意。恐らくこの場合、一回の突進攻撃で与えられるダメージは多くて2でしょうが…そこは粘り強くやって下さいな。また、ダメージを受けていいというのであれば、ワザと待ち構えてごり押し。運が良ければこちらが1ダメージなのに対し、向こうには5ダメージほど与えられます。
繰り返しますが、こいつをノーダメージで倒すのは至難ですし、気を抜くとかなりの痛手を負ってしまいます。それでも、次はサタンです、できるだけ粘って下さい(しかしあんまり体力に余裕がないようなら、ここで一度死ぬのもありかも知れません…ライフは少なくとも3つ、いのちのみなもと次第で7つまで増やせるのです、平和のためなら1つくらい犠牲にする覚悟を)。魔法が使えるなら、こいつのところで使い果たしちゃうのが正解です、サタンには魔法が効きません故。

最後の敵:サタン

第一段階
ついに憎き魔王との対決…ですが、こちらは攻撃力が2倍のビームサーベルを使えますんで、実に弱い(笑)。敵の体力がこれまでと同じ24だから、12回ビームをお見舞いしてやれば倒せます。
敵の攻撃法は、星屑の魔法を劣化させたような流星と、炎の魔法を大きくしたような、口から吐く弾。流星は、劣化とは言え攻撃範囲が非常に広いので、右隅でしゃがんで攻撃が止むのを待つしかありません。それでも当ってしまった場合、これはもう事故です(苦笑)。そして口から弾を吐く時が、攻撃のチャンス。これまで世界を汚し続けた魔王への怒りを込めて、びゅんびゅんビームを飛ばしてやりましょう(笑)。弾に当ってしまうのではないかとご心配の貴方、実は、ちゃんと当らない場所があるんですよ…しかし、それも慣れていく上で見えてくるので、どうか発見はご自分で(ごめんなさい…)。
とは言っても、12回攻撃を当てれば終わりなので、このパターンを2~3回繰り返せば倒せると思います…

第二段階
…と、思ったら甘かった!!周囲の骨(?)を集め、新たな体(心臓までも!)を形作り、再び襲い掛かってきます。これが魔王の正体、体力も今までのボスの倍に当る48ポイントで、ダメージ判定は青く輝く心臓にしかありません。しかし、ちゃんとビームで2ダメージ与えられるので、その点はご安心あれ。
魔王の攻撃は、交差弾に追尾弾、それに心臓から発せられるバスターの3種類。交差弾は、ジャンプを駆使すれば避けられます。その攻撃が終わったら、弱点たる心臓を覆う肋骨(?)が開くので、ここぞとばかりにビーム連射!!これでかなり相手の体力が削れます。しかし、攻撃ばかりに気を取られてるとバスターの餌食に。このバスターというのは、回避こそジャンプで簡単にできますが、こちらに与えるダメージが大きく、5ポイントほどごっそり削ぎ落とされてしまいます。これにだけは当らないようにしましょう。さて、バスターを放った後、魔王は最も嫌らしい追尾弾を2つずつ、2回にわけて吐いてきます。これは金平糖のような形で(笑)、プレイヤーに向かって画面をゆっくり移動するだけですが、交差弾を避けてる時に当ったり、着地の時に待ち構えていたりと、非常に戦いにくくしてきやがります。しかし、幸いなことにこの弾は一撃で壊せますので、吐かれてしまったらできるだけ早く壊してしまいましょう。
その繰り返しを3~4回ほどやれば、サタンを撃破することができましょう。

上手くいけば、0~1回死ぬだけでデスヘイムを陥落させられます。
Good Luck!!
[関連ページ]
  1. アクトレイザー評価&情報総合ページ
  2. 各種ゲーム攻略記事
  3. ゲームリスト(評価新着順)
  4. 作品リスト
  5. 作品DBトップ
↑上へ